キングヌー ティーンネイジャーフォーエバー mv。 King Gnu“Teenager Forever”PV 井口理がフィリピン、常田大希がロシアへ

Teenager Forever King Gnu 歌詞情報

キングヌー ティーンネイジャーフォーエバー mv

King Gnu キングヌー の楽曲「Teenager Forever」が、ソニーの完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM3」のCMソングに。 これに伴い楽曲の初音源が2019年12月20日 金 より配信される。 King Gnuのライブ曲「Teenager Forever」が初音源化 これまでライブでのみ披露されてきた「Teenager Forever」が、CMソング起用を機に初めて音源化。 バンドを率いる常田大希 Guitar, Vocal は「歌詞もサウンドも若気の至りと言うか、ちょっと痛いくらいのエネルギーを詰め込みたいなという想いで作りました。 」と、長らく温存してきたこの楽曲についてコメントを残している。 メンバー各々のプライベートドキュメントで構成されたMV ミュージックビデオは、メンバーそれぞれのプライベートドキュメントで構成されたユニークなものとなっている。 井口理はフィリピンへの旅、新井和輝は母親へ車をプレゼント、勢喜遊はグアムへの新婚旅行、常田大希はロシアで余暇を過ごす様子を描いた。 ディレクターを務めたOSRIN PERIMETRON からは、「今日までKing Gnuも俺らPERIMETRONも、取り巻く環境も出合う人たちも180度変わりながら突っ走ってきたのですが、そんなこと関係なく遊ぶか!! と(常田)大希に言われて今回のMVになりました。 思い返せば、今まで俺らはずっと物を作って遊んできたもんなと。 このタイミングでこのMVを作れる変わらない関係性がとても愛おしいと思いますね。 」と語る。 電車の中で熱い演奏を披露するCM映像 CM映像では、電車に乗った井口理 Vocal, Keyboard が「WF-1000XM3」のノイキャン機能をオンにすると、周囲の雑音と乗客が消滅。 静寂に包まれた次の瞬間、King Gnuの「Teenager Forever」が流れ始め、一瞬で上質な音楽体験へと没入することが出来るイヤホン「WF-1000XM3」の性能を表現している。 「WF-1000XM3」は、CM映像のような混雑した通勤・通学電車の中でも、業界最高クラスの性能で周囲のノイズを大きく低減することができるノイズキャンセリング機能が最大の特徴。 実際に初めて同イヤホンを使用した常田は、「King Gnuは、LOW感 低音 、音のニュアンスにこだわっているバンドなので、それがきちんと届いてくれるようになるのは嬉しい。 聴こえる音が普通のイヤホンよりすごく増えるので、ぜひ使ってほしい。 」と、その使用感について太鼓判を押している。 ソニーのハイレゾウォークマン「NW-A100」シリーズの新CMにも出演! さらにKing Gnuのメンバーは、SpotifyやYouTube、Apple Musicなどのストリーミングサービスを高音質で楽しめるソニーのハイレゾウォークマン「NW-A100」シリーズの新CMにも出演。 10月16日 水 から特設サイトとソニーの公式YouTubeで公開される。 新CMには、前作「WF-1000XM3」に続き、楽曲に「Teenager Forever」を起用。 今回は、井口理 Vocal, Keyboard に代わり、常田大希(Guitar, Vocal)がメインとなり、臨場感溢れるサウンドの「NW-A100シリーズ」を電車の中で楽しむ姿を映し出している。 関連記事 King Gnu常田大希にインタビュー -『白日』のヒットで報われた、次は皆で大合唱できる曲を 常田大希にKing Gnu結成時から『白日』までのエピソード、そして音楽との出会いについてインタビュー。 音楽を作り、音楽を奏で、音楽の魅せ方までクリエイトする、常田大希がいま思うこととは。 作品情報 King Gnu「Teenager Forever」 リリース日:2019年12月20日 金.

次の

King Gnu“Teenager Forever”PV 井口理がフィリピン、常田大希がロシアへ

キングヌー ティーンネイジャーフォーエバー mv

King Gnu キングヌー の楽曲「Teenager Forever」が、ソニーの完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000XM3」のCMソングに。 これに伴い楽曲の初音源が2019年12月20日 金 より配信される。 King Gnuのライブ曲「Teenager Forever」が初音源化 これまでライブでのみ披露されてきた「Teenager Forever」が、CMソング起用を機に初めて音源化。 バンドを率いる常田大希 Guitar, Vocal は「歌詞もサウンドも若気の至りと言うか、ちょっと痛いくらいのエネルギーを詰め込みたいなという想いで作りました。 」と、長らく温存してきたこの楽曲についてコメントを残している。 メンバー各々のプライベートドキュメントで構成されたMV ミュージックビデオは、メンバーそれぞれのプライベートドキュメントで構成されたユニークなものとなっている。 井口理はフィリピンへの旅、新井和輝は母親へ車をプレゼント、勢喜遊はグアムへの新婚旅行、常田大希はロシアで余暇を過ごす様子を描いた。 ディレクターを務めたOSRIN PERIMETRON からは、「今日までKing Gnuも俺らPERIMETRONも、取り巻く環境も出合う人たちも180度変わりながら突っ走ってきたのですが、そんなこと関係なく遊ぶか!! と(常田)大希に言われて今回のMVになりました。 思い返せば、今まで俺らはずっと物を作って遊んできたもんなと。 このタイミングでこのMVを作れる変わらない関係性がとても愛おしいと思いますね。 」と語る。 電車の中で熱い演奏を披露するCM映像 CM映像では、電車に乗った井口理 Vocal, Keyboard が「WF-1000XM3」のノイキャン機能をオンにすると、周囲の雑音と乗客が消滅。 静寂に包まれた次の瞬間、King Gnuの「Teenager Forever」が流れ始め、一瞬で上質な音楽体験へと没入することが出来るイヤホン「WF-1000XM3」の性能を表現している。 「WF-1000XM3」は、CM映像のような混雑した通勤・通学電車の中でも、業界最高クラスの性能で周囲のノイズを大きく低減することができるノイズキャンセリング機能が最大の特徴。 実際に初めて同イヤホンを使用した常田は、「King Gnuは、LOW感 低音 、音のニュアンスにこだわっているバンドなので、それがきちんと届いてくれるようになるのは嬉しい。 聴こえる音が普通のイヤホンよりすごく増えるので、ぜひ使ってほしい。 」と、その使用感について太鼓判を押している。 ソニーのハイレゾウォークマン「NW-A100」シリーズの新CMにも出演! さらにKing Gnuのメンバーは、SpotifyやYouTube、Apple Musicなどのストリーミングサービスを高音質で楽しめるソニーのハイレゾウォークマン「NW-A100」シリーズの新CMにも出演。 10月16日 水 から特設サイトとソニーの公式YouTubeで公開される。 新CMには、前作「WF-1000XM3」に続き、楽曲に「Teenager Forever」を起用。 今回は、井口理 Vocal, Keyboard に代わり、常田大希(Guitar, Vocal)がメインとなり、臨場感溢れるサウンドの「NW-A100シリーズ」を電車の中で楽しむ姿を映し出している。 関連記事 King Gnu常田大希にインタビュー -『白日』のヒットで報われた、次は皆で大合唱できる曲を 常田大希にKing Gnu結成時から『白日』までのエピソード、そして音楽との出会いについてインタビュー。 音楽を作り、音楽を奏で、音楽の魅せ方までクリエイトする、常田大希がいま思うこととは。 作品情報 King Gnu「Teenager Forever」 リリース日:2019年12月20日 金.

次の

Teenager Forever King Gnu 歌詞情報

キングヌー ティーンネイジャーフォーエバー mv

また新しい才能がやってきました! それは『KING GNU(キングヌー)』というバンド。 独特のセンスと完成度で、音楽業界で注目を集めているんですが、確かにクソカッコイイ…!! なんなんですか!この独特の音作りのセンスとクセになるメロディの類まれなるバランスの良さ…。 と思ったら理由は『KING GNU』メンバーのプロフィールに答えがありそうです。 そこで、今回はKING GNU(キングヌー)のメンバーのプロフィールをはじめバンド名の由来などをご紹介します。 ヌー!!!!! 『KING GNU』のメンバー紹介! 『KING GNU』は4人組のバンド、まあ、一般的にはミクスチャーバンドと呼ばれる部類のバンドです。 この4人で構成されています。 ・常田 大樹(つねだだいき) ・井口 理(いぐちさとる) ・勢喜 遊(せき ゆう) ・新井 和輝(あらいかずき) では、それぞれのメンバーの詳しいプロフィールを見ていきましょう。 ギター&ボーカル担当は常田大樹 まずはスペックが半端ないと話題のギター&ボーカルです。 Vinici(サーヴァ・ヴィンチ)』を結成していました。 では、何故このバンドを解散(?)して『KING GNU』になったのか? 元々、サーヴァ・ヴィンチの固定メンバーは常田さんだけでした。 そこに、セッションなどを通じて集まったメンバーと活動をしていくというスタイルだったんですね。 しかし、この時、一緒に活動をした今のメンバーたちと出会い、4人でバンドを組むと決心したようです。 こうして、結成したのが『KING GNU』なんですね。 常田大樹さんは、東京藝術大学に進学しています。 もちろん「音楽専攻」で、チェロをされてたようです。 しかし、一年で『この世界では生きていかない。 』と決意し、大学を中退します。 東京藝術大学をたった一年で中退というのはすごい勇気ですよね。 何せ、クラシック界の登竜門のような場所ですから、入るだけでも超難関。 そんな大学を何の未練もなく辞められるんですから、思い切りの良い人というかスター性があるというか。 ちなみに、様々な音楽にアンテナを貼っていて、こんな交友もあるようです。 米津元帥さんのTwitterのツイートにこんなものが。 King Gnuの常田くん、僕の新しいアルバムの「爱丽丝」という曲にアレンジで参加してもらってます。 彼のセンス最高よ。 米津元帥さんと言えば、今一番聴かれているアーティストさんですよね。 そんな米津元帥さんのアルバム『BOOTLEG』に収録されている『爱丽丝 アリス 』という曲のアレンジにも参加しています。 せやせや、爱丽丝チェックしてくれや。 ヨネピの曲に俺のサウンド突っ込んでケミストリー。 ヨネピ、マガちゃん、ヤオくんと4人でワイワイ楽しいレコーディングでした。 おもろい曲に仕上がってるから是非聴いてみて。 ということで、もう1人のボーカルは井口理くんです。 しかも、幼馴染何だそうです。 大学では声楽を専攻していたようですが、やはり 『そんなに声楽がやりたいわけじゃないな・・・。 』 と思い、そこから劇団などに足を運ぶようになったと言います。 今では、舞台役者としてミュージカルや演劇の役者として活動もしています。 昨日スキップ映画祭にて観てきた「ヴィニルと烏」 痛くてつらい感じだったけど、色々と考える余白のある作品だった 感情の揺さぶりが凄かった 主演・監督した横田さんに注目していきたいと思いました。 わかるわかる(笑) 100人に聞いたら100人が「心地よい歌声」だと感じるような声。 あと、Youtubeへのリンクを張っておくのでを聴いて欲しいんですが、この曲の中で井口理くんは30通りの声を出したんだとか!! コーラス部分の声は全部井口理くんのものなんだそうです。 パーティ感を出したいという話になって、だったらワイワイ色んな声が入ってる方がいいだろうと。 普段出さないような声を出しました。 とインタビューで語っています。 マジ、すごい。 ドラム&サンプラー担当は勢喜遊 ドラム担当は勢喜遊くんです。 11pm RADIO GNU DJs: 今週の放送はVo. Key. とDr. がお届けする30分!「GNU RECORDS TOKYO」では、勢喜遊セレクトの懐メロ特集をお送りします。 3歳からドラムを叩いていたということで、相当なドラム好きです。 その一方、ダンススクールにも通っていたようでダンサーを真剣に目指していた時期もあったようです。 しかし残念ながら靭帯をケガしてしまい、断念されたということです。 勢喜遊くんにはカッコいい発言がありましてね・・・ 「バカに救われることってあるじゃないですか?だから、僕も救うバカでありたいな、と思います。 」 ドラムのテクニックが凄いんですよ。 cloudfront. そこで、新井和輝くんはベース担当だったようで、そのままベースを極め始めるんですね。 ジャズでベースってめちゃくちゃカッコイイじゃないですか!! 最初に出会ったのはドラムの勢喜遊くんだったようで、そこから常田大樹くんに繋がっていったということです。 本当に縁にまみれているバンドですよね。 そして、気になるメンバーの年齢なんですが、公式には生年月日が出ておらず、大体1992年生まれと1993年生まれという情報になっています。 でも、こういう情報もありますからね。 これは常田大樹君が『音楽ナタリー』のインタビューで 群れがどんどんデカくなっていく動物のヌーをイメージしてKING GNUという名前をつけたので、老若男女を巻き込んで活動していきたいですね。 あとは人が歌える音楽ということをより意識して曲を作っていきたいです。 といっています。 この名前の通り、きっと『KING GNU』はこれから大きな『ヌー』として成長して行ってくれることでしょう。 ちなみに、KING GNUのオシャレ感は多様なルーツから生まれる楽曲はもちろんのこと、そのMVのクオリティの高さによるものも大きいと思います。

次の