スイッチ セーブ データ 移動。 ニンテンドースイッチのmicroSDカード、初期化やソフトの移動など覚えておきたい使い方まとめ

【スプラトゥーン2】別のSwitchへセーブデータを移行する方法は?|ゲームエイト

スイッチ セーブ データ 移動

・1台目で使っていたニンテンドーアカウントは2台目にも使用できる ・ニンテンドーアカウントに連携しているニンテンドーネットワークID(NNID)もそのまま使用できる 1台目と2台目のニンテンドースイッチには、まったく同じニンテンドーアカウントを使用できます。 また、そのニンテンドーアカウントに連携されているニンテンドーネットワークID(NNID)も、2台目のニンテンドースイッチでもそのままになるので、2台目以降のニンテンドースイッチを使い始めるのはとても簡単です。 同じニンテンドーアカウントは、何台でもニンテンドースイッチに登録することが可能です。 ここで疑問になるのが、アカウントをニンテンドースイッチ本体複数台に登録できるなら、セーブデータはどうなるのか?という点ではないでしょうか。 ニンテンドースイッチのセーブデータについては、次章から説明します。 ニンテンドースイッチのセーブデータを1台目から移行する方法は? 「いつもあそぶ本体」とは 2018年9月から、ニンテンドースイッチでは購入済みのダウンロードソフトを、別のニンテンドースイッチ本体でも遊ぶことができるようになりました。 2台以上のニンテンドースイッチ本体に、同じニンテンドーアカウントを登録してあれば、どのニンテンドースイッチ本体でも、自分が購入したソフトを遊ぶことができます。 ただし、「いつもあそぶ本体」登録ができるニンテンドースイッチ本体は1台のみで、それ以外に同じニンテンドーアカウントを登録したニンテンドースイッチ本体で遊ぶ時には、必ずインターネットの接続が必要となります。 また、遊べるのは購入した本人のみ(購入した時のニンテンドーアカウントのみ)となります。 2台目以降のニンテンドースイッチ本体に、他のニンテンドーアカウントが登録されていても、遊ぶことができません。 また、同じニンテンドーアカウントでも、2台以上で同時に遊ぶこともできません。 詳細は、 を参考にしてください。 ダウンロードソフトとは違い、ゲームカードはニンテンドーアカウントに関係なく、どの本体でも使用することができます。 ゲームのセーブデータは本体に保存されるため、ゲームカードを抜いてもセーブデータは残ります。 そのため、人にゲームカードを借りてプレイしたゲームを、その後自分で購入(ゲームカード・ダウンロード版どちらでもよい)すれば、すでに保存してあるセーブデータを利用できるので、続きからプレイすることが可能です。 家族全員が同時にプレイすることのないソフト(「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」など)の場合は、ゲームカードで購入するのがおすすめです。 まとめ 一家に一台だったニンテンドースイッチが、今では一人に一台となりつつあります。 また今後は、保証期間が切れた後の故障などで、修理に出すより新しいものを買いたいという人も増えてくるでしょう。 そうしたケースを考えると、今回紹介したようなニンテンドーアカウントの引っ越し方法や、別の本体で購入したダウンロードゲームを遊ぶ方法を覚えておくと便利ですね。 これからもニンテンドースイッチで楽しいゲームライフを送りましょう!.

次の

ニンテンドースイッチのセーブデータ、本体から移動もバックアップも不可。今後の機能追加に期待

スイッチ セーブ データ 移動

昔のファミコンやゲームボーイなどは ゲームソフト本体にセーブデータが、 PS初代や二代目はメモリーカードなどにゲームのデータが保存されたりなど、 ゲームのデータが保存される場所は そのハードによって様々ですが Switchはどこにセーブデータが保存されるのでしょうか? Switchのセーブデータはゲームソフトには保存されない! 昔からゲームをやり続けている方には目からうろこかもしれませんが Nintendo Switchにはゲームのセーブデータは保存されません。 そのためソフトの貸し借りをしても 元々の所有者のデータが移行されることはないのです。 ではどこに保存されるのか? それは Switch本体に内蔵されているメモリーになります。 パッケージ版ソフトでもダウンロード版ソフトでもすべて セーブデータは本体内蔵のメモリーに保存されるのです。 それはSDカードが挿入されていても同じです。 ちなみに SDカードを挿入すると優先的に 写真や動画、セーブデータ以外のデータはSDカードに保存されていきます。 セーブデータはどうやってバックアップするの? iPhoneならiCloudやiTunesにバックアップを取るだけで 万一の時でもデータの復旧が可能になってくるわけですが Nintendo Switchの場合はどうでしょうか? 調べてみたところしっかりとセーブデータをバックアップ(預かる) サービスが見つかりました。 任天堂の「セーブデータお預かりサービス」とは 対応されたセーブデータを自動的にインターネットのクラウドを通じて バックアップして、万が一の時に備えるサービスになります。 しかしながら一部ゲームやサービスではセーブデータのバックアップを取ることが 出来ないので注意が必要になります。 セーブデータのコピーは不可能なので要注意! クラウドに保存したら複数の端末で同じセーブデータを使って遊べるのでは?! と思っている方もおられるかもしれませんが答えはNOです。 任天堂公式でも書かれているように、 セーブデータをコピーしたり、ほかのユーザーで使用することは不可能になっています。 また、ユーザーに連携している任天堂アカウントを削除して 別のアカウントでログイン、ゲームをする、といったこともできませんので 十分に注意する必要があります。

次の

ユーザーの引っ越しとセーブデータの引っ越し|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

スイッチ セーブ データ 移動

『Nintendo Switch Lite』をどう使い分けるか 携帯特化の『Nintendo Switch Lite』が発表されましたが、2台目として購入したときにソフトやセーブデータの共有はどうなるのかとコメントが多くでています。 結論から言うと、出来ます。 ダウンロードソフトの共有 ダウンロードしたソフトは「いつもあそぶ本体」を設定することで、2台目以降のSwitchにも切り替えて遊ぶことができます。 ただ2台目は ネットにつながっている時のみ遊べるという条件がありますので、持ち歩く可能性の高い『Lite』を「いつもあそぶ本体」に、従来機を「サブ」にする必要がありそうです。 ただ家族のアカウントがメイン機にある場合は「いつもあそべる本体」を『Lite』にしてしまうと厄介ではあります。 セーブデータの共有 セーブデータに関しても引っ越しという形で移動することができます。 Nintendo Switch Online(有料サービス)の「セーブデータお預かり」機能をつかえば、ネットを介して、ほかの本体が預けたセーブデータをダウンロードすることもできます。 ただメイン機とサブ機でセーブデータをダウンロードしてプレイするのは手間がかかります。 私も家族用「いつもあそぶ本体」自分用サブがありますが、だんだん面倒になってほぼいれかえていません。 だんだんと、このソフトは『Lite』でプレイとかなってくるんじゃないでしょうか。 今後は「2台でデータ共有できるように開発をしている」との話もあるようなので、『Lite』の発売にあわせて任天堂さんが何か手をうってくれるといいのですが・・。

次の