スマホ fps ゲーム。 FPSゲームのおすすめをランキングで紹介【PC・PS4・スマホで遊べる人気ファーストパーソンシューター】

【ゲーム】FPS初心者の女子がスマホ版「Call of Duty (COD)」にハマってしまった理由(ワケ)

スマホ fps ゲーム

様々なゲームモードや豊富な武器種が用意されている 無料新作オンラインFPSなので、 雪上フィールドで行われるグライダーアクションが楽しめるサバイバルモードをはじめ、日中仕掛けた機器が夜間有毒ガスを発するなど、独自の昼夜サイクルシステムにより、 最後までどんな決着が着くか分からないような究極のサバイバルを楽しめます。 その他、 ソロプレイをはじめ、4つの複数オプションが用意されたチームなど、1つのゲームの中で、様々なサバイバルゲームをプレイできます!絶妙なコントロールで簡単にプレイすることができ、 そのような感度調整や自動火災設定など、カスタムアクションも用意されています。 『生存者』は、脱出を目指し、 『殺人鬼』は、ユニークなスキルをマスターしサバイバーを狩ったり、捕まえたりしていきます。 マルチプレイで雰囲気、音楽、背筋が凍るリアルな恐怖体験を世界中のプレイヤーと楽しめます! 人気FPS『Call of Duty CoD 』シリーズを題材とした新作スマホゲーム!PCゲームのような高品質なグラフィックスを搭載し緊張感ある戦闘が楽しめながらも『バトロワモード』に足を踏み入れています。 『CoD BO4』に関連したバトロワモードでは、 100人のプレーヤーが参加するとチーム人数『ソロ、2人、4人』のオプション選択や視点選択、ネックレス『ドッグタグ』を取得すると、友人をリスポン 復活 できるなど、 従来のバトロワゲームとは違った楽しみ方ができます。 さらに、 異なるセットや能力を持つ6種の『クラス』から選択できるので、一重にバトロワモードと言っても、ゲームの進め方や戦況には大きな違いが生じ、 本作ならではのバトロワモードを楽しめます!FPSプレイヤーからも往年の『CoD』ファンからも注目を集める期待の作品です。 週刊少年マガジンにて連載中の 鈴木央氏の漫画をTVアニメ化した『七つの大罪』が原作の新作スマホゲーム! TVアニメの世界観を超美麗な3Dグラフィックスで徹底的に再現し、 アニメの名場面の数々を再現し追体験していけるシネマティックアドベンチャーRPG!アニメ版とは異なり、 クオリティ高い3Dグラフィックスで再現されているので、一度見たシーンであっても、アニメとは異なる表現方法なので一粒で二度美味しいという感じです! 豊富に用意されている料理や酒場のバイトなど、シリーズファンの人なら確実に楽しめますが、 原作を知らない人でも、ゼロからきちんと楽しめます!アニメ以上の強烈なバトルシーンを堪能でき、 今後新シリーズの物語や、ゲームオリジナルのエピソードも実装予定とのことです。 アクション性に焦点を強く置いた ハイスピードかつ見下ろし型のSFシューティングが楽しめる新作スマホゲーム! 空想科学がテーマにマルチプレイがメインになっているので、プレイヤーは、宇宙傭兵として、人類が居住可能な惑星のエイリアンを駆除したり、巨大な化け物と戦ったり、 開拓域の最前線を防衛することで報酬を獲得します。 ミッション報酬で得たパーツと資源を使って武器や装備を制作、強化しながら成長させます。 本作に登場する 全ての武器は、それぞれ異なるスキルと効果を持っており、 様々な戦闘状況に合わせて戦略的な選択が必要になります。 プレイヤーは、自分のプレイスタイルに合う武器と装備を探してアップグレードし、 より高難易度のミッションをクリアしていく達成感を体感できる!.

次の

【ゲーム】FPS初心者の女子がスマホ版「Call of Duty (COD)」にハマってしまった理由(ワケ)

スマホ fps ゲーム

(Android 版があるものはその旨も記載していますが、価格等は iOS 版基準です) このページでは「 FPS」を扱っています。 FPS は First Person Shooter の略で「一人称視点の射撃手」という意味であり、3D グラフィックで戦場が表現されていて、1人の兵士の視点で銃撃戦を行う 3D ガンシューティングゲームを指します。 欧米、特にアメリカで人気の高いジャンルで、グラフィックのクオリティーが高く映画的な演出が展開される、ハリウッド的な作品が多いです。 最新ハードの性能を余すところなく体験できるジャンルと言えますね。 ここでは射撃のある 「オープンワールド」のゲーム(3D で表現された広い世界を自由に散策できるゲーム)も含めています。 詳しくは をご覧下さい。 リアル系 FPS モダンコンバット シリーズ• リアル系 FPS• 450 円• 注意:インストール後のデータ容量 2:850 MB、3:1. 85 GB、4:2. 0 GB リアルな銃撃戦と映画のような演出が連発される本格的な FPS。 iOS のキラータイトルの1つであり、「スマホゲームの域を超えた」「iPhone がゲーム機になった」と世界中で絶賛されたタイトルだ。 最新の銃火気で武装した特殊部隊の隊員となり、世界各地で敵兵士やテロリストを相手にリアルな銃撃戦を行いながら、様々な作戦を遂行していく。 3D グラフィックで描かれた風景の美しさは、もはや専用ゲーム機レベル。 主人公は一介の兵士に過ぎず、無謀な突撃はすぐ死に直結するが、この臨場感のある銃撃戦こそがリアル系 FPS の醍醐味だ。 タッチパネルでも快適に遊べるよう、手軽に狙いを付けられるようになっているため、マニア向けのジャンルだが初心者でも楽しめる。 ヘリが墜落したり建物が崩落するなど、映画のような派手なシーンが次々と現れる見どころの多いストーリーも魅力だ。 手軽に多人数のオンライン対戦を楽しめるのも長所の1つ。 スマホ用のオンライン対戦 FPS としては、他の追従を許さない。 4作品が発売されているが、特に2作目からのクオリティー向上が目覚ましい。 ここではグラフィックが大幅に強化された3作目以降を特にオススメしたい。 SF リアル系 FPS• 700 円• 注意:インストール後のデータ容量 1. 85 GB 未来の世界でパワードスーツに身を包んだ兵士が、異星人などを相手に戦闘を繰り広げる SF スペースオペラ FPS。 リアルな銃撃戦を行えるゲームだが、未来の戦いであるためビーム兵器や巨大戦闘ロボット、飛行兵士なども登場する、架空の世界が舞台となっている。 主人公がパワードスーツを着ているためか、耐久力が高めでシールド表示もあり、他の FPS よりプレイしやすくなっている。 手榴弾も味方に被害を与えない衝撃波を出すものになっていて、SF であることを ゲームにうまく利用している形だ。 演出も派手で映像も非常に美しく、ストーリーも独特。 異星人の宇宙船を経由して他の惑星に移動するなど、壮大な物語が展開される。 使用機種に合わせてグラフィックが自動調整されるため、少し古めの機種でも動作可能で、非常に完成度の高い作品だ。 スマホ用 FPS はモダンコンバットとこの N. が2トップと言えるだろう。 Dead Space• SF ホラー リアル系 FPS(TPS)• 注意:インストール後のデータ容量 iPhone 版 約 720 MB、iPad 版 約 820 MB 作業員が惨殺された宇宙の採掘基地で、エンジニアが見たものは・・・? 正体不明のエイリアンにいつ襲われるか解らない恐怖を体験できる、SF ホラーの 傑作サバイバルアドベンチャー。 エイリアンの強さや不気味さだけでなく、映像と音響の演出によって恐怖感を煽る臨場感抜群のホラーゲームだ。 何もなさそうな部屋が急に凄惨な場面になったり、突然幻覚のように血文字が現れるなど、恐怖を感じさせるシーンが満載。 普段は BGM がなく環境音のみが聞こえるが、急にエイリアンの鳴き声が聞こえたり、何かが動く音がするなど、ステレオサウンドが効果的に使われている。 音響効果をより楽しむため、イヤホンを付けてのプレイを推奨したい。 主人公は銃で武装しているが、弾数に限りがあるため格闘武器を使うことも必要。 エイリアンは手や足を無くしても襲いかかってくるため、それがより恐ろしさを 増している。 ゲーム的なボタンやステータス表示が極力廃されており、残弾数は銃に付いている数字で、体力は主人公の背中のランプで確認するようになっている。 一方で、移動ルートを確認する機能があるなど親切な作りにもなっている。 作品としての完成度が高い、SF バイオハザードと言えるゲームだ。 マックス・ペイン モバイル• シネマ型 リアル系 FPS(TPS)• 300 円• 注意:インストール後のデータ容量 1. 3 GB まるで映画のように展開するシネマティック・ガンシューティング。 マフィアと刑事の抗争を扱ったハードボイルドで退廃的なストーリーのゲームで、そのシネマ的な演出が評判となり、実際に映画化された作品だ。 10 年以上前のゲームのため、グラフィックの質は今見ると粗い。 しかし細かい作り込みと全体の雰囲気、とことん渋い声優の演技とセリフ回しは、このゲームでしか味わえないものがある。 戦闘に関しては、それが中心の FPS と比べるとやや簡易的だ。 しかしガラスが割れ、電気製品を撃つと壊れ、消化器は液を噴出するなど破壊表現が細かく、さらに自動販売機を使うとジュースが出て、テレビはオンオフが可能、引き出しが開き、シャワーも出るなど、色々なところが反応する。 ザコもただ襲いかかってくるだけでなく、会話をしたりテレビを見たり、ケンカを始めたり、アクションが豊富。 作品としてのこだわりが感じられる。 元が 18 禁指定の作品であるため、子供には勧められない過激なシーンも含まれているが、そのぶん大人が楽しめる内容となっている。 1つの映画的ストーリーを、ゲームを通して体験するアプリだ。 スポーツ系 FPS DEAD TRIGGER 2• スポーツ系 FPS• 本体無料+追加課金あり FPS には実際の戦争や軍事作戦を再現した「リアル系」と、ゲーム的なアクションやシステムを優先した「スポーツ系」がある。 そして比較的スポーツ系に近く、手軽に楽しむことができ、それでいて本格的な FPS として作られているのがこの作品だ。 短時間で終わるランダム生成のステージを繰り返す内容で、スマホならではの内容だと言える。 いわゆる「ゾンビもの」で、次々と襲いかかってくる敵を銃で撃ちまくる。 一定数ゾンビを倒す、一定時間耐える、アイテムを集めるなど、ステージによってクリア条件は異なるが、大半のステージが3分前後で終わる。 3D グラフィックの技術アピールのために作られたゲームでもあり、そのため映像のクオリティは非常に高く、水たまりに景色が写り込み、カメラに水滴が付くなど演出効果も見事だ。 稼いだ賞金で装備を購入する事ができ、マシンガンやライフルなど種類は豊富。 やや展開は単調だが、パワーアップが楽しく、ゲームが進めばボスも登場する。 アイテム課金のゲームだが、高額な出費が必要になるようなものではない。 これだけの FPS を、スマホでちょっとした空き時間に楽しめるのは嬉しい。 EPOCH. ガンシューティングゲーム• 250 円 このゲームは FPS ではなく、フィールドを移動するものでもない。 簡易的なガンシューティングゲームだ。 しかしだからこそ、とても手軽に遊ぶことができる。 左右にフリックで飛び移るように移動し、下にフリックで身を隠し、上にフリックで身を乗り出して敵を射撃する。 ショットは自動で、プレイヤーは回避と左右移動を行うのみだ。 シンプルな分、スピーディーなバトルを展開することができる。 また、身を隠しながら撃ち合うという、ガンシューティングの基本的な面白さは 十分に備わっている。 グラフィックや演出はハイレベルで、手軽に迫力のあるバトルを楽しめる。 ゲームが進むことで資金を得られ、新しい武器を購入することも可能だ。 3D ガンシューティングはマニアックなものが多いが、これは例外的に誰でも楽しめるようデザインされている。 FPS だと思ってプレイすると拍子抜けすると思うが、遊びやすくてクオリティーの高いガンシューティングとしてお勧めだ。 オープンワールド(クライムゲーム) Grand Theft Auto: Vice City• クライムゲーム(犯罪ゲーム)• 500 円• 注意:インストール後のデータ容量 1. 1 GB 広い町の中で好きなことができる「オープンワールド」のゲーム。 そして暴行・窃盗・強盗・殺人、様々な犯罪行為も自由に出来てしまう、クライム(犯罪)ゲームの代名詞 Grand Theft Auto(GTA)シリーズの1つだ。 日本では有害図書に指定された事もあるシリーズで、子供には勧められない。 しかし圧倒的な自由度と、それを受け止める作り込み、さらにギャング映画のようなストーリー展開は、世界中に熱狂的なファンを生んでいる。 ギャングの一員として町の有力者から依頼を受け、それを遂行していく。 依頼には盗みや殺しなどがあり、裏稼業といったものばかりだ。 しかし自由に行動できるゲームのため、依頼を無視して好きなことをしても良い。 盗んだ車を乗り回し、ショッピングモールで銃を乱射しても構わない。 ただし犯罪行為をすると警察に手配され、最悪捕まってしまう。 このゲームの最大の特徴は細かい部分の作り込みだ。 グラフィックは最新の FPS と比べると見劣りするが、パーツごとに壊れていく車の破壊表現や、リアルな動きを見せる通行人、立体駐車場がある建物など、細部まで作られている。 ストーリーシーンの人物の仕草も人間的だ。 かなりボリュームのある内容で、好きなように寄り道できるため、延々と遊べる ゲームになっている。 世界的ヒットゲームの1つ GTA の真価をスマホでも体験できる作品だ。 ギャングスターベガス• クライムゲーム(犯罪ゲーム)• 600 円• 注意:インストール後のデータ容量 2. 6 GB ギャングスターは Grand Theft Auto(GTA)に先駆けてスマホでクライムゲームを展開していたシリーズだ。 ただ、最新作の「ベガス」からは方向性が変わり、GTA のような細かい作り込みではなく、ゲーム的なアクションや成長要素を優先した内容になっている。 スマホのオープンワールドのゲームとしては、町の美しさはトップクラスだ。 テーマパークのような建物が建ち並ぶラスベガスらしい風景は、車で走っているだけでも観光気分になれる。 ヘリやボートなどの乗り物も豊富で、クライムゲームらしい自由度も健在だ。 破壊表現や人物の動きなどは、GTA ほど作り込まれている訳ではない。 しかしレベルが上がると攻撃力や耐久力が強化されたり、警察から逃げやすくなったりする特殊スキルを獲得できる。 カジノで遊べたり、豊富なサブミッションがあるなど、ゲーム的な部分での拡張が充実している。 同じクライムゲームでも、GTA がややマニア向けなのに対し、ギャングスターは カジュアルで一般向けと言えるだろうか。 どちらもボリュームのある高レベルな作品であることは間違いない。

次の

スマホ版PUBGをマウス&キーボードでプレイできる「ゲーム特化型ハブ」で有利に立ち回る #COMPUTEX 2019

スマホ fps ゲーム

スマホゲームもここまできた。 本格的なガンシューティングゲーム、ハイドアンドファイアが日本配信開始。 ゲームのジャンルはTPS サードパーソン・シューター と呼ばれ、第三者視点からのシューティングゲーム。 ゲームセンターにあるような本格ガンシューティングゲームが、自分のスマホで手軽に楽しめます。 いい時代です。 HIDE AND FIREのおすすめポイント• 操作方法がスマホ向けに最適化されており、左手で照準を合わせて、右手で発射とシンプル。 また、通常のガンシューティングゲームではプレイヤーを移動させる必要がありますが、HIDE AND FIREは自動的にプレイヤーが動くので、あまり複雑な操作が必要なく、気軽にプレイ可能。 一人でも十分に遊べるハイドアンドファイアですが、おすすめはリアルタイムでの他のユーザーとのプレイ。 共闘モードでは最大四人でプレイ可能。 対戦モードではプレイヤー同士が1対1または、2対2で対戦できます。 登場人物の声も、本格的な声優が担当しているので、音も楽しみながらプレイしたいアクションゲームです。 なお、アプリ起動後の追加データのダウンロードには2GB(約2000MB)弱の空き容量が必要になるようです。 容量不足の方は事前にデータを削除して容量を空けておくことをおすすめします。 ゲーム攻略のコツ銃の使い分けとアイテムの活用です。 銃は機関銃や、狙撃銃、散弾銃、突撃銃などがあり、敵が隠れている場合は機関銃で壁ごと破壊したり、遠距離場合はスナイパーライフル(狙撃銃)を活用したりと場合によって銃を使い分けましょう。 アイテムには、バズーカは手榴弾、救急箱、集中射撃などがあり、これらはゲームを有利に進めていく上で重要なものです。 ただし、消耗品なので使いすぎには注意。 特に、集中射撃は、すべての味方が自分が戦っている相手に対し攻撃してくれるので困った時には便利なアイテムです。 集中射撃は、戦闘中の画面下部に、手榴弾などの並びで表示され、「的マーク(四角の中に人の絵が描いてあります)」をタップすることで発動可能です。 集中射撃もアイテムになるので、戦闘前に装備しておきましょう。 左の仮想ジョイスティックで照準を合わせ、右で銃を発射。 バトルは自動で行われます。 ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)と呼ばれる、主人公キャラ視点でのシューティングゲームです。 STAR TRIGGERのおすすめポイント• 前後左右にフリックしてキャラクターを移動するカンタンな操作性。 敵を自動的にロックオンする機能も搭載。 スキル発動時のド派手なアニメーションが爽快。 武器も多数登場、どんどんカスタムしていこう!• MAX10対10のマルチプレイにも対応!レイドバトルや占領戦など複数人でも楽しめる要素満載!.

次の