ラグビー ワールド カップ ルール。 ワールドラグビーが、ウイルス感染リスク軽減の一時的ルール変更を提案。

ルール動画・用語集|ラグビーワールドカップ2019 ジャパン|日本テレビ

ラグビー ワールド カップ ルール

当サイトはラグビーのルールや用語を紹介しています。 ラグビーをよくTVで見るけど、使われている用語がよく分からない。 ラグビーを始めたけど、ルールがよく分からない。 そんなラグビー初心者の方のために、このサイトを開設しました。 細かいルールは専門書や専門サイトにお任せするとして、当サイトでは基本的なルールを分かりやすく解説しています。 ラグビーという球技の基本的なルール、得点の数え方などを紹介しています。 プレーヤーのポジション名や役割について紹介しています。 50音別にラグビーの用語を紹介しています。 4年に一度のラグビーの祭典、ラグビーワールドカップについて紹介しています。 グランドとボールのサイズをイラスト付で紹介しています。 このサイトを通して、一人でも多くの方がラグビーを好きになってくれたら…、 そんな気持ちを込めて、このサイトを運営しています。

次の

ルール|ラグビーワールドカップ2019

ラグビー ワールド カップ ルール

2019年10月13日、横浜国際総合競技場にて対スコットランド戦に勝利し、初のベスト8進出を決めた日本代表チーム。 (写真:AFP/アフロ) 9月20日に開幕し、11月2日に南アフリカの優勝によって幕を閉じた「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。 事前の予想を大きく裏切り、関係者も驚くほどの盛り上がりを見せたのはなぜなのか? ラグビー日本代表チームにおいて、海外にルーツを持つ選手を追ったルポの著作があるノンフィクション作家の山川徹氏が、その理由に迫る。 W杯前、日本でこれほどラグビー熱が高まるとは誰が想像しただろうか。 いまも、ワイドショーやバラエティ番組に日本代表選手たちが出演し、書店には関連する書籍が並び、ネット上でもラグビー関連の記事が日々発信されている。 ブームのトリガーとなったのは、史上初のベスト8進出を果たした日本代表の躍進に違いない。 だが、ラグビーに馴染みが薄かった人たちの心をつかんだのは、日本代表の活躍や激しいプレー、ゲームの面白さだけではなかったように思う。 ラグビーというスポーツが培ってきたカルチャーにふれたからこそ、たくさんの人がラグビーの虜になったのだ。 44日間の開催期間に起きた出来事を振り返ってほしい。 日本代表にかかわるものだけでも、こんなエピソードが思い浮かぶ。 被災地でボランティア活動を行ったカナダ代表 9月20日のロシアとの開幕戦後、日本代表主将のリーチマイケルが、相手チームのロッカールームを訪ねた。 日本代表チーム内で決めたロシア代表チームのMVP選手の健闘をたたえ、模造刀を渡すためだった。 9月28日のアイルランド代表との第2戦。 日本代表は、W杯前に世界ランキング1位だったアイルランドを破った。 忘れられないのが、試合後のシーンである。 ノーサイドのホイッスルが響いたあと、アイルランドの選手たちは客席にあいさつすると2列に並んで、ピッチを去ろうとする日本代表を賞賛の拍手で送り出した。 死力を尽くしたゲームのあと、敵味方のサイドがなくなり、仲間になる。 それが、ラグビーならではのノーサイド精神である。 アイルランド代表がノーサイド精神を体現した光景は、ジャイアントキリング以上に、熱戦を見守った世界中の人たちの胸を打った。 10月5日のサモア戦の前には、サモア代表が公の場ではタトゥーが目立たぬよう長袖のシャツを着用していると報じられた。 サモアやトンガなどポリネシアの国々では、タトゥーは家系やルーツを表現する伝統文化である。 一方、日本では入れ墨やタトゥーは、反社会組織と結びつけて考えられる。 サモア代表は日本の慣習を尊重したのである。 決勝トーナメント進出を決めた10月13日のスコットランド戦後に記憶に残ったのは、日本代表のトンプソンルークのコメントである。 「台風に比べて、ラグビーは小さいことね。 亡くなった人もいる。 家がダメージを受けた人は頑張ってください。 私たちも頑張るから」 彼は自分たちの勝利を喜ぶよりも先に、台風19号の被災者を気遣ったのだ。 また、試合後、観客席に向かってお辞儀する各国代表選手たちや、他国の国家を大声で歌うエスコートキッズの姿も話題になった。 カナダ代表は、釜石で10月13日に開催予定であったゲームが台風19号の影響で中止になったあと、被災地でボランティア活動を行った。 路上に積もった土砂をスコップでかき出す大男たちに、日本中から感謝の声が送られた。 一方、カナダの対戦相手だったナミビア代表は、宮古駅でファンとの交流会を行った。 岩手の子どもたちにサインを書いたり、記念撮影をしたりして、被災地を元気づけた。 ナミビア代表が宮古市に打診し、実現したイベントだった……。

次の

ラグビー ワールドカップのルール 勝ち点って?引き分けって?

ラグビー ワールド カップ ルール

6月13日(土)のキックオフが待たれるNZ国内版スーパーラグビー『アオテアロア』開催に向けて、ポイント制の詳細や、新ルール適用の有無などが正式に発表された。 発表に際してNZ協会のプロフェッショナル部門長、クリス・レンドラム氏は「我々はこの大会が、これまでとはひと味違ったものになることを目指している。 このSRアオテアロアを、素早いゲーム展開に加え、より安全性を高め、そしてファンを楽しませられるような大会にするべく、各チームのフロント、コーチ陣、選手、レフリーから多くの協力を得られた」と話した(NZヘラルド紙より。 以下、同)。 まず特筆すべきは、ゴールデンポイントの導入だろう。 前後半80分を戦って同点だった場合、10分間の延長戦に突入する。 延長戦でドロップゴール、ペナルティキック、トライのいずれかの方法で先に得点したチームが勝利となる。 このゴールデンポイントについてレンドラム氏は、「引き分けは多くの場合、コーチや選手が虚しさを感じるという声があがっていた。 またラグビー・リーグ(13人制)では、このシステムの採用で大きく盛り上がる試合をいくつも見てきたため、参考にした側面もある」とした。 はっきりと勝敗をつけることで、選手、観客双方の緊張感と高揚感を引き出すことを目指す。 勝利…4ポイント 敗戦…1ポイント 引分…2ポイント(10分間の延長でも両者得点がない場合) BP…1(勝敗に関わらず相手より3トライ以上多く獲得した場合) レッドカードによる退場にも新たなルールが適用される。 2019年のワールドカップ でも過去最多のレッドカードが提示されるなど、選手の安全を第一にする傾向は強い。 危険なプレーへの判定基準はどんどん厳しくなっている。 そうした流れの中で、レッドカードによる一発退場者を出した側が、数的不利な状態で試合の残り時間を戦うのはディスアドバンテージが大きい。 それが試合結果に直結することから、今回、新ルールが適用される。 具体的には、レッドカードを受けた選手は退場。 ただし、20分が経過した時点でチームはベンチから選手をひとり投入できるというものだ(数試合の出場停止など、退場した選手へのサイティングはこれまで同様におこなう/イエローカードの適用には変更なし)。 このルールに関してレンドラム氏は、「レッドカードで退場したままだと試合の面白みも半減する。 懲罰的に20分間は数的不利でも、そこからまた同数で戦えるようにすることで、選手の遵法意識の高まりと、ゲームレベル維持のバランスが取れると考えている」と説明する。 また、ブレイクダウンにおいては、現行ルールに変更を加えることは無いが、各ルールの基準をより明確に、厳格に適用する方向性が示された。 NZ協会のレフリーマネージャーのブライス・ローレンス氏は、今回のブレイクダウンのルール厳格化について、「ファンはスーパーラグビーに、ハイテンポでダイナミックなラグビーを期待している。 我々レフリーもできる限りゲームを笛で区切らずに流していきたいと考えているため、より素早く、フェアに、安全に、そしてわかりやすいレフリングを目指す。 今回はそのために、ルールを変更するのではなく、適用の仕方を見直す」と背景を説明した。 具体的に発表があったブレイクダウンにおける項目は以下の通りだ。 今回は試験的というものの、そういった展開やテンポをさらに加速させる方向でのルール設定がなされた。 より一層、魅力的なラグビーが楽しめるかもしれない。

次の