メヒカリ の 唐 揚げ。 メヒカリ

絶品深海魚のメヒカリ!下処理と食べ方を大公開|唐揚げ/刺身/一夜干/

メヒカリ の 唐 揚げ

福島県いわき市の名物である、「メヒカリの唐揚げ」をご紹介します。 メヒカリって何?というほどメヒカリのという魚は一般的にメジャーな魚ではありません。 まずは「メヒカリの唐揚げ」のメヒカリについてお話します。 メヒカリは福島県の海沿いや九州地方の一部で多く食べられる魚です。 もともと漁師のみが食べていたとも言われます。 大きさはキスくらいで、小さな魚です。 福島県沖の小名浜で漁獲されるメヒカリは分類ではマルアオメエソです。 メヒカリは福島県いわき市沖から千葉県銚子市沖で水揚げされます。 福島県沖で漁獲されるメヒカリは水深100mから300mに、冬期は200~300m、春~夏にかけては100~200mに暮らしている深海魚です。 メヒカリの名前の由来は目が大きく、光を反射すると黄緑色に光って見えるためといわれています。 だから単純に目光でメヒカリです。 実際に頭の半分は目のような魚です。 メヒカリはいわき市の魚としてご当地キャラクターとしても人気の魚で、様々なグッズやメヒカリ型のスイーツまであります。 昔から福島県いわき市で親しまれているメヒカリですが、一番有名な料理が「メヒカリの唐揚げ」です。 福島県いわき市では飲食店ではもちろんのこと、家庭でもよく作られている料理です。 子供からお年寄りまで幅広い世代に好まれている「メヒカリの唐揚げ」。 ご飯のおかずにお酒のおつまみに、お祝い事の席などにも。 様々な場面で食べられています。 福島県いわき市のスーパーには必ず置いてあるので、食べたい時にはいつでも作れるのです。 福島県いわき市のおふくろの味とも言えるでしょう。 調理方法は簡単です。 スーパーや魚屋さんで購入したメヒカリをよく水で洗います。 それでウロコは取れるので大丈夫です。 メヒカリをしっかりと水を切ったら、小麦粉をまぶします。 それを温めた油の中に入れて揚げるだけです。 色が変わって、カラっと揚がったら出来上がりです。 唐揚げでも「頭を残したまま」にするか、「頭を捨てる」かの二通りができます。 地元の人達からのオススメは「頭を残したまま」の唐揚げです。 頭を残したままだと、内蔵もそのままになってしまいます。 しかし、唐揚げにしたメヒカリの唐揚げはその小さな内蔵がイイ味を出してくれるのです。 ただし、頭がついた唐揚げは生で新鮮なメヒカリで作るのが美味しいのです。 最近は頭がついた状態ですでに唐揚げ用に小麦粉をつけられたメヒカリも販売されていますが、それ以外は頭と内蔵を切って冷凍されているメヒカリが販売されています。 冷凍してしまうと、頭と内蔵のイキが悪くなってしまうのです。 なのでカットされていることが多いのです。 お子さんや魚が、苦手な方は頭なしの唐揚げがいいでしょう。 唐揚げといっても、鶏の唐揚げのようににんにくや醤油などでの下味は一切つけません。 そのまま揚げればいいのです。 調味料はお好みがあるかと思いますが、オススメは塩のみです。 それが一番、メヒカリの美味しさを味わえる食べ方だと思います。 レモンも添えられていることが多いので、レモンも一緒にどうぞ。 メヒカリは実はとても栄養のある魚です。 メヒカリの主な栄養成分は、タンパク質が豊富で脂質も高いのです。 脂質が多い分、DHAを多く含んでいます。 血液中の中性脂肪やコレステロールを抑え高血圧を予防したり、高血圧を防ぐ効果が期待できるのです。 そしてカルシウムたっぷりです。 唐揚げなら食べやすく、栄養豊富なので育ち盛りのお子様にもオススメの「メヒカリの唐揚げ」。 白身でたんぱくなメヒカリを唐揚げにすることでよりも一層美味しく頂けます。 できたら福島県いわき市の新鮮なメヒカリが揃っているお店で召し上がってもらいたいものです。 小名浜港近くのお土産店や飲食店にも、出来立ての「メヒカリの唐揚げ」や冷凍お土産の「メヒカリの唐揚げ」を取り扱っています。 是非美しい海を眺めながら美味しい「メヒカリの唐揚げ」をご賞味ください。 mochibubu.

次の

メヒカリの旬

メヒカリ の 唐 揚げ

福島県いわき市の名物である、「メヒカリの唐揚げ」をご紹介します。 メヒカリって何?というほどメヒカリのという魚は一般的にメジャーな魚ではありません。 まずは「メヒカリの唐揚げ」のメヒカリについてお話します。 メヒカリは福島県の海沿いや九州地方の一部で多く食べられる魚です。 もともと漁師のみが食べていたとも言われます。 大きさはキスくらいで、小さな魚です。 福島県沖の小名浜で漁獲されるメヒカリは分類ではマルアオメエソです。 メヒカリは福島県いわき市沖から千葉県銚子市沖で水揚げされます。 福島県沖で漁獲されるメヒカリは水深100mから300mに、冬期は200~300m、春~夏にかけては100~200mに暮らしている深海魚です。 メヒカリの名前の由来は目が大きく、光を反射すると黄緑色に光って見えるためといわれています。 だから単純に目光でメヒカリです。 実際に頭の半分は目のような魚です。 メヒカリはいわき市の魚としてご当地キャラクターとしても人気の魚で、様々なグッズやメヒカリ型のスイーツまであります。 昔から福島県いわき市で親しまれているメヒカリですが、一番有名な料理が「メヒカリの唐揚げ」です。 福島県いわき市では飲食店ではもちろんのこと、家庭でもよく作られている料理です。 子供からお年寄りまで幅広い世代に好まれている「メヒカリの唐揚げ」。 ご飯のおかずにお酒のおつまみに、お祝い事の席などにも。 様々な場面で食べられています。 福島県いわき市のスーパーには必ず置いてあるので、食べたい時にはいつでも作れるのです。 福島県いわき市のおふくろの味とも言えるでしょう。 調理方法は簡単です。 スーパーや魚屋さんで購入したメヒカリをよく水で洗います。 それでウロコは取れるので大丈夫です。 メヒカリをしっかりと水を切ったら、小麦粉をまぶします。 それを温めた油の中に入れて揚げるだけです。 色が変わって、カラっと揚がったら出来上がりです。 唐揚げでも「頭を残したまま」にするか、「頭を捨てる」かの二通りができます。 地元の人達からのオススメは「頭を残したまま」の唐揚げです。 頭を残したままだと、内蔵もそのままになってしまいます。 しかし、唐揚げにしたメヒカリの唐揚げはその小さな内蔵がイイ味を出してくれるのです。 ただし、頭がついた唐揚げは生で新鮮なメヒカリで作るのが美味しいのです。 最近は頭がついた状態ですでに唐揚げ用に小麦粉をつけられたメヒカリも販売されていますが、それ以外は頭と内蔵を切って冷凍されているメヒカリが販売されています。 冷凍してしまうと、頭と内蔵のイキが悪くなってしまうのです。 なのでカットされていることが多いのです。 お子さんや魚が、苦手な方は頭なしの唐揚げがいいでしょう。 唐揚げといっても、鶏の唐揚げのようににんにくや醤油などでの下味は一切つけません。 そのまま揚げればいいのです。 調味料はお好みがあるかと思いますが、オススメは塩のみです。 それが一番、メヒカリの美味しさを味わえる食べ方だと思います。 レモンも添えられていることが多いので、レモンも一緒にどうぞ。 メヒカリは実はとても栄養のある魚です。 メヒカリの主な栄養成分は、タンパク質が豊富で脂質も高いのです。 脂質が多い分、DHAを多く含んでいます。 血液中の中性脂肪やコレステロールを抑え高血圧を予防したり、高血圧を防ぐ効果が期待できるのです。 そしてカルシウムたっぷりです。 唐揚げなら食べやすく、栄養豊富なので育ち盛りのお子様にもオススメの「メヒカリの唐揚げ」。 白身でたんぱくなメヒカリを唐揚げにすることでよりも一層美味しく頂けます。 できたら福島県いわき市の新鮮なメヒカリが揃っているお店で召し上がってもらいたいものです。 小名浜港近くのお土産店や飲食店にも、出来立ての「メヒカリの唐揚げ」や冷凍お土産の「メヒカリの唐揚げ」を取り扱っています。 是非美しい海を眺めながら美味しい「メヒカリの唐揚げ」をご賞味ください。 mochibubu.

次の

メヒカリ

メヒカリ の 唐 揚げ

(化学調味料不使用です。 ) 三河自慢のめひかりは、他の地域の方にお勧めしたい魚ナンバーワン!凍ったまま油で揚げて頂ければ、数分で極上のおつまみになります。 素材の味をお楽しみ下さい。 めひかりってどんな魚? めひかりは日本近海に生息する白身のお魚です。 目が エメラルド色に光っているところから「めひかり」と呼ばれ、古くから三河地方では様々な形で食されてきました。 生息する領域が深海のため、顔はとってもグロテスク。 中には「えっ!これ食べられるの?」という方もいらっしゃるかもしれません。 でも、お魚の通説にあるように、見栄えの奇妙な魚ほど美味なもの。 オコゼしかりアンコウしかり・・・。 めひかりも多分の例に漏れず、白身ながら脂の乗ったとても美味しいお魚です。 (この辺りの漁師は「最もうまい魚の一つ」と公言します) 脂乗りの良さ日本一の白身魚・めひかり!三河地方が自信を持ってお勧めするお魚です。 調理方法は? 凍ったままの状態で、油で揚げること約4分。 面倒なおつまみ作りも本品「めひかり唐揚げ」を冷凍庫に常備すれば、楽々スピーディに完成です!! もちろんお弁当にもお勧め。 朝の忙しい時間を短縮できます。 冷凍したままの「めひかり唐揚げ」を油に入れ、揚げて下さい。 2分から4分で揚げあがります。 浮き上がってきたら出来上がりです。 一度にたくさん入れますと油の温度が急激に下がりますので、 3〜4個ずつ調理するのが適当です。 中骨は気になりませんが、お年寄りやお子様が召し上がる際には十分ご注意下さい。 魚のおいしさで貴方のご家庭をさらに元気にします。 どうぞ安心してお任せ下さい! 海の味 企画部 名古屋から幡豆に移り住んで十数年。 地元で獲れる・揚がる美味しくて新鮮な海の幸に恵まれ本当に幸せな日々です。 名古屋では見かけない美味しい魚がいろいろあります。 この喜びを皆様にもぜひお伝えしたく主婦の目で色々と企画中です。 COPYRIGHT c 有限会社 星野水産.

次の