トイレ ティッシュ 溶かす。 トイレにつまってしまったティッシュを安全に溶かす方法

ティッシュ、キッチンペーパーは水に溶けない!?業者を呼ばずトイレ詰まりを自力で解消する方法4選!

トイレ ティッシュ 溶かす

トイレ掃除は家の掃除の中でも、やりたくない場所の一つですよね。 掃除機をかけるだけでは終わらないし、自分や家族の汚物の掃除と思うだけでもウンザリします。 家の中の他の場所であれば、洗剤をかけてゴシゴシすれば大抵のヨゴレは落ちます。 しかし、トイレのヨゴレの場合は洗剤をかけて放置しても、力いっぱい磨いても、まったく綺麗になってくれないケースが多いですよね。 そんなトイレの掃除の中でも、やっかいなのが尿石ヨゴレです。 トイレのヨゴレは大きく分けると黄色いヨゴレと黒いヨゴレに分類できます。 黄色いヨゴレは尿石のヨゴレ、黒いヨゴレはカビのヨゴレです。 お客様が来るからと、急いで掃除をしても尿石ヨゴレはすぐには落ちてくれません。 今回は、一度ついてしまうと面倒なトイレの黄色いヨゴレの元、尿石のヨゴレの落とし方について調べてみました。 トイレの洗剤と言えば、ロングセラー商品のサンポールですよね。 学校の掃除当番などで緑色のボトルを目にした人も多いことでしょう。 アルカリ性の尿石汚れには、サンポールのような強力な酸性洗剤が効果的なのです。 洗剤は強力であれば種類は何でも良いわけではありません。 アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を使用すると効果的です。 酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤を使用すると効果的です。 汚れが何でできているのか、酸性なのかアルカリ性なのかによって、洗剤を変える必要があるのです。 サンポールを使うと、独特の酸のニオイがしますが、この酸の作用によって尿石が溶けてくれるのです。 他の洗剤を使っても全く落ちなかった尿石の黄色い汚れが、サンポールをふりかけただけでスッキリ綺麗になる場合が多いのです。 掃除の方法の一つに「湿布法」があります。 洗剤をトイレットペーパーなどに染み込ませて汚れが気になる場所に貼り付けることで、じんわりと汚れを分解させるのです。 尿石汚れが気になる場所に、トイレットペーパーをあてます。 そして、酸性の洗剤をトイレットペーパーにスプレーしたりふりかけたりします。 10分ほど放置したら、一部分をめくってスポンジなどでこすってみましょう。 まだ尿石汚れが落ちないようであれば、さらに10分ほど放置します。 これを繰り返すことで、尿石ヨゴレが段々と分解されて落としやすくなっていくのです。 注意してほしいのが、ティッシュペーパーでなく必ずトイレットペーパーでするようにしてください。 ティッシュペーパーとトイレットペーパーは見た目は似ていますが、水に対しての性質が全く異なります。 ティッシュペーパーは水に溶けにくいため、流すと排水口がつまってしまいます。 トイレットペーパーは水に溶けるように作られています。 しかし、いくらトイレットペーパーが溶けるからといって、一度に大量に流してしまうと詰まってしまいますので気をつけましょう。 アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸を一緒に合わせて使用します。 尿石ヨゴレが気になっている部分に、重曹の粉をふりかけます。 もし重曹がすぐに下に落ちてしまって、尿石ヨゴレの部分にとどまらないようでしたら、重曹を少量の水で溶かして重曹ペーストを作ります。 重曹ペーストであれば、傾斜がついた部分にも塗りやすくなります。 そして、その上からクエン酸水をスプレーします。 重曹とクエン酸の反応で、シュワシュワと泡が出てきます。 この泡の力で尿石を分解させるのです。 本来であれば、アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤は、合成させると有毒なガスが出るので一緒に使用していはいけない組み合わせです。 しかし、重曹やクエン酸は身体にも環境にも優しい物質からできているので、塩素系漂白剤のように危険ではありません。 しかし、一緒に使用することで具合が悪くならないように、窓を開けて換気を良くしてから使用しましょう。 また、具合がわるくなったらすぐに使用を中止してください。 これまで書いてきたような洗剤で落とす方法でも落とせない尿石は、削って落としましょう。 耐水性サンドペーパーや陶器用研磨パッドで削るのです。 これは、洗剤で落ちなかった場合の最終手段ですので、最初から削ってしまうと便器がキズついてしまいますので注意してください。 洗剤で尿石が少し分解してやわらかくなった状態で削るようにしましょう。 耐水性サンドペーパーは、ホームセンターや100円ショップなどで売られています。 番号が小さいほどザラザラした目の荒いサンドペーパーで、番号が大きくなるほど目の細かいサンドペーパーになります。 便器をキズつけないためにも、耐水性サンドペーパーの番号は1500番以上のものを使用するようにしてください。 普通のサンドペーパーは、水に濡れてしまうとすぐボロボロになってしまいます。 必ず耐水性のものを使うようにしてください。 また、使い終わったサンドペーパーはトイレに流すとつまってしまいます。 必ずゴミ箱に捨てるようにしてください。 耐水性サンドペーパーよりもソフトなのが陶器用研磨パッドです。 便器は陶器でできているので、入手できるのであれば耐水性サンドペーパーよりは便器に優しい素材なのでおすすめです。 トイレの壁や床の黄ばみヨゴレは、男性が排尿する時にできた尿ハネが原因となっています。 尿ハネが蓄積されて、壁紙や床などに黄色い尿石ヨゴレを作ってしまうのです。 尿ハネを防ぐには、男性が座って排尿するしかありません。 男性の立場からすると、ちゃんと便器の水たまりをねらってオシッコをしているから、自分は大丈夫と思っているかもしれません。 そんな時は、お風呂に入る前にでも、裸になった状態でトイレで立って排尿してもらいましょう。 腰やモモ、腕などに、思った以上に尿がハネているのが実感できます。 最近は、男性の友達が家に遊びに来たら、トイレでは便器に座って排尿をお願いしている学生も見られるようです。 自分のオシッコの尿ハネを掃除するのも気持ち悪いものですが、他の人の尿ハネを掃除するのはもっとイヤなものですよね。 また、尿がハネた壁や床は、本人だけでなく家族全員が触っています。 尿がついた靴下や足で家中を歩いていると考えるだけでも、不潔で気持ち悪いですよね。 家の中をキレイに保つには、家族全員の強力が必要です。 まずは汚さない工夫をしましょう。 仕事や家事が忙しくてトイレ掃除ができない場合は、トイレクリーニングのプロに仕事をお願いしてしまいましょう。 トイレ掃除の相場ですが、値段は5,000円程度から50,000円程度と、業者によってだいぶ開きがあります。 自分が頼む業者が何をしてくれるのか、どこまでヨゴレを落としてくれるのかなど、頼む前に一度見積もりをとることをおすすめします。 トイレクリーニングを業者に頼む時に、質問するポイントは、 ・ひどい汚れの場合に追加料金があるのか? ・便座やウォシュレットを外して便器内を掃除をするのか? ・タンクの中を掃除するのか? ・尿石取りや排水口の掃除はどうやってするのか? ・換気扇の掃除はするか? ・床、壁、天井の掃除はするか? ・出張費や駐車場代は料金内か? といったことがチェック項目になります。 どこからがひどい汚れなのかは、業者にしか判断できません。 料金設定があいまいな場合は、高額な追加料金が取られてしまう可能性があるので注意しましょう。 洗剤には、酸性、中性、アルカリ性があって、ヨゴレの種類別に変える必要があったんですね。 強力な洗剤であれば全部何でも落としてくれるわけではありませんでした。 ヨゴレの元が尿石のようにアルカリ性であれば、酸性の洗剤で掃除することで効率よくお掃除ができます。 そして、長年のこびりついてしまった尿石は、耐水性サンドペーパーで削り落とすという技があることも今回知ることができました。 普通のサンドペーパーは水に濡れるとすぐボロボロになってしまうので、耐水性サンドペーパーを買う必要があります。 最近では100円ショップでも耐水性サンドペーパーを見かけるようになったので、気軽に試すことができますね。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の

トイレの紙つまりを薬品・洗剤で溶かす方法!|水まわり相談.com

トイレ ティッシュ 溶かす

もくじ• 使うのは「お湯」だけです。 結果が出るまでに1時間程度の時間がかかることもあるので、とりあえず実践しておくと良いでしょう。 お湯でふやかし、水流で崩す! この方法の仕組みはとても簡単です。 お湯の力でティッシュをふやかすとともに、水の流れの力で詰まりを崩してしまうのです。 ティッシュは水を吸い込みますが、吸い込んでも簡単にはほぐれないようになっています。 もし、トイレットペーパーのように水に触れて簡単にほぐれたら、鼻をかんだとき大変なことになりますよね。 そのため、便器の水に漬かってもほぐれにくいままなのですが、お湯に漬かることでふやけて、水に漬かっているときよりもほぐれやすくなるのです。 これは、ティッシュを水とお湯につけて、ほぐれやすさを検証した画像です。 少し見にくいですが、お湯につけたティッシュのほうが細かくほぐれているのが分かるかと思います。 ここに、水の流れる力が加わると、少しずつほぐれて千切れたティッシュが排水管の奥へと流れていき、詰まりが解消されるかもしれません。 お湯を使った解消法~「温度」と「高さ」には注意~ この方法は手順はそこまで難しくないのですが、お湯の温度にだけは絶対に注意してください。 便器に沸騰した熱湯を注いでしまうと、熱膨張により陶器がひび割れる危険もあります。 注ぐ温度の目安は40~60度程度です。 一度沸騰させたお湯に同量の水を加えれば、50度程度のお湯が作れます。 また、用意したお湯は火傷に注意しつつ、なるべく高い位置から便器の排水溝部分に注ぐのもポイントです。 水の柱が5cm程度になるようにすると良いですね。 こうすることで、便器の中で水の流れが生まれやすくなるのです。 もし詰まりが軽いものなら、お湯の力ではなく水を注ぐ力だけでティッシュがほぐれて詰まりが解消することもあります。 仮に高いところからお湯を流して詰まりが解消できなくても、それから1時間程度置くことでお湯の力でティッシュがほぐれやすくなるでしょう。 お湯を使った詳しい解消法は「」を参考にしてください。 そういったときは、お湯に「重曹+クエン酸」を加えると良いでしょう。 重曹+クエン酸の力は? 重曹とクエン酸を混ぜると、「シュワシュワ~」と音をたてながら、炭酸ガスが発生します。 この炭酸ガスの力によって、ティッシュがほぐれやすくなるのです。 お湯でふやかす力に炭酸ガスの力が加われば、さらにほぐれやすくなるでしょう。 クエン酸は、お酢でも代用できます。 ティッシュを「重曹+クエン酸」「重曹+お酢」に1時間ほど漬けて、割り箸でかき混ぜた画像です。 ただの水に漬かったティッシュと比べると、よりほぐれているのが分かりますよね。 お湯+「重曹+クエン酸」を使った解消法~おすすめはクエン酸~ この方法は、クエン酸がない場合にはどこの家庭にもあるお酢で代用できます。 ただし、実際に私が試したところ、お酢よりもクエン酸のほうが泡が出ている時間が長いように感じました。 泡の力でティッシュがほぐれやすくなることを考えると、できればお酢よりもクエン酸をおすすめします。 詳しい方法は「」を参考にしてください。 実は、この方法でもティッシュの詰まりを解消できる可能性があります。 本来の使用目的とは違う点に注意! 台所や洗面所のパイプ汚れを溶かす洗浄剤は、あくまで髪の毛やヌメリを溶かすことを目的として作られています。 トイレの洗浄剤は、汚れを落とすことを目的として作られています。 要するに、どちらもトイレの詰まりを解消するものとしては、作られていないのです。 実際にパイプクリーナーの商品の注意書きには「トイレのつまりには、効果は期待できません。 」と書かれています。 しかし、その一方で実際にパイプ洗浄剤やトイレの洗浄剤をティッシュにかけてみると、すぐにドロドロにほぐれてしまいます。 水に漬けたティッシュ、洗面台などのパイプの詰まりを溶かすパイクリーナーに漬けたティッシュ、トイレの汚れを落とすトイレクリーナーに漬けたティッシュ、3種類の溶け具合を比較した画像です。 トイレクリーナーは泡立ってしまい、ティッシュの様子が分かりませんが、水に漬けたティッシュとはあきらかにほぐれ具合が異なります。 実験の結果としてはパイプ洗浄剤やトイレの洗浄剤には、ティッシュをほぐれやすくする効果は期待できますが、「本来の使用用途とは異なる使い方をしている」ということは頭に入れておきましょう。 パイプ、トイレの洗浄剤を使った解消法~即効性に期待大!?~ 実験をしたところ、洗浄剤を投入してからものの数十秒でティッシュはほぐれやすい状態になりました。 もともとティッシュは水に溶けにくく、1時間ほど水につけても粉々にまではほぐれません。 それを考えると、洗浄剤には即効性が期待できるかもしれませんね。 手順も普段使用している洗浄剤をトイレに入れて、少し時間を置いてから水を流して水位の変化を確認するだけです。 ただし、便器の中でお酢と混ざると有害なガスが発生する危険があります。 上で紹介した「重曹+クエン酸(お酢でも代用可)」の方法を試した後に、洗浄剤を入れるのだけはやめましょう。 詳しい方法は「」を参考にしてください。 それくらい「トイレ詰まりの救世主」というイメージが強いラバーカップも、もちろんティッシュ詰まりの解消に役立ってくれます。 ラバーカップは「吸引」するもの! 勘違いしている人が多いですが、ラバーカップは詰まりの原因を「押し流す」ものではありません。 「吸引」して、詰まりの原因を便器の排水溝部分に引き戻すように使うのです。 詰まりの原因がティッシュであればあまり問題はありませんが、スマホやライターといった固形物が排水管の奥へと押し流されていくと、事態は悪化します。 詰まりがティッシュの場合でも、念のため正しい使い方でラバーカップを利用しましょう。 ラバーカップを使った解消法~押さずに引くべし~ ラバーカップを正しく使うコツは、「押さずに引く」ことです。 便器の種類に合ったラバーカップを便器の排水口部分に密着させ、静かに柄の部分を押し込みます。 これでラバーカップの中は真空状態になります。 この状態から柄の部分を「グイッ!」と引くと排水口の水が引き戻され、一緒に詰まりの原因も戻ってくるのです。 お湯、重曹+クエン酸(お酢)、洗浄剤といった方法でティッシュをほぐれやすくしてから使うと、ラバーカップ単体で使う場合よりも高い効果が期待できます。 さらに詳しい使い方は「」以降を参考にしてください。 しかし、「今からラバーカップを買いに行こうかな?」と考えているなら、真空式パイプクリーナーを検討してみても良いかもしれません。 ラバーカップに勝る強力な吸引力! 真空式パイプクリーナーは、ラバーカップの特徴的な先端部分とポンプが合体したものです。 ラバーカップは、柄を引くことで詰まりを引き寄せるための吸引力を生み出しますが、真空式パイプクリーナーはポンプのハンドルを引いて吸引力を生み出します。 ラバーカップより強力な吸引力を生み出せるので、ラバーカップでは解消できなかった詰まりも簡単に解消できるかもしれません。 真空式パイプクリーナーを使った解消法~ラバーカップと似た使用感~ 真空式パイプクリーナーは、仕組み自体はラバーカップと同じです。 形状こそ異なりますが、ラバーカップに似た感覚で使用できるでしょう。 「パイプクリーナーなんて使ったことがないから、私には絶対ムリ!」と必要以上に臆病になることもありません。 パイプクリーナーの詳しい使い方は「」で紹介しているので、参考にしてください。 ティッシュはトイレではなく、ゴミ箱へ! 本当にトイレの詰まりの原因がティッシュなら、ここまで試した方法のいずれかで解消できるでしょう。 きっと、あなたもトイレの詰まりを解消できてホッとしているのではありませんか? しかし、「詰まりが解消できてよかった!」で終わってしまうと、また同じ過ちを繰り返すかもしれません。 少しティッシュのつまり具合について勉強しておきましょう。 ティッシュは水に溶けにくい! トイレでは「トイレットペーパー」を使うのが当たり前ですよね。 「当たり前に流しているトイレットペーパーと同じ紙だから、ティッシュも流して良いよね?」とあなたは考えていたかもしれません。 しかし、この考えは間違いです。 トイレットペーパーは、トイレに流すことを前提に作られているので、水に漬けると簡単に溶けやすい(ほぐれやすい)繊維構造で作られています。 ティッシュは鼻をかんだり、こぼした水を拭いたり、さまざまな用途で使われるので、溶けにくい(ほぐれにくい)繊維構造で作られているのです。 ティッシュをトイレに流して詰まってしまうのは、当然のことなのですね。 ティッシュは素直にゴミ箱へ! トイレに入るついでにティッシュで鼻をかんだり、掃除でティッシュを使ったりする人も多いでしょう。 そして、「トイレットペーパーと同じ紙だし!」という理由でティッシュをトイレに捨ててしまいたくなるかもしれませんが、これからは素直にゴミ箱に捨てましょう。 念のため、トイレにティッシュ専用のゴミ箱を設置しておくと良いですね。

次の

トイレつまりの原因をお湯や洗剤で溶かして解消する方法|原因ごとの対処法と手順

トイレ ティッシュ 溶かす

トイレットペーパー・便が原因のつまりはお湯で溶かす つまりの原因で一番多いのがトイレットペーパー・便の流しすぎですが、これは 一番簡単です。 トイレットペーパーは、水に溶ける「 水解紙」で作られているはずなので、放っておけば溶けます。 ただ、量が多いと 溶けるのに時間がかかるんですよね。 そんな時は お湯を使いましょう。 水よりお湯の方が溶けやすいですからね。 「 温度計がないんだけど」 という場合でも心配いりません。 大体見た目で温度は分かります。 お湯を鍋で沸かして、 湯気が出てきたかなってタイミングが大体40~50度です。 ただし、 ボコボコ泡立ってきたらそれは温め過ぎなので冷ましてください。 溶かしてつまりを解消する手順 お湯を流す時の手順は以下の通りです。 バケツで便器内の水を汲んで水かさをできるだけ減らす• お湯を出来るだけ高い位置から、排水口めがけて流し込む• 2を2~3回繰り返す• 1時間放置する 最初に便器内の水を減らすのは、 水が多いとお湯がぬるくなってしまいますし、 排水口の奥までお湯が届かないからです。 お湯を流し込む時は、 一度にたくさん流しすぎると溢れるので注意してくださいね。 お湯を流し終えて1時間放置したら、水位が下がっているはずです。 そしたらトイレットペーパーを少しだけ入れて、普通に流してみてください。 これで流れれば詰まり解消です。 安いトイレットペーパーは溶けない? 1つ注意点。 海外製の安いトイレットペーパーの中には、一部 「水に溶けない」粗悪品があります。 その場合は当然お湯では溶けないので、 スッポン(ラバーカップ)で引っ張り出してください。 ラバーカップは押しちゃダメです。 引きましょう。 詳しくは「」で解説しています。 お掃除シート• 流せるティッシュ などの「 トイレに流せる系」の物を流してから詰まったという場合も、放っておけば一応溶けることになっています。 しかし、これはトイレットペーパー以上に時間がかかるので、私の時は 「お酢&重曹」で溶かしました。 2.重曹だけじゃトイレつまりは治らない やり方は至って簡単です。 まずはお湯を流す時同様、便器内の水をバケツで汲んで水かさを減らします。 そしたら• お湯200ml(1カップ) の順番で便器に投入し、 1時間くらい放置してください。 それで溶けるはずです。 お湯は上記同様50度程度にしてくださいね。 重曹とお酢を混ぜると 二酸化炭素の泡(炭酸)が発生するので、これで溶かそうという原理です。 節水が原因のトイレつまりはパイプハイターで溶かして解消• タンクの中にペットボトルを入れる• 大なのに小で流す• トイレが節水タイプ などによってトイレが詰まった場合は、「 配管にこびり付いた尿石」が詰まっている可能性が高いです。 僕はこれでした。 これはお湯や炭酸ではどうにもならないので、 尿石除去剤を使ってください。 尿石除去剤を使う時も上記同様に、まずは便器内の水かさを出来る限り減らしてからにしましょうね。 じゃないと尿石除去剤が薄まってしまいます。 パイプハイターとかも尿石除去効果があるのでおすすめです。 ただし、尿石除去剤を入れて 長時間放置すると便器や配管が傷つく恐れがあります。 私は一晩放置してしまったせいで、配管が破損して10万円近い修理費を払う羽目になりました。 なのでパイプハイターを入れて1時間たったら一旦水で流しましょう。 解消されないトイレつまりは業者に無料相談 ここまで紹介してきた方法でもトイレ つまりが解消されない場合は、業者に相談するしかありません。 ただ、適当に業者を選んでしまうと何万円もぼったくられるので注意が必要です。 そこで、 実際に業者にトイレ詰まりを直してもらった人326人にアンケートを取って、業者の 口コミランキングを作成しました。 参考にしてください。 第1位 水の救急サポートセンター 【特徴】• 電話・現場見積もり無料• キャンセル料無料• 基本料金4000円• 銀行振込・コンビニ 後払い対応• 365日 8:00~24:00全国対応 【平均評価】• 費用:8/10• 接客:8/10• スピード:5/10• 評判:7/10• 技術:8/10 総合評価は36点(50点満点) 第1位でこれですから、 みなさん結構厳しめですよ。 【口コミ】 東京都 40代女性 夕方トイレットペーパーを流し過ぎてトイレを詰まらせました。 安物のトイレットペーパーだったせいで3時間置いても溶けなくて、ラバーカップを使ってもダメでした。 仕方なくネットで調べて、口コミが良かった「水の救急サポートセンター」に電話しました。 40分後に作業員の人が到着。 早速状況を説明したら、 「 専用器具は持ってきていますが これ使うと作業料金がかかるので まずラバーカップで試しますね」 と言われ、私の家に備えてあったラバーカップを持ってトイレに入った5秒後、ボコッと大きな音がして「直りましたよ」と言われました。 同じ器具でも使う人が違うとこんなに変わるんだと驚きました。 専門器具は使わなかったので 作業料金は0円。 支払った金額は 基本料金の4000円と、 遠かったので出張費1000円、計5000円でした。 作業員の人の感じも良かったし、また何かあったらお願いしようと思います。 千葉県 20代男性 なぜかトイレが詰まってしまい、ラバーカップもなくて仕方なくこちらの業者さんに電話しました。 4,50分くらいしてスタッフの人が来ました。 色々調べてもらった結果、 無理な節水のせいで尿石が詰まっていたそうです。 その後、ハイスパット?とかいう自転車の空気入れみたいな器具で直してもらいました。 費用は 基本料金4000円 +作業料金9000円の 計13000円でした。 HPに載っていた作業料金の目安+2000円なので、まぁ許容範囲かなと。 説明も丁寧だったし、ちゃんとした業者さんだなという感じでした。 第2位 水道救急センター 【特徴】• 水道局指定工事店• 出張費・見積料0円• 深夜休日料金も0円• 基本料金5000円• 365日 24時間受付 見積料が無料なところは多いですが、 出張料まで無料な業者は意外と少ないです。 【平均評価】• 費用:7/10• 接客:6/10• スピード:8/10• 評判:6/10• 技術:8/10 総合評価は35点(50点満点) スピードに対する評価は全業者中1位でした。 【口コミ】 兵庫県 30代男性 深夜にトイレが詰まり、自分ではどうしようもなかったので水道救急センターに電話しました。 30分弱で作業員が到着して見積もりをしてもらいました。 説明とかは丁寧でしたが、 愛想が悪かったです。 まぁ時間も時間だったので仕方がない部分ではありますが。 費用は 基本料金5000円+作業料金10000円の計15000円でした。 事前に説明があった上で直してもらったので、ぼったくられた感じはしませんでしたが、でもまぁ結構するなという印象です。 福島県 50代女性 平日の昼頃、トイレ掃除をした後に お掃除シートを一度に流しすぎてトイレを詰まらせました。 家族は皆でかけていてどうしようもなく、こちらの修理屋さんに電話して来て頂きました。 30分位で来てくださり 原因調査と見積もりをして頂きました。 作業料金が11000円とお高めでしたが、まぁそんなものかなと諦め修理をお願いしました。 修理後は、 再発防止のための日々のケアの仕方を丁寧に教えてくださり、あぁ、ちゃんとした業者さんなんだなと思いました。 第3位 生活水道センター 【特徴】• 水道局指定店• 24時間365日対応• 基本料金5000円• 電話・見積もり無料• 全国対応 【平均評価】• 費用:6/10• 接客:5/10• スピード:6/10• 評判:6/10• 技術:7/10 総合評価は30点(50点満点) 接客態度がやや不評のようです。 【口コミ】 神奈川県 30代女性 トイレに 流せるタイプの猫砂を流したら、トイレが詰まってしまいました。 スッポンを使っても効果がなかったので、仕方なく水道修理屋さんを調べて、「生活水道センター」に電話しました。 結構深刻な詰まりだったらしく、見積もりしてもらったら 2万円はかかると言われました。 さすがに高いと感じたので、他の業者にも見積もりをとってもらってから決めようとも思ったのですが、それを言い出す前に作業員の人が修理の準備を始めてしまったので、結局修理してもらいました。 結果直ったのでよかったのですが、もっと安い所もあったのかもと思うとモヤモヤします。 北海道 40代男性 異物を流してしまい、慌てて電話しました。 1時間位してから来て、見積もりをしてもらい 21000円だと言われました。 結構高いなと感じたのですが、もう他の業者に電話する気力もなく、お願いしました。 仕事自体は早くて、あっという間に解決しました。 和歌山県 20代男性 トイレットペーパーを切らしていたため、 流せるティッシュで代用していたら詰まりました。 夜中だったのですが、ここに電話したらすぐ来てくれました。 来てくれた人がなんか大きな器具で押したり引いたりして、10分位したら直りました。 ただ修理費は 15000円で、学生の身分としては正直高かったです。 もうトイレを詰まらせないように気をつけます。

次の