鼻くそ が よく たまる。 感染症リスク!「鼻くそ」ほじると死?今時期は危険な行為!

鼻くそが多い!病気を5つまとめて紹介&色も重要!?

鼻くそ が よく たまる

スポンサードリンク 鼻くそが多い原因 鼻くそが多くなるのは、鼻の防衛システムによって増えた鼻水が乾燥して固まるためですが、なぜ鼻くそは多くなるのでしょうか。 その原因は、生活環境が影響したり、病気であったりします。 空気が汚れている 工場地帯や排気ガスの多い都市など空気が汚い場所にいると、鼻はフル活動で異物の除去を行う必要があり、鼻水が増え、結果鼻くそが多くなります。 また、掃除を怠っているホコリっぽい部屋に住んでいる場合も同様に鼻水が増え、鼻くそも多くなります。 空気が乾燥している 空気が乾燥している場合も鼻水が固まりやすくなり、鼻くそが多くなる原因になります。 したがって、冬場の方が鼻くそは多くなりやすいと言えます。 風邪 風邪を引くのは細菌やウイルスが鼻や口から浸入することが原因ですが、この鼻の中に浸入してきた細菌やウイルスと白血球が戦いを繰り広げ、細菌やウイルスを含んだ白血球の死骸がでます。 この死骸を排出するため、鼻腔粘膜から分泌される粘液の量が増え、鼻水、鼻くその量が増えます。 スポンサードリンク アレルギー性鼻炎 花粉やハウスダストなどによるアレルギーで鼻水が増え、乾燥すると鼻水が固まり鼻くそが多くなります。 アレルギーの場合は、鼻水が止まらず鼻をかみすぎることで粘膜を傷つけてしまい、かさぶたのような鼻くそや、血が混じった鼻くそが取れたりもします。 副鼻腔炎(ふくびくうえん) 副鼻腔炎は、鼻腔の周りにある「副鼻腔(ふくびくう)」と呼ばれる空洞に膿が溜まる病気です。 慢性的なものは、蓄膿症とも呼ばれます。 臭いのある黄色や緑色っぽい粘性の鼻水(膿)が出る場合は、副鼻腔炎の可能性があります。 粘性の鼻水が乾燥して固まると鼻くそとなり、これも鼻くそが多くなる原因となります。 鼻のいじりすぎ 鼻の中が気になるからと言って指で触りすぎると、爪で鼻の粘膜を傷つけてしまったり、分泌物が増えることで、鼻くそが多くなってしまう場合もあります。 対処法は? 鼻くそが多いときの対処法をご紹介します。 マスクをする マスクをすることで、空気の汚れや細菌、ウイルスなどの異物が鼻腔に侵入するのを防ぐため、鼻くそを増やさない対策になります。 また、鼻腔粘膜を乾燥から守ることにもなります。 部屋を掃除する 部屋は、できるだけこまめに掃除を行うことで、鼻くそを増やす原因となるホコリが鼻に入るのを防ぐことができます。 湿度を適度に保つ 鼻腔が乾燥すると、鼻くそができやすくなります。 部屋の中が乾燥しすぎないように、加湿器や濡れタオルを干すなどして湿度を保つように心がけましょう。 耳鼻咽喉科を受診する 鼻くそは、生活環境の問題でも多くなりますが、アレルギー性鼻炎であったり、副鼻腔炎を起こしていたりと、適切な治療が必要な場合もあります。 生活環境を整え、マスクをするなどの対策をしても、鼻くそが取れない、鼻くそが多い、または、黄緑色の鼻くそが出る状況が続いている場合は、速やかに耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。 スポンサードリンク 鼻くその掃除方法 ところで、正しい、鼻くその掃除方法をご存知ですか? 指で鼻の穴をほじったりしていませんか? 指で鼻の穴をほじると、爪で鼻腔粘膜を傷つけて鼻血が出てしまったり、傷から菌が入って、炎症を起こしたりする恐れがありますので、やめましょう。 鼻くその掃除は、 お風呂上りの鼻の粘膜が適度に潤っているときに行うのがよいです。 鼻くそも水分を含んで取れやすくなります。 ティッシュで軽く鼻をかむ、または、綿棒で一回り、二周りくるっと鼻の穴をなぞるようにして掃除するのがいいでしょう。 このとき、綿棒は入り口だけで、奥まで入れないように注意しましょう。 大切なことは、無理をしないで、取れる分だけでやめておくことです。 まとめ 鼻くそは、鼻から浸入してきた細菌やウイルス、ホコリなどを排出するために、それらを含んだ鼻水が乾燥して固まったものです。 鼻くそが多い原因は、空気が汚れていたり、乾燥していたりといった環境的原因と風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などの病気が原因の場合があります。 その対処法としては、マスクをする、部屋の掃除をまめにする、部屋を加湿する、病気が原因ではないか医師の診察を受けるなどがあります。 鼻くそがたまっていると呼吸がしずらいですし、見た目もよくありません。 鼻の中をきれいに保つために、正しい鼻くその掃除方法を実践してみてはいかがでしょうか。 対策をしても鼻くそが多い、または黄緑色の鼻くそが出続けている場合は、 耳鼻咽喉科を受診してみましょう。

次の

鼻くそはなぜたまる?臭い鼻くそができる理由や鼻くその色の秘密

鼻くそ が よく たまる

「鼻くそ」というのは誰でも鼻に溜まってしまうものです。 しかし、溜まりすぎると鼻が詰まってしまうし、鼻くそを除去するのも面倒になります。 学校や仕事などでは、人前で鼻をほじるなんてことはできないので、いちいちトイレなど人気のないところに移動して除去しなければなりません。 鼻くそが気になるけど、人前だからどうしようもできないと困ることもあるでしょう。 そんな鼻くそはなるべく溜まるのを防ぎ、鼻の中をきれいで清潔な状態に保ちたいものです。 そこで、今回は鼻くそが溜まらないように予防するための対策方法を紹介します。 鼻くそが大量に溜まるなんて悩んでいる方は参考にしてください。 それではどうぞ! 鼻くそが溜まらないように予防する対策方法5選 1.室内の空気はきれいにするように心がける まずは、室内の空気はきれいにするように心がけましょう。 鼻くそは空気中の微生物や塵、花粉などによってできるものです。 空気が汚ければ、それだけ汚れを鼻で吸い込むことになるので、鼻くそがたくさん溜まりやすくなります。 そのため、室内の空気はしっかりときれいにしましょう。 家にいても鼻くそが溜まるという場合には、その部屋にほこりや汚れがたくさんある証拠です。 掃除をしっかりと行うことが重要で、ほこりや汚れが部屋に溜まらないようにしましょう。 また、掃除だけで処理できない細かいハウスダストなどは、空気清浄機を使うことがおすすめです。 掃除と空気清浄機で部屋をきれいにすれば、鼻くそは溜まりにくくなります。 以下のリンク先で、Amazonの空気清浄機の売れ筋ランキングが紹介されていますので、参考にしてみてください。 2.加湿もしっかりと行う 室内においては加湿もしっかり行うようにしましょう。 湿度が低いと鼻が乾燥しやすくなり、鼻水などが過剰に分泌されて鼻水の原因になってしまいます。 鼻水などの分泌液も鼻くその原因となるので、余計な鼻くそを増やさないためにも、鼻水対策として加湿をするようにしてください。 手っ取り早い方法としては加湿器を使うことです。 また、上述した対策である空気清浄も一緒に対策できる「加湿空気清浄機」もおすすめとなります。 室内においては、「加湿器と空気清浄機」、もしくは「加湿空気清浄機」を使って対策をすることが効果的です。 鼻くそ予防だけではなく、風邪や喉の乾燥なども同時に予防できて便利です。 なお、加湿器以外にも、部屋を加湿する方法はたくさんあります。 以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

次の

鼻くそが溜まりにくくする方法と正しい掃除の仕方を説明!

鼻くそ が よく たまる

スポンサーリンク 鼻くそが溜まりにくくするには乾燥を防ぐこと 鼻くそが溜まりやすい方は、湿度管理をしっかりしましょう。 電子機器が多いオフィスなどは、 湿度が50~60%未満のところもあるので、かなり鼻くそが溜まりやすい環境になっています。 また、冬の季節は屋外でもオフィス内と同じで乾燥がひどく、鼻くそが溜まりやすい状態です。 これらの環境を改善すれば、鼻くそはかなり溜まりにくくなります。 乾燥で鼻くそが溜まりやすくなる理由 鼻の内部は普通の皮膚と違って粘膜に覆われています。 粘膜は体をウィルスや細菌から守るために粘液を出して表面をバリアしているのですが、この粘液が鼻水であり、鼻水が乾燥して固まったものが鼻くそです。 つまり、湿度管理さえしっかりしていれば、鼻水が固まらずちょうどよい状態で鼻の中に留まっているため、乾燥して鼻くそに変わらず溜まってしまうこともないのです。 鼻を直接加湿すれば、外から見て何も変化はないのでファッションのバランスを壊すこともありません。 鼻くその正しい掃除方法 これまでは鼻の中の乾燥対策について説明しましたが、正しいお掃除方法は知っていますか? 鼻の中って粘膜なのでかなりデリケートな部分なので、大雑把にやってしまうとこれまでやった対策の効果が半減してしまいます。 というわけで、次は鼻くそが溜まりにくいお掃除方法を紹介します。 お風呂でふやかして除去 鼻くそは鼻水が固形化したものなので、 一度水分を含ませて除去が正解です。 固形化した状態のまま取ろうとすると、張り付いた部分が粘膜を引き剥がしてしまう心配もありますので、極力避けましょう。 お風呂に5~10分ほど入っていれば湯気で自然とふやけてくるので、ある程度時間が経ったら鼻息で「フン!」と出しましょう。 ちなみに、鼻の穴は片方ずつ閉じてから出すように。 いっぺんに出そうとすると鼓膜にも悪影響なのでなるべく優しく。 濡れた綿棒を使って除去 外出時に鼻くそが溜まったと感じた場合は、濡らした綿棒で鼻くそを柔らかくしてから取り除いてあげましょう。 お風呂と同じくふやかした後は優しく、片方ずつかむことを忘れずに。 個包装の綿棒なら5,6本常備しておいても邪魔にならないのでおすすめです。 しかし、綿棒でやってしまうと、鼻の内側の水分がなくなってしまうため、また鼻水が分泌されて鼻くそができてしまいます。 また、綿棒が乾いた状態では摩擦も多くなり粘膜を傷つけることもあるので、必ず濡らして使うようにしましょう。 鼻うがいで除去・予防 鼻うがいは、鼻くそそうじができる上に、鼻の中の除菌ができるという最強の鼻くそケア。 やったことのない方は「痛いんじゃないか」とかの理由でかなり抵抗を感じるかもしれませんが、成分が体液に近いので痛みは感じません。 また、通常では掃除できない鼻の奥(上咽頭)まで洗えるのでかなりスッキリします。

次の