花子 くん オープニング。 『地縛少年花子くん』エンディングテーマは鬼頭明里の2ndシングル。追加キャストに内田雄馬、佐藤未奈子

TVアニメ「地縛少年花子くん」ノンクレジットエンディング

花子 くん オープニング

2020年1月から放送するTVアニメ"地縛少年花子くん"。 この作品のオープニング・テーマのために錚々たるメンバーが集められた。 そしてフィーチャリング・ヴォーカリストとしてPENGUIN RESEARCHの生田鷹司とアニソン・シンガーとして活躍するオーイシマサヨシがツイン・ヴォーカルを務め、コーラスにはZOCから藍染カレン、戦慄かなの、香椎かてぃが参加。 この超豪華なメンバーによってアッパーなラウドロック「No. 7」という楽曲が生まれた。 大先輩のオーイシさんや生田さん、ZOCの皆さんなど沢山の方の力をお借りしてZiNGらしい格好良い楽曲に仕上がりました。 歌声や演奏は勿論ですが歌詞にも「地縛少年花子くん」への持てる限りの愛を込めたこの曲で、作品の一ファンとして応援させていただけたら幸いです。 しかもそのお相手が僕の尊敬するオーイシさん!OPとしてのかっこよさはもちろん、みんなで一緒に楽曲を作り上げた楽しさも伝わるとうれしいです。 26 ON SALE 【初回盤】 PCCG. 1886/¥1,800(税別) 【通常盤】 PCCG. 滝 善充のギター・サウンドの新機軸は、「Beautiful Dreamer」のイントロで聴けるストリングスのような響き、複数曲で聴けるオルガンを思わせる新たなエフェクトや奏法だ。 「名もなきヒーロー」のアンセム感、クランチなリフの塊感がライヴでの期待値を上げる「21g」、アコースティック・ギターとガット・ギターで編まれた「夏が続くから」、ジリジリと迫る恐怖感を伴う「Ice Cream」もあれば、9mm流ウェディング・ソングとも取れる「いつまでも」、ここから続くバンド・ストーリーを想起させる新録の「Carry On」など、全方位に開かれた12曲を収録。 (石角 友香) 結成15周年イヤーに放つシングルは、鍛え上げられたアンサンブルで疾走しつつ、マインドは温かでタフな9mm流の応援歌。 "守りたいものにいつも/守られているんだね"という一節は特に心に響く。 Track. 2はZepp Sapporoで開催した"カオスの百年TOUR 2018"振替公演のライヴ音源を丸ごと収録。 ここにも生きて再会するというバンドとファン、人間同士のリアルなストーリーが込められている。 デビュー時のプロデューサーであるいしわたり淳治が全作詞、滝 善充(9mm Parabellum Bullet/Gt)が全作曲を手掛けたという、期待を裏切らない菅原のための世界観が構築されている。 中でも、往年のジャパニーズAOR風の表題曲は歌謡曲フレーバーとファンキーさが新鮮。 また、全6曲のうち、道を踏み外しそうな危険な恋の歌半分、ピュアゆえに傷つきがちな恋の歌半分、男目線4、女目線2という歌詞の割り振りも絶妙。 しかも滝印のギターも聴けるという、真剣な遊びが満載。 玉置浩二や中田裕二の艶やかな色気とはまた違う、硬質で澄んだ色気とでも言うべき独自の存在感を放っている。 全編、滝らしいクラシックのシンフォニーを思わせる荘厳なアンサンブルがバンド・サウンドに変換されていて、速弾き、タッピング、ギター・シンセ、クランチで高速なコード・カッティングなどが、9mm流のシンフォニーの軸にあり、もちろん各楽器も畳み掛けるようにアンサンブルを紡ぐ。 旧約聖書のバベルの塔の神話は、神に逆らう人間が空に向けて塔を築いて破壊されるが、この作品は運命に逆らって生きる苦悩と歓びのプロセスを音像で表現しているような強度がある。 (石角 友香) CMにしろ主題歌にしろ、タイアップというものは"お題"だと思っている。 バンドやアーティストがそのテーマにどう応えるか。 その枠組みの中で自分らしさをどう見せるか。 そういう意味では今回の新曲は豪速球を真っ向から振りにいって全力で打ち返したような1曲。 9mm Parabellum BulletとTVアニメ"ベルセルク"の世界観のハマりっぷりもさることながら、90秒一本勝負の曲展開もアニメ主題歌というフォーマットならではのもの。 ただ単に尺が短いだけじゃなく、そこに様々な要素を詰め込み、急加速と急旋回がフックになっている。 自ら発足した"劇団ナイアガラ"での活動も含め、アニメやボカロにもフィールドを広げる滝善充(Gt)の進化系を示す1曲でもある。 (柴 那典) 3年待たされただけあって、3年ツアーができるほどバラエティに富み、強度もとてつもないアルバムが到着した。 クアトロA-Sideシングルで明らかになった中村和彦の疾走感のある8ビートや、案外これまで形にしてこなかったギター・ロック・バンドの表現を前面に出した楽曲、ジャズから民話的な世界観まで意表を突きまくるかみじょうちひろの楽曲。 しかも全員が曲を書くことプラス、4人が演奏者、アレンジャーとしてさらにイメージを高解像度で実現できる"音楽家としての筋トレ"みたいなものも実感。 それは引き算した楽曲でも効果を上げている。 9mmの音楽は人知れず決意や覚悟を促してくれるが、その"スイッチ=新曲"が10曲以上も増えたこの心強さ。 もちろん滝の"らしい"楽曲、卓郎のリリシズムもさらに極まった。 (石角 友香) 9mmの日(9月9日)に今年はニュー・シングル、それもメンバ--四者四様のキャラが出た"クアトロA面シングル"という意思表明をする9mm。 滝独特のエフェクティヴなフレーズが血を沸き立たせる「反逆のマーチ」。 菅原による歌詞の潔さにも震える。 そう、"愛でも勇気でも思い出させて"くれるのはやっぱり9mmだ。 そして驚くほどストレートで速い8ビート「ダークホース」に見る、中村のロック・バンドの理想像。 そして菅原作曲の「誰も知らない」は、こんな時代の信頼できる等身大のヒーロー像が「反逆のマーチ」だとしたら、その人間にも矛盾する内面があると告げる。 そしてダークな世界観と跳ねるリズムが特徴的なかみじょうの「Mad Pierrot」の構成力。 全体に音圧よりアンサンブルで聴かせるのも今の彼らの地力だろう。 (石角 友香) すでに配信リリースされ、地上波の音楽番組でもプレイされ、もちろんツアーでも重要な位置を占める曲になった「生命のワルツ」。 哀感に満ちたアコギのクラシカルなイントロで素の気持ちに導きつつ、新たな扉が開くように鋭いビートとリフが切り込んでくる瞬間の血が沸き立つ感じ。 3拍子の大きなグルーヴを感じつつ、物理的には8分の6拍子のリズムそのものがシンフォニックな印象を与えるという、スラッシュ・メタルでありつつ、まったく違うジャンル感も同時に聴こえる独自性はリピートして聴く楽しさに満ちている。 すべての楽器がパーカッシヴな「オマツリサワギニ」、滝のエフェクティヴなフレーズが不穏さを掻き立てる「EQ」と3曲のバランスも最強。 完全生産限定Special Editionには"カオスの百年 vol. 10"のライヴ映像も付属。 (石角 友香) 結成10周年記念、9mm Parabellum Bullet初のベスト・アルバム。 Track. 1「The World」の音像の、ある種の素朴さに驚くが、これは彼らが初期楽曲をライヴで演奏し、進化し続けていることの証明でもある。 シングルとEPの表題をコンパイルしているだけに彼らの音楽に通底する"何かを変えたい""まだ気づいていない感情への刺激"の最も研ぎ澄まされ、キャッチーな部分が凝縮されている。 そしてそのことに誇りを持っているバンドならではの堂々としたベスト・アルバムだ。 そして実はこのバンドの本質を知るには初回限定生産盤(10周年盤)のみに付属するライヴ・テイク・ベスト『Selected Bullet Marks』。 初ワンマンでのドシャメシャなカオスから2014年の日本武道館2daysまで、選びに選んだ20曲。 バンドとオーディエンスが生み出す(大げさに言えば)生命力の底力に細胞が震える。 (石角 友香) 9mmも今年結成9周年である。 彼らが、その爆発的なエモーションと卓越した演奏力を持ってシーンに登場した時の衝撃は記憶に新しいが、何よりも素晴らしいのは、9mm自身はそうした状況に留まらず、この数年間、ずっと自らの音楽を進化させ続けてきていることだ。 このシングルにおいても、表題曲「Answer And Answer」は破壊力満点のサウンドと叙情的な歌謡メロディが融合した9mm節爆発のキラー・チューン、続く「Snow Plants」は歌を聴かせるリリカルなミディアム・バラード、最後の「Mr. Brainbuster」は1分少々だが存在感ありまくりのインスト・ハードコアと、自分たちの持ち前の魅力と飽くなき挑戦心を体現した3曲が並んでいる。 このセンスとストイックさは、この国のシーンになくてはならないものだ。 (天野 史彬) 来年バンド結成9周年を迎える9mm Parabellum Bulletが、既にライヴでも披露している「ハートに火をつけて」を表題曲にした4曲入りシングルをドロップ。 やわらかさと鋭さを兼ね揃える1分40分のラヴ・ソング「Scream For The Future」、カー・レースをモチーフにした歌詞とスリリングなアレンジが際立つ「R. 」、メタル要素のある高速ドラムやギターが炸裂する「ラストラウンド」と、極限まで研ぎ澄まされた攻撃的なナンバーが揃う同作だが、特に際立つのは「ハートに火をつけて」。 昭和歌謡風の哀愁漂うメロディが醸し出す魅惑のムードと、スカのリズムが絡み合い、菅原卓郎の歌に艶をさす。 アニヴァーサリー・イヤーを控えるバンドの、最新型の熱情を感じることが出来る作品だ。 (沖 さやこ) 錚々たるメンバーが集結し、くるりの名曲をカヴァーした鶏びゅ~と・アルバム。 それぞれが趣向をこらしたカヴァーを披露しているが、その中でも別次元の名演を披露しているのが松任谷由実「春風」。 いっそのこと、シングル・カットしたらいいのに。 トラディショナルなメロディ解釈が新鮮なハンバート・ハンバート「虹」も素晴らしい。 9mm Parabellum Bullet の「青い空」は、原曲を知らなければ彼らのオリジナルだと言われても納得してしまいそうな出来映えだし、Andymori「 ロックンロール」もカッコイイ。 曽我部恵一「さよならストレンジャー」の渋いフォーク・カヴァーも流石の味わい。 あと、「言葉はさんかく こころは四角」での木村カエラの素朴な歌声が好きです。 (佐々木 健治) PENGUIN RESEARCHが"Penguin Go a Road 2019 FINAL"として、2019年8月10日に横浜文化体育館で行った"横浜決闘"の模様を完全収録(全18曲)した映像作品。 "なぜこのスタイルを貫いているのか?"、そして、"それがこんなにも支持されている!"ということが今作を観れば解明できる。 初のアリーナ公演とは思えない堂々たる立ち振る舞いと楽曲のスケール感。 それを大いなる歓喜を持って受け止めるオーディエンス。 この幸福な空間を"決闘"と名付けずにはいられないところも彼ららしさなのだろう。 (高橋 美穂) シングル2枚、EP 1枚の既発5曲を含む全11曲入りの2ndフル・アルバム。 繊細さと衝動を併せ持つ表題曲、遊び心がふんだんに表れたメタル・ナンバー、飲み会をモチーフにしたユニークなダンス・ナンバー、リフレインで構成されるミドル・ナンバーなど、生き方や生命にフォーカスした歌詞と躍動感が増したサウンドがカラフルに展開する、バンドの地力が発揮されたダイナミックな音像だ。 "敗者"や"逆襲"、"バケモノ"や"ドブネズミ"など、弱者寄りのワードを使うことが多い彼らが、広大なスタジアム・ロック「ゴールド・フィラメント」で、["our name" is gold]と勝者を彷彿とさせる言葉を掲げるところも新鮮であり頼もしい。 全曲を通して深みを増したエモーションが堂々と迸る。 (沖 さやこ) バンド初の両A面シングルはTVアニメ"ゾイドワイルド"の挿入歌とエンディング・テーマを収録。 Track. 1は"WILDに行こうぜ"というサビの歌詞が象徴的な、パワフルなアメリカン・ロック・テイストの楽曲。 個々のプレイヤーの個性とキャッチーなメロディ・ライン、少年性のあるヴォーカルと、バンドの強みを遺憾なく発揮している。 Track. 2は過去の自分へのメッセージが綴られたポップなミディアム・ナンバー。 紆余曲折ある人生を振り返り"最近生きててよかったって たまに思うよ"と綴られた歌詞は、励ましの言葉以上に多くの人々の励みになるだろう。 Track. 3はバンドの遊び心が爆発。 PENGUIN RESEARCH流のオリジナリティ溢れる、激テク満載のハード・ロックを堪能できる。 (沖 さやこ) 2017年8月に先行配信リリースした「千載一遇きたりて好機」を含む4曲入りEPは、バンドの許容の広さを提示した作品に。 メンバー個々の活動の経験を生かしたうえで挑戦ができたというが、バンドにとっても意味深い作品になったのでは。 (沖 さやこ) 2015年結成、2016年1月のメジャー・デビュー以降、ミニ・アルバム1枚とシングル3枚をリリースしている5人組の1stフル・アルバム。 ノー・コンセプトで衝動のままに制作した楽曲を詰め込んだとのことで、楽曲そのものが持つエネルギーと各々のプレイヤーの個性が荒れ狂うサウンドスケープの相性も高い。 ソングライター 堀江晶太(Ba)のカラーでもあるラウドやジャズなど様々なジャンルや、ストリングスなどを取り込んだロック・サウンドとキャッチーなメロディはどの楽曲でも健在で、全曲リードと言ってもいいほどフックがある。 発破をかけるような曲が多いなか、心の闇や涙を感じられるTrack. 8は新境地でもありアルバムでもいいアクセントだ。 エモーショナルなロック・バラードTrack. 10も沁みる。 (沖 さやこ) センセーショナルなタイトルを冠した新作を投下したのは、活動1周年にしてZepp Tokyoで初ワンマンを成功させた、大森靖子率いるアイドル・ユニット ZOCだ。 表題曲は、ひどいとわかっていても恋人と縁を切れない女性に釘を刺しつつ、男性にも苦言を呈する、ZOCという誇り高き女性像が投影された曲。 大森靖子作品のレコーディング・メンバーでもある鈴木大記が、前作に引き続き編曲を担当している。 とりわけ今作では、気鋭のEDMも相まって彼女のソロやこれまでとはひと味違う、ZOCらしさと言えそうな強さを手に入れたよう。 新たな"共犯者"を掴む、期待高まる1枚。 (稲垣 遥) 映画"スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム"日本語吹替版、そして"舞台 PSYCHOPASS サイコパス Virtue and Vice"の主題歌という大型タイアップも話題の、凛として時雨ニュー・シングル。 「Neighbormind」は、"アベンジャーズ/エンドゲーム"からの流れを汲むスパイダーマン最新作の主人公の苦悩や試練がモチーフとなっているようで、息の詰まるような激しいスクリームや、複雑に各パートが絡み合うサウンドでそれが表現されている。 また「laser beamer」では、ディストピア的な世界観が、中毒性のあるリフと崩壊寸前まで緊迫したテンションによく表れている。 改めて、凛として時雨とSFアクションとの相性の良さがよくわかる2曲が揃った。 (山本 真由) 前作『i'mperfect』から約5年ぶりのフル・アルバム。 この間のシングルは直近の「DIE meets HARD」しか収録しない潔さ。 つまり、時雨の核は不変なのだ。 それでもソロのフィードバックもあるのか、歌声はクリアに。 さらに変幻自在に空間を歪ませたり、膨張/収縮させたりし得るエフェクト類の緻密な組み合わせや、1曲1曲で描く世界観の解像度は未曾有の領域へ。 特に、音像から得られる空間の狭さや広さの体感は、3D映画を陳腐に感じるほどリアル。 崩壊や陶酔の感情に温度がある。 (石角 友香) 時雨初の海外レコーディングは、TKがソロの弾き語りに挑戦する前に訪れたベルリンの、しかもスタジオはDavid BowieとBrian Enoのいわゆる"ベルリン三部作"などで著名なハンザ・スタジオである。 これがもうTrack. 1「SOSOS」のどアタマから音が太いし、空間のナマ感がこれまでと違う。 不思議な話だが、密室性の高い世界観だとどこかで思い込んでいたTKが描く世界が、実はもともとそうじゃなかったのでは?と思わせるほど新鮮な聴感を得られる。 他にも遅めのBPMでダンサブルな曲もあれば、ストレートにディストーショナブルな8ビートの曲もあるという意外性、そしてその解釈のオリジナリティにも驚く。 超絶的な構成や変則リズムより音そのものの鳴りと言葉のチョイスに新境地を見るミニ・アルバム。 (石角 友香) 凛として時雨というバンドの出現によって、カタルシスというものが内包するポピュラリティが更新されたことをこのバンド初のベスト・アルバムを通して聴くことで実感している。 恐怖や不安、美しさへの憧憬。 3ピース・バンドの定石を覆す音楽的というより映像や体感を音楽化するようなアレンジ。 しかしそれは必ずピークに向かい快感原則に則って想像を突破する。 もう何百回聴いたか知れない「Telecastic fake show」や「JPOP Xfile」の中毒性の高さが冒頭の印象の紛れもない回答だ。 しかしまるでオリジナル・アルバムのよう。 昨年世に出たばかりの「Enigmatic Feeling」もTKがバンドのために初めて書き下ろした「鮮やかな殺人」も(他にも3曲)"2015 mix"としてミックスし直した判断にTKの明晰さを見る。 (石角 友香) TK、345、ピエール中野それぞれが充実したバンド外活動でアーティストとしての自己に向き合いここにリブート。 アルバム『i'mperfect』以来、約1年7ヶ月ぶりとなる新作はすでにタイトル・チューンは"PSYCHO-PASS サイコパス2"のオープニング・テーマとしてオンエア中だ。 今回は前回のシングル「abnormalize」でタッグを組んだエンジニアの高山徹がミックスのみならず録音にも関わったことで、より3人の音の輪郭の強度が増した印象。 特に中野のジャズともマス・ロックとも取れるスキルとイマジネーションに満ちたフレージングがアンサンブルの"エニグマティック=謎の"感を拡張。 (石角 友香) 偏見や先入観の型に嵌められることは拒絶するが、自分でも測りかねない自分というものをわかってもらいたい、人間誰しも思うことではないだろうか。 そういう意味でこれまでになく"人間・TK"が曝け出された作品。 日向秀和、BOBOとヴァイオリン、ピアノとの五重奏は、タイトル・チューンや「kalei de scope」で破壊的までに高速回転しながらも、シンプルなアンサンブルの頂点に到達。 一方、TKのピアノと歌のみの「tokio」やCharaがゲスト・ヴォーカルで参加した「Shinkiro」では、TKのジャンルや性別、年齢といった属性の希薄な声が、むしろそれこそ蜃気楼のような今、現在の不確実性を浮かび上がらせる。 シンセ・ポップ的なサウンドでロックの衝動を示唆する「Spiral Parade」の発想も一歩踏み込んだ印象で痛快。 (石角 友香) TKソロ初のシングルはTVアニメ"東京喰種トーキョーグール"のオープニング・テーマとして書き下ろされた新曲。 アニメとのコラボの必然、ソロのバンドでそのアンサンブルの精度を上げてきた、ピアノやヴァイオリンが存在する必然、弾き語りライヴの必然など、重層的な"必然"がこの1曲に結晶。 歌が突出したオープニング、制御不能な情動をこれまでともまた違うギター・サウンドで、まさに自分の皮膚を突き破るような衝撃を与える間奏のソロ。 それでいて聴感は繊細という無二の作品といえるだろう。 カップリングの「Fu re te Fu re ru」の主旋律のキャッチーさにも軽く衝撃を受けるし、ピアノ主体の現代音楽風なインスト「Acoustic Installation」はソロ形式の習作的な楽曲。 ソロの最も濃厚な面を堪能できる。 (石角 友香) 凛として時雨のドラマー、ピエール中野のぶっ飛んだソロ・プロジェクトをまとめたミニ・アルバム。 DJしながら曲に合わせてドラムを叩くという大技でフェスやイベントを賑わせてきたが、今作は20人のドラマーにシンガー、ORIGAによる壮大な曲から、インプロ・ユニット、カオティック・スピードキングの「SORA」(ゲストVo. KYONO)の初音源化、Perfumeの「チョコレイト・ディスコ」を大森靖子、ミト(クラムボン)、滝善充(9mm Parabellum Bullet)と人力カヴァー、音楽クリエイター牛尾憲輔(agraph)とのタッグによるエクスペリメンタルな曲に、下世話ネタ全開のDJユニット玉筋クールJ太郎という剛柔(?)取り揃った内容。 自由だなこの人はと、関心したり嘆息したり、ピエール中野という人のカオスの一端を覗く感覚。 (吉羽 さおり) ソロ名義初となるEPは、凛として時雨もソロも含めこれまでで最もTKの歌(声)と対峙する作品だ。 元々、時雨の轟音と怒涛のアンサンブルに埋もれないメロディを突出させる手段として生まれたハイトーン・ヴォイスは、今や彼の歌の表現のスタンダードであることをこれほど表明した作品はなかった。 日向秀和(Ba)、BOBO(Dr)とのセッション的なスリルに満ちたアンサンブルを基盤に、ピアノと弦楽カルテットがこれまでになく開放的なパースペクティヴを表現するタイトル・チューン「contrast」をはじめとする3曲もおのおの違う個性が屹立。 しかしなんといっても今回の聴きどころは、時雨の「illusion is mine」のTKのエレピとシンセのみのミニマルなライヴテイクや初恋の嵐のアコギ弾き語りカヴァーに尽きる。 (石角 友香) 改めて、凛として時雨というバンドの凄みを知るアルバムだろう。 3ピース・バンドながら圧倒的な音圧と緻密な音の構築性があり、男女ツイン・ヴォーカルは高いテンションで、ヒリヒリと張りつめた緊張感を放ち、爆走する。 最初から最後まで、リスナーはスリルを抱えて、彼らの音のジェット・コースターに乗り続けるほかない。 今作ではその体感速度がグッと上がり、さらに生々しさを増した音に身体と心を振りまわされる。 近年のTKによるミックスから、今回は外部エンジニアを迎えて共同作業した曲も多い。 自身が自覚する武器と、第3者が焦点を当てブラッシュアップした武器。 その両方を合わせた、最高のハイブリッド・サウンドで、エッジィなキャッチーさも、重厚サウンドの深化も果たした。 まさに全方位のアルバムだ。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. 22 @LIQUIDROOM ebisu 2018. 29 @Zepp Tokyo 2018. 22 @日比谷野外大音楽堂 2017. 14 @Zepp Tokyo 2017. 11 @神奈川県民ホール 大ホール 2016. 05 @豊洲PIT 2016. 19 @日比谷野外大音楽堂 2016. 19 @TSUTAYA O-EAST 2014. 10 @新木場STUDIO COAST 2014. 09 @TSUTAYA O-EAST 2014. 08 @TSUTAYA O-EAST 2014. 07 @TSUTAYA O-EAST 2014. 27 @Zepp Tokyo 2009. 09 @日本武道館 2009. 01 @代々木公園 2019. 10 @横浜文化体育館 2019. 03 @柏PALOOZA 2018. 08 @日比谷野外大音楽堂 2017. 25 @HEAVEN'S ROCK さいたま新都心VJ-3 2016. 07 @新代田FEVER 2019. 17 @Zepp Tokyo 2013. 30 @LIQUIDROOM ebisu 2013. 28 @日本武道館 2013. 29 @Zepp DiverCity.

次の

TVアニメ「地縛少年花子くん」第2弾PV

花子 くん オープニング

オープニングテーマ「No. 7」(読み:ナンバーセブン)は、作詞・作曲は ANCHORさん、サウンドプロュースをピエール中野さん(Dr. コーラスにはアイドルユニット ZOC 読み:ゾック から藍染カレンさん、戦慄かなのさん、香椎かてぃさんが参加。 この超豪華なメンバーによってアッパーなラウドロック「No. 7」という楽曲が生まれた。 また、エンディングテーマは、八尋寧々役で出演もしている鬼頭明里さんの「Tiny Light」に決定。 楽曲は、2020 年 2 月 26 日 水 に発売する2ndシングル「Desire Again」に収録される。 7」 読み:ナンバーセブン TV アニメ「地縛少年花子くん」オープニングテーマ 初回盤 [品番]PCCG. 1886 [税抜定価]1,800 円 [税込定価]1,980 円 通常盤 [品番]PCCG. Desire Again 2. Closer 4. Desire Again Instrumental 5. Tiny Light Instrumental 6. Closer Instrumental オープニングテーマを「No. 7」使用した第 2 弾 PV 公開 今回発表されたばかりのオープニングテーマ「No. 7」が使用された最新アニメーション PVが公開。 追加キャスト&コメントが公開 源輝(みなもと てる)役:内田雄馬 この度、源 輝の声を演じさせていただくことになりました、内田雄馬です! 「地縛少年花子くん」はオーディションで初めて読ませていただき、怪異という不気味な存在が繊細なタッチとポップな色彩で描かれていて怖がる事なく読み進めることができました。 お話もコミカルなテンポなので、掛け合いが楽しみです!僕が声をやらせていただく輝は光のお兄さんです。 普段は誰にでも優しくかっこよく、光にとっても自慢の憧れの存在。 そんな頼れるお兄さんをしっかり表現していければと思います。 ぜひ、怪しく可愛い「地縛少年花子くん」のアニメーションを楽しんでいただければと思います。 赤根葵(あかね あおい)役:佐藤未奈子 この度赤根葵ちゃんを演じさせて頂くことになりました、佐藤未奈子です! 初めて赤根葵ちゃんとして合格しましたと言われた時は、全く信じられなくて頭の中が真っ白になりました。 学年一のモテ女でどこから見ても可愛い葵ちゃんを、私も茜くんに負けないくらい愛し、演じていきたいです! 自分にとって初めてのアニメ出演で不安と緊張でいっぱいだったのですが、心優しいキャストの方々、制作の皆さんに助けていただきながら毎週アフレコに挑んでおります。 花子くん愛に溢れた、温かくて面白くてキュンキュンする最高な作品です! 葵ちゃんと共に私も成長出来るよう、精一杯魂を込めて頑張ります!.

次の

地縛少年バンドの「No.7」(TVアニメ「地縛少年花子くん」OPテーマ)が本日2/26発売! オフィシャルライナーノーツ公開!!

花子 くん オープニング

地縛少年花子くん CD オープニング(OP) No. 7 地縛少年バンド 地縛少年花子くのグッズやキャンペーンも増えてきました。 2月26日はオープニングのCDも発売されました。 初回限定版もあります。 オープニングCD(No. 7)購入特典を店舗別にまとめてみました。 【発売日】 2020年2月26日(水) 【価格】 通常盤 :¥1,200(税抜) アニメ初回盤:¥1,800(税抜) 【CD内容】 01. 7 02. 7 [生田鷹司ver. ] 03. 7 [オーイシマサヨシver. ] 04. 7 [TV size. ] 05. 7 (Instrumental) 作詞・作曲:ANCHOR 編曲:ZiNG アニメ初回盤はDVD付 MV収録 です。 <DVD内容> ・「No. 7」ミュージックビデオ (出演:生田鷹司、オーイシマサヨシ、藍染カレン、香椎かてぃ) ・オフショット映像 発売日 2020年2月27日発売 地縛少年花子くん CD オープニング No. 7が発売されます。 以下に各店舗の特典をまとめました。 盛り沢山です!!! ・アニメイト (L判ブロマイド) ・ゲーマーズ (L判ブロマイド) ・あみあみ (2L判ブロマイド) ・楽天ブックス (ポストカード) ・TSUTAYA (2L判ブロマイド) ・タワーレコード (ポストカード) ・セブンネットショッピング (ポストカード) ・ソフマップ・アニメガ (57mm缶バッジ) ・TBS・MBS公式オンラインストア アニまるっ! (デカカンバッジ 100mm) ・きゃにめ (ジャケットサイズステッカー) ・Amazon. jp 初回盤 (デカジャケット) ・Amazon. jp 通常盤 (デカジャケット) 詳細、購入は各店舗(一部店舗ではない場合もあります)でお願いいたします。 各店舗、特典の在庫が無くなり次第終了します。

次の