琴 ノ 若。 大相撲研究室 > 八百長Archive > 4)あの若ノ鵬が再び爆弾発言! 八百長力士21人と「530万円」口止め料

琴ノ波 力士情報

琴 ノ 若

若元春• 千代鳳• 千代ノ皇• 翠富士• 朝玉勢• 千代の海• 貴源治• 木崎海• 白鷹山• 明瀬山• 豊昇龍• 琴勝峰• 逸ノ城• 旭大星• 天空海• 琴恵光• 美ノ海• 水戸龍• 旭秀鵬• 千代翔馬• 大翔鵬• 照ノ富士• 若隆景• 琴勇輝• 大翔丸• 英乃海• 中入り• 琴ノ若• 千代丸• 志摩ノ海• 琴奨菊• 大奄美• 佐田の海• 千代大龍• 隆の勝• 栃煌山• 栃ノ心• 松鳳山• 霧馬山• 妙義龍• 宝富士• 阿武咲• 隠岐の海• 北勝富士• 朝乃山• 御嶽海• 大栄翔• 貴景勝• 徳勝龍•

次の

琴ノ波 力士情報

琴 ノ 若

若元春• 千代鳳• 千代ノ皇• 翠富士• 朝玉勢• 千代の海• 貴源治• 木崎海• 白鷹山• 明瀬山• 豊昇龍• 琴勝峰• 逸ノ城• 旭大星• 天空海• 琴恵光• 美ノ海• 水戸龍• 旭秀鵬• 千代翔馬• 大翔鵬• 照ノ富士• 若隆景• 琴勇輝• 大翔丸• 英乃海• 中入り• 琴ノ若• 千代丸• 志摩ノ海• 琴奨菊• 大奄美• 佐田の海• 千代大龍• 隆の勝• 栃煌山• 栃ノ心• 松鳳山• 霧馬山• 妙義龍• 宝富士• 阿武咲• 隠岐の海• 北勝富士• 朝乃山• 御嶽海• 大栄翔• 貴景勝• 徳勝龍•

次の

尰栶椡巑僨乕僞

琴 ノ 若

琴ノ若 傑太(ことのわか まさひろ、 - )は、出身で、に所属している現役。 本名は 鎌谷 将且(かまたに まさかつ)。 身長188. 0cm、体重173. 0kg 、はAB型。 得意技は右四つ、寄り、押し。 最高位は西13枚目(7月場所)。 父は元関脇・初代(13代親方)、母方の祖父は第53代横綱・(12代佐渡ヶ嶽親方)。 現在の四股名は、2019年7月場所の新十両昇進に合わせて改名したもので、父親の現役時代の四股名である「」を継承するとともに、祖父の四股名からも「傑」の一字を取ったものである。 それ以前は本名に佐渡ヶ嶽部屋伝統の琴のを冠した「 琴鎌谷 将且(ことかまたに まさかつ)」の四股名で土俵を務めていた。 来歴 [ ] 大相撲入門前 [ ] 1997年11月19日、当時現役の幕内力士だったの長男として誕生。 当日は11月場所の11日目だった。 幼少期から祖父のに相撲の基本を叩き込まれ 、5歳から地元の相撲道場(柏少年相撲教室)に通った。 松戸市立松飛台小学校を卒業後は親元を離れてへ進学した。 当初は中学卒業後の大相撲入りを考えていたが、中学卒業時点では大相撲で通用する自信を持てなかったため 、普通科スポーツコースに進学した。 高校では3年次に主将を務め 、を団体優勝に導き、では団体戦と個人戦(重量級)で優勝した。 大相撲入門後 [ ] 高校卒業後の進路は、大相撲入りを選択した。 在学中の10月6日に、父親が師匠を務める佐渡ヶ嶽部屋への入門を発表し 、同年11月場所で初土俵を踏んだ。 四股名は本名に佐渡ヶ嶽部屋伝統の琴の字を冠した「 琴鎌谷 将且」で、は3連勝だった。 出世披露では、後援者の要望を受けて父親である初代・琴ノ若の現役時代に使用していた化粧廻しを締めた。 初めて番付に名前が載った1月場所は、7戦全勝で序ノ口優勝とした。 翌3月場所で序二段に昇進し、6勝1敗。 同年5月場所と7月場所は三段目で相撲を取り、9月場所からは幕下に昇進。 3月場所で三段目落ちを経験したが、翌5月場所で幕下に復帰した。 5月場所では十両が目前の東幕下2枚目まで番付を上げて、3連勝3連敗から勝ち越しの4勝目を挙げた。 場所後の番付編成会議において、7月場所での新十両昇進が決まり、合わせて、父親の現役時代の四股名である「 」を襲名することとなり 、襲名と同時に本名の「将且」から、祖父の琴櫻が名乗っていた「傑將」から一字を取り「 傑太(まさひろ)」に改名することとなった。 祖父、父親、子と3世代で関取になった例は史上初 ただし祖父と父は関係。 新十両(西十両14枚目)で迎えた2019年7月場所は、12日目までに5勝7敗と後がなくなった状況から3連勝し、千秋楽で勝ち越しを決めた。 その後も順調に勝ち越しを続け、1月場所にて西十両2枚目で8勝7敗の成績を残すと、翌3月場所にて新入幕を果たし、新十両から所要4場所で十両を突破した。 新入幕時の番付は幕尻の東前頭18枚目で、前頭に18枚目が載るのは19枚目まであった9月場所以来61年ぶりのことである。 またこの新入幕は、2014年5月場所のに続く、史上9組目・12人目の親子幕内記録となった。 新入幕場所直前の3月4日には部屋に出稽古に来たらと計10番取って7勝3敗と概ね好調である事を示した。 迎えた3月場所は9日目まで7勝2敗と勝ち越し目前にこぎ着けながら、そこから4連敗を喫したが、14日目に錦木をで破り、祖父琴櫻・父琴ノ若も果たせなかった新入幕場所での勝ち越しを決めた。 人物 [ ] 2020年3月場所中の記事で部屋のタニマチ筋は「本人はややお坊ちゃん然とした素直さはあるけど、自分が決めた目標には必死に向かっていく芯の強さもある」と評していた。 元々の力強さや覇気に欠けた坊ちゃん気質から高校2年次まで鳴かず飛ばずであったが、3年次で主将に指名されてから意識改革が起こって急激に強くなったという指摘もある。 取り口 [ ] 右四つに組み止め、恵まれた体格を活かして寄る師匠・父の初代譲りの取り口を基本とするが 、リーチを活かした押し相撲も苦にしない。 一方、師匠からは新十両や新入幕の際、相撲が大人しいと評され、立ち合いの厳しさや攻める相撲が必要と指摘されている。 非常に体質が柔軟であり、2020年3月場所で対戦した千代大龍は「かち上げにいったけど柔らかくて芯を捉えられなかった。 白鵬関みたいな感じ。 白鵬関に失礼だけど、白鵬関の次くらいに、当たっても押し込めない」と感想を述べていた。 部屋の兄弟子の琴奨菊は「の力強さ、琴ノ若の柔らかさが欲しい」とその才能を羨んでいた。 エピソード [ ]• 初代琴ノ若の現役最後の取組は、11月場所12日目の戦であったが、当時8歳の鎌谷将且少年は家族と共にでこの取組を観戦していた。 現役を引退し、年寄・佐渡ヶ嶽を襲名した父親からは、将来琴ノ若を継承するように言われており、父親の引退に立ち会った経験から「次は自分だ」との思いを持つようになった。 初代琴ノ若のは翌に行われたが、この時に琴ノ若の最後の対戦相手を務めた。 四股名については、初土俵時は本名に由来する「琴鎌谷」となったが、三段目に昇進すれば父親の「琴ノ若」を継承する予定で、大関に昇進すれば祖父の「琴櫻」を継承する意向を持っていた。 しかし、実際には三段目昇進時には改名をせず、「琴鎌谷」のまま土俵を務め、新十両となる2019年7月場所から琴ノ若に改名した。 幼少期の相撲大会で初めてメダルを獲得した際、それが2位の選手に渡される銀メダルであったため、祖父の琴櫻から「1位じゃないと意味がない。 金メダル獲ってこい」と突き放された。 十両昇進時、本人はこれを忘れられない言葉として挙げている。 2019年12月23日、祖父の琴櫻の出身地である倉吉市から化粧廻しが贈呈された。 主な成績 [ ] 2020年3月場所終了現在• 通算成績:134勝88敗(26場所)• 幕内成績:9勝6敗(1場所)• 十両成績:35勝25敗(4場所) 各段優勝 [ ]• 琴鎌谷 将且(ことかまたに まさかつ)2015年11月場所 - 2019年5月場所• 琴ノ若 傑太(ことのわか まさひろ)2019年7月場所 - メディア出演 [ ] テレビ番組 [ ]• やままる(2020年3月6日、) 脚注 [ ] []• 公式サイト. 2020年2月25日閲覧。 刊 『』 2018年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成30年度版 最新部屋別 全相撲人写真名鑑 24頁• 日刊スポーツ 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 SANSPO. COM. 2015年10月8日. 2018年8月28日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年10月30日. 2018年8月28日閲覧。 刊 『』 2016年2月号(初場所総決算号) 69頁• スポニチアネックス. 2015年10月15日. 2018年8月28日閲覧。 東奥日報. 2015年11月9日. 2018年8月28日閲覧。 デイリースポーツ. 2015年11月15日. 2018年8月28日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年1月22日. 2018年8月28日閲覧。 「」『日刊スポーツ』、2019年5月25日。 2019年5月26日閲覧。 デイリースポーツ. 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 サンケイスポーツ 2019年7月21日. 2020年2月25日閲覧。 NEWS WEB 2020年2月24日. 2020年2月25日閲覧。 スポーツニッポン 2020年2月25日. 2020年2月25日閲覧。 毎日新聞 2020年2月25日. 2020年2月25日閲覧。 SANSPO. COM 2020. 4 15:55(2020年3月7日閲覧)• スポーツニッポン 2020年3月22日. 2020年3月22日閲覧。 イザ!(産経デジタル) 2019年5月11日. 2020年2月25日閲覧。 松戸市 2019年6月15日. 2020年2月25日閲覧。 時事ドットコムニュース 2020年2月24日. 2020年2月25日閲覧。 日刊スポーツ 2020年3月15日20時47分(2020年3月29日閲覧)• 日刊スポーツ 2020年5月2日0時0分(2020年5月2日閲覧)• NEWSポストセブン. 2013年4月17日. 2018年8月28日閲覧。 デイリースポーツ. 2015年10月28日. 2018年8月28日閲覧。 日本海新聞 2019年12月24日(2019年12月26日閲覧) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 日本相撲協会• - 相撲レファレンス.

次の