広島 市 コロナ 今日。 広島市で22人のクラスター発生した社会福祉施設はどこ?場所など詳細!|magfesta!

新型コロナウイルス感染症に関する情報(Top)

広島 市 コロナ 今日

東京都では27日、新規感染者の数が57人と、緊急事態宣言の解除後では最も多くなりました。 「数字は一つの目安であると。 他方、医療の体制とか、人数が増えても医療がしっかりしていれば、ある程度、それはカバーできますから、そんなに心配することはない。 今の時点で何か再指定をするとか、大きな方向性を変えることは考えておりません」(西村康稔経済再生相) 西村大臣はこのように述べ、緊急事態宣言の再指定や都道府県をまたぐ移動の自粛を求める必要がないとの認識を示しました。 (28日13:47) 東京都・三宅村に「土砂災害警戒情報」が出ました。 この情報は、「命に危険を及ぼすような土砂災害がいつ発生してもおかしくない」ときに発表され、5段階の大雨警戒レベルのうち、危険度が上から2番目の「レベル4」=避難に相当します。 「土砂災害警戒情報」が発表された市町村では、土砂災害の危険がある区域に避難勧告や避難指示が出る可能性がありますので、今後の情報に注意するとともに土砂災害に厳重に警戒してください。 また、避難勧告などが出ていなくても、危険を感じた場合は安全な場所に避難するなどの必要があります。 ただ、今いる場所が安全と判断できたり、すでに道路が浸水し外に出るのが危険と思われたりする場合は建物内にとどまり、上の方の階に逃げたり、近くに崖がある場合は、建物内の、崖からできるだけ離れた場所に移動したりして身を守ってください。 また、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるために、市町村が指定した避難場所以外への避難も考えてみてください。 知り合いの家やホテルが安全であれば、そこへの避難も考えられます。 ただし、こうした選択が難しい場合は、できるだけマスクや体温計、消毒液などを持ち、躊躇なく自治体指定の避難場所に逃げてください。 (28日12:47).

次の

広島県 新型コロナ関連情報

広島 市 コロナ 今日

広島市役所で記者会見する松井市長 広島市は2日夜、新たに新型コロナウイルスの感染者4人を確認したと発表した。 緊急の記者会見を開いた松井一実市長は、バーやナイトクラブなど夜間営業の接客を伴う飲食店などへの出入りや今週末の花見の自粛を市民に要請。 「患者が加速度的に増えるのを食い止め、難局を乗り越えたい」と訴えた。 福山市は感染者1人を初めて確認したと発表した。 1日で計5人の感染者が公表されたのは広島県内では最多。 広島市内の感染者は8人、県内では11人となった。 広島市の4人のうち3人について、市は市内在住であることを除き、それぞれの性別、職業などの情報を明らかにしなかった。 いずれも現時点で命に関わる症状ではないという。 市は接触者や行動歴の聞き取りを進めており、今後、市民の感染予防に必要と判断した情報は公表するとした。 もう1人は3月29日に発表した症状のない市内の感染者の関係者。 市内に住む飲食業者の従業員の20代女性で、症状はない。 松井市長は、感染しやすい環境にあるバーやナイトクラブ、カラオケ店などへの出入りや、人が多く集まる場所での花見の自粛のほか、不要不急の用件で感染者が急増している首都圏などへ行くことを避けるよう要請。 一方、新学期から予定する学校の再開については「現段階で方針に変わりない」と述べた。 市は12日までとしているイベント自粛期間について、あらためて方向性を示すとした。 (久保田剛).

次の

新型コロナウイルス感染症 まとめサイト

広島 市 コロナ 今日

東京都では27日、新規感染者の数が57人と、緊急事態宣言の解除後では最も多くなりました。 「数字は一つの目安であると。 他方、医療の体制とか、人数が増えても医療がしっかりしていれば、ある程度、それはカバーできますから、そんなに心配することはない。 今の時点で何か再指定をするとか、大きな方向性を変えることは考えておりません」(西村康稔経済再生相) 西村大臣はこのように述べ、緊急事態宣言の再指定や都道府県をまたぐ移動の自粛を求める必要がないとの認識を示しました。 (28日13:47) 東京都・三宅村に「土砂災害警戒情報」が出ました。 この情報は、「命に危険を及ぼすような土砂災害がいつ発生してもおかしくない」ときに発表され、5段階の大雨警戒レベルのうち、危険度が上から2番目の「レベル4」=避難に相当します。 「土砂災害警戒情報」が発表された市町村では、土砂災害の危険がある区域に避難勧告や避難指示が出る可能性がありますので、今後の情報に注意するとともに土砂災害に厳重に警戒してください。 また、避難勧告などが出ていなくても、危険を感じた場合は安全な場所に避難するなどの必要があります。 ただ、今いる場所が安全と判断できたり、すでに道路が浸水し外に出るのが危険と思われたりする場合は建物内にとどまり、上の方の階に逃げたり、近くに崖がある場合は、建物内の、崖からできるだけ離れた場所に移動したりして身を守ってください。 また、新型コロナウイルスの感染リスクを避けるために、市町村が指定した避難場所以外への避難も考えてみてください。 知り合いの家やホテルが安全であれば、そこへの避難も考えられます。 ただし、こうした選択が難しい場合は、できるだけマスクや体温計、消毒液などを持ち、躊躇なく自治体指定の避難場所に逃げてください。 (28日12:47).

次の