平成天皇誕生日はどうなる。 皇太子の誕生日は2月23日|平成以降の天皇誕生日どうなる?祝日/即位

2019年は「天皇誕生日がない年」 12月23日が平日になる: J

平成天皇誕生日はどうなる

2019年に天皇誕生日がないのはなぜか 祝日はどこが決めているのか そもそも祝日は、どのようにして決定しているのでしょうか。 祝日は正しくは 「国民の祝日」というもので、 「国民の祝日に関する法律」によって定められています。 また祝日が日曜日と重なったときには、月曜日が「振替休日」に。 更に前日と翌日が祝日となる平日が休日となる「国民の休日」も、この法律によるものなんです。 即位の日付と誕生日と 天皇陛下(今上天皇)が2019年4月30日をもって生前退位なされることは、すでに決定しています。 そして 5月1日より皇太子様が新天皇に即位なされ、新しい年号がスタート。 天皇誕生日は国民の祝日に関する法律において、「天皇の誕生日を祝う」…としています。 実はこの部分が、2019年の天皇誕生日がないことに深く関係しています。 皇太子様の誕生日は2月23日。 5月1日に新しく天皇陛下として即位なされた時点で2月23日は過ぎています。 また現天皇陛下(今上天皇)が4月30日に退位なされた時点で、2019年の12月23日は「天皇誕生日」と言えない状況に。 そのため 2019年は「天皇誕生日」が存在しないため、祝日もなくなってしまいました。 2020年以降の天皇誕生日は? 新しい天皇誕生日 2019年は、5月1日に皇太子さまが新しく天皇陛下に即位なされる関係で、その年(2019年)の2月23日は天皇誕生日となりません。 しかし 2020年以降は、2月23日が天皇誕生日となる予定です。 先に説明したように、天皇誕生日は法律で「天皇の誕生日を祝う」としています。 そのため新しい天皇陛下の誕生日にあわせて、天皇誕生日の日付も変更されるんですね。 こういった変更は過去にもありました。 昭和天皇が即位されていた昭和の時代は、4月29日が天皇誕生日でしたが、今上天皇が即位なされて平成となってからは、12月23日が天皇誕生日となっています。 5月1日は祝日になるの? その年限りで? 2019年に天皇誕生日がないことで、祝日が1日減ってしまったと感じる人がいるかも知れません。 しかし、2019年の1年限りではありますが、新天皇が即位なされる 5月1日を祝日にしようという動きがあります。 実はゴールデンウィーク中の平日で、5月1日を祝日にすれば、• 4月29日(昭和の日)と5月1日にはさまれる、4月30日• 5月1日と5月3日(憲法記念日)にはさまれる、5月2日 …の2日間が祝日法の規定により 「国民の休日」となります。 4月28日(日)~5月6日(月・振替休日)の9日間が祝日に。 28日の前日の27日は土曜日なので、正味 10日間の連休も可能です。 この超大型連休によって、様々なかたちで休みを楽しんでほしいという考えもあるんです。 5月1日を祝日にする件については、2018年10月12日の閣議で方向性は決まりました。 最終的には秋の臨時国会で決定される予定です。 正式に祝日となったら、長期旅行に行くなど、いろんな楽しみ方ができそうですね。 12月23日はどうなるの? 現時点では… 2月23日が新しく天皇誕生日となると、気になるのが現在の天皇誕生日である 12月23日のこと。 この日は先に記載したように、退位なされる現天皇陛下の誕生日なので、2019年は天皇誕生日ではなくなります。 また2020年以降に関しても、 現時点では祝日ではなく平日とする方向で検討されています。 この点に関しては今後様々なかたちで議論が重ねられるため、あるいは新たな祝日になる可能性も残っています。 今後の動きに注目しつつ、だれもが納得するかたちでまとまってほしいですね。 過去の天皇誕生日は ちなみに 過去の「天皇誕生日」は、祝日になっている日と、祝日になっていない日があります。 昭和天皇の誕生日であった4月29日は、みどりの日を経て現在は「昭和の日」に。 また明治天皇の誕生日である11月3日は、現在は「文化の日」の祝日となっています。 一方で大正天皇の誕生日である8月31日は、暑い盛りという理由で在位中は10月31日が代わりの祝日に。 また戦後の法律改正で祝日が変わった際には引き継がれず、どちらも平日となっているんですね。 【関連記事】• 祝日の情報をしっかりチェックしよう 2019年の祝日カレンダーは、2018年の2月にすでに発表されていて、次のようになることは決定しています。 現天皇陛下の誕生日である12月23日は平日 …そのタイミングでは、既に退位なされているため• 新たに即位なされる天皇陛下の誕生日である2月23日は平日 …そのタイミングでは、既に誕生日が過ぎているため 祝日が減ってしまうかたちにはなりますが、新天皇即位日である5月1日が1年限りの祝日となる可能性が高く、その場合は超大型連休となります。 正式に決定したらうれしいですね。 ただ、これらの情報は変更される可能性もあるため、2019年の祝日に関する情報はしっかりチェックしましょう!.

次の

2019年は「天皇誕生日がない年」 12月23日が平日になる: J

平成天皇誕生日はどうなる

の主要祭儀一覧 ・ 祭() 例祭(先帝以前三代の例祭) (天長節祭) 春季・春季 ・ 例祭(先后の例祭) ・ 例祭(先帝以前三代の例祭) 秋季皇霊祭・秋季神殿祭 御神楽 例祭(先帝以前三代の例祭) 節折・大祓 : :第2 : : :日 : : : : :第3月曜日 : :第3月曜日 :日 :第2月曜日 : : その他 - - 天皇誕生日は、制定の(祝日法、23年法律第178号)第2条によれば、「天皇の誕生日を祝う。 」ことを趣旨としている。 天皇誕生日は、慣例により日本の(ナショナル・デー)とされる。 昭和23年()までは、 天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていた(の誕生日が、祝日法施行が7月20日であるため)。 天皇誕生日の日付は、昭和63年()までは昭和天皇(第124代天皇)の誕生日である「4月29日」、元年()から平成30年()までは(第125代天皇、)の誕生日であるであった。 天皇誕生日に際しては以下の行事を行う。 の住居である内のでは、祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀、が行われる。 を始め、各地のでは天長祭が行なわれる。 では、基地・一般港湾等に停泊しているにおいてが行われる。 外国駐在の日本等のではとしてレセプションが行われる(当日ではない)。 一方で、 皇后誕生日(こうごうたんじょうび)は (ちきゅうせつ)と呼ばれるが(後述、天長地久から対比となっている)、前から国民の祝日にはなっていない。 他の国家における誕生日と同様、在位中の天皇の誕生日に合わせて移動する(国家では初代ないしの誕生日だけが祝日指定になっている事が多い)。 歴史 [ ] 古代・中世 [ ] 天長節の名は古く、は皇帝の誕生日を天長節と祝った事に由来する。 中国暦17年(元年、)に「千秋節」と改められたが、19年後の7年(元年、)に「天長節」と改められた。 「天長」はの「天長地久」より採られている。 日本では時代の6年()()に天長節の儀が執り行なわれ、臣下は天皇の好物のを献上して宴を賜った。 十月十三日是朕生日毎至此辰威慶兼集宜令諸寺僧尼毎年是日転経行道海内諸国竝宜断屠内外百官賜酺宴一日仍名此日為天長節庶使廻斯功徳虔奉先慈以此慶情普被天下 と勅が下された)、と宝亀10年()の記録にも見られるなどは既に執り行なわれており、の記録として『』に記述がある。 近代・現代 [ ] 元年()に太政官布告で「九月二十二日ハ聖上ノ御誕辰相当ニ付毎年此辰ヲ以テ群臣ニ酺宴ヲ賜ヒ天長節御執行相成天下ノ刑戮被差停候偏ニ衆庶ト御慶福ヲ共ニ被遊候思召ニ候間於庶民モ一同嘉節ヲ奉祝候様被仰出候事」と布達され、()に天長節を国家の祝日として祝した。 明治2年()は各国公使をへ呼び寄せて酒饌を賜い、明治3年()は諸官員、非職員、などが拝賀し、は禁中で、以下は各官省で酺宴(ほえん)を賜い、諸軍艦でが撃たれた。 天長節の儀礼が整ったのは明治5年()で、同年の天長節の勅語で 茲ニ朕カ誕辰ニ方リ群臣ヲ会同シ酺宴ヲ張リ舞楽ヲ奏セシム汝群臣朕カ偕ニ楽シムノ意ヲ体シ其ノ能ク歓ヲ尽セヨ と宣した。 ついで奏任官以上の総代としてが、華族総代として従一位がそれぞれ奉答した。 明治6年()の採用後はへ変更し、の太政官布告で国家の祝日と規定された。 後年、即位した天皇の誕生日にあわせて 天長節(てんちょうせつ)が定められた。 23年()までは、、など太政官布告や勅令で具体的な日付が規定された。 戦前は(現在の、)・(現在の、)・(現在の、)ともにの一つとして、盛大に奉祝された。 に崩御・践祚となった明治45年・元年()は、11月3日(明治天皇誕生日)に予定していた天長節を(大正天皇誕生日)へ変更する、新たな休日法(休日ニ関スル件)の施行がになり、天長節のない年となった。 大正天皇の誕生日は盛暑期で各種式典の斎行が困難であることから、翌年以降は2か月後の を天長節祝日として本来の誕生日を避けた。 休日としても大正2年()に休日ニ関スル件が改正され、天長節祝日が制定された。 8月31日は行事を催さないが休日であり、天皇誕生日による休日が年2回となった。 後の昭和23年(1948年)は祝日法が制定され、昭和24年()以降は 天皇誕生日(てんのうたんじょうび)として国民の祝日と定められて現在に至る。 祝日法制定に先立って行われた「希望する祝日」の政府のは、「新年の元日」に次いで「天皇陛下のお生まれになった日」が第2位であった。 ・に及びの規定により、退位してとなった明仁からへが行われた平成31年 ・元年()は、今上天皇誕生日 - 譲位日 - 上皇誕生日の時系列になるため、1912年以来2回目、現行の祝日法では初めての天皇誕生日のない年となった。 (令和2年)、徳仁の即位後初の天皇誕生日の皇居での一般参賀は、の影響により、中止された。 近代・現代史上での歴代天皇の天長節・天皇誕生日 [ ] 歴代天皇の天長節・天皇誕生日 時期 在位天皇 誕生日 法定の祝日 根拠法 4年() - 6年() () 旧暦9月22日(天長節) 明治6年太政官布告第258号による改正前の明治元年布告第679号 明治6年(1873年) - 11月3日(天長節) 明治6年太政官布告第258号 明治6年(1873年)10月14日 - 明治45年() (大正元年勅令第19号)による廃止前の明治6年第344号 明治45年(1912年)7月30日 - 元年(1912年) 大正元年(1912年)9月4日 - 大正2年() 8月31日(天長節) 大正元年勅令第十九号中改正ノ件(大正2年勅令第259号)による改正前の(大正元年勅令第19号) 大正2年(1913年)7月16日 - 大正15年() 8月31日(天長節) (天長節祝日) 大正元年勅令第十九号休日ニ関スル件改正ノ件(昭和2年勅令第25号)による全部改正前の休日ニ関スル件(大正元年勅令第19号) 大正15年(1926年)12月25日 - 2年() 昭和2年(1927年)3月4日 - 昭和23年() 4月29日(天長節) (昭和23年法律第178号)附則第2項による廃止前の休日ニ関スル件(昭和2年勅令第25号) 昭和23年(1948年)7月20日 - 昭和64年() 4月29日(天皇誕生日) 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成元年法律第5号)による改正前の国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 昭和64年(1989年)1月7日 - 元年(1989年) 平成元年(1989年)2月17日 - 平成31年(2019年) 12月23日(天皇誕生日) 附則第10条(平成29年法律第63号)による改正前の国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 元年(2019年) - 2月23日(天皇誕生日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 天皇誕生日(天長節)による休日は、昭和23年(1948年)7月19日以前は、などのやで、昭和23年(1948年)7月20日以降はで日が規定される。 天皇誕生日はで自動的に移動・変更されず、法を改正して新たに天皇誕生日を規定する法令が施行される必要がある。 平成31年/令和元年(2019年)のように新帝誕生日(2月23日) - 譲位日(4月30日・5月1日) - 先帝誕生日(12月23日)の時系列になる場合は、必然的に天皇誕生日による休日がない年となり、他にも、明治45年/大正元年(1912年)のように先帝崩御日(7月30日) - 新帝誕生日(8月31日) - 新法施行(9月4日) - 先帝誕生日(11月3日)の時系列になる場合でも、天皇誕生日による休日がない年となる。 一世一元の制制定以降の4代天皇の崩御または退位後の誕生日の扱い [ ] 休日ニ関スル件、国民の祝日に関する法律ともに天皇の誕生日は先帝(譲位)・新帝に伴い移動する。 休日ニ関スル件は天長節に代わり先帝崩御日がとなっていた。 国民の祝日に関する法律は原則として先帝誕生日は休日にならず、先帝祭に相当する休日も設けていない。 明治時代以降、先帝誕生日が休日になった事例が2回ある。 明治天皇の誕生日:11月3日 明治天皇の誕生日は崩御後に平日とされたが、崩御から15年後の2年()にとして休日とされた。 休日ニ関スル件時代に、国民のへのを受けて設けられた唯一の休日である。 以前は、下で旧陸海軍の大元帥とされた天皇によるが行われ、第一階ないし第三階第二十七の者ならびに勲一等および、、ならびに大日本帝国駐剳各国、らが宮中に召されてでが催され、天皇が親臨してを賜り、、大使、公使の首席が奉答の辞を述べて聖寿の無疆を祝した。 は明治節に関係なく、大日本帝国憲法の改正手続を経て昭和21年()11月3日にが公布されて、国民の祝日「 」となった。 当時の首相は憲法制定を、当初は公布で()施行としたが、間に合わずに(明治節)公布で施行とし、意図的にそれまでのに日程を合わせた。 大正天皇の誕生日:8月31日 大正天皇の誕生日である と、その 誕生日(天長節)が盛暑期であることを理由とした10月31日の天長節祝日は、(昭和2年)以後に明治天皇や昭和天皇のように再び休日とされなかった。 大正期限定の天長節祝日は、のちの休日増加の端緒となり、昭和期は明治節を制定して休日減少を回避した。 昭和天皇の誕生日:4月29日 昭和天皇の誕生日であるは、元年()の崩御直後に改正で「 」として国民の祝日とされた。 平成19年()からは「 」と名称が変更され、現在に至る。 なお、同時に「みどりの日」はに変更された。 上皇明仁の誕生日:12月23日 平成時代(1989年1月8日 - 2019年4月30日)において祝日であった第125代天皇明仁の誕生日たるは、 退位後の元年()より祝日ではなくなった。 これは 上皇明仁の誕生日を祝日にすることが、当代の天皇徳仁との間で「二重権威」を生じさせるとの懸念を払拭するため、の附則で定められたものである。 歌 [ ] ウィキソースに の原文があります。 「天長節」(作詞 、作曲 ):26年()「祝日大祭日唱歌」として制定された。 脚注 [ ] [].

次の

天皇誕生日はどうなる?2020年以降はいつが天皇誕生日なの?

平成天皇誕生日はどうなる

歴代の天皇誕生日はどうなってるの? 現在は 日本の祝日法で定められた祝日の中に、 明治天皇の誕生日であった11月3日が 文化の日として今も残り、 昭和天皇の誕生日であった4月29日が 昭和の日として残っています。 昭和時代と明治時代の間に、大正時代がありましたね。 しかし大正天皇崩御後は現在に至るまで、 天皇の誕生日は今は残ってはいません。 大正天皇が崩御された1926年(大正15年)12月25日からわずか一週間で昭和元年が終了し、翌年昭和2年の 祝日法施行により祝日として定めたのが、明治天皇誕生日(現在の文化の日)です。 あれ? 大正天皇の存在はどこへいった? という感じですね。 しかし現状としては、このように歴代天皇の誕生日は、 現在も残っていたり残っていなかったりとなっているようです。 少し余談ですが、明治天皇以前のすべての歴代天皇の誕生日を祝日とした場合、121人いる関係上、3日に1回は祝日がやってくる計算になってしまうので(汗)、 ここでの歴代とは明治天皇までとさせていただいております。 大正天皇誕生日が祝日ではない理由 なぜ大正天皇の誕生日が、現在祝日として残っていないのか?というよりも、まず なぜ明治・昭和天皇の誕生日が祝日として残っているのかを見てみたいと思います。 明治天皇が名君とされ近代日本の礎を築いたという功績を偲(しぬ)び、11月3日が明治節として休日となった。 として、現在は「 文化の日」として明治天皇の誕生日が祝日となりました。 また、 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日。 として、現在は「 昭和の日」として昭和天皇の誕生日が祝日となりました。 ではなぜ大正天皇の崩御後、 誕生日が祝日になっていないのでしょうか? 出典: フリー百科事典(Wikipedia) それは大正天皇が崩御された、1926年当時の時代背景が少し関係しているようです。 大正時代は15年間と、とても短い間でした。 生まれつき病弱だった大正天皇は、その半分以上の期間を病に伏せておりました。 第一次世界大戦の中、ヨーロッパを中心にロシア革命やドイツ革命の影響で君主制が動揺し、日本国内においても大正デモクラシーなどで、革命を起こそうという機運が高まっていたのです。 とても緊張感が漂う、時代背景だったのです。 そんな危機感あふれる時代に、 天皇が病弱であってはその権威を失墜させてしまう恐れがある、ということで、若くて元気だった 皇太子(後の昭和天皇)を全面的に前に出して皇室のイメージアップを図ったのです。 大正天皇の崩御後も、新しい天皇陛下に人々の関心が向くように大きく盛り立てたのです。 このように 大正時代を忘れさせようとしたのですね。 上皇誕生日について政府の見解 働き方改革の一環である、勤務時間や残業を減らすなど、これまでの 過酷な労働体制を改善する目的や、ハッピーマンデー制度のように 休みが増えることで世の中の経済効果を狙うということもあり、政府としては祝日を増やしたい意向ではある、という印象はありますが、あまりやりすぎても 反論が出てしまうでしょう。 どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている。 と、2017年の暮れに菅官房長官が述べています。 その時の様子を見ながら検討していく、ということになりますね。

次の