ソーシャル ゲーム インフォ。 売上300万円の「ソーシャルゲームインフォ」が時価総額450億円のコロプラに買収される

ソーシャルゲーム

ソーシャル ゲーム インフォ

ソーシャルゲームが人気らしいってよく聞くけど、あれって結局どういうゲーム? 近頃何かと話題のソーシャルゲーム。 ものすごく儲かってるらしいとか、会員が何千万人もいるらしいとか、ゲーム関連のメディアに度々登場するようになりました。 ところでみなさん、ソーシャルゲームって何のことだかご存知でしょうか。 プレイされている方であれば当然分かってるわけですが、遊んだことはなくて、ニュースなどで話だけ耳にして、なんとなくのイメージしかない人も実は結構いらっしゃるんじゃないかと思います。 もしかすると、こんなもんだろうと思っているそのもわもわもわーんとしたイメージは、あまり正しくないかもしれません。 そもそも、コンシューマーゲームとか、ソーシャルゲームという分け方自体、実は分類の基準がバラバラで分かりにくくしている原因ともなっているよに感じます。 というわけで、ソーシャルゲームを含むいくつかのゲームの形態について、ちょっと整理してお話ししてみたいと思います。 アーケードゲームとコンシューマーゲーム ここ数年はコンシューマーの中でも携帯機が人気があります。 さて、ゲーマーの方には説明するまでもないと思いますが、アーケードゲームとコンシューマーゲームの話からさせていただきたいと思います。 ソーシャルゲームの説明だけをしても、全体が把握できませんからね。 日本でアーケードというと商店街というイメージかもしれませんが、柱やアーチが連続して列になっている歩道のようなものをそもそもアーケードと言いまして、1列に連なってる商業施設もアーケードと言いますし、海外では、ゲームがいっぱい並んでいるようなアミューズメントを アミューズメントアーケードとか、あるいはペニーで遊べる、ペニーというのは1セントコインのことですが、その1セントコインで遊べるようなゲームセンターのことを ペニーアーケードと言ったりしました。 その流れで、日本でもゲームセンターやアミューズメントスポットに設置される業務用ゲームのことをアーケードゲームと呼びます。 で、そのアーケードゲームと区別して家庭用のゲームのことをコンシューマーゲームと呼ぶわけです。 コンシューマーというのは消費者という意味ですが、アーケードゲームだけでなく、PCゲームとも区別されてニンテンドー3DSやPlayStation3のようなゲーム専用機のことを指して使われます。 ちなみに英語だと、コンソールゲームといいますね。 お話した通りで、コンシューマーというのはアーケードとの区別で使われている言葉なので、厳密にはソーシャルゲームやスマートフォンアプリと区別する意味の言葉とは言い難いかもしれません。 コンシューマーゲーム機なんて言ってみても、ソーシャルゲームはサービスとしてゲームを提供しているのでゲーム機という概念は希薄ですしね。 家庭用とか、業務用とか、そういう分け方をしていった時にどう表現すべきかも難しいところです。 正確に表現するならコンシューマーゲームハードを家庭用ゲーム専用機とか、ソフトの方は家庭用ゲーム専用機用ソフトとでも言えば良いのかもしれませんが、多くの場合は便宜的にコンシューマーゲームという言葉が使われているようです。 続いて、たまに混同してしまう人もいるご説明したいと思います。 ソーシャルゲーム アイドルマスターもソーシャルゲームになって、大変な人気になっています。 それでは本題のソーシャルゲームの説明をしたいと思います。 ソーシャルゲームが他のゲームと大きく違うのは、プラットフォームがソーシャルネットワーキングサービス(以下SNS)であることです。 mixiやFacebookはもちろんそうですが、GREEやモバゲーもSNSです。 だから、いきなりゲームを遊ぶのではなくて、まずSNSに会員登録をして、同じSNSを使ってる人と友達になる機能もあって、メールをしたり、日記を書いたりすることができるんです。 そういう機能の1つとしてゲームもあって、それらを指してソーシャルゲームと呼んでいます。 そういう意味では、SNSをプラットフォームとして展開しているゲームはどんなものでもソーシャルゲームと言うこともできるかもしれませんが、おおむね、ソーシャル機能を利用した構造になっていて、SNS上の名前やアバターでゲームが遊べたり、友達をゲームに招待したり、また、ゲームの中で友達を作って協力したり競ったりということができるゲームが多いようです。 収集要素の強いゲームが多く、それをユーザー同士でトレードしたり、奪い合ったりする構造になっています。 よくソーシャルゲームでガチャという言葉を耳にしますが、ガチャというのは、いわゆるガチャガチャの要領で、何が出るか分からない収集アイテムのくじ引きのようなものです。 ガチャは課金の対象になる場合が多く、たくさんお金を払った方がよりレアなものがゲットできたり、数種類のレアアイテムをコンプリートすることでさらによりレアなアイテムがゲットできるというような巧みな構造を使って、ソーシャルゲームの主な収入源になっていると言われています。 スマートフォンのゲームアプリ iPhoeとAppStoreをきっかけにして、スマートフォンのゲームアプリは一気に加速しました。 別にゲームアプリはスマートフォンだけとは限りませんが、ここでは主にスマートフォンのゲームアプリということでお話をしていきたいと思います。 ソーシャルゲームもスマートフォンで遊ぶことができますが、大きな違いはプラットフォームがSNSであるか、そうでないかです。 オンライン上のSNSにアクセスしてその中で遊ぶソーシャルゲームとは違い、独立したゲームのアプリケーションを1つ1つスマートフォンにダウンロードして遊びます。 そういう意味ではソーシャルゲームと比較するよりは、コンシューマーがゲーム専用機にパッケージ販売でのゲーム提供を基本としているのに対し、スマートフォンに対してオンラインダウンロード配信をしているのがいわゆるゲームアプリと呼ばれている、という説明の方が分かりやすいかもしれません。 製造や流通などの構造上、一定規模の開発が要求されるコンシューマーゲームに対して、スマートフォンのゲームアプリはコンパクトでアイデアを生かした開発に向いているので、シンプルで少額のゲームが大量に流通しているのが特徴です。 数百円とか数十円、あるいは無料のゲームもたくさんあるんですね。 参入の敷居が低い分、内容は本当に玉石混交ですが、世界的ヒットで有名なアングリーバードのようにワンアイデアで大当たりし、7億ダウンロードを突破したなんて作品もあったりします。 実に様々な形態でゲームを提供するようになったゲーム業界。 最後にこれがについて、考えてみたいと思います。 身近にゲームが増えている 様々な形でゲームに触れる機会がある時代の到来は、まさしく好機が訪れていると言ってよいでしょう。 さて、いくつかのゲーム提供形態についてご説明してきましたが、いかがだったでしょうか。 この手の話をすると、これからはどれがゲームの主流になるのかみたいな議論がでてきがちなんですが、最後にそこのところのお話をして終わりたいと思います。 ガイドが色んな形でゲームが提供されているのを見て感じるのは、コンピューターの進化によってインタラクティブなコンテンツが益々身近になってきている、ということです。 最初はお家に性能の高いコンピューターなんてないですから、アーケードが先行します、業務用です。 ファミコンをきっかけに、お家のテレビにつなげて遊べる家庭用ゲーム機が一気に存在感を示します。 今度はそれが、携帯ゲーム機という形になって、持ち歩いて遊べるようになりました。 そんな中で、スマートフォンが登場します。 文字通り、賢い電話ですね。 メディアレスで、オンラインから小規模のゲームをダウンロードして遊ぶやり方が主流です。 専用のゲームハードや数千円もする高いソフトを買ってまで遊ぶのは大変という人でも、気軽にゲームをプレイすることができます。 そしてさらに、ソーシャルゲームです。 ソーシャルゲームというのはSNSがベースなわけで、クラウドを利用したサービスです。 PCやスマートフォン、携帯電話などの常時接続を基本とした端末からSNSに接続してもらい、メールでも、日記でもない、新しいソーシャルな関わり合いの手段としてゲームを提供しました。 これらのプラットフォームは、部分的には競合するところもあるでしょうし、同じ顧客をターゲットとすることもあるでしょう。 しかし全体としてみれば、ゲームと言う名前のついたインタラクティブなコンテンツに触れる機会を増やし、新しい関係性を増やし、体験するユーザーを増やしていくことになると思います。 ゲーム業界全体を考えた時に、これは紛れもないチャンスです。 これ程身近にゲームがある生活、いつの間にかゲームがある生活、常に何かのゲームを持ち歩いている生活、そんなことは初めてです。 これからはソーシャルゲームだとか、スマートフォンがコンシューマーを食うとか、そういうことについても考える必要はあるのかもしれません。 しかし、この好機においては、それぞれのプラットフォームが提供するゲーム体験がそれぞれの場面にマッチした形でユーザーを満足させ、そしてそれらが有機的に繋がって大きな盛り上がりを作っていくことこそが、もっとも重要であるように思います。 あらゆる場面においてゲームに触れてもらう可能性のあるこの時代、ゲーム業界は大きな視点でゲームという文化の広がりを考えていくタイミングに来ているのではないでしょうか。 【関連記事】 【関連サイト】.

次の

ソーシャルゲーム情報サイト「Social Game Info」と提携

ソーシャル ゲーム インフォ

2020年7月18日15時23分• 2020年7月18日15時04分• 2020年7月18日14時45分• 2020年7月18日14時26分• 2020年7月18日14時07分• 2020年7月18日13時48分• 2020年7月18日13時10分• 2020年7月18日12時51分• 2020年7月18日12時32分• 2020年7月18日11時54分• 2020年7月18日11時16分• 2020年7月18日10時57分• 2020年7月18日10時38分• 2020年7月18日10時19分• 2020年7月18日10時00分• 2020年7月18日00時25分• 2020年7月18日00時12分 2020年7月13日17時42分 2020年2月20日11時25分 2020年7月16日10時54分 2020年7月17日13時48分 2020年7月17日13時02分 2020年7月16日18時21分 2020年7月18日12時51分 2020年7月17日18時15分 2020年7月18日11時35分 2020年7月18日18時33分 2020年7月18日16時47分 2020年7月2日13時16分 2020年7月16日16時37分 2020年7月17日12時43分 2020年7月15日21時42分 2020年2月6日22時41分 2018年12月15日16時01分 2020年7月16日19時32分 2020年7月17日09時32分 2020年5月20日15時00分•

次の

いまさら聞けない ソーシャルゲームってなあに? (全文) [ゲーム業界ニュース] All About

ソーシャル ゲーム インフォ

概要 ソーシャルゲーム[Sl- ]とは、()をプムにしたの総称。 言い換えれば「専用」のことである。 な例として、、()、 、、、 、そしてで配信されているが該当する。 の走りとなったのは端末(今で言う、)向けのである。 ()を必要とせず、専用の会員制上で展開されていたおよびがソーシャルゲームの原になった。 系列のでもソーシャルゲームは配信されており、と組み合わせた「」、再生画面右の部分で遊べる「」がされていた。 はにし、はにし一部が「」へと移管されている。 留意点 ソーシャルゲームや関係のでは「 」 という言葉が誤った用法でほぼ定着してしまっている。 本来「をする」とは通り「を課する」「(自分が相手に)支払いを要する」という意味である。 詳しくはや の記事も要参照。 とはいえ、正しくと書いてもいまいち伝わらない気もするので、本記事では便宜上「制度」「」といった表記を使用する。 本記事を編集される方は誤解を招く(既に誤解されて使われている)表現は避けてください。 端末の流がからへと変化すると、内大手であるや(旧)などからはだけではなく、同のを用いるや向けの()も多くされた。 この内大手や形態のとは大きく、でソーシャルゲームというの名前を定着させるきっかけになったとも考えられる。 ちなみに圏では上でされたがきっかけと言われている。 一方で、内での新しいの急速なの広まりは、同時にに疎い人たちにとってとしての扱いをさせる要因になってしまった一面もあるかもしれない。 本来ソーシャルゲームとは、その名の通りというプムをすである。 これはで遊ぶのことを「専用」と呼ぶことと同じで、やといったの内容とは全く異なる分類方法である。 しかし、本記事のの版では、向けでの有名のひとつ「()」がソーシャルゲームとして扱われていた。 まず、でされているではない。 本作はにはプムでは、ではという分けがされている( も同様に正確な記述がされている)。 側は開発時においてはソーシャルゲームで用いられるI(重要業績評価標)を意図的に避けたと、間でソーシャルゲームとして認識されていることに対しては「強いて言うなら」と、わざわざで回答もしている。 参考: 同じく向けの「」もソーシャルゲームとして扱われていた。 これもでされているではない。 何より本作は「」という"端末の機を用いた位置()"がになっており、この元になっているは何故かソーシャルゲームには該当されないという扱いだった。 また、の版の内容の大半を占めていた形式という配信形態や内の()はソーシャルゲーム特有のではない。 これは「 」と呼ばれるもので製品やの一般的な配信形態のひとつにすぎない。 においては向けので前半頃から導入されており「(-to-Play)」と呼ばれている。 当然ながらの分野に限定しても、の登場やを用いた向けのが登場するよりっと以前から運用され定着していた。 始まりが中心であったのは当時のブの普及率が理由であり、のが広く普及した(といっても頃から)では据え置きのでもとは導入されている。 つまるところ、名前であるはずのプムによる分類が視されており、その上で・向けの全般や全般の区別がく混同されているのである。 これがどういう状態か例えると…。 特に本記事の場合は、の版において(の評価は別問題として)の解説を行う上で、プムによる分類、のによる分類、さらにはの内容による分類の違いを理解せず混同した内容の文章が数年間にって大量に記述されており、他や閲覧者に誤解を誘導する状態になっていたという経緯がある。 この版の文章はに全て書き直したものです。 プムやの違いがよく分からない、あののやの形式は正確には何と呼ぶの?…という人のために、要なのプムと関連の分類を以下にまとめる。 で何かを振りたいときも適切な記事のに書き込んだほうがめているやが得られると思いますよ。 に登場した「 W」と、そのである「」がの発祥元。 そのほか、の内容による分類(、育成、など…)はによって様々であり、"専用"という広い括りで扱うよりもごとに個別に分類する方が適切でしょう。 各種の内容は以下の記事より参照してください。 ソーシャルゲームタイトルの記事一覧 に追加する際は該当するを確認してください。 厳密にはのみが該当しては含まないことが適切ではありますが、やでの扱いを踏まえて、本項では便宜上でされている全般を扱います。 通称や俗称を含んだ間での呼び方を掲載基準にすると曖昧な内容でが肥大化してしまい、要らない誤解やを招く可性がありますので控えてください。 なお、出典元しでも記事が形成される内では、やとソーシャルゲーム、の開発元と配信元が個人によって混同されていることは結構多く、個別記事の内容がと異なっている例も多々見受けられます。 全般は、 向け全般は の記事へどうぞ。 関連記事• 関連リンク• 言葉の意味を視した用法について本記事とは別のでられている。 を用いたをソシャゲと表現する人は、を「新しい」と言っているやのような扱いになっていくのだろう。

次の