コロナ いつまで 予想。 「新型コロナ、最悪のシナリオ」米大学研究機関が予測(飯塚真紀子)

【セブ留学・コロナで一時閉校】セブの学校はいつから再開?(※7/16更新)

コロナ いつまで 予想

【コロナいつまで自粛?】 「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くの?」と頭を悩ませている人は多いです。 2020年5月5日の時点の日本において、政府は緊急事態宣言下での一部の施設の利用制限について、• 自粛緩和や• 解除 を可能とする指針を示していますが、日本経済全体の自粛は継続する方針です。 () また2020年5月5日の時点で、アジア各国では新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに効果が見られたとして外出自粛制限を緩和する動きも広がりつつありますが、今後も新型コロナウイルスの自粛は継続していきます。 () 2020年5月1日アメリカの一部の州で経済活動が再開されました()が、外出規制が続く州がほとんどであり、経済活動の再開を求める抗議デモも行われています。 () これらの「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか」を予想する事例をご紹介します。 【コロナいつまで自粛?】2020年9月「収束日」のAI予想 新型コロナウイルスの収束日はいつなのかという点について考えてみましょう。 シンガポール工科設計大学は、人工知能(AI)による、全世界の新型コロナウイルスの「収束日」の予想は、• 2020年9月26日• 99%収束• 2020年6月5日• 2020年5月20日 であるとに公表しています。 () なお、このAIによる予想は、各国から公式に発表された統計資料をベースにしています。 したがって、この予想日がどの程度正確であるのかは、• データの正確性• 透明性 に寄るところが大きいでしょう。 例えば、元のデータによると、中国は完全収束(2020年4月9日)したことになっており、これまでの経緯を考えると正式な統計データを公表しているということはあまり期待できません。 () また国立研究所によると、新型コロナウイルスの遺伝情報分析し、中国武漢から来た第一波の影響を封じ込めることには成功したが、欧米から来た第二波が訪れているとの研究結果も出ています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのかという収束日のAI予測は、あくまでも参考程度にとどめるのが良いです。 しかし、だいたい2020年9月までは新型コロナウイルスによる、何らかの形での自粛は続く可能性があると考えられます。 【コロナいつまで自粛?】2024年も続く可能性を予想 バフェット 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか予想する際に参考になるのが、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の考えです。 2020年5月2日、バフェット氏率いる米バークシャーは新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界が変わる」と主張しています。 そして、「外出制限が人々の行動に与える影響は分からない。 3~4年後に、昨年までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」と悲観的な見方を示しています。 その結果、航空株はバフェット氏の「お気に入り銘柄」でしたが、「乗客は戻らない」として米バークシャーは航空株をすべて売却しています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる経済への悪影響は徐々に薄れていくが、航空業界などの一部の産業においては、2024年以降も悪影響が続く可能性があると言えるでしょう。 【コロナいつまで自粛?】2022年までは続く予想 集団免疫 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか、集団免疫の獲得という点から見てみましょう。 集団免疫とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫を持たない人を保護する手段です。 () この説明では集団免疫についてピンとこない人も多いと思うので、もう少し詳しく見てみましょう。 多数の人々が免疫を持っている集団では、感染の連鎖が断ち切られる可能性が高く、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなります。 そこで、あるコミュニティにおいて免疫を持っている人の割合が高ければ高いほど、免疫を持たない人が感染者と接触する可能性は低くなるということです。 多くの伝染病の場合、生き残った人たちは免疫がつき、二度とその病気にかかることはありません。 () そこで、米ミネソタ大学「感染症研究政策センター」が2020年4月30日に作成したをみてみると、新型コロナウイルスによる自粛は 18~24ヶ月続くと予想されています。 Based on the most recent flu pandemics,this outbreak will likely last 18 to 24 months. この報告書は、過去に起きたインフルエンザによるパンデミックを踏まえて、新型コロナウイルスの今後を予想しています。 () またこの報告書では、新型コロナの陽性率を考慮すると、集団免疫に達してパンデミックを終わらせるには、人口の 60~70%が免疫を獲得する必要があると予想しています。 SARSの抗体研究に基づくと、まだ確実ではないものの、新型コロナウイルスの免疫は1年か2年しか続かない可能性があります。 ()しかし、完全に免疫を持っていない場合でも、2度目の感染では症状が軽くなる可能性はあるでしょう。 これらのことから、集団免疫を獲得する2022年まで、自粛は続く可能性があると予想できます。

次の

コロナバブルはいつまで続く?日経平均の今後の見通しを予想しました

コロナ いつまで 予想

Contents• コロナはいつまで続く?日本の5月を予測。 4月7日に緊急事態宣言が出たものの、「要請」であり、「強制」ではありません。 営業自粛はひろがってきていますが、感染の可能性があってもなかなか検査してもらえない現状続がいています。 世界的に見ても極端に少ない検査数でありながら、感染が拡大している状況です。 今後、検査数が増えれば、陽性反応(=感染者数)も、増加すると考えられます。 よって、 5月は、さらに感染者数は増加し、緊急事態宣言の都道府県が増えることが予想されます。 5月6日以降の延長については、5月頭頃までには判断するとの事です。 現状、感染は拡大する一方ですので、5月末頃までの延長は確実かと考えています。 感染者数の増加により、物流に影響が出始めています。 備蓄はしておいた方が安心かと思います。 コロナはいつまで続く?日本の6月を予測。 過去の感染症のパンデミック事例を見ると、最短で感染期間が約6カ月でした。 ただ、ロックダウンや外出制限の緩和で、パンデミックの第2波が始まる可能性もあります。 早くに解除をした中国では、5月半ばから再度ロックダウンが行われています。 ロックダウンを緩和した国は、要注意です。 日本の場合、6月から学校や経済活動が再開するところが多く、注意が必要です。 再度、緊急事態宣言が発令される可能性も踏まえて、備蓄などの確認をしたり、窓口での手続きが必要な用事を済ませておいたりしましょう。 ロックダウンへの備蓄を確認 厚生労働省が整備している 「 新型コロナウィルス感染症による小学校休業等対応助成 金」では、適用期間が、今のところ6月30日までとなっています。 6月末までは休校・休園の可能性があるとして、対応できる体制を当初から取っていたと考えられます。 「新型コロナウィルス感染症による小学校休業等対応助成 金」についてもっとチェック。 学校再開とはいえ、まだまだ短時間であるため、家庭学習はひつようですね。 家庭学習についての備えも必要ですね。 4月28日に、東京都文京区は、6月末までの保育園休園の延長を決定しました。 他の自治体でも、6月末まで休園するところはあると考えられます。 コロナはいつまで続く?日本の7月を予測。 そろそろ落ちついて欲しいですよね。 この頃には一旦落ち着くのではないかと考えています。 感染者数が落ち着いてきたとしても、まだしばらくは 行楽施設や密室・密接・密集の「3密」につながるような場所は、ソーシャルディスタンスへの配慮が求められることが予想されます。 夏休みを楽しむ!旅行や、プール!お出かけ!というのは、難しいのではないかと思います。 墨田川花火大会 7月末 や 、長岡花火大会 8月上旬 、高知のよさこい祭り 8月中旬 も、既に 中止が決定しています。 準備ができないという事もあるかと思いますが、7月まででなく、8月までの終息も難しいと考えている方が多い、という事でしょう。 収束と終息の違いは?.

次の

新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

コロナ いつまで 予想

落ち着くのは来年から2年後と推定されています。 ガイドラインができなければそのガイドラインができるまで。 直接あって話したいこと、したいことがたくさんあります。 特に高リスクの人に会うのは絶対に避けていますが、きっとご本人も寂しい思いをしていると思うと心が傷みます。 目に見えない強かなウィルスを相手にしているのですから、もっと恐れて、小細工したり隠したりしないで真剣に対策を講じないと勝てません。 目に見えないウィルスですから、これを見つけ出すPCR検査をもっと増やすべきです。 感染経路不明な感染などと言うのはあってはならないのです。 東京都では都知事のブレーンである大曲貴夫という医者の入れ知恵で、病院での感染を隠していたらしい。 そして、隠せなくなって医療崩壊寸前の状態のようになってしまいました。 私が言いたいのは、「人を騙してもウィルスは騙せない」という事です。 もっと厳粛に恐れて、変な小細工をしないで、隠さないで、人が一体になって対策を講ずるべきです。 犠牲者を増やさないために。

次の