うせ やん。 チャンネルリスト

荊軻『風蕭蕭として易水寒し』原文・書き下し文・現代語訳

うせ やん

是 ここ に 於 お いて 太 たい 子 し 予 あらかじ め 天 てん 下 か の 利 と き 匕 ひ 首 しゅ を 求 もと め、 趙 ちょう 人 ひと 徐 じょ 夫 ふ 人 じん の 匕 ひ 首 しゅ を 得 え 、 之 これ を 百 ひゃっ 金 きん に 取 と る。 使 し 二 ム 工 ヲシテ以 レ ツテ薬 ヲ焠 一レ メ之 ヲ。 以 ツテ試 レ ミルニ人 ニ血濡 レ ラシ縷 ヲ、人無 下 シ 不 ざ 二 ル 立 チドコロニ死 一 セ者 上。 工 こう をして 薬 くすり を 以 も つ て 之 これ を 焠 そ めし む。 以 も つて 人 ひと に 試 こころ みるに 血 ち 縷 る を 濡 ぬ らし、 人 ひと 立 た ちどころに 死 し せざる 者 もの 無 む し。 人に試してみるとわずかに糸筋ほどの血がにじみ、すぐに死なない者はなかった。 乃 チ装 シテ為 ニ遣 二 ハサントス荊卿 一 ヲ。 乃 すなわ ち 装 そう して 為 ため に 荊 けい 卿 けい を 遣 つか はさんとす。 そこで準備を整えて、荊軻を送り出そうとした。 燕国 ニ有 二 リ勇士秦舞陽 一。 年十三 ニシテ殺 レ シ人 ヲ、人 不 ず 二 敢 ヘテ忤視 一 セ。 燕 えん 国 こく に 勇 ゆう 士 し 秦 しん 舞 ぶ 陽 よう 有 あ り。 年 とし 十 じゅう 三 さん にして 人 ひと を 殺 ころ し、 人 ひと 敢 あ へて 忤 ご 視 し せず。 ~するようなことはしない 燕の国に秦舞陽という勇士がいた。 十三歳という年齢で人を殺し、誰も彼の眼を正視しようとはしなかった。 乃 チ 令 し 二 ム 秦舞陽 ヲシテ為 一レ サ副 ト。 荊軻有 レ リ所 レ待 ツ、欲 二 ス与 ニ俱 一 ニセント。 乃 すなわ ち 秦 しん 舞 ぶ 陽 よう をして 副 ふく と 為 な さ しむ。 荊 けい 軻 か 待 ま つ 所 ところ 有 あ り、 与 とも に 俱 とも にせんと 欲 ほっ す。 荊軻には待っている人がいて、(その人と秦へ)ともに同行したいと思っていた。 其 ノ人居 レ リテ遠 キニ 未 いま/ず レ ダ 来 タラ。 而 レドモ為 ニ ス治行 一 ヲ。 其 そ の 人 ひと 遠 とお きに 居 お りて 未 いま だ 来 き たらず。 而 しか れども 治 ち 行 こう を 為 な す。 しかし、(秦への)旅の準備は整ってしまっていた。 頃之 シテ未 レ ダ発 セ。 太子遅 レ シトシ之 ヲ、疑 二 フ其 ノ改悔 一 スルヲ。 頃之 しばらく して 未 いま だ 発 はっ せず。 太 たい 子 し 之 これ を 遅 おそ しとし、 其 そ の 改 かい 悔 かい する を 疑 うたが ふ。 しばらくしても出発しなかった。 太子はこれを遅いと思い、荊軻は気が変わって後悔してのではないかと疑った。 乃 チ復 タ請 ヒテ曰 ハク、「日已 ニ尽 ク矣。 荊卿豈 ニ有 レ ラン意 哉 や。 乃 すなわ ち 復 ま た 請 こ ひて 曰 い はく、「 日 ひ 已 すで に 尽 つ く。 荊 けい 卿 けい 豈 あ に 意 い 有 あ らんや。 (いや、~ない。 ここでは『疑問』の意味。 そこで再びお願いして言うことには、「日数はすでに尽きました。 荊卿には何か考えがおありなのでしょうか。 丹請 フ、得 三 ント先 ヅ遣 二 ハスヲ秦舞陽 一 ヲ。 」 丹 たん 請 こ ふ、 先 ま づ 秦 しん 舞 ぶ 陽 よう を 遣 つか はすを 得 え ん。 荊軻怒 リテ叱 二 シテ太子 一 ヲ曰 ハク、「何 ゾ太子 之 の 遣 ハスヤ。 荊 けい 軻 か 怒 いか り て 太 たい 子 し を 叱 しっ して 曰 い はく、「 何 なん ぞ 太 たい 子 し の 遣 つか はすや。 荊軻は怒って太子を叱って言うことには、「どうして太子はそのような遣わし方をなさるのですか。 往 キテ而 不 ざ レ ル 返 ラ者 ハ豎子 也 なり。 往 ゆ きて 返 かえ らざる 者 もの は 豎 じゅ 子 し なり。 行ったきりで返ってこないのは、未熟者でしょう。 且 ツ提 二 ゲテ一匕首 一 ヲ、入 二 ル不測 之 の 彊秦 一 ニ。 且 か つ 一 いち 匕 ひ 首 しゅ を 提 さ げて 不 ふ 測 そく の 彊 きょう 秦 しん に 入 い る。 その上、短刀一本を持って何が起こるか予測できないような強国の秦に入るのです。 僕 ノ所 — 二以 ノ留 一 マル者 ハ、待 二 チテ吾 ガ客 一 ヲ与 ニ俱 ニセントスレバナリ。 僕 ぼく の 留 とど まる 所以 ゆえん の 者 もの は、 吾 わ が 客 かく を 待 ま ちて 与 とも に 俱 とも にせんとすればなり。 私が留まっている理由は、私の友人を待って、ともに同行しよう思っているからなのです。 今太子遅 レ シトス之 ヲ。 請 フ辞決 セント矣。 」遂 ニ発 ス。 今 いま 太 たい 子 し 之 これ を 遅 おそ しとす。 請 こ ふ 辞 じ 決 けつ せん。 遂 つい に 発 はっ す。 どうか別れを告げさせていただきたい。 こうして出発した。 太子及 ビ賓客 ノ知 二 ル其 ノ事 一 ヲ者、皆白衣冠 シテ以 ツテ送 レ ル之 ヲ。 太 たい 子 し 及 およ び 賓 ひん 客 かく の 其 そ の 事 こと を 知 し る 者 もの 、 皆 みな 白 はく 衣 い 冠 かん して 以 も つ て 之 これ を 送 おく る。 太子と賓客のなかでその事情を知る者は、皆白い喪服を着て荊軻を見送った。 至 二 ル易水 之 の 上 一 ニ。 既 ニ祖 シテ取 レ ル道 ヲ。 易 えき 水 すい の 上 ほとり に 至 いた る。 既 すで に 祖 そ して 道 みち を 取 と る。 易水のほとりまでやって来た。 道祖神を祭り送別の宴を開いて旅路についた。 高漸離撃 レ チ筑 ヲ、荊軻和 シテ而歌 ヒ、為 二 ス変徴 之 の 声 一 ヲ。 高 こう 漸 ぜん 離 り 筑 ちく を 撃 う ち、 荊 けい 軻 か 和 わ して 歌 うた ひ、 変 へん 徴 ち の 声 せい を 為 な す。 士皆垂 レ レテ涙 ヲ涕泣 ス。 又前 ミテ而為 レ リテ歌 ヲ曰 ハク、 士 し 皆 みな 涙 なみだ を 垂 た れて 涕 てい 泣 きゅう す。 さらに進み出て歌をつくって歌うことには、 「風蕭蕭 トシテ兮易水寒 シ 壮士一 タビ去 リテ兮 不 ず 二 ト 復 タ還 一 ラ。 」 「 風 かぜ 蕭 しょう 蕭 しょう として 易 えき 水 すい 寒 さむ し 壮 そう 士 し 一 ひと たび 去 さ りて 復 ま た 還 かえ らず」と。 復 タ為 二 シテ羽声 一 ヲ忼慨 ス。 士皆瞋 レ ラシ目 ヲ、髪尽 ク上 ガリテ指 レ ス冠 ヲ。 復 ま た 羽 う 声 せい を 為 な して 忼 こう 慨 がい す。 士 し 皆 みな 目 め を 瞋 いか らし、 髪 かみ 尽 ことごと く 上 あ がりて 冠 かんむり を 指 さ す。 再び激高した調べで歌うと、気持ちは高まった。 男たちは皆目を見開き、髪はすべて逆立って冠をつき上げるほどだった。 於 レ イテ是 ニ荊軻就 レ キテ車 ニ而去 ル。 終 ニ已 ニ 不 ず レ 顧 ミ。 是 ここ に 於 お いて 荊 けい 軻 か 車 くるま に 就 つ きて 去 さ る。 終 つい に 已 すで に 顧 かえり みず。 そこで荊軻は車に乗って去った。 最後まで振り返ることはなかった。 続きはこちら -.

次の

北海道公立大学法人 札幌医科大学:医学部のご紹介

うせ やん

患者さんは自分の健康や命の行く末を医師に委ねることになるのですから、医師の責任は筆舌に尽くしがたいほど重く厳粛なものです。 ですから、医師はその責任を全うできるだけの知識、知力、技術、そして何より理性あるいは人間性を持ち合わせなければなりません。 社会の医師に対する期待はとてつもなく大きいのです。 日本において医師免許は国家試験に合格することにより付与されますが、その受験資格を得るためには大学の医学部で6年間の厳しい教程を修める必要があります。 6年間というのは少し長いように感じられますが、社会の期待や責任を考えると、むしろ短いぐらいでしょう。 札幌医科大学医学部では、こうした医師に対する社会的な要求に応えるべく、高度で先進的な医学に加えて、幅広い教養や医師の社会的な役割を学ぶ教程を準備し、全人的に医師の養成を行っています。 札幌医科大学医学部はすでに半世紀以上の歴史を持ち、約4,600名の卒業生を世に送り出しております。 卒業生は北海道のみならず全国、さらに世界に雄飛し建学の精神に基づき、地域医療の先頭に立ち、高度先進医療を提供し、活躍しております。 札幌医科大学医学部を目指す諸君もぜひ、先輩方に続いてください。 そのために大学には図書館や情報センター、セミナー室など十分な勉学の環境を用意しております。 また、道内有数の規模を誇る附属病院において先進の臨床実習を行い、また、地域病院へも学生を派遣し、さらに海外の姉妹校にも学生を派遣し、幅広い医学医療の教育を行っております。 そして厳しいけれど、知的好奇心を刺激する6年間の勉学を、経験豊富で優秀な教員が支えます。 札幌医科大学医学部で充実した6年間を過ごし、立場と責任を自覚した優秀な医師として社会に貢献してください。 6年間のカリキュラムに見る医学部の研究と理念 医学部の教育目標は、多様化する医学、医療の進展に対応し、社会の要請に応えうる人間性豊かな基本的臨床能力と技術を備えた医師の育成ならびに医学研究者となるための基礎を培うことであります。 上記の教育目標にしたがい、平成7年度に新しいカリキュラムが編成されました。 教員が一方的に教える授業形態を可能な限り縮小し、学生の自主的学習に重点を置いています。 多くの授業科目は半年あるいは1年を単位として行われますが、この他に長期にわたって開講される科目が設定されています。 平成14年度入学者からは、「医学教育モデル・コア・カリキュラム:教育内容ガイドライン」(医学における教育プログラム研究・開発事業委員会)に準拠した統合カリキュラムに移行しました。

次の

STARDUST

うせ やん

パワーも、スピードも、バランスも。 2019年1月29日、最高レベルの機能的トレーニング施設誕生! 地域最大級の44畳を超えるハイブリッドトレーニングスペース、ここなら 歩く、走る、跳ぶ、登る、、運動能力に必要な人間本来の全ての動きが可能です! 鍛えるのは筋肉だけでなく『機能的な動き』です。 徹底した施術から得た一人一人の身体の性質と弱点を、世界最高峰のトレーニング理論による分析と合わせ確実に強化します。 担当スタッフは全てメソッド認定資格を受けたエキスパートのみ! 1、スポーツでより上を目指すアスリートや学生 2、慢性的な痛みや筋力低下が気になる方 3、ダイエットをしたいがどうすれば良いかわからない方 など すべての分野にお応えします。 です! 学ぶこと。 それは一生の財産。 (基礎医学セミナーの様子) 私たち雨青舎がみなさんに提供するもの、それは 知識と習慣です。 雨青舎の名前の由来は雨で草木が青々と生い茂る様のことです。 身体の辛い時<雨の時期>に身体と向き合い気付きと学びを経て生命力が草木が<青々と生い茂るように>満ち溢れていく場所という意味です。 当院は症状への施術はもちろん、過去の原因追求から未来への予防・身体作りまでトータルで考えています。 過去の状態を紐解き、今を判断して、未来を一緒にデザインしていくことが私たちの仕事です。 温故知新、全ての有効と考えられる治療をストイックに徹底的に学び実践する職人集団、それが雨青舎です。 とにかく原因の追求が大切と考えています。 当院は 福岡でも数少ない神経学検査・筋出力検査を行い、様々な問題を事前に見つけてきた実績があります。 当院の患者さんの中には一般の方をはじめ、特に医療関係者、他の医療機関・他の整骨院からの紹介などたくさんの方々に厚い信頼をいただいております。

次の