新 国立 競技 場 ひどい。 新国立競技場は全項目80点で「これが普通」1階トイレは個室が2つ?

新国立競技場の英語表記おかしいと炎上!事例と事のいきさつは?

新 国立 競技 場 ひどい

日本サッカーは追い詰められています。 日本サッカー協会の年間収入は約200億円に達し、ロシアワールドカップでは好成績を収めました。 野球と違って少子化の割に競技人口も減っておらず、JリーグもDAZNマネーが流入し潤っています。 現状、実質的にはサッカーが日本のNo. 1スポーツだと考える人も多いでしょう。 しかしその絶頂に冷水を浴びせるような、こんなニュースが飛び込んできました。 新国立、球技専用からトラック存続へ変更 コスト重視 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場について、大会後に改修して球技専用とする方針を変更し、陸上トラックを残して陸上と球技の兼用にする方向で調整が進んでいることが4日、分かった。 「また陸上か」 このニュースを聞いた時、僕は真っ先にこう思いました。 僕はサッカーを見るため日本中を旅していますが、地方のJリーグのスタジアムは 不便な場所にある陸上競技場のことが非常に多いです。 陸上トラックがあると客席からピッチまでの距離が遠くなり、試合の臨場感がありません。 はっきり言って、陸上トラックはサッカーを見る上では邪魔なだけです。 それでも陸上競技で使うなら多少は仕方がありません。 しかし今回の新国立競技場は、サブトラックがないためオリンピック後は主要大会を開催出来ない施設だそうです。 世界陸上どころかインターハイにも使えないという話です。 維持費だけで年に24億円掛かるから球技専用スタジアムに改造して、Jの試合増やさないと膨大な赤字で支えきれないって試算があるのに陸連の横ヤリで御破算になったんだよ。 しかもサブトラックがないから世界陸上どころかインターハイすらできなんだぞ新国立、完全に狂ってるだろ。 — UG soccerugfilez 今回の決定の理由は、球技場化の改修に費用がかかるからとされています。 しかし上のツイートにもあるように、球技場化してサッカーの使用頻度を増やさなければそもそも収支が成り立たないという試算でした。 それなのになぜ計画を変更するかというと、「陸上界のメンツを立てるため」というのが大きいのでしょう。 収益性? 「サッカーはどうせ、陸上トラックがあっても使うだろ」とでも思われてるのでしょう。 舐められてますね。 しかしサッカー界が嵌まり込んだこの新・国立競技場の問題ですが、 「囚人のジレンマ」を利用することで解くことができるかもしれません。 具体的には、 「サッカー界は今回裏切られたことに対して、ゲーム理論的には報復を行うことが合理的である」 ということになります。 以下そのことについて述べていきます。 ・囚人のジレンマとは とは、ゲーム理論における有名な状況の1つです。 内容は少しわかりにくいかもしれないので、 有名なキャラクターに登場してもらいます。 のび太と スネ夫が、共同で何か犯罪(振り込め詐欺辺りですかね)をおこなって逮捕されました。 2人は別々に拘留されています。 本来なら懲役5年ぐらいの犯罪なのですが、2人とも黙秘を貫いています。 現状では証拠不十分で、 どちらかの自白がなければ別件の軽い罪にしか問えなさそうで、検事は焦っています。 そこでのび太とスネ夫に対し、検事は次のような司法取引を持ちかけました。 お互いどのような戦略をとるべきでしょうか? スネ夫が協調(黙秘)した場合、のび太も 協調すれば懲役2年になります。 しかしのび太がスネ夫を 裏切って自白すれば、のび太は 無罪で釈放されます。 スネ夫が裏切った(自白)場合、のび太は 黙秘したら懲役10年を食らいますが、のび太も 自白していれば5年で済みます。 以上よりのび太にとっては、スネ夫の行動が どちらであれ裏切った方が得ということになります。 しかしこの「相手がどうであれ裏切った方が得」というのは、スネ夫にとっても同じです。 なので 両者ともに合理的な場合、のび太・スネ夫共に裏切ることになり、 必ず両者とも懲役5年という結末に落ち着きます。 のび太・スネ夫のどちらにとっても、懲役5年になるぐらいならお互い示し合わせて協調し、2人とも懲役2年に減る方が望ましいはずです。 しかし、プレーヤーが最適な行動をしようとすると 互いに裏切りを選ぶしかなく、そのため最良の結果に至れないということになります。 合理性が不幸な結果を招くということになり、この状況が 囚人のジレンマと呼ばれています。 ・人間関係の基本は「協調」である ここまでの論理には一分の隙もないのですが、実際の社会は「裏切り」にあふれているわけではありません。 どちらかというと 世の中には協調する人間関係の方が多いでしょう。 それはどうしてでしょうか? 先ほどのようにゲームが一度だけであれば、相手を裏切ることが常に最適な行動です。 しかし実社会のように、相手と何度もやりとりを繰り返す状況だと、話はまた違ってきます。 「次がある」と思わせれば、相手に「協調」を選ぶインセンティブが生まれてきます。 過去に協調した実績があれば信用されますし、逆に 「やったらやり返される」という心配もあるでしょう。 このモデルは「繰り返し型の囚人のジレンマ」と呼ばれています。 ではこの 「繰り返し型の囚人のジレンマ」では、どういった戦略をとるのが有効でしょうか? 常に協調するような人(カモ)だと、悪意のある人に付け込まれて懲役10年を食らい続けます。 しかし常に裏切るような人も、相手に協力してもらえず高得点を得られないでしょう。 繰り返し型の囚人のジレンマでは、 相手を選んで協調することが期待値を高くします。 そのために必要なことは何でしょう? 繰り返し型の囚人のジレンマで利得の多くなる戦略を調べるため、様々な分野の研究者から戦略を集めて対戦させる実験が1980年に行われました。 その結果、最も高得点だったのは 「しっぺ返し戦略」でした。 ・しっぺ返し戦略:協調はするが、舐められてはいけない 「しっぺ返し戦略」は単純な内容です。 初回は「協調」し、それ以降は 前回相手が出した手をそのまま出すというものです。 相手が協調してくれるならお互いの協調が続き、そこそこの利益を得る関係が安定して続きます。 相手が裏切った場合は 即座に一度裏切り、報復をします。 その先どうなるのかは相手の行動次第で決まります。 1980年の実験は2回行われましたが、 2回とも「しっぺ返し戦略」が優勝しました。 なぜ強いのか、理由は「わかりやすさ」にあると考えられています。 このゲームではお互いの「協調」が続くと高得点になるのですが、そのためには相手の「協調」をうまく引き出す、言い方を変えると「裏切り」を防止することが必要になります。 しっぺ返し戦略は、 「お前が協調している限り、裏切らない」「お前が裏切ったら、すぐにこちらも裏切りで対抗する」と、相手にとってわかりやすい態度を表明しているといえます。 それによって相手の裏切りを予防し、緊張感を保ちつつお互い協力を続ける関係を築くことができます。 人間社会は大体そのように動いていますが、それが有利であることは学問的に実証されているということです。 「ゲーム理論では、戦略の有効性と、好きとか嫌いとかの感情は関係ない。 もし相手が君のことを憎んでいても、十分に合理的であれば、君と協調することを選ぶだろう」 「でも先生、それでもあいつが裏切ってきたらどうなるんです?」 「当然、君も裏切り返すことになるだろう」 「その裏切りあいは、いつ終わるんですか?」 「相手が、協調した方が得だと合理的な判断を下すまでだ」 (『亜玖夢博士の経済入門』橘玲 文春文庫 P68) この「囚人のジレンマ」や「しっぺ返し戦略」のようなゲーム理論の考え方を、今回の新国立競技場問題にも応用してみましょう。 協調できる相手には協調した方が利益を生むのですが、相手に裏切られた場合は「しっぺ返し」を行わなければナメられて、カモにされてしまいます。 ・サッカー界はいい「カモ」と見做されている さて、本題の新国立競技場問題についてです。 残念な話です。 新国立競技場はサッカーが一番使用しそうだったのに、何らかの横やりが入ってオリンピック後の球技専用化の話がなくなりそう、ということのようです。 理由として改修に費用がかかるからとされていますが、その理由は合理的ではありません。 確かに改修に費用はかかりますが、それによって座席数は増えますし、そもそもサッカーやラグビーなどの開催回数が増えなければ、建設費用がどうやってもペイできないという話だったはずです。 収益面で一番大きな要因は稼働率ですが、前述のようにトラックがあったからといって陸上競技の開催が増えるわけではありません。 なので、もしサッカー界が「陸上競技場では試合をしない」と言い出したら 「陸上トラックがあるせいで収益性が下がる」ことになります。 そのため元々の計画は球技場化だったわけです。 しかし、もし陸上トラックのあるスタジアムでもサッカーなどの球技が(我慢して)使えば、予定通りの稼働率になるかもしれません。 偉い人たちはそう考えたのでしょうね。 つまり 「どうせサッカーは、陸上トラックがあっても使うだろ」と舐められていて、そのことが今回の計画変更を招いた可能性があります。 ・蹴人のジレンマ 合理的な戦略はしっぺ返し ここで、今の状況を「囚人のジレンマ」に当てはめてみます。 「蹴人のジレンマ」とでも呼びましょうか。 囚人のび太・スネ夫とは違って、サッカーと陸上とではメリット・デメリットが異なりますので、若干状況を置き換えます。 陸上にとっては球技場化が「協調」、トラック存続が「裏切り」になります。 サッカーの取れる行動としては、新国立競技場を使用することが「協調」、サッカーの開催はしないことが「裏切り」になります。 アウトカムについては適切な数値化が難しそうなので、 何となく「懲役〇年」のままでいくことにします。 4つのパターンについてそれぞれ囚人のジレンマに当てはめていきます。 ・トラック存続、サッカーで使わない 両者の「裏切り」になります。 陸上界にとっては、陸上トラックが残るのでプライドは保たれるでしょう。 しかし 陸上が巨額な赤字の責任を全て背負わされることになります。 サッカーにとってはせっかくのスタジアム整備の機会を失い残念ではあるのですが、今回のゴタゴタとは無関係な立場に収まることが出来ます。 サッカー、陸上両者とも懲役5年のパターンです。 ・トラック存続、サッカーが使う 陸上の「裏切り」、サッカーは「協調」のパターンです。 というか今の状況ですね。 陸上界にとっては、陸上トラックが存続するのでプライドが保たれます。 時々思い出したようにマラソン大会のゴールか何かでも使えるでしょう。 サッカーにとっては、臨場感のないスタジアムで試合させられた上に、日常的に使っていると世間からこっちに赤字の責任を押し付けられる可能性もあり、踏んだり蹴ったりです。 陸上は無罪放免、サッカーは懲役10年です。 ・球技場化、サッカーが使う 陸上、サッカー両者の「協調」です。 陸上にとってはプライドは傷つけられるかもしれませんが、陸上界としてオリンピック後の維持費用を考える必要はなくなります。 サッカーとしてはそこそこ(後述します)臨場感のあるスタジアムを手に入れることが出来ますが、逆にサッカー界としてスタジアムの維持を考えなくてはなりません。 サッカー、陸上とも懲役2年ですが、繰り返しの関係なので 今後の協調にもつながります。 ・球技場化、サッカーで使わない あまり考えづらいパターンですが、新国立競技場はそもそもの基本設計がいまいちで、「球技場化してもそんなに見やすくならない」と言われていました。 そこで、陸上界が協調してくれて球技場化したところで、サッカー側が「こんなダメなスタジアム、サッカーは使わねーよ」と梯子を外す、という 鬼畜プレイに当たります。 陸上としてはプライドを傷つけられた上に、自分たちでは使えない競技場を押し付けられるという踏んだり蹴ったりで 懲役10年です。 サッカーとしてはセンセーショナルな話題になり、今後の全国のスタジアム整備に一石、というか隕石を投じる感じになり 無罪放免……、ですがここまでの「協調できない奴」という評判は今後のスポーツ界での立ち位置にどう影響を及ぼすかわかりません。 ・サッカー界は新国立競技場問題について、殴り返すべきである 囚人のジレンマに当てはめるとこのようになります。 本来、サッカーと陸上とは、お互い協調して全国の競技場を整備していくのが望ましい関係です。 何も 「陸上競技場を一切作るな!」と言っているわけではありません。 立地や観客席の収容人数などを考えて、お互いに相応しい施設を整備していければよいのです。 しかし実際は、国体(=国民体育大会)のためと称して 10000席程度の陸上競技場が全国にバンバン建てられ、不便な場所にある臨場感のないスタジアムがJリーグのチームに押し付けられています。 これまでのサッカー界は、他競技に対して協調的だったと思います。 スタジアム問題でも、例えば「野球場をつぶしてサッカー場にした」みたいな、他競技の領域を侵害するような話は聞いたことがありません。 しかしそういった、協調を続けた結果が今回の新国立競技場の顛末を招いたと言えます。 「あいつらには陸上競技場を使わせておけばいい」と、舐められているということになります。 舐められているのに協調を続けると、 「カモ」と位置付けられ他のプレーヤーからもどんどん裏切られるようになります。 ゲーム理論は全てを説明しています。 サッカー界は新国立競技場問題について、しっぺ返し、というか殴り返すべきです。 具体的には、 新国立競技場をサッカーでは一切使わず赤字化させましょう。 そして 「サッカーが協力しなければ巨大スタジアムはひどい赤字になって、まともに運営できない」ということを世間に知らしめ、今後のスタジアム整備に一石を投じるべきです。 サッカー界としては、 ゲーム理論的に合理的な行動をとるのは当然のことですから、ためらう必要は全くありません。 この記事は、旅とサッカーを彩るWEB雑誌のコンテンツです。 今回は旅要素がほとんどなくて誠に恐縮でしたが、もし面白かったら、SNSで拡散にご協力いただけるとうれしいです。 より多くの人が読んでくれることが作者の希望です。 単体で購読することも出来ますが、月額700円で15〜20記事が読み放題となるのでそちらの方がお得になっています。 以上、サッカー界が(陸連に対して?)報復をすることが、ゲーム理論的には合理的であるという話でした。 本文は以上です。 本文だけで完結している文章ですが、おまけ部分として田嶋JFA会長の話をします。 もしかしたら田嶋会長は「サッカーの敵」かもしれないという思考実験をしています。 本文同様、悪意を持って決めつけているわけではなく、「個人として合理的に振舞うとこうなるのではないか」というパターンを何通りか考えていくという話です。 ・このままでは田嶋会長は「サッカーの敵」である.

次の

新国立競技場は全項目80点で「これが普通」1階トイレは個室が2つ?

新 国立 競技 場 ひどい

コメント一覧 4• 名無しさん@NPB好き• 2016年06月25日 13:11• 土台はザハ案のパクリというかコピペって話、けっきょく本人が急死しちゃったからうやむやになったよな。 まぁ出来レースではじめからゼネコン一緒でデザイン変えただけのこの案ありきなのはミエミエだった。 名無しさん@NPB好き• 2016年06月25日 14:00• エンブレムもだけど他の方がよかったと思う。 ガチガチのプロみたいな人が考えた物でやらせ感がひどい。 市民が参加出来てない。 名無しさん@NPB好き• 2017年05月04日 12:21• 吐きそうなほどダサイ トンキンだわ~ほんっとトンキン! 地方のドームの方がよっぽど格好いいじゃん!• 名無しさん@NPB好き• 2019年05月19日 00:56• こんな糞ダサい競技場ぜってーいかねぇー これなら昔の国立競技場のほうが100倍かっこいい 1番最初のザハ案にしとけば良かったのに こんな糞ダサい国立競技場は認めねぇ 糞ダサ過ぎてやんなるわ日本を代表する競技場がこんな糞ダサくていいんか こんなダサくなった競技場見たくねぇ 糞ダサ競技場に関わった人みんな氏ね.

次の

新国立競技場の座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすさはどうなの?

新 国立 競技 場 ひどい

新国立競技場も完成して、 無事オープニングイベントも、 大成功に終わり、 いよいよ東京オリンピックが 始まるなって感じになってきました。 ですは完成直後ちょっとどころか、 かなり 不便なところが明るみになり、 しかも修繕の予定はないようです。 ということでここでは、 その 問題点をまとめて、 東京オリンピックの観戦を目的に 新陸上競技場へ足を運ぶ人のために、 便利グッズを紹介したいと思います。 それではどうぞ。 新国立競技場の完成後の問題点まとめ! トイレの大が大渋滞! ダジャレでも何でもなくて、 何を基準の作ったのかが不明なトイレ。 Twitterでも話題になっています。 新国立競技場が想像以上に酷い。 トイレにはアイランド手洗い!便器の数はそこそこあるけど、ひとつあたりの便器が少なく(個室が2つ!) 大が渋滞の予感!ウォシュレット無しで使用中の表示も無い。 申し訳程度の謎の休憩室。 観客席と競技場には隙間が。 どうしてこうなった… — える lTfC8qI4PATLiaC 手を洗う アイランドタイプは、 よく空間効率を考えて採用する事が 多いのでこれは分かります。 カームダウン・クールダウンは、 よく発達障害や知的障害、 精神障害の方のために、 ストレスの無い空間を作って、 落ち着かせてパニックを防ぐ 目的があります。 パイプ椅子がちょっと気になりますが、 これもよく見ると中に入っていると わかる表示もなく不親切かなと。 問題は 大のトイレ。 中に入っていることが分かる 赤い施錠の表示もなく、 便器の数が少ないとなると、 大渋滞が起きそうですね。 簡易トイレを持っていってもいいけど、 あの競技場の人ごみの中、 簡易的にでも大は人目があって 出来ませんよね。 まーそれでも、 持って行った方が便利だと思うので、 簡易トイレを選ぶ注意点を 見ていきましょう。 片手で使えるトイレ• 臭い漏れにくい破れにくい袋• 消臭効果がある凝固剤• 後処理のしやすい 以上の条件で色んな商品を さがしたところ、 個人的にはこの商品がおすすめです。 楽天で購入 座席が狭く硬い! 新国立競技場の椅子が狭くて硬い というクレームが多く見られます。 新国立競技場、座席間隔狭いです。 カテゴリー1 — りす surisurisu 新国立競技場、あそこでラグビーやったら、皆から『席狭いし、椅子硬い!』とか文句出てきて、五輪までには改善されそう。 普通は樹脂製のプラスチックなので、 若干柔軟性があって、 硬くは感じますが、 ずっと座っていられないって 事はないですからね。 これは簡易的な座布団や クッションが必要ですね。 それだったらこちらがオススメ。 楽天で購入 新国立競技場に限らず、 ほかのスポーツ観戦でも使えるので、 ご家庭にひとつあれば便利です。 他にも車とかアウトドアでも 使えますよ。 さてこの 競技場の椅子問題。 他にもいろいろあるようですね。 新国立競技場カップホルダーが本当に危険。 カテゴリー3 三階席 だったんだけどカップホルダーが足元にあるから人が通ると引っ掻けてこぼす。 こぼれた飲み物は持ち主の足元じゃなくて前の人の椅子の下に広がるから椅子の下に置いといた荷物がいつの間にか濡れていた…。 ということがありました。 そこにドリンクをこぼされたら… ドリンクはペットボトルタイプか、 水筒を持参した方が、 いいかもしれませんね。 ん~いろいろ改善してほしいですが、 結論的にはちょっと難しいかも しれませんね。 そして東京オリンピックが開催は、 7月24日から8月9日までの17日間。 え~めっちゃ暑いです! 空調設備は夏用に設計されていて、 秋春はちょっと寒いようですが、 夏は涼しく設計されています。 まーでも来年の夏になって、 競技場に行ってみないと なんとも言えませんが、 凍ったペットボトルや帽子など、 熱射病や日射病にならないように、 事前に準備しておいた方がいいですね。 ピッチが見づらい 新国立競技場。 maenisusume2002 サッカー天皇杯決勝の様子ですが、 確か木漏れ日でピッチが ちょっ見ずらいですね。 でもこれ選手が一番見づらくて、 日陰から日向を見るとき、 遠くの選手までは把握できないんです。 とくにロングボールが飛んでくると、 とっさに判断できないんですよね。 しかも日陰と日向が完全に 分かれてればいいのですが、 木漏れ日って一番目が慣れなくて 大変なんですよね。 通路が狭い 新国立競技場。 とにかく通路が狭い。 スタンド内での移動はとにかく大変な印象。 スタジアムの事をよく知らない人達が設計した感が凄いよ。 万が一将棋倒しにでもなったら大変です。 早急に解決してほしい案件ですね。 列の重体になったら、 人によってはちょっと息苦しさを 感じるかもしれません。 座席によっては逆サイド見えません、、 設計した人サッカー知ってる? 前の国立競技場が懐かしい。 — edamami12 edamami12 場所によって死角があるんですね。 この席にあたったら、 もう運がないと思うしかないですね。 まとめ ということで今回は、 他にも本題店はいろいろ 騒がれているようですが、 新国立競技場で観戦する方のために、 問題点と改善策をまとめてみました。 現在いろいろな問題が、 Twitterを中心につぶやかれています。 完成直後だからいろいろ 浮き彫りになる事は多いんですが、 意外と本番になったら、 何の問題もなく開催されると思います。 みんなで東京オリンピックを盛り上げて 楽しみましょう。

次の