中川区 ラーメン。 愛知人気ラーメン店「紫陽花」を斬る!名古屋市中川区

名古屋で唯一のみりん蔵「糀富」の店主が作ったラーメンが絶品だった

中川区 ラーメン

らぁ麺 紫陽花 (らーめんあじさい)。 その店は、感動するラーメンを求め常に探求している私としては、避けては通れないラーメン屋である。 愛知県 醤油ラーメンNo. 1という、輝かしい称号を持つこのラーメン。 今日こそ、その名に相応しいのか、その答えが出る時が来た。 さあ、紫陽花のラーメンで感動できるか!? 紫陽花のカップラーメンを実際に食べました。 紫陽花には開店前から行列が! とりあえず相方を無理やり誘っていざ出陣! 紫陽花へゴー! そんな感じでスタートし、店に到着したのは開店15分前。 すでに何人ものお客さんが並んで待っている様子。 しかしそれは想定内のこと。 だが、ここで思わぬ事態が発生! なんと、駐車場が空いてない! らーめん紫陽花の駐車場 紫陽花の駐車場は店舗の道路を挟んだ北側に7台分の車が止められるようになっている。 だが、このとき既にここの駐車場は埋まっていた。 まさか駐車場が空いていないとは・・・。 早く来たつもりだったのに、この人たちはいったい何時から並んでるんだろう? 予想だにしなかった事態に焦りながらも、とりあえず相方を降ろして付近の駐車場を探した。 辺りをウロウロして、 人生餃子を南進し、2本目を東に進むとコインパーキングを発見。 1時間200円と割高な設定だが仕方ない。 路駐やコンビニに駐車するわけにはいかないので、潔くコインパーキングへ駐車。 少々残念な気持ちになりながらも、紫陽花に戻り、最高尾にいた相方の隣に並んだ。 やれやれやっと並べた。 と、ほっとした途端、店の壁にこんな張り紙を発見。 駐車完了しないと並んではダメらしい。 知らんかった。 ごめんなさい。 まあ、幸い相方は最後尾だったので、よかったが、今度来るときは気をつけなければ。 相方曰はく、並んでいる間にも、紫陽花の駐車場に入ろうとして、去っていった車を何台も見かけたらしい。 私たちが並んでいると、後ろに続々と待ち客が並び始めました。 紫陽花の店内 しばらくすると開店。 さあ〜いくか! といっても、15人くらい並んでるから中待合までたどり着けるか微妙なところだ。 イケるか! しかし案の定、ジャストで中に入れず。 泣 俺の人生こんなもんだ。 寒空の下、店の外で5分ほど待っていると入店を許可された。 カウンターのみ10席と広さはそれほどないが、清潔感のあるこぎれいな店内だ。 券売機の前に立つ。 もちろん、オーダーは決まっていた。 特製醤油らぁ麺 980円 大盛(ここは終日大盛無料) それに、 昼時には無料になる白ご飯。 ラーメン屋に不慣れな相方にも同じモノを頼んでやる。 ただし、ラーメンは普通盛(白ご飯は食べるらしい) 券売機があるのに、カウンターにもメニュー表がおいてある。 なかなかいい感じだ。 食券を店員に渡した後は、中待合でラーメン雑誌を読みながら席が空くのを待つ。 カウンターに座るのを夢見ながらヨダレを垂らしていると、意外と早く席が空き着席。 どの店でも着席着丼は嬉しい瞬間である。 紫陽花の調理場はカウンター席から丸見えだった やっとカウンターに座ると、なんと厨房が丸見え。 おいおい見えすぎちゃって困るんじゃ無い? と思いましたが、見せられるということは、仕事に自信があるという証拠。 どれどれ、仕事見させてもらおうじゃないの!厳しくいくよ!厳しく!ビシバシと!タンスの裏のホコリも見逃さないよ! そんな邪な考えで厨房を覗くと、そこは、 まさに神の領域だった。 メチャクチャ丁寧かつ繊細。 所作の一つ一つから大将の真剣さが伝わって来ました。 非の打ち所がない。 こんなに丁寧に麺を入れる人初めて見た! 素晴らしい仕事ぶり。 ついつい時間を忘れてしまい神の領域に引き込まれてしまいます。 このラーメン屋は非日常的な空間ですなぁ〜 紫陽花の醤油ラーメンが美しすぎる こうして、しばらく大将の手捌きの中で幻想に浸っていると、 目の前には 桃源郷のような美しいラーメン(特製醤油らぁ麺 980円)が現れた。 うっ、美しい!これが本当にラーメンなのだろうか・・・。 輝く鶏油 鶏チャーシュー 豚チャーシュー 味玉 シナチク 三つ葉 程よく透き通ったスープ そのスープ越しに見える麺 これらが黄金比で飾られている。 これは芸術作品だ。 あまりの美しさに見惚れてしまい時が止まる。 一瞬、我を忘れる。 が、再び現実に戻り、私は静かに呟いた。 いただきます。 スープを一口飲む。 美味い。 ホッとする味。 見た目以上に濃厚で醤油辛いが、魚介や鶏ガラの味わいが深く、重厚な味わい。 満足しながら二口目を飲む。 あれっ?何処かで飲んだなこの味。 昔からよく飲んでるような懐かし味わい。 3口目を飲む。 あっ!わかった!わかったぞ!!うどんとか暖かいそばの汁に似ているんだ! なるほどそれで馴染みのある味わいだったのか! 繊細で美味しいはずだ。 出汁が良すぎて和風感全開なのね。 だが、このスープに合う麺は難しいぞ。 麺の実力が試される時! さあ、紫陽花自家製麺の実力を見せてもらおうか!! 中太麺で若干の平打ちストレート、加水高め、コシは少なめのツルシコ麺。 腰は若干少な目。 こっ、これはっ! スープに全く合わない! おいおい!なぜこの麺なんだ! 残念すぎるだろ! この太さの麺では、スープに上手く絡まないし、麺が主張しすぎてスープの繊細さを壊してしまう。 さらにツルシコすぎてスープが乗ってこない。 これでも麺が単独で美味しければなんとかなるもんだが、この麺は飛び抜けて美味しいわけじゃないからカバーできない。 ショックだ・・・。 これなら冷麦やそばの方がスープに合って断然美味しいと思う。 残念ながらゲームセット。 終了だ。 最後に個人的な評価をしますと、 麺60点。 スープが90点 ラーメンのトッピングについては95点 特にチャーシューがいいね。 鶏と豚のチャーシューは脂身もなくて、非常にヘルシーで美味しい。 鶏チャーシューは若干柑橘系?柚子?のさりげない風味があり、豚チャーシューは半分レアのような感じが肉っぽくて素晴らしい。 グッド! 味玉、シナチクも味がしっかりついててさらにグッド!! ホント麺だけが残念でした。 あとは完璧なのに…。 再訪はありです。 機会があればまた行きたいです。 ただし、 醤油らぁ麺は食べません。 紫陽花の醤油ラーメンは私の求めている味とは全く違ったので、もう二度と食べることはないでしょう。 今度は美味しそうな「つけ麺」をいただきたいと思います。 ごちそうさまでした。 紫陽花ラーメンを食べてのまとめ 外で並んでから食べるまで一時間かかりました。 誤解がないように言っておきますが、紫陽花の醤油らぁ麺は不味くありません。 むしろかなり美味しいです。 がっつり濃厚系がお好きな方には、ちょっぴり物足りなさを感じるかもしれません。 また、あっさり醤油ベースが好みの方でも、よくある醤油ラーメンとは一味違うので、最初は戸惑うかもしれません。 万人ウケするものではなく、非常に好みが別れるラーメンでしょう。 これは憶測ですが、今までのラーメン市場を越えた集客を獲得するために開発された究極のラーメンかもしれません。 紫陽花のカップラーメンを実際に食べました。

次の

麺屋 中川會 住吉店

中川区 ラーメン

大きな器に美しく盛られているのも高級感があって良いですね。 特徴は何と言っても胡麻が主体となった 超濃厚なペースト。 一般的な担々麺よりもかなりクリーミーでドロッとした仕上がりです。 口に含めば鼻と口内を突きぬける程の香ばしさが広がり、香辛料と見事に調和した奥深さも感じられます。 これはかなり美味しい! 麺は細目のストレートタイプ。 ペーストをたっぷり絡めてツルツルと味わうのも堪りません…もちろんご飯と合わせても抜群の相性です。 ある程度の辛味はありますが、胡麻の甘さによって食べやすくなっているのもポイント。 これは 担々麺としての一つの完成形と言えるレベルなので多くの人に食べてほしい! その他のメニューも食べてみました! 続いて蒸し鶏、葱、生姜の細切りが乗った 「 鶏絲湯麺」をオーダー。 スープは醤油ベースに胡椒が効いたもの。 蒸し鶏のジューシーさ、葱のシャキシャキ感、生姜の爽やかさがマッチしてボリューム面でも満足できる一杯です。 あっさりしたトロトロの「あんかけ」と卵の甘みがご飯とマッチ!お腹に余裕があれば麺類と合わせて注文したい逸品です。 一品料理からは 「 水餃子」をチョイス。 こちらはゴマダレか自家製ラー油ダレのどちらか選ぶことができるので、ゴマダレにしてみました! 皮のモチモチした食感、肉汁溢れるジューシーな旨味、濃厚な胡麻の香りと甘みが最高!前菜として頂くのはもちろん、ビールと合わせても良さそうです。 色々注文した結果、全て美味しくて大満足! 初めての方は名物の 「 担々麺」が特にお薦めです。 新たな店舗にリニューアルオープンした 『 桂花』のこれからに期待が高まりますね! MAP.

次の

人生餃子

中川区 ラーメン

2015年4月に創業した『らぁ麺 紫陽花』の戸谷店主、元々は全国各地を食べ歩くラーメンフリーク。 現在は『らぁ麺 やまぐち』 東京都新宿区 と『らぁ麺 やまぐち 辣式』 東京都江東区 を営む山口裕史氏が在籍時の『麺創研かなで』 東京都府中市 の下でラーメン人としてのキャリアをスタート。 帰郷後は『鉢ノ葦葉』 三重県四日市市 、『つけ麺 丸和』 愛知県名古屋市 で修行を積んだ、東海ラーメン界のサラブレッド的存在だ。 訪れたらまず食べて頂きたいのが「醤油らぁ麺」。 修行を始める前から「醤油ラーメン専門店を開業する」と明確に決心していたというだけあり、開業から2年足らずながら個人的には名古屋市内の清湯系ラーメンで 五指に入ると感じる完成度。 鶏と煮干から抽出したダシと合わせる醤油ダレが絶品で、キチンと醤油ならではの香りと深みを前に出しつつ、味は角張らず実にまろやか。 スープの中にゆったりと泳がせる、修行先のイズムを継承した自家製麺も出色の出来。 控えめに添えた三つ葉の香りも効果的で、丼全体に「和」のテイストを纏った気品高い一杯だ。 おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の