あぶない 刑事 課長。 仲村トオル(町田透 まちだとおる役)

あぶない刑事の近藤課長が復活!/芸能/デイリースポーツ online

あぶない 刑事 課長

港署捜査課課長の町田透は溜息をついた。 本日4回目のそれを聞いた秘書の瞳は、大丈夫ですか、と尋ねる。 「大丈夫じゃないよ、もうストレス過多!」 一気に吐き出す町田に、瞳は少し同情する。 鷹山と大下、あの二人が、あと2日とはいえ、おとなしく定年を迎えるとは思えない。 きっとでかい花火を定年記念に打ち上げるだろう。 分かっている出来事を待たされている町田は、リミットがあるとしても、さぞや胃が痛いことだろう。 「胃に穴が開いたら、あの二人から医療費もらうぞ〜」 喉の奥から唸る町田に、瞳はお見舞いのお茶を入れた。 [newpage] 伏龍会の高遠は、幹部特有の革張りソファに腰掛け、手下の報告を受けていた。 「もう一度言ってみろ」 そう答えた高遠の表情は変わらないが、その言葉の意味は明白で、思わずそこにいる者達の肝が冷える。 「う…うちの若いもんが、港署にオトシマエつけるって…」 「そんなに馬鹿だったか、お前は」 「………」 「刑事に付け入る口実与えて、何の得にもならねえことしやがって」 こんなことも言われねえとわからねえなんざ、お前に頭を任してる俺もヤキが回ったか。 「あの、み、港署の鷹山と大下っつう刑事には、前の組で散々な目に合って、そ、それであとちょっとで奴等、定年で辞めるっつうんで、」 ああ、そういえばこいつは銀星会から若いもんごと引き抜いたっけか。 大分白髪が増えやがったな、と明後日の方で高遠は考える。 「んじゃあ、刑事でなくなってからにすりゃあいいじゃねえか。 そうすりゃ警察に真っ向から向かうことにもなんねえんだからよ」 「それじゃあ、雪辱晴らせねえんすよ!奴等が刑事の間に目に物見せねえと意味がねえ!」 「何、青いこと言ってやがんだ、そんなに白いもん髪にくっつけて。 大方関係もねえ馬鹿な若いもんに昔話でもしたんだろう?」 「………」 「お前の処分はおいおい考えるとして、動いちまったもんは仕方ねえ。 そうだな、…まあ、高見の見物だ」 全員、神妙な面持ちで高遠を見る。 「港署の頭がどんなやつか、知る良い機会だ。 坊やみたいな課長さんらしいが、お手並み拝見と行こうか」 うちの会も、俺が幹部になったからには、これからお会いする機会も増えるだろうよ。 「ただの、情報集めだ」 と、高遠は事も無げに言った。 [newpage] 「課長、お電話が…」 「んー誰?」 他の事件の報告を聞き、指示を出そうとしていた町田は、中断の声に訝しんだ。 「それが…鷹山さんと大下さんを出せって…」 片眉を上げて、町田は立ち上がる。 指を逆探知の方に回し、黙って指示を出しながら、ゆっくり歩いて電話を取った。 「もしもし」 「鷹山か大下を出せ」 「ちょっと、電話、遠いんですけど、もしもーし」 「ふざけんな、…鷹山と大下、出せっつってんだ」 「あ、聞こえた、誰ですって?山下?そんな署員はこちらには…」 「誰だてめえは?」 「課長の町田だ」 「鷹山か大下出せ!」 「休職中なんですが」 「こっちには人質がいるんだ、どうせ逆探知してやがんだろう、そこに二人で来いと伝えな」 あの二人を休職に回して本当に良かった。 町田は自分で自分のグッジョブを褒めた。 「人質って誰だ?声を聞かせろ」 「関係ねえ一般市民だよ。 警察は市民の正義の味方だろ?」 奥で、刑事さん、助けて!という男の声が聞こえ、電話が切れた。 同時に無線室から署員が駆け込む。 「逆探、成功しました。 山下埠頭のビル、斎藤物産跡」 「課長…」 署員が町田の動向を伺う。 「斎藤物産、過去は」 「社員に前科があります。 倒産前から…伏龍会の持ち物です」 「伏龍会?奥野クン」 「そんなにでかい組織じゃないんですが、最近幹部が大幅に変わってからは暗躍し始めてます。 チェック段階はBです」 奥野と呼ばれた捜査課のマル暴担当の部下が答える。 「Bね……」 あごに手を当てて、町田は指示を待つ部下の前でブツブツ呟く。 「『刑事さん、助けて』…」 呟きながらそのまま歩いて上着を着る町田に、まさか、という視線が集まる。 「ちょっと、行ってくるわ」 「課長!?」 課長に行かせる訳にいきませんよ、という声に、 「ご挨拶にはご挨拶で返しとかないとね、舐められちゃうから。 舐められちゃうと、後が面倒だから」 くれぐれも鷹山さんと大下さんには内緒ね、と、町田はヒラヒラ手を振った。 どちらかというと慎重に捜査を進める彼の部下達は、珍しくフットワークの軽い課長に、どうしたものかと慌てた。 [newpage] ビルの中に入った町田は、銃を構える組員達に両手を上げて見せた。 数は10人程。 うん、大体そんなもんでしょう、と町田はうなづいた。 「こっちは置いてきたんだから、物騒なものをそっちも降ろせよ」 「鷹山と大下は!あいつらに用があんだよ!」 大声を張り上げた輩に、町田はぱっと顔を向ける。 「あ、刑事さん、助けて、の声だ。 やっぱりねー。 急に拉致られたら助けて、はともかく刑事さん、なんて単語は出ないよねえ。 テレビドラマじゃあるまいし」 「この野郎!」 「逆恨みは、お門違いなんだよ」 急に声のトーンが下がった町田に、全員が怯む。 灯りに照らされた鳶色の目が座る。 無言の迫力にたじろぐ。 居る者は若者が殆どだ。 実戦の経験も少ない。 彼らは、一人の人間に睨まれて体が動かなくなる、という経験を初めて味わった。 「俺の部下に手ェ出してみろ、お前ら全員タダじゃおかねえからな」 腹の底から出る声に、緊張が走る。 その緊張をかなぐり捨てるように、一人が声を上げて銃を放とうとした。 町田は間合いに入り、一人を蹴り上げた。 転がる銃を拾い、蹴り上げられて呻いている一人のこめかみに当てる。 「ハイ、人質完成〜」 そこにいるのは、銃器に頼っている者達ばかりで、変わるシーンに対処ができない。 後手に腕を取って、銃を組員に押し付けながらにじり寄る町田に、3、4人押される。 「君たち、誰の話を聞かされて来たか知らないけど、トロい動物ーなんて呼ばれてた俺に大事な銃を奪われちゃうようじゃ、あの二人を襲撃なんて、夢のまた夢だよ」 銃を向けて一人が威嚇する。 「うらあ!!」 「おっと!」 すかさず町田は捕まえている男を盾にする。 それに怯み、銃の動きが止まる。 それにね、と町田が続ける。 「俺が生きても死んでも、すぐ其処にいる警察が突入するよ。 手廻しがいいんだ、俺。 何たってほら、」 出世してるでしょ、あの二人と違って。 パン、と手が鳴った。 町田は訝しげに後ろを伺う。 「お終いだ、お前ら」 髪をバックにまとめた背の高い男が歩いて来る。 「課長さん、悪いね、こいつらにお宅の鷹山さんと大下さんのことを吹き込んだのは、こいつだ」 あんたの言う通りのくだらん逆恨みだ、と、年配の男を投げて寄越す。 「我々は預かり知らないことでね、そうだろう?」 「そうです」 連れてこられた男は、素直に答えた。 トカゲの尻尾切りか。 出てきたら待遇よくしてやるとか言われてるんだろう。 そもそもそこまで、このただの復讐という「くだらない」件には噛んでないのかも知れない、と町田は目の前の男の只ならぬ雰囲気に勘を走らせる。 いずれにしても要注意な輩がまた横浜に増えた。 暫く、男ー高遠と町田が対峙した後、高遠が背を向けた。 用意された車に乗り込んだ高遠は、最近の若者の情けなさに溜息をついた。 それから口元を緩めた。 「どうしてどうして、肝の座った野郎じゃねえの」 アレは、相当場数踏んでやがる。 銃持った奴等の懐に丸腰で来やがった。 面白い。 サイレンの音が遠く、山下埠頭に鳴り響いていた。 [newpage] 戻る道すがら、町田はあーあ、と本日5回目の溜息をついた。 部下達には、急に勝手なことをして、何かあったらどうするんですか、と叱られた。 「あの二人に育てられちゃったからなあ…」 涼しくなった夜の道を、ゆっくり歩いた。 ゆっくりゆっくり歩いて、署に着いて始めに覆面パトカーの管理室に向かう。 「ねえ、レパードなんて、まだ調達できる?」.

次の

木の実ナナ(松村優子 まつむらゆうこ役)

あぶない 刑事 課長

あぶない刑事に登場した車!日産レパードから始まったあぶデカ歴代劇中車 『あぶない刑事』といえば、レパードを筆頭に、スカイライン、セドリック、グロリア、セフィーロ、フェアレディZなど日産の名車が数多く登場した80年代を代表する刑事ドラマです。 1989年の『もっともあぶない刑事』で1度シリーズに幕を下ろしたものの、その後は数年に1度の映画公開やTVスペシャル放送を続け、結果的に30年にわたる長寿作品となりました。 日産が車両提供を行わない作品では、アルファロメオやマセラティなどの外国車、三菱やマツダなどの覆面車も多数活躍しています。 あぶない刑事シリーズ、通称『あぶデカ』に登場した車をご紹介します! 『あぶない刑事』~映画『もっともあぶない刑事』までの劇中車一覧 1986年のドラマ『あぶない刑事』、1987年公開の劇場版『あぶない刑事』、1988年の映画『またまたあぶない刑事』、ドラマ『もっとあぶない刑事』、1989年公開の映画『もっともあぶない刑事』までに登場する劇中車を解説します。 当初はトヨタ・ソアラを前に苦戦を強いられるもあぶデカ劇中車として人気が急上昇!カーアクションで屋根がへこむなど、時に破損しつつも、あぶデカ3人目の主人公として時代を駆け抜ける。 ゴールドとシルバーのツートンカラーの車両が有名ですが、劇場版第1作『あぶない刑事』や地方ロケの際には 紺とシルバーのダークブルー・ツートンというカラーも登場! ゴールドの車両はナンバー「横浜33も54-17」でコールサイン港303、ダークブルー車両のナンバーは「横浜33の45-05」でコールサイン港3が代表的。 日産レパードF31型 前期型アルティマ 諸元表 全長 4,680mm 全幅 1,690mm 全高 1,370mm ホイールベース 2,615mm 最高出力 136kW(185PS) 最大トルク 245Nm(25. 0kgm) 車両重量 1,460kg 乗車定員 5名 エンジン種類 VG30DE型(V型6気筒DOHC 2,960cc) 全ボディタイプ 2ドアクーペ あぶない刑事劇中車のレパードは、 最上級グレードの「アルティマ」。 あぶない刑事の放送開始は1986年10月、レパードF31型の生産は1986年2月~1992年6月なので、おおよそ発売8カ月後から劇中車として活躍していた計算になります。 なお、作中で使われていた 自動車電話は、実際にオプションでの追加が可能でした。 ボディタイプは、2ドアクーペのみですが、アメリカを中心に販売されたレパードベースのインフィニティM30は2ドアコンバーチブルの設定もあります。 レパード F31 後期型アルティマ レパードF31 1988年ダークブルー・ツートン レパードF31 1988年 F31レパード後期型。 『あぶない刑事』シリーズの劇中車はダークブルー・ツートンで、ゴールドのF31と人気を二分する。 新車価格492万円。 「あぶデカ」をきっかけに憧れる20~30代もおり、旧車専門店も存在。 セドリック Y30型 6代目セドリック(1983~1987年)4ドアハードトップ後期型 6代目セドリック 前期型のリア 港署の覆面車としてよく登場し、多くの捜査課メンバーが運転した。 4ドアハードトップ前期V20ターボSGLはコールサイン港305として活躍。 『西部警察』から流用された劇用車で、スポンサーだったエンケイのホイールをそのまま着用。 グロリア Y30型 7代目グロリア(1983~1987年)セダン 港署の覆面車代表であり、県警や犯人の車としても多数登場。 セダン後期型V20ESGLダークブルーは港304号として活躍。 セドリックと共に1983年に国産車としてはじめてV型6気筒エンジンを搭載した。 スカイラインR31 4ドアハードトップ2000GTパサージュ 港署の覆面パトカーとして活躍した7代目スカイライン。 ハイソカー路線が賛否両論だったモデル。 町田透(仲村トオル)が運転することが多かったが、『もっともあぶない刑事』ではフロントガラスが破壊されてしまう。 セフィーロ A31 初代セフィーロA31型 『もっとあぶない刑事』から劇中車となった1988~1994年製造の初代セフィーロ。 劇場版『あぶない刑事』で松村課長(木の実ナナ)の愛車として登場。 ロングノーズ・ファストバックスタイルはそのままに、Zとしてはじめてセミリトラを採用。 直6からV6エンジンへと大きく舵を切る。 フォード・マスタング・コンバーチブル 1987~1993年 マスタング・コンバーチブル 1994~1998年 マスタング・コンバーチブル 『またまた危ない刑事』『あぶない刑事フォーエヴァー』で松村課長(木の実ナナ)の愛車として登場。 かつての愛車フェアレディZと同じくボディカラーは赤。 グロリアY31 8代目 グロリアハードトップ前期型 『もっとあぶない刑事』以降、Y30グロリアに代わり登場が多くなった港署の覆面車。 高級感とスポーティーさを両立させた80年代の名車で、旧車ファンの人気も高い。 VG20DET型のDOHCエンジンが特に高評価。 シビリアン 日産シビリアン 劇中車はGC240型系だが画像はマイナーチェンジ後の340型 劇場版3作目『もっともあぶない刑事』で護送車として登場したマイクロバス型乗用車。 自衛隊の人員輸送車や地域の移動図書館者などとしても活躍。 1993年以降はいすゞへOEM供給し、「ジャーニー」としても販売。 『あぶない刑事リターンズ』の劇中車一覧 1996年公開の映画『あぶない刑事ターンズ』に登場した劇中車を紹介。 あぶ刑事といえばレパードの存在感が強かったのですが、リターンズではタカ&ユージはイタリア車に搭乗しています。 90年代は 日産の代わりに三菱自動車が『あぶない刑事』の車両提供を務めており、三菱RVRやデリカスターワゴンなども登場します。 アルファロメオ164 アルファロメオ164 E-164A 1987~1998年まで販売された中型セダン。 イタリア最大のカロッツェリアであるピニンファリーナがデザインを担当。 あぶない刑事リターンズではユージの愛車という設定。 日本にはない特別カラーで、最終的に視聴者プレゼントに! 三菱RVR スーパースポーツギア 初代 RVRスーパースポーツギア 海外ではASXの名前で発売されているRVR スーパースポーツギア 『あぶない刑事リターンズ』で透と新人刑事の虎井が搭乗。 初代は1991~1997年発売。 SUV風トールワゴンだが、スーパースポーツギアにはランエボと同型の4G63型ターボエンジンを搭載。 派手なアクションで映画を盛り上げた。 デリカスターワゴン スターワゴン4WD エクシード エアロルーフ 『あぶない刑事リターンズ』の終盤に登場。 劇中車は4WDのGLXエアロルーフ。 1986年発売当初はややパワー不足を指摘されるも、数度のマイナーチェンジにより改良された。 中古では前期・中期型が多い。 マークII X70系ハードトップ トヨタマークII前期型HT(1984~1986年) 『あぶない刑事リターンズ』で柊(伊原剛志)が逃走に使用。 画面越しに見ても傷やへこみが目立っていたのでカーアクション用というのが一目でわかる。 マークII X80型セダン 6代目マーク2 セダン後期型(1990~1995) 『あぶない刑事リターンズ』で港署の覆面車として登場。 モデルチェンジの度にボディを拡大した結果、クラウンセダンとほぼ同じ全長・全幅となる。 終盤でサイレンを鳴らしながら一緒に走っていたのはクラウンのハードトップ。 クラウン S130系ハードトップ GS131クラウンHT後期型4000ロイヤルサルーンG GS131クラウンHT後期型リア 『あぶない刑事リターンズ』の終盤でサイレンを鳴らしながら現場へ急行した黒の覆面車。 7代目ハードトップは1987~1991年製造。 バブル景気でこの頃のクラウン販売台数は歴代最高を記録。 一緒に走っていたのはマーク2セダン。 ハイエースバン ハイエースバン ロング スーパーGL 4WD(1998年~2004年) 『あぶない刑事リターンズ』の敵役の犯罪組織が使用。 塗装により色は変更。 1967年から販売が続くトヨタの人気車だが、90年代のハイエースは盗難件数の多い車NO. 1だった。 2012年からイモビライザーが全車標準装備された。 マセラティ・ギブリ 2代目ギブリ 日本での販売は1992~1997年 『あぶない刑事フォーエヴァー』でユージが運転した2代目ギブリ。 2ドア4人乗りのラグジュアリークーペ。 洗練されたエクステリアに、豪華な内装。 イタリア生まれのおしゃれ車だが、最高速度は270km、0-100km加速5. 7秒の実力。 センティア HE系 センティア2代目 1995~2000 『あぶない刑事フォーエヴァー』で吉井(山西道広)が使用した覆面車。 1995年に日産のセドグロ、トヨタのクラウンとともにフルモデルチェンジを迎える。 アマティ1000の発売中止もありマツダの最高級セダンの地位におさまることに! マツダ カペラワゴン カペラワゴンSXクルージング カペラワゴン リア カペラのステーションワゴン。 元はカペラカーゴの名前だったが、94年のマイナーチェンジでカペラワゴンに改名。 4WDは悪路走破性が高く、FXグレードはマツダ初のクロスオーバーSUV。 あぶ刑事フォーエヴァーでトオルや谷村が搭乗。 トヨタ センチュリー 2代目センチュリー デザインは多くの部分で初代を踏襲している 『あぶない刑事フォーエヴァー』劇中車。 劇場版公開前年の1997年にフルモデルチェンジしたばかりの2代目センチュリーは、日本の乗用車として初めてV12 エンジンを搭載。 ボディカラーには神威・摩周・瑞雲などの和名が用いられた。 三菱 ランサー セダン 5代目ランサー 後期型 『あぶない刑事フォーエヴァー』劇中車。 ミラージュセダンと多くの部品を共有化した5代目ランサー。 TVスペシャルは金曜ロードショースポンサーのマツダ車、劇場版は車両提供してくれた三菱車が多いのが特徴。 『まだまだあぶない刑事』の劇中車一覧 2005年公開の映画『まだまだあぶない刑事』の劇中車一覧です。 タカとユージが乗るのはマセラティ・クアトロポルテで、他にもランドローバーなどの輸入車が登場していました。 マセラティ クアトロポルテ 5代目 マセラティ クアトロポルテ5代目(2004~2012) マセラティ クアトロポルテ リアの様子 『まだまだあぶない刑事』の劇中車。 マセラティのフラグシップセダン。 当時マセラティはフェラーリの傘下におり、「4ドアのフェラーリ」とも呼ばれた。 デザイン担当は当時ピニンファリーナ社に在籍していた奥山清行。 ランドローバー フリーランダー コンパクトSUV 初代フリーランダー 『まだまだあぶない刑事』登場、若きエース刑事・水嶋(佐藤隆太)の愛車。 1997~2006年生産。 日本発売は2001年からで、2. 5LのV6ガソリンエンジン、トランスミッション5速ATのみという限られたラインアップだった。 グロリア Y32 9代目グロリアY32型 1991~1995年 『まだまだあぶない刑事』劇中車。 1991年発売の9代目。 89年自動車税法改定により初の3ナンバー車に。 全車ATとあぶデカとともに時代の流れを感じさせた。 脱獄した尾崎が運転し、タカの狙撃で横転するのはお約束通り。 『さらばあぶない刑事』の劇中車一覧 2016年公開の『さらばあぶない刑事』に登場した車を紹介します。 『さらばあぶない刑事』は 27年ぶりに日産が車両提供を行うことでも話題を集めました。 当初はGT-Rなどの新車(現行車)のみで撮影の予定でしたが、最終的にはあぶデカシリーズの代名詞である日産レパードF31の復活も実現!約30年に及ぶ人気シリーズとして、有終の美を飾りました。 港署の新車で、赤のボディがGOOD!「GT-Rの覆面はないよね」とあぶデカらしいチョイスだったが、2018年には栃木県警が交通警察隊のパトカーとしてGT-Rを導入。 スカイラインR34 R34前期型 25GT-t 歴代スカイラインと同じように現実でも覆面車として活躍 『さらばあぶない刑事』で登場した覆面車。 1998~2001年製造。 スカイラインは覆面車の代表車種だが、R34はさすがに減少中。 2台用意し、1台は実際にカースタントに用いた。 スカイラインV37 スカイラインV37 前期型 『さらばあぶない刑事』で登場。 歴代13代目、2014年から販売されている現行型スカイライン。 『もっともあぶない刑事』以来、27年ぶりに日産がスポンサーとなったため用意された。 劇中車は日産の広報車。 フェアレディZ NISMO 34型 フェアレディZ NISMO 34型 2016年に警視庁に導入された34型フェアレディZニスモ 2008年から発売している6代目Z。 ニスモ仕様は専用のリヤバンパーやリアスポイラーなどを装備。 『さらばあぶない刑事』松村前署長(木の実ナナ)の愛車として登場。 警視庁高速隊には実際にNISMOのパトカーが存在する。 NV200タクシー NV200タクシー 車いすでの乗り降りが楽なユニバーサルデザイン仕様車も存在 日産が販売するワゴンタイプのタクシー車両。 ラゲッジスペースの広いため大きな荷物をもった観光客におすすめで、スライドドア式なので乗り降りが楽などのメリットがある。 NYのイエローキャブにも採用済み。 『あぶない刑事』は幅広い世代の車好きに愛されている! あぶない刑事は、刑事ドラマでありながら、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)の軽妙洒脱なやり取りが面白く、従来の刑事ドラマの枠にとらわれないファッション性の高さが話題を呼んだ作品です。 F31レパードを始め、アルファロメオ164、マセラティ・クアトロポルテなど、あぶ刑事の劇中車はおしゃれかつスタイリッシュ! 30年に及ぶ長寿シリーズとなったことで、幅広い世代にファンを獲得し、レパードは中古専門店ができるほどの人気車となりました。 『さらばあぶない刑事』で「定年退職」という形でシリーズを完結させたものの、今まで「完結です」「人気あるのでやっぱり続編作ります」という終わる終わる詐欺を繰り返したのがあぶデカなのはファンにとっては有名な話。 2015年に公開された『さらばあぶない刑事』は歴代作品第3位、16億越えの興行収入でしたから、続編やスピンオフの可能性はゼロじゃないはずです!.

次の

木の実ナナ(松村優子 まつむらゆうこ役)

あぶない 刑事 課長

タグ 101回目のプロポーズ 29歳のクリスマス Age35恋しくて GTO OUT妻たちの犯罪 WITH LOVE W浅野 あにき あぶない刑事 いしだ壱成 いつかまた逢える お水の花道 この世の果て すてきな片思い ともさかりえ ひとつ屋根の下 へし切長谷部 みずきてぃ もういちど春 イヴ ショムニ タブロイド ナースのお仕事 ニューヨーク恋物語 ハートに火をつけて バージンロード ビーチボーイズ ファイティングガール 三上博史 三谷幸喜 不動行光 世界で一番君が好き 中山美穂 中島みゆき 京都買います 仮面の忍者赤影 伊東美咲 佐藤浩市 倉本聰 僕らに愛を 再放送 刀剣乱舞 北の国から 北川悦吏子 北村諒 反町隆史 古畑任三郎 同級生 向田邦子 君が嘘をついた 君といた夏 和久井映見 和田雅成 唐沢寿明 大島優子 大沢たかお 大石静 女達の忠臣蔵 妹よ 安田成美 定本楓馬 宮沢りえ 家族熱 小林靖子 山おんな壁おんな 岩永洋昭 常盤貴子 廣瀬智紀 怪奇大作戦 悪魔のようなあいつ 愛していると言ってくれ 愛という名のもとに 抱きしめたい 振り返れば奴がいる 放送局 救命病棟24時 星の金貨 映画刀剣乱舞 時間ですよ 東京エアポート 松下由樹 松嶋菜々子 松雪泰子 柳葉敏郎 桜井幸子 椎名鯛造 正義は勝つ 殴る女 水川あさみ 水野美紀 江口洋介 江角マキコ 沢田研二 浅野ゆう子 浅野温子 深津絵里 深田恭子 瀬戸朝香 王様のレストラン 田宮二郎 田村正和 白い影 真っ直ぐな男 石黒賢 神様、もう少しだけ 福山雅治 竹野内豊 筒井道隆 素晴らしきかな人生 織田裕二 舞台刀剣乱舞 荒牧慶彦 葉月里緒奈 西村雅彦 西部警察 親愛なる者へ 観月ありさ 課長 豊川悦司 財前直見 踊る大捜査線 遠藤憲一 野島伸司 野沢尚 鈴木京香 鈴木保奈美 鈴木拡樹 鈴木杏樹 長谷部香苗 阿修羅のごとく 青い鳥ドラマ 青山表参道X 飯島直子 高倉健 高校教師1993 鬼平犯科帳 鶯丸 鶴田真由 目次• あぶない刑事・近藤課長役は誰 『あぶない刑事』は、 舘ひろしさん演じる鷹山 敏樹と 柴田恭兵さん演じる大下 勇次の刑事コンビが 活躍するストーリーでした。 それって違法だよね、ということも、 犯人を捕まえるためにはやってしまう タカとユージを 厳しくも暖かく見守っていたのが、 近藤課長でした。 近藤課長役を演じていたのは、 中条静夫(ちゅうじょう しずお)さんでした。 中条さんは、 1926年3月30日に静岡県で生まれ、 1994年10月5日に永眠されています。 中条さんの訃報を聞いた時には、 近藤課長が亡くなってしまったんだ・・ とかなりショックでした。 多くの方が同じように感じたと思います。 『あぶない刑事』の近藤課長は、 出演された多くの作品の役の中でも、 特に愛されたキャラクターでした。 中条静夫さんは、 アドリブ嫌いで有名だったそうです。 以前大竹まことさんが、 「中条静夫さんは、 台本に笑い声で「は、は、は、」と 書いてあると、 本当に文字の通りに「は、は、は」と 笑う演技をする人」 とおっしゃっていました。 他の俳優さんは、 笑う「は、は、は」の部分は、 自分なりに「あははは」というように 変えるし、 それが普通なのだそうです。 中条さんは、 とにかく台本通りが信条でした。 そんな中条さんが、 舘ひろしさんや柴田恭兵さんの 軽妙なお芝居に合わせるように、 アドリブを入れたり、 台詞回しをコミカルにしたりしたそうです。 ご自分が必要だと感じれば、 柔軟に対応できるプロの俳優さん だったのではないかと思います。 さて、中条さんが人気俳優になったのは、 1965年に始まったドラマ 『東京警備指令 ザ・ガードマン』の 小森隊員役が人気を得たからです。 その後、1974年に放送された 倉本聰さん原案のドラマ『6羽のカモメ』に出演。 その時の演技のコミカルな演技が、 高い評価を得てました。 「俳優・中条静夫は、倉本聰さんとの出会いによって作り上げていただいた」 とご自分でおっしゃるほどの出会いでした。 この作品でメイン脚本家だった 倉本聰さんは、 中条さんを軸にした脚本を何話か書かれたそうです。 倉本聰さんは、 台本通りに演じることを 要求される方のようなので、 中条さんのアドリブ嫌いという部分も、 倉本聰さんが中条さんを気に入られた要因なのではないでしょうか。 ちなみに、 2016年『さらば、あぶない刑事』 の放映時のインタビューで、 舘ひろしさん、柴田恭兵さん、 浅野温子さん、仲村トオルさんの 4人全員が異口同音に、 中条さんが『あぶない刑事』の要を 作ってくれて、 またそれを残していってくれたとおっしゃっていました。 長生きして欲しかったです。 スポンサーリンク 近藤課長とは 中条静夫さんが演じた 近藤卓造は、 1935年7月25日生まれで、 横浜市緑区在住という設定でした。 通称「タヌキ」。 港署捜査課長としては、 タカとユージの行動にかなり手を焼いていました。 2人にとっては、 暖簾に腕押し状態でしたが、 よく2人を怒鳴りつけていました。 「大馬鹿者! 」 「鷹山ー! 、大下ー! 」 「わしゃ知らん」 「瞳ちゃん、お茶」 がいつものセリフ。 結構ずるいところもあって、 平日にゴルフへ遊びに行ってしまうこともありました。 妻には頭が上がらないようで、 タカとユージにいじられていた時もありました。 なつかしいです。 あぶない刑事2代目課長 中条静夫さんが亡くなった後に作られた 映画『あぶない刑事リターンズ』 以降の 港警察署の捜査課課長は、 深町新三です。 演じたのは小林稔侍さんでした。 中条さんとはまったく感じの違う課長ですね。 中条さんよりハードボイルドな感じがします。 小林稔侍さんは、 下積み時代が長く、 なかなか大きな役に着くことができませんでした。 任侠映画の悪役を演じることが多かったです。 それが、1986年のNHKの朝ドラ『はね駒』で、 主人公の父・橘弘次郎にキャスティングされ、 一躍人気俳優になりました。 『はね駒』は、斉藤由貴さんがヒロインで、 渡辺謙さんがヒロインの夫役でした。 この2人、プライベートで世間を騒がす 共通点がありますが、 この当時は初々しかったです。 そして、小林稔侍さんの妻は、 樹木希林が演じました。 小林稔侍さんは樹木希林さんについて 聞かれた時に、 「日本一」とことば少なにおっしゃっていたのが印象に残っています。 深町新三とは 深町新三は、 赴任した当初融通のきかない 上司でした。 しかし実のところ、 タカやユージより無鉄砲な男で、 切れたら行動に歯止めが効かない人物でした。 周囲が唖然とする様子がおかしいです。 そして、『さらば、あぶない刑事』では、 警視監に出世していました。 実力もあり、 世渡り上手な人でもあったようです。 このように港警察署の捜査課長は、 歴代『あぶない刑事』で、 2名しかいません。 空白期間に港警察署にいた課長たちは、 わかりませんからね。 関連記事: 関連記事:.

次の