メニエール 病 診断。 京大耳鼻科ホームページ

メニエール病について

メニエール 病 診断

どんな病気なの? メニエール病というと「若い女性がストレスでめまいを起こす病気」というイメージがあるのではないでしょうか。 メニエール病の原因はずばり「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」です。 その根底にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。 この両方もしくはどちらか一方が強く水ぶくれになるかにより症状が異なります。 蝸牛が強く水ぶくれになれば、めまいは感じず難聴だけを自覚します。 水ぶくれが弱ければ難聴を自覚せず、「耳が詰まった感じ」や「耳鳴り」、「音が響く感じ」のみ出現する場合もあります。 反対に三半規管・耳石器が強く水ぶくれになれば、難聴や「耳が詰まった感じ」などは感じず、めまいのみを自覚します。 めまいの強さも「グルグル回転する激しい」ものから、「フワフワ雲の上を歩いている感じ」のものまでさまざまです。 めまいの持続時間は10分程度から数時間程度であることが多く、数秒~数十分程度のきわめて短いめまいが主である場合、メニエール病は否定的です。 すぐに診断できる病気なのでしょうか? めまい=メニエール病と考えがちですが、メニエール病には厳密な診断基準があり、それを基に診断します。 それは「難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する」です。 ここで一番大切なのは「反復する」という点です。 めまい発作や難聴発作が1回起きただけではメニエール病とは診断できません。 この診断基準を満たし、且つ類似の他の病気を除外できたものを「メニエール病確実例」と診断します。 また、聴覚症状のみ、めまいのみをくり返すタイプは「メニエール病非定型例」と診断します。 非定型例は確実例よりさらに除外しなければならない病気が多く、厳密な検査と経過観察をすることが推奨されています。 類似の他の病気とは? メニエール病の初回発作では、めまいを伴う突発性難聴と鑑別ができない場合が多いことは前述しました。 その他に外リンパ瘻、内耳梅毒、聴神経腫瘍、小脳・脳幹を中心とした中枢性疾患など原因既知の疾患もメニエール病と類似の症状を呈し、鑑別が必要です。 どんな診察や検査が必要なの? メニエール病は「くり返す」エピソードがあって初めて診断できます。 従って十分な問診が大事です。 めまいの診察では体のバランスを調べる検査(目を閉じて足踏みしてもらう検査などがあります)や眼振検査(目の動きの異常を調べる検査)を行います。 聴覚症状に対しては耳内を観察し、聴力検査を行います。 症状がめまいのみでも、隠れた難聴がある場合を想定して聴力検査を行う必要があります。 逆に聴覚症状のみでも、隠れためまいがないか眼振検査を行う場合があります。 中枢性疾患の除外には、他の脳神経症状がないか神経学的診察も欠かせません。 体のバランスを調べる検査で小脳や脳幹の障害が発見される場合があります。 どんな治療をするの? 強い発作で嘔気が強く、薬を飲む事も出来ない時は安静の上でめまい止めの点滴を行います。 内服が可能であれば、めまい止め・利尿剤を中心に抗不安薬や循環改善薬・ビタミン剤などを組み合わせて使用します。 発作の初期に上手にめまい止めや抗不安薬などを用いることで、大きな発作の予防や症状の軽減を図る事ができます。 しかしメニエール病にはストレス・睡眠不足・疲労が関与していると考えられており、薬による治療だけでは根本的な治療にはなりません。 「薬によって症状を抑える事が出来る」事で少し安心しつつ、ゆっくりとストレスの原因を見つめ直したり、生活習慣を正すことが必要です。

次の

メニエール病

メニエール 病 診断

診断基準 他の病気と間違えられやすいメニエール病ですが、疾患の疑いがあった場合にどの診療科目に行けばよいのかを解説。 病院での検査内容やメニエール病の診断基準についてもまとめています。 メニエール病の専門医とは メニエール病かも?と思ったらまず行くのは 耳鼻科。 ですが、めまいそのものの原因を調べるには脳神経外科、神経内科、内科などで様々な検査をしなくてはいけません。 めまいがするからといっても、 全てメニエール病とはいえないからです。 メニエール病を早期に発見し治療するためには、 専門医に診てもらう必要があります。 めまい外来や、 日本耳鼻咽喉科学会所属医師がいる耳鼻咽喉科に行ってください。 近くになければ耳鼻科がある病院に行きましょう。 内科では、めまいや耳鳴りはメニエール病とは別の病気と診断される可能性があります。 そのため、まずは めまい外来・耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。 メニエール病の診断基準 メニエール病は 他の病気と間違えられやすいことが多く、発見が遅れて治療する機会を逃してしまうケースも多いのですが、どんな場合に診断されるのでしょうか。 メニエール病のような症状が出ると、内耳だけでなく 脳や内臓も検査します。 脳や内臓からくるめまいや耳鳴りであった場合は、メニエール病以外の病気が原因とされます。 逆に、脳や内臓に問題なく 内耳に問題がある場合はメニエール病が疑われます。 また、メニエール病は重度になると難聴の症状が出るので、音がちゃんと聞こえるかどうか 聴力検査もします。 他に、耳鳴りやめまいと同時に吐き気が起きた場合や、動けなくなるほどの激しいめまいが定期的に起こる場合はメニエール病が疑われ、 平衡感覚を調べる検査をします。 このような検査をしてメニエール病の疑いがあると診断されると、薬が処方され、様子をみながら治療していきます。 メニエール病をきちんと検査してくれる病院は少ないので、受診する際は注意してください。 国際的な診断基準 メニエール病には、大きく3つの診断基準があります。 バラニー基準 2015年1月号の JVR(耳鼻咽喉科の国際医学誌)に掲載された新しい基準。 日本平衡医学会や欧米の耳鼻咽喉科学会などが参加して作成されたものです。 特徴は「メニエール病確実」と「メニエール病疑い」という2つの基準を設けていること。 いずれも難聴と耳鳴り関連しためまい発作であることとしています。 メニエール病確実 A 20分から12時間続く,2回以上の回転性めまい発作 B 発作の前,最中,後に少なくとも一度は純音聴力検査で低音から中音の感音難聴が片側にあること。 C 変動する耳症状(難聴,耳鳴りや耳閉塞感)があること D 他の前庭疾患に該当しない メニエール病疑い A 20分から24時間続く,2回以上の回転性めまい発作 B 変動する耳症状(難聴,耳鳴りや耳閉塞感)が患側にあること C 他の前庭疾患に該当しない AAO-HNS 1995 基準 アメリカ耳鼻咽喉科学会が作成したもので、これまで最も使われてきた診断基準です。 なお、バラニー基準の作成にAAO-HNSも参加しています。 メニエール病確認 メニエール病確実例で死後内リンパ水腫が確認されたもの メニエール病確実 20分以上続く回転性めまい発作が2回以上,少なくとも一度は聴力検査による聴覚障害が確認されていること,患耳の耳鳴りまたは耳閉感,他の原因疾患が否定 メニエール病疑い 聴力検査による聴覚障害と耳鳴りまたは耳閉感と一回の回転性めまい発作,他の原因疾患が否定 メニエール病見込み 聴力障害を伴わない回転性めまいあるいは聴力障害と平衡障害はあるが回転性めまいを伴わないもの,他の原因疾患が否定 班会議基準 2008 基準 難病医学研究財団・難病情報センターから発表されている研究結果に基づく基準。 メニエール病確実 難聴,耳鳴,耳閉塞感などの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する。 メニエール病非定型例(蝸牛型) 難聴,耳鳴,耳閉塞感などの聴覚症状の増悪・軽快を反復するが,めまい発作を伴わない。 メニエール病非定型例(前庭型) メニエール病確実例に類似した,めまい発作を反復する。 一側または両側の難聴などの蝸牛症状を合併している場合があるが,この聴覚症状は固定性で,めまい発作に関連して変動することはない。 この病型の診断には,めまい発作の反復の状況を慎重に評価し,内リンパ水腫による反復性めまいの可能性が高いと判断された場合にメニエール病非定型例(前庭型)と診断すべきである。 メニエール病の検査内容 検査内容には平衡感覚を調べる片足での直立検査、マン検査、足踏み検査、難聴かどうかを検査する聴力検査、目振検査、点滴検査があります。 平衡感覚 平衡感覚を調べる検査では目を閉じてまっすぐに立ちますが、メニエール病の場合はふらつきます。 片足での直立検査、つま先とかかとをくっつけて立つマン検査、30秒足踏みをする足踏み検査もメニエール病にかかっている場合は目を閉じて行うとふらつきます。 とくに足踏み検査では、原因のある耳側にふらつきます。 聴力検査 聴力検査は普通の健康診断と同じで、高音や低音を聞いて音が聞こえた時にボタンを押すという検査です。 メニエール病の症状の一つとしてあげられる目振の有無は、目の前でペンなどを動かして目で追うという検査をします。 点滴による検査 点滴による検査は、利尿作用があるグリセロールという薬剤を使用しますが、リンパ水腫がある場合、点滴の前後で聴力が変化します。 この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献•

次の

メニエール病の検査や診断の方法を解説。放っておいた場合のリスクは?

メニエール 病 診断

メニエール病に限りませんが、めまいの予防法としては、睡眠不足にならない、適度な運動や趣味をもつ、適度のアルコールをたしなむ、問題があったときにくよくよしないで考え方を切り変える、緊張しないでどこでもリラックスするようにする、などがあげられます。 日常生活でどのようなことに気をつければよいか、一般的な事柄について以下にまとめました。 日常生活についての留意点 めまい発作が起こったら 日常生活についての留意点 食事について 健康を維持するのは食事あり、これを軽視すると高血圧、肥満などいろいろな病気を引き起こします。 規則ただしい食事をして、偏った食事はさけましょう。 メニエール病の本態は内リンパ水腫ですが、塩分をとりすぎるとメニエール病の発作を誘発する危険性があるとの報告もあり、治療の一つとして、水分と塩分を制限する方法があります。 医師に勧められたときには従ってください。 睡眠について メニエール病の発作予防の基本は規則正しい生活です。 めまい発作は夜更かしを続けると起こることが多いのです。 サラリーマンですと毎日残業したり、家庭の主婦でも病人を抱えたり、家や親戚に慶事や不幸が続くとつい寝不足が重なります。 メニエール病の人にとって、 睡眠不足はめまいの発作が起きる誘因の一つです。 不慣れな環境や悩みごとなどにより起きる睡眠障害であれば、状況がかわることにより解決しますが、大切なことは慢性化させないことです。 主治医に相談し、睡眠薬や安定剤などの投与を受けたり、カウンセリングが必要となることもあります。 仕事について メニエール病にかかると発作のないときは普通の人と変わりなく仕事ができますが、発作は突然起こりますから発作が起こるとすべての仕事を中断して休まねばなりません。 メニエール病の人は几帳面なかたが多いので、他人に迷惑をかけると、そのことを大変苦にします。 そうするとまためまいが起こりやすくなります。 勤め先の人々にこの病気の実態をよく知ってもらうことも大切です。 仕事の種類にとくに制限があるわけではありませんが、発作がおさまっても数日間はふらつきが残ることがあります。 このような時期には残業を控えるなどの配慮が必要です。 また、高所での仕事の人や車の運転に従事するひとは特に注意が必要です。 運動について 適度な運動は健康保持のためにも重要です。 運動は継続することが大切です。 毎朝のラジオ体操とか、軽いジョギング程度でもよい運動になります。 気持ちよい汗を流すことが大切です。 しかし、ゴルフなどでスコアを競ってイライラするようでは駄目です。 また、せっかく予定したゴルフだからといって、過労や睡眠不足で行えばメニエール病の発作が起きてもおかしくありません。 最近は、ダイビングをするひとが増加してきました。 ダイビングは、めまいが起きると死に結びつく危険があることを理解してください。 とくにスキューバーダイビングの場合は、めまいがしたときに上下がわからずに溺死するといわれています。 メニエール病は圧力の変化に敏感ですのでお勧めできません。 ほかにもいろいろなスポーツがありますが、それぞれ医師によく相談してください。 趣味について 趣味をもつことはストレスの解消になります。 仕事から離れて、没頭できれば何でもよいわけです。 他の人からみて、「なんてくだらない趣味だ」と思われても結構です。 音楽を聴く、楽器を奏でる、スポーツを鑑賞したり、実際にしたり、楽しければよいのです。 ただし、編み物のような細かい手作業、読書、パソコンなどは長時間続けると肩がこってふらつく感じが起きたりすることがあります。 旅行について 旅行は気分転換、ストレス解消のためにも最適です。 ただし、過密なスケジュールにならないように。 パック旅行など時間に追われて移動するような日程は避けて、ゆとりを持ったスケジュールで旅行を楽しんでください。 移動の際の乗り物に注意が必要なことがあります。 もし、強いめまい発作が起こって日が浅い時期にはめまいの兆候が残っていて、列車やバスに揺られるとめまいを誘発することがあります。 飛行機は比較的揺れが少なくて良いのですが、気圧の変化がメニエール病の発作の誘発に影響を与える場合もあります。 あらかじめ旅行の日程がわかっている時には、 医師によく相談するほうがよいでしょう。 コーヒーについて コーヒーのもっとも特徴的な成分はカフェインです。 このカフェインは、身体にいろいろな作用を及ぼします。 大脳に作用すると、眠気・疲労感がなくなり思考能力が増します。 心臓のはたらきを強めたり、利尿作用もあります。 コーヒーからただよう香りは、情緒を安定させ集中力を高める作用があるといわれています。 ただし、飲み過ぎると、興奮したり、夜中に小便に起きるようになり、睡眠に障害をきたすことがあります。 メニエール病だからといって、コーヒーを制限する必要はありません。 飲むことによって気持ちが落ち着くのであれば、よい効果があると思います。 ただし 一日に何十杯と飲むようなことは避けた方がよいと思います。 アルコールについて メニエール病の人にとってアルコールはいけないということはありません。 適度の飲酒がストレスを処理するのに有効であれば、発症の予防になると思います。 ただし、度を過ぎて午前様になるようであれば、生活のリズムをくずしめまいを発症する恐れがあります。 ほどほどにということでしょう。 また、アルコールは小脳の働きを抑えるので、ふらつきがでてきます。 めまいが完全に治まっていない時期に飲酒をすると強いめまい発作を誘発することがありますので注意してください。 タバコについて タバコは肺癌、喉頭癌などの発症に関わりがあるばかりではなく、血管障害も増大させます。 ニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くし、めまいを起こしやすい状況をつくります。 肺や心臓にも悪影響を及ぼします。 タバコは百害あって一利なしです。 できるだけ本数をへらすか、 禁煙することが望ましいと思います。 ストレスについて メニエール病はストレス病と考えられるので、ストレスの影響を受けやい神経質な人が多いようです。 何がストレスになりやすいのかはその人の年齢、つまりその人がどのライフスタイルにいるかによって異なります。 学生には入学試験、入社試験がストレスになるでしょうし、社会人では勤務時間の不規則、対人関係、リストラ、転職などがストレスとなります。 一般的に思春期ではストレスとして受験、恋愛、就職、結婚などの精神的要因が大きく、乳幼児と中高年期、老年期では身体的要因の関与が大きいとされています。 さらに職場や家庭での問題も精神的な要因となり、肉体的精神的二重のストレスを受けることになります。 このようなストレスへの対処の仕方は、まずストレスの原因を減らすことです。 適度な運動をして健康なからだを保つ、趣味をもち気分転換する、全部自分ひとりで処理しようとしないで周囲のひとから助けてもらうことなどです。 メニエール病の発作を予防するには、この ストレスとうまくつきあっていくことが大切です。。 めまい発作時の対応 自分もまわりの人もあわてない めまいはいつどこで起きるかわかりません。 メニエール病はめまい発作の前兆があることもあります。 耳鳴りや耳のふさがったような感じ、軽いふらふら感、頭痛などです。 前兆はその人によって違いますが、今までの経験から自分自身の前兆を自覚している人もいます。 そのような前兆を感じたら自宅で過ごすようにしましょう。 しかし、自宅だけではなく、外出先で起きてしまうかもしれません。 めまい発作が起きたら、まわりの人に協力してもらい、休める場所につれて行ってもらいます。 自分はもちろん、周囲のひともあわててはいけません。 周囲のひとに、それがメニエール病の発作であり、心配する必要はないことを伝えてください。 また、この発作はめまいの程度が激しく、飲食物を吐いても生命に関わるようなめまいではないことや、数時間の安静でおさまることを伝えてください。 あわてて救急車を呼ぼうとしたら待ってもらって下さい。 めまいがしているときは、救急車に揺られて病院に行くだけでも大変ですし、病院に行ってもすぐに診察できるとは限りませんから、苦痛を増すだけです。 らくな姿勢をとり、静かな環境にする めまいが起きたらまず横になりましょう。 メニエール病のめまいの多くは、難聴のあるほうの耳を上にして寝ているほうが楽だとされていますが、どちらを上にしても結構です。 ご自身が楽であれば仰向けでも構いません。 眼はあけているより、閉じているほうが楽です。 大きな物音は、メニエール病の人にとって大変耳障りです。 また、落ち着いてきためまいを増悪させる危険があります。 できるだけ静かな環境で休みましょう。 動いているものを見ると気持ちが悪くなるので、テレビは消しておき、なるべく、ひとの出入りも控えてもらいましょう。 トイレに行くときには、付き添ってもらうようにしましょう。 強いめまいのときは自分で歩くことは無理でしょう。 食事は無理してとる必要はありません。 メニエール病以外に病気がなければ、吐き気がおさまるまで水分だけにして、食事をしないほうが楽でしょう。 また、嘔吐するといけないので、枕元に洗面器をおいておくとよいでしょう。 めまいを抑える薬などを服用する メニエール病のめまい発作を度々繰りかえす人には医師から定期的な処方がなされていると思います。 しかし、薬を飲んでいてもめまい発作が起こることがあります。 このような時のため、主治医からめまい発作が起きたときに内服するよう、薬が処方されることがあります。 めまいを抑える薬や、吐き気を抑える薬、抗不安薬(精神安定剤)などです。 頓服薬を飲んで安静にしましょう。 抗不安薬を内服すると頭が少しボーッとする感じになり、めまいや動けないことの苦痛が軽くなります。 また、短時間で眠ることができ、軽い発作であれば目が覚めたときにはめまいは治っています。 かかりつけ医 メニエール病であれば数時間以内に激しいめまいは落ち着きます。 しかし、めまいが強く、吐き続けているとか、めまいの発作がいつもより長引いているようであれば、かかりつけの近所の医師に往診を依頼するのも一つの方法です。 応急処置はしてくれます。 メニエール病の発作を起こしたことがある人はあらかじめ近所にかかりつけ医を作っておくことが良いと思います。 できれば、めまいに詳しい医師が望まれます。 メニエール病の発作がまた起きてしまったと自分で思いこんでしまうのは危険なことがあります。 かかりつけ医がいると、この点も診断できるので安心です。

次の