小顔になるのにしてはいけない習慣。 肥満はなぜ怖いのか|肥満|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア

本気で痩せたい人向け! 女性たちが成功したダイエット方法とは?|「マイナビウーマン」

小顔になるのにしてはいけない習慣

By: 「お酒やめたよ~」なんていいますと、たいていの場合は 「どっか悪いの?」 なんて聞かれます。 失礼しちゃいます。 お酒をやめると、マジで人生が捗る効果ばかりなのです。 良く考えてみましょう。 お酒を飲むことが身体に悪いと思わないのはなぜなのか? 今回は お酒をやめると実感する効果 について書きます。 金、めっちゃ減らない 飲酒にはお金がかかります。 居酒屋に行けば一人数千円から、 高いとこだったら万単位でお金がサラバしていきますよね。 コスパの良いといわれる宅飲みでも、 その金額はバカになりません。 ハードドリンカーになれば、 ビールなんて500mlを1パックとか、 ウイスキーを一本、 なんてのはすぐになくなってしまうわけで。 下手したら一日の晩酌で、 数千円飛んでいくなんてこともザラですよね。 お酒を辞めると、 その金額がまるまる浮きます。 この事実に気が付いた時、 私は驚愕し、愕然としました。 自分はこんなにもアルコールに金をつぎ込んできたのか… …と。 毎週5000円以上浮く、 となれば何か新しい趣味でも始められる勢いですよね。 アルコールを辞めるとそういった道も開けてくるのです。 朝起きられるようになる By: アルコールを飲む習慣を続けていると、 慢性的に体調が悪いです。 私もそうでした。 ビール党だったのでお腹は下すし、 暴飲暴食は当たり前、 翌朝はもちろん二日酔い。 ある二日酔いの朝、 こんな生活を続けることが、本当に人生に必要なのだろうか…? と思い当たった結果、 お酒をやめることを決意したのでした。 お酒をやめてからは、 休日も午前中に起きて、 やりたいことを清々しい気分でやっています。 映画を見るでもいいですし、 外を散歩するでもいい。 アルコールを飲む方の大半は、 夜型生活の習慣がついていくのですが、 朝型生活ってこんなに気持ちいいのか… と驚きました。 一日が過ぎるのがゆったりと感じられ、 豊かな時間を過ごすことができるようになります。 痩せました。 めっちゃ痩せた。 腹がちょい出てるのがデフォルトの身体だった私が、今やスリムなサラリーマンです。 なにしろ、「運動」という生活習慣を加えるのではなく、 「飲酒」を生活から引き算するだけですから。 超ライフハックですよ。 まとめ お酒をやめると、 良いことしかないです。 皆さんともぜひこんな気持ち共有したいと思い、 このようなサイトを作っている、 という経緯もあるのです。 ぜひ、 禁酒を成功させましょう。

次の

小顔の妨げがこんなに!顔を大きくする生活習慣とおすすめ解消法

小顔になるのにしてはいけない習慣

これまでの人生で何らかの逆境を一度や二度経験したことは誰にでもあるはずだ。 世界で新型コロナウイルス感染症が流行する中では、身体的、感情的、金銭的、あるいはその全ての面でつらい経験している人も多いだろう。 つらい時期を乗り越えなければいけないのは皆同じだが、中でも特にうまく対処できる人がいる。 逆境を乗り越えるのに必要なレジリエンス(回復力)には一定の遺伝的要素があるものの、後から身に付けることもできる。 また、レジリエンスの高い人々にはいくつかの共通する特徴があることも研究から分かっている。 今後訪れる逆境にもこれまで以上にうまく対処できるようになるために、以下に紹介するレジリエンスの高い人たちの習慣を紹介する。 受け入れる 逆境に対処する第一のステップは、受け入れることだ。 レジリエンスの高い人は、苦しみは人生の一部であり、誰にでも逆境は訪れるものだという事実を受け入れる。 インスタグラムに投稿されているような完璧な人生は現実ではないことを理解している。 受け入れることは、あきらめたり、苦しみにのみ込まれたりするのとは異なる。 すべての感情に向き合い、自分は立ち直れると信じることだ。 視点を変える レジリエンスの高い人は、ひとつの状況を違う視点から見る「リフレーミング」を通じ、それをポジティブに捉えられる。 『How Great Leaders Think:The Art of Reframing(偉大なリーダーの思考法 リフレーミングのアート)』の著者リー・G・ボルマンは「それは視点を変えるということ。 何かに対する見方を変えるとか、自分が目にしたり関係したりするものを理解しようと努めること。 これまでは一方向からしか見ていなかったが、思考を変えてみよう、と考えることだ」と言う。 変化は恐ろしい物として捉えるのではなく、チャンスと受け止めてみよう。 例えば、失業してしまっても、これがキャリアチェンジの良い機会になると考えられる。 良い面を認知する 自分の意識を悪いことだけに向けるのではなく、良いことを認知することが重要だ。 人生で最もストレスの多い部分にばかり注目すると、今うまくいっていることを見失ってしまう。 ネガティブな悪循環を断ち切って、人生のポジティブな面に感謝できるようにしよう。

次の

逆境に強い人たちが実践する5つの習慣

小顔になるのにしてはいけない習慣

この本を読んで絶句でした。 調査規模や期間はすごいものかもしれませんが、内容が伴わず真相は見えていないようです。 熱狂的なアンチスマホの川島先生監修なので仕方なかったのかもしれませんが、結論の持っていき方が強引です。 他の因子を考慮せず、頭からスマホやLINEを悪だとし、それを証明するためのデータを並べているにすぎません。 スマホとLINEの比較をされていますが、「スマホ利用」とは何を指すのでしょうか?端末利用時間だけで学力が下がるとは思えませんし、一度下がった学力が回復しないとかって、もう無茶苦茶です。 たぶん本当は学習意欲とか、この本の後半で述べられているような環境因子が学力変化やLINE利用に重要な影響を与えているのだと思います。 なぜ仙台市の調査では利用時間と学力という直接的な質問だけされているのでしょうか?教育委員会からLINE潰しを頼まれたのでしょうか? また調査が不十分なら素直に「可能性がある」程度にしておかないと、逆に研究者としての資質が問われてしまいます。 随所に「非常に強い影響がある」というような表現が目立ちますが、余計な煽りです。 大学生を対象としたCPTは、LINEが悪いのではなく「自分に意味のある情報(心理的に反応せざるを得ないため「気が散る」状態)」であることが原因だと思います。 おそらく隣で話しかけられながら課題を遂行すれば、またはEメール着信でも、きっと似たような集中力の途切れが見られるでしょう。 これは自然な反応です。 ただ、社会不安が関係していることを示唆しているのは重要なポイントですね。 ひょっとしたら横田先生は何となく気付いているのかもしれませんが、川島先生の影響やデータ不足から結論を急いでしまったのかもしれません。 後半は動機付けの話で、こちらは一般的に知られていることが多く、経験的に誰でも何となくわかっていることだと思います。 本書のタイトルに関する部分だけ余計だったと思います。 「脳科学で判明!やる気スイッチの入れ方」みたいな本ならよかったと思います。 うちの娘、息子も4歳と1歳になります。 騒ぎたい盛りで店でも電車でも安静は全く保てません。 長時間のスマホも「ダメ」と分かっていても、ついつい電車内で騒がれると与えてしまい、YouTubeや知育アプリをさせてしまう自分がいます。 小中高生7万人のデータから科学的に解析された、2時間の学習効果が消える「脳の習慣」と題名に魅かれて本書を手に取りました。 頭では分かっているのですが、つい子供にスマホやゲームを必要以上に触らせている気がします。 しかも自分でもスマホに時間を吸い取られているような気がします。 今後、AI時代になるので、ますますスマホをはじめメディアが重要になる反面、今後の子供のため、自分のためにも本書で示されていることを認識し、家庭でも少しずつ意識したいと思います。 長時間SNS ラインやフェイスブック をした後に、学習をすると集中できない。 というのは、以前から感じていました。 なので、できる限りチャット目的のSNSはしないように心がけてきました。 私の場合はゲームは、全くしません。 友人がハマり破産しかけたからです。 長時間のSNS使用、ゲームが、学習に与える影響は深刻です。 その手法は、統計調査とMRIによる脳画像解析によるもので、 もちろん100%そうだとは、言い切れないレポートです。 ただ相関関係が強い 因果関係ではない というのは、はっきりしています。 SNSの1時間以上使用で、2時間の学習効果が消えるとは、 なるほどなと、思いました。 また、幼少期の使用が言語発達にも影響を与える可能性が、 非常に強いという指摘にも、頷けます。 SNS、ゲームだけを悪者扱いする気はありませんが、 それらは、テクノロジーの集結で、確かに、恩恵はたくさんありますが、 やはり負の面を考慮する必要があります。 できたら、スマホ画面でSNS、ゲームを使うと、カウントダウン式の画面が、 60分スタートで、時間が来たら、問答無用で接続が切れるアプリサービスなどが、 必要だと思います。 また個人的には、SNS、ゲームは「依存症」とも、 切っても切れない関係だと思います。 つまり、精神的依存に陥りやすいシロモノだと思います。 それらを超時間使用することによって、 脳のある機能を低下させ(可能性がある)、 生活全般にも多大な負の影響を与える可能性があります。 今の時代は、簡単に「慰められるもの」で溢れています。 選択肢は無限にあります。 健全なものから、 悪意に満ちたものまで、野放しで放置されています。 そして、今は、完全な自己責任社会です。 便利なモノを使用して、どうなるかは、個人の資質の問題で、 今の状態は、個人の判断によるものだというふうに判断される、 残酷な社会に私達はいます。 車社会になると、歩行機能が失われるように、 スマホ社会になると、思考能力が失われる のかもしれません。 私の友人は、アプリ製作会社を運営していますが、普段は、ほとんど、 スマホを使いません。 本人曰く、使い続けると考える習慣を失うのと、 ネットの情報は2次、3次情報を個人が匿名で加工して、情報発信しているので、 まったくあてにならないとのことです。 便利なものは、あっという間に普及して、生活をますます便利にさせます。 一方で、利便性が自分達に与える身体的・精神的な依存性も見逃してならないと感じます。 供給者側も、そういうノウハウはふんだんに使いマーケティングを行っています。 「便利なもの」の長時間利用は避ける。 これは、便利なものを使えば使うほど、自分達の生活が良くなることへのアンチテーゼになります。 良く生きるためには、やはり、「便利なモノ」は、ほどほどな方が良いかもしれません。 実際問題、こういう研究結果が多く行きわたることはありません。 やはり、不都合に思う人が、たくさんいるからです。 こういう研究結果を、信じるのも信じないのも個人の自由です。 自分は、批判的に見つつ、利用しない手はないと思います。 ただ、声高に「スマホは危ない!」というつもりもありません、 それは、「自動車に乗るとカラダが悪くなるよ!」と全く同じ論理だからです。 ただ、便利なものを、自分や周囲が幸福になる上で、 どう利用するかという点で考えて、この調査結果は、 かなり価値があると思います。 子供のスマホと学習との関連を研究した結果の本で、 驚くのが、LINEなどのメッセージアプリやSNSを1時間以上すると途端に成績が落ちるという結果だ。 2時間勉強しても、スマホを2時間もすると、勉強を30分以内しかしなかった子よりも劣ることになっている。 その深い理由自体は結論が出てなく仮説止まりだか、研究結果自体には深い洞察が読み取れるのではないか。 スマホは受動的活動であり、能動的な勉強も吸い込まれるくらい、脳の動きを鈍らせるのであるのではないか。 これは当然、子供だけに当てはまるものではなく、大人にも関係する話であろう。 電車ではスマホをする人ばかりである。 スマホをする事で、受け身の脳になり、考える力が落ちる。 友達からの連絡を待つことにより、ソワソワしたり注意欠陥にもつながる。 SNS疲れもそれに関連するのであろうか。 私は脳を鈍らせるのに何時間も使うのではなく、自然の美しさや、芸術の感性を感じたり、読書による深い洞察を得ていきたいと思わせてくれるきっかけとなるような本である。

次の