明日葉 栄養。 明日葉の栄養・効果効能を調査!保存方法や美味しい食べ方も紹介!

明日葉の効果・効能

明日葉 栄養

ハリウッドスターがダイエットフードの紹介をすると、話題になります。 たとえば、当たり前にスーパーに並ぶ ココナッツオイルや チアシードもブームに乗って若い女性を中心に人気があります。 最近では、ゴジベリーというものが注目されているダイエットフードですが、これは日本に昔からあった 「クコの実」のことです。 日本にもいい食べ物、健康にまつわる身近な食べ物はたくさん存在します。 日本には栄養価があり、健康のためになる食べ物があふれているともいえます。 栄養価で注目すべき食べ物のひとつに 「明日葉」があります。 明日葉は房総半島や紀伊半島、関東地方、特に八丈島などの海岸近くに生息しています。 葉を摘んでも次の日には、新しい葉が出ることから生命力の強さを表し、「明日葉」とつけられたと言われています。 高さは1メートルを超えるものもあり、茎が太く、葉には光沢があります。 葉や茎を切ると切り口から黄色い汁が出るのが特徴です。 スポンサーリンク 明日葉の栽培方法・育て方は? では、このスーパーフード明日葉を育てることができたら頼もしいですね。 身近な料理に日常的に摂取できれば心強いです。 明日葉は プランターや鉢植えで栽培できます。 30cm以上の大き目の鉢植えもしくはプランターで栽培しましょう。 暖かい春からの栽培がおすすめで 4月から5月が最適です。 発芽温度は15度から20度くらいです。 寒い地方ですと路地栽培の際、雪や霜で枯れてしまうかもしれませんのでご注意ください。 種をまいたら、 あまり土をかけずにやさしく覆うくらいで大丈夫です。 発芽には半月から1ヶ月ほど時間がかかります。 土は市販の葉物野菜の土で大丈夫です。 プランターの場合3本から5本くらいになるように調整して間隔をあけて撒いてください。 発芽して茎が指の太さくらいに育ったら若い葉を収穫しましょう。 明日、新しい葉が出るくらい成長の早い明日葉ですが、夏や冬は収穫を控えめにしてし束の状態を見ながら栽培してください。 野菜のひとつですので、問題ないと言えますが、もしお薬を服用されている方は組み合わせに気をつけてください。 明日葉にはビタミンKが含まれていることはお話しましたが、このビタミンKは 出血したときに血を止める効果、骨を丈夫にする効果があり、薬によっては効果が薄まってしまうものもあります。 ほかにもお薬によってはグレープフルーツやグレープフルーツジュースを止められているお薬もあります。 明日葉にもグレープフルーツと同様の効果があるのでその場合は食べるのを控えたほうがいいでしょう。 食物繊維も豊富なので、日頃から胃腸は敏感な方は無理して食べる必要はありません。 まとめ.

次の

明日葉(アシタバ)の栄養価と効果・効能

明日葉 栄養

明日葉(あしたば)とは?どんな花を咲かせる植物? 明日葉は、房総半島や八丈島、三浦半島といった太平洋沿岸の暖かい地域に自生する多年草です。 深い切れ込みの入った羽状の葉っぱをたくさん茂らせながら、50~120cmほどの草丈に生長します。 茎を切ると淡い黄色の乳液を出ることが特徴です。 晩夏~秋にかけて長い茎を伸ばし、小さな花を放射状に広げて咲かせます。 名前の由来 葉っぱを摘んでしまっても、次の日には若葉が伸びだすほど生長が早く、繁殖力が強いことから「明日葉」と名付けられました。 Angelicaは、ラテン語の「angelus(天使)」が語源となっており、強心剤のような効き目のある植物がAngelica属の中にあることから、死者を蘇らせることができるかもしれないということで付けられました。 関連記事 明日葉(あしたば)の効果・効能は? 明日葉は、江戸時代から滋養強壮によい薬草として知られ、根は朝鮮人参の代用として利用されてきました。 青汁の原料としても親しまれており、優れた健康食品として近年注目されています。 以下に、主な栄養素とその効果・効能をご紹介します。 カルコン 明日葉の主成分です。 ポリフェノールの1種で、アンチエイジングやむくみ防止、セルライトの解消といった女性にうれしい作用があります。 また、動脈硬化、糖尿病、高血圧といった成人病の予防や抗菌作用によるアレルギーの抑制など、さまざまな効果が期待できます。 クマリン カルコン同様ポリフェノールの1種です。 抗菌作用や抗酸化作用が期待できるほか、血流改善やアルツハイマーの予防効果があります。 ルテオリン 利尿作用によるむくみの改善やガン予防の効果が期待できます。 美肌や免疫力アップや発ガン抑制などの効果があるほか、視力アップや風邪予防、乾燥肌の予防改善、動脈硬化やガンを予防の効果も期待できます。 食物繊維 含有量はレタスの5倍もあり、便秘や肥満予防、コレステロール値抑制などの効果があります。 ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、銅、リン) 骨粗しょう症予防や骨の強化、貧血予防改善、心疾患予防、疲労回復や二日酔い防止などさまざまな効果が期待できます。

次の

明日葉の効能・効果と明日葉料理

明日葉 栄養

生活習慣病すべてに対して効果が期待できます。 明日葉の特徴は、茎や根を切ると黄色いネバネバした汁がにじみ出てきます。 この黄色い汁の色素成分が明日葉の特徴で、他の植物に見られない カルコンという有効成分です。 明日葉の濃い緑色は、色素成分によるもので、殺菌作用や皮膚の病気に有効だと考えられています。 また、ほうれん草の1. 3倍と豊富なカロテンは、粘膜の保護などするの働きを助けます。 最近は、サプリメントやあしたば青汁など市販の商品も増え、ジュースバーなどで手軽に明日葉ドリンクを飲むことが出来るようになりました。 明日葉の調理は、比較的簡単なので、家庭でも取り入れてみましょう。 硬い軸を取り、塩を少々入れた熱湯で茹でて、お浸しや和え物にするのが一般的です。 明日葉(あしたば)の注目成分• 、、、、、、カルコン 明日葉の主な栄養成分(可食部100gあたり) カルコンの効能効果 明日葉のガン予防効果 明日葉のカルコン類には、細胞のガン化を促進する発ガンプロモーターという物質の働きを抑制させる効果があることが確認されています。 マウスによる実験において、カルコンをあらかじめ投与されたマウスの皮膚ガンと肺ガンの発生が、かなりの率で抑えられたと報告されています。 明日葉の坑エイズ作用 エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウイルスが、体内の免疫細胞を死滅させるため、様々な感染症をひきおこし、死に至らしめる病気です。 カルコンには、このHIVの増殖を強く抑制する効果が認められました。 明日葉の花粉症予防効果 独特の香りや苦味のもとであるカルコンは、アレルギーの原因となる化学物質を抑えて、その症状を緩和する働きがあり、花粉症予防などに効果が期待できます。 明日葉の抗菌作用 カルコンには、皮膚病の原因のひとつとされる黄色ブドウ球菌と表皮ブドウ球菌などに対する抗菌効果が確認されています。 アレルギー性皮膚疾患の多くは、これらの菌による二次感染によるものとの報告もあり、カルコンの抗菌作用は、抗生物質に匹敵するほど効果があることが確認されています。 このほか、カルコンには胃酸の分泌を抑えて潰瘍を予防する、血栓を予防するといった薬効も確認されています。 明日葉の有効成分は、カルコンだけではありません。 や鉄分などの、カロテン、や などのビタミン群が豊富に含まれています。 明日葉に含まれるは、体内の余分なの排出を促進し、水分代謝を活発にするため、むくみや高血圧の予防効果が期待できます。 明日葉は、てんぷら、お浸し、あえ物、みそ汁の具などにして美味しくいただけますので、積極的に利用していただきたい食材です。 あしたばの食べ方 特有の香りと苦みがあるので、ゆでてサッと水にさらしてから調理すると良いでしょう。 ごま和えや天ぷらは、苦みがほど良く合って美味しくいただける一品になります。 たくさんあるときは、油で炒めて砂糖と醤油で炒り煮にしておくと、はし休めに美味しくいただけます。

次の