ナナハン キラー。 タミヤ 1/12 オートバイシリーズ ヤマハ RZ350

RZ350との一年間の思い出 : リターンライダーのひとり言

ナナハン キラー

今まで感じた事のない精密感のあるエンジンに感動。 でも、GSX-S750には、さらに二番底がありました。 そのキッカケは? 排気量が750ccだからって、ナメるとこれはやられるかも!? 体感的には、車体をバンクさせている最中の安定感がどんどん増してくる感じ。 そうなると乗り手は操作に自信が持てますから、もっとアグレッシブに走りたくなるのがライダー人情というやつです(笑) そうして、さっきまでより意識的に一歩踏み込んでみた瞬間……GSX-S750が化けました。 こっちの要求すべてにGSX-S750が、理想的に応えてくれるんです。 スリッパークラッチの安心感に支えられながらのブレーキングはイメージ通りに決まり、そこから狙った走行ラインを寸分も外さずにバイクが曲がっていきます。 ブレーキリリースと共に、笑えるくらいスパンッ!と車体の向きが変わる!? そしてコーナーの出口では、極上の加速フィーリングを思い切り路面に叩きつけるだけ。 8000回転くらいから、さらにパワーが溢れてきます。 めちゃくちゃ速い! 難しいテクニックは特に要求されません。 前後サスペンションとのマッチングも完璧です! 圧倒的に孤高な『ナナハン四発』GSX-S750 今や1000ccオーバーの排気量も、200馬力も当たり前の時代です。 それに、スポーティ感を味わうなら、スズキのSV650のようなVツインスポーツだってあります。 でも、そんな中にあってさえGSX-S750、現代のナナハン四発は強烈に「孤高」だと思い知らされました。 車体全体に対してのサイズのバランス感が絶妙でした。 エンジンは言わずもがな。 オーバー100馬力のパワーを余裕で受け止めるフレームの剛性感。 強いブレーキングでも乱れない車体の姿勢。 身体にスッと馴染むライディングポジション。 コンパクトなエンジンのおかげで、ギュッと引き締まったデザイン。 どれをとっても文句のつけようがありません。 走りが好きなライダーの願いを全部叶えてくれるんです。 もういっそ GSX-S750が神々しく見えてくる気持ちになりました。 場合によっては、ハイパワーな大排気量車を駆るバイク仲間に『なんで今さらナナハンのネイキッド?』なんて、軽く侮られるかもしれません。 でもそれは、GSX-S750の真髄を知らないからこそ言える台詞。 このバイクがボクの愛車だったら『後で見てろよ~? 峠で後ろから突きまわしてやるからな~』なんて、内心ほくそ笑む自分を止められないと思います。 そして走り終わった後に、こう言ってやるんです…… 『スズキのナナハン、ナメんなよ?』 ってね! 操る楽しさを重視するなら『SV650』も! 足着き性&ディテールCHECK.

次の

ナナハンキラー! │ 絶品輪業(ゼッピンリンギョウ)

ナナハン キラー

虚誕な話をすれば、現在のSS750とRZ350のどちらが速いか、と言われれば、 現在のSS750 GSX-R750K9とか)のほうがぶっちぎりで速いです。 まぁ、たった数年と思われるかもしれませんが、 当時はバイクブームで毎年のようにニューモデルが発売されていました。 それも単なるモデルチェンジではなく、加速度的にバイクの性能が向上した時期でもありました。 3年も違えば完全に「過去のバイク」だったのです。 (NS400Rについては、異論もあるが、長くなるので省略w) RZはブレーキも効かないし、フレームもだめなんで 公道でなら、少しは走るかもですね。 RC30ですが、当時の8時間耐久で750㏄なのに 遅いので、VFR400で出場しようとしたチームが いくつかあって、(実際に400のほうが速いタイムがでる) ホンダ側からクレームかなんかがでて、CBR600F というツーリングバイクで出場して、確か6位に入賞 したことがありました。 とういうことからみても、当時の750は遅いです。 SP750という市販車そのままのレースがありましたが これが、全然走らないというか、とんでもなく 曲がらないバイクばかりで、重いので曲がらない 曲がらないからアクセル開けられない、それでバイクが 寝たまま、ドアンダーで曲がらないという。 ヤマハが多少ましでしたが、とんでもないバイクばかりでした。 雑誌の記事なんかで当時のバイクをひっぱりだして 褒めてある記事を見ますが、そういうのはほとんど嘘ですね。 あと、NSR500とRVF750が鈴鹿を走ると 純粋なレーサーと市販車改造マシンなのに NSR500が速いのは、裏のストレートと シケインの立ち上がりからメインスタンド前のストレート だけで、あとは全部RVF750のほうが速いです。 多少重くても、馬力が無くてもコントロールしやすい 4STのほうが速いというのはもう常識ですね。

次の

【正月の首都高速】渋滞のない高速を2ストで走る! 湾岸の新人編⑱ RZ250/RZ350【モトブログ】

ナナハン キラー

スピード検査は正確でした。 肝をわかっておりますオーナー!』 もっとも気に入っているところは、『初期エグリはドラムブレーキゆえにブレーキが効かずスピードが出せませんでしたがダブルディスクはとても良く効きますので、 強烈な加速を堪能でき、楽しく走れます。 』と、目を輝かせながら語るオーナー! この車との憧れ・出会い・思い出は、『マッハシリーズは250から750まで乗りましたが 結局最後は500に戻りました。 マッハならではのエンジン音と 後方に拡がる白煙は一瞬で昭和へとタイムスリップさせてくれます。 』と子供の様に楽し気に語るオーナー! 是非、見学の際に、オーナーと当時の旧車談義をしてみてください! 取材:SEIYAA代表 菅田 余談:私は、40年ほど前の学生時代、某新聞社のプレスライダーをしていました。 当時は、通信社・新聞各社のライダーが競って記事を届けたものです。 上記価格にて、お求めいただけます。 *銀行マイカーローンなどを申請する方には、ご利用であれば、見積書を作成します。 肝をわかっておりますオーナー!』 常にパーツ交換・メンテナンスをされているオーナー! 各所、コンディションの良さを伺えます! 購入時マイル表示でしたが 見やすくするため 計器屋さんにて キロ表示盤に変更しましたので 速度表示はキロですが走行距離はマイルになります。 スピード検査は正確でした。 上記価格にて、お求めいただけます。 *銀行マイカーローンなどを申請する方には、ご利用であれば、見積書を作成します。 SEIYAAでは、安心して次の方へ受け継がれるように、随時、購入・見学者様の身元確認などの多数の業務を行っており、所有者に直接連絡を取った者+受けた者(オーナー)は、ペナルティ(規約違反)として、WEB上に身分を掲載する、または、迷惑料1万円〜を請求しますので、マナーをお守りください。 は 、弊社のです。 2003 Copyright c SEiyaa セイヤー!! Allrights. No reproduction or republication without written permission. 2003年 SEIYAAがすべての権利を保持しています。 許可のない転載、再発行を禁止します。

次の