アドバンスト アナリティクス。 アドバンスト・アナリティクスの世界市場2016

ビッグデータは人類の未開の領域。アドバンスト・アナリティクスはまったく新しい分析パラダイム――韓国LG CNS社CTOキム・テグ氏に聞く|IT insight|ダイヤモンド・オンライン

アドバンスト アナリティクス

Kim Taekeuk/韓国LG CNSシニア・バイスプレジデント 兼 最高技術責任者(CTO) ソウル国立大学卒、工学修士。 アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)にて、上席コンサルタントとして活躍後、1994年LG EDS社に入社。 2004年、LG電子のCIOに就任。 09年にはInformation Week Global CIOに選出。 10年から現職。 いま、人類はアドバンスト・アナリティクスという高度な分析が可能な時代の入り口に立っています。 ビッグデータと呼ばれる膨大な量のデジタルデータの出現と、それを保存・処理するテクノロジーの進化がこうした変化を生んでいます。 400年前にガリレオが使った望遠鏡の時代から今日まで、人類はさまざまな道具を使って未知の世界を観察することによって、新しい知見を得て、生活のレベルを上げてきました。 ハーシェル望遠鏡、ハッブル宇宙望遠鏡、あるいは電子顕微鏡など、新しい道具の登場によって、宇宙空間から極小な世界まで、それまで見えなかった世界が解明されていきました。 アドバンスト・アナリティクスとは、ビッグデータという大量で多様なデータであるがゆえに人類が知りえなかった世界を観察可能にするテクノロジーです。 ビッグデータの中から意味を見つけて迅速に現象を理解し、予測とインサイトを提供する、アドバンスト・アナリティクスとは、分析のまったく新しいパラダイムなのです。 LGグループではそうしたパラダイムにいち早く対応するために、高度な分析ツールを開発するSAS Instituteの協力を得て、2年前から韓国にアドバンスト・アナリティクス・センターを設置し、運営しています。 新しい分析パラダイムへの準備はまだ始まったばかりですが、LGグループは、少なくとも韓国内では最も素早く、積極的に、多方面に展開するトップランナーです。

次の

会社概要

アドバンスト アナリティクス

そして、本コンテストの最終選考会が、2017年12月6日(水)に、日本科学未来館7Fの未来館ホールにて、開催予定。 さらに、来場者の投票数で受賞者を決める、ポスターセッションのコンペティションも実施される。 ファイナリストによるプレゼンテーションでは、スマホと救急隊の医療機関選定について分析したものや、AO・推薦入試合格者の、学力推移と学習傾向に着目したものなど、合計10組の発表が行われる予定だ。 また、最終選考会では、統計がもたらす価値と展望を語る基調講演や、ModelerとRを使った、時系列分析についての特別講演を、聞くこともできる。 主催のアドバンスト・アナリティクス株式会社は、SPSS製品をはじめとする、アナリティクスソフトウェアの販売や、教育サービスなどを提供している企業。 両者の協力のよる同課程によって、データ分析スキルを持つ人材の需要と供給のギャップを埋めていくことを目指す。 同社は、マーケティング、学生の募集、出願まで、そして学生の在籍時のサポートも行う。 学科新設によって、同大学の応用経済学・統計学の学部は、その領域を広げることとなった。 大学の講師陣と共に主要な企業からデータ分析の専門家によって開発されたカリキュラムを、学習柔軟性の高いオンラインで提供。 そのため、社会人学生は、キャリアの中断や通学のための引っ越しなどを行わなくて済む。 同大学の修士課程では、ケーススタディ、企業が広く利用するSAS Institute Inc. のアナリティクス・ソフトウェアへのフリーアクセスを採り入れ、リアルなデータで分析を行い意思決定につなげるというトレーニングを行う。 All Campus 社は、オンラインプログラムの管理サービス(OPM:Online Program Management)を提供する企業。 デラウェア大学は、1743年創立という全米でも由緒のある大学。 Udemyは、国際的なオンライン動画学習サービスで、最新のIT技術の習得を中心としたオンライン講座を提供する。 株式会社オプトホールディングは、主にマーケティング事業を支援する、プラットフォームの提供を行っている企業。 本プログラムの受講期間は約6ヶ月で、受講料は無料。 本プログラムの特徴は、事前知識が全く無い初心者にも、丁寧なサポートを行なうことで、理系・文系を問わず、幅広い分野の学生に対して、データサイエンス習得の機会を提供している点である。 本プログラムの内容は、プログラミングや機械学習を学ぶオンライン型学習と、企業や他大学の学生とのワークショップを通じて、データサイエンスに関する課題に取り組むワークショップ型学習、そして、大手・一流企業で現場体験をするインターンシップの3ステップだ。 同社は、現在、本プログラムの説明会(サイトから予約)を行っている。 【講座サイト】.

次の

Services

アドバンスト アナリティクス

[1ページ目] [2ページ目] 製薬業界にデジタル変革の波が訪れている。 研究開発はもちろん、医療のサポート、経営の効率化などあらゆる面でデジタルイノベーションが起きているのだ。 その背景には、医療環境の変化とデジタル技術の進展があった。 4月19日から21日にかけて開催された「ヘルスケアIT 2017」。 製薬企業に対するニーズの変化と高まる期待 当日、登壇した菊池氏はまず、バイエルが手掛ける3つの事業領域として「医療用医薬品 処方薬 」「コンシューマーヘルス 市販薬・栄養補助食品など 」「クロップサイエンス 農薬・種子・動物用薬品など 」を挙げ、医療用医薬品については循環器領域や腫瘍領域、婦人科領域など幅広い領域に注力して研究開発を行っていることを紹介した。 「バイエルは現在、アカデミアの先生方や企業と協力して創薬のオープンイノベーションを進めています。 その方向性は大きく2つに分かれる。 1つはアドバンストアナリティクス。 データに基づく意思決定により、ビジネスの効率化を図るというものだ。 もう1つは、ウェアラブル端末・モバイルアプリなどを活用して患者の生活の質を高めるというもの。 これらはバイエル以外でも各社、取り組みが加速している分野でもある。 その背景には「製薬企業に対するニーズの変化がある」と菊池氏は語る。 「超高齢化や地域包括ケアシステムなどによるプレーヤーの多様化と医療環境の変化、そしてAIを使った診断やモバイルセンサーの普及などのデジタル技術の進展、これらがデジタルヘルスへの期待が膨らんでいる理由なのです」(菊池氏) そもそも製薬企業にとっての「デジタル変革」とは何か。 菊池氏によると、「患者のニーズを探り当てて的確に対応するため、デジタル技術が生み出す機会を生かして事業の活動とプロセス、能力向上を加速させる」ことだという。 その1つが、患者が発病してから治療が完了するまでの「ペイシェントジャーニー」に寄り添うということだ。 これまで製薬企業は医師を通して治療に貢献してきたわけだが、ペイシェントジャーニーを見ていくと、治療の前後にも患者の「ニーズ」と「機会」があることに気づいたと菊池氏は述べる。 例えば、発症期においては疾患の早期発見のサポートが行える。 診断時には遠隔診断技術で貢献することができるし、疾病管理のために服薬管理やリモートモニタリングなどの技術が役立つというわけだ。 ペイシェントジャーニーをトータルケアしていくことが、これからの製薬企業に求められる役割であり、そこで大きな力となるのがデジタル技術なのである。 製薬企業と異業種との連携も進む。 例えば、サノフィとVerily Life Sciences(Verily)が糖尿病患者支援のプラットフォーム開発を行うジョイントベンチャー「Onduo」を設立しているほか、大塚製薬と日本IBMは電子カルテデータ分析ソフトを提供する合弁企業「大塚デジタルヘルス」を、グラクソ・スミスクラインとVerilyはバイオエレクトロニクス医療機器を開発する合弁企業「Galvani Bioelectronics」を設立している。

次の