青森 コロナ 感染。 スペイン旅行者、新たに4人が新型コロナ感染 青森:朝日新聞デジタル

【青森】デリへル嬢の濃厚接触者、青森市の警察官の新型コロナ感染確認

青森 コロナ 感染

スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。 アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。 情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとされ、6月19日に運用が始まりました。 - 厚生労働省 アプリの概要説明やインストール方法、利用者向けQ&Aなど• - Apple iOS13. 5以降のiPhoneに対応。 App Storeへのリンク• - Google Play Android 6. 0以上の端末に対応。 Google Playへのリンク• オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 - 青森県 自治体からの情報 地域 選択.

次の

【青森コロナ】「青森県警を訴えます!」 警察官が感染隠してクラブで飲酒、店名が特定され売上激減

青森 コロナ 感染

新型コロナウイルス感染症患者の青森市内の発生状況について 新型コロナウイルス感染症の患者の発生は、青森市関連で8件確認されております。 新型コロナウイルス感染症患者(青森市8例目) 本市において、7月31日(金曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関連資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市7例目) 本市において、7月15日(水曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関連資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市6例目) 本市において、7月11日(土曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関係資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市5例目) 本市において、7月10日(金曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関係資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市4例目) 本市において、7月9日(木曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関連資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市3例目) 本市において、4月9日(木曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関連資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市2例目) 本市において、4月7日(火曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関連資料• 新型コロナウイルス感染症患者(青森市1例目) 本市において、4月3日(金曜日)、青森市保健所管内で新型コロナウイルス感染症に感染した患者が確認されました。 関連資料• 新型コロナウイルス感染症に係る市長コメント 新型コロナウイルス感染症に係る小野寺晃彦市長からのコメントを次のとおり掲載します。 コメント• その他• 新型コロナウイルス感染症に関する各種情報については、をご覧ください。

次の

県内の最新感染動向

青森 コロナ 感染

青森市によると、同市で5人目の感染者となった20代接客業女性は3日、茨城県から高速バスで東京に移動し、新宿・歌舞伎町のホストクラブを利用。 4日には東北新幹線で青森市に移動し、同日から8日まで5日間、デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の仕事を行った。 9日朝に38. 0度の発熱があったため、帰国者・接触者外来を受診。 県環境保健センターによるPCR検査で陽性が判明した。 女性は市保健所の調査に対し、5日間で30人程度の接客をしたと説明しており、いずれの客も濃厚接触者とみられる。 10日時点で客と連絡が取れない状況が続いており、感染経路不明者が出てくる恐れもある。 女性は市内の宿泊施設に宿泊していたが、10日中に感染症指定医療機関に入院。 同僚5人と仕事をしていたが、5人の行動歴などは不明という。 小野寺晃彦市長は10日の会見で「(接客相手や同僚を)濃厚接触者として検査する必要があるが、接客相手を特定するのは非常に難しい。 感染経路不明者の発生を危惧しており、心当たりのある人は帰国者・接触者相談センターに連絡してほしい」と呼び掛けた。 同市では、9日にも開業医の新型コロナウイルス感染が確認され、受診者590人の健康観察を行う必要性が生じている。 市は多数の健康観察と感染経路不明者の特定を同時に進めるため、前多正博副市長を本部長とする「現地危機対策本部」を市保健所内に設置し、対応を強化する方針。 小野寺市長は市民に対し「今回の発生事例に類する接客を伴う夜間営業店舗の利用を控えるなど、冷静な行動を」と要請。 関東方面への移動については「とりわけ慎重に判断してほしい」と述べた。 市によると、開業医男性と妻は3日に上京し、4日に娘夫婦と会食。 5日に青森市へ戻った。 移動中は基本的にマスクを着けていたという。 娘の夫の会社で感染者が発生したこともあり、9日までにPCR検査を受け、陰性と判明した。 娘も同検査を受けたが、結果は確認中。 男性は6~9日、自身が営む医療機関で240人を診察。 8日には校医を務める市内の県立高校で生徒350人を健診している。 診察の際は、マスク、手袋、フェースシールドを身に着けていた。 男性の医療機関で働くスタッフ8人は防護措置をしていたため、濃厚接触者には該当しないとされているが、市はPCR検査を10日に実施。 男性の濃厚接触者である妻と知人も同検査を受けており、結果は11日に判明する。 男性の医療機関は10日から休診している。 市によると、同日午前時点で男性は微熱と喉の違和感が続いているものの、重症化していないという。

次の