スプラトゥーン2 上達。 [スプラトゥーン2]立ち回りを分かってない人が多すぎるからちょっと図使って説明するわ

【スプラトゥーン2】エイムが合わない原因は右スティックにある?これがエイム上達の第一歩!

スプラトゥーン2 上達

もくじ• B帯からA帯に上がるための立ち回り エイム力を身につける A帯に上がる人の特徴としてエイムがしっかりしている人が多いです。 エイム力は的に当てたいときに当てる能力のことです。 エイムは練習もしくは実践で身につけるしかありません。 敵が的の中心に来るようにすることを意識すれば、エイム力を上げるためのコツが分かってきます。 エイム力を上げる方法は「」で紹介しているので、ぜひ参考してくださいね。 イカ潜伏をうまく活用する 敵が来そうなところでイカ潜伏をして、復帰してきた敵をキルしましょう。 敵にバレないように潜伏できれば、リスキル(リスポーンキルとは相手が復活してからすぐに倒す)することができ、戦況が有利に立つことが可能です。 潜伏場所としては高台や壁の近くなど敵からすぐに攻撃できない場所に潜伏することがおすすめです。 ステージによってリスキルできるポイントが違うので、お気に入りのリスキルポイントを見つけましょう。 しっかりクリアリングをする さきほど「イカ潜伏がおすすめ」と紹介したように、逆に敵が潜伏している可能性があります。 敵がいそうなところはクリアリングして、いつでも敵が攻めてきても問題ないように意識しておきましょう。 クリアリングは自分がキルされない以外にも味方の無駄なデスを減らすためにも重要です。 クリアリングの方法はサブウェポンのボムを投げて敵がいないか確認することが有効です。 敵の動きを把握する スプラトゥーンは敵がどこにいるか把握しておくことが重要で、敵の場所を確認するとき高いところから見渡してみるとわかりやすいです。 敵の位置が把握できていると、 味方が人数有利な状況に持っていくことや人数不利な状況で応援にいくことができ、ゲームを有利に運ぶことができます。 ヒト状態の敵を見逃さずに見ておくことや音を注意深く聞くことで、敵を位置を把握することが可能ですよ。 ジャンプ撃ちする ジャンプ撃ちをしてエイムをずらすことで、 不利な状況でも敵を打ち勝つことができるテクニックです。 ブラスター系でジャンプ撃ちをしている人が多いですが、シューター系なのでも追い込まれたときにジャンプ撃ちが有効です。 上級のテクニックですが、上手くなるために必要なテクニックでもあるので、ぜひ練習してマスターしてくださいね。 敵と味方のデス状況を確認する ガチマッチでは画面の上に出るデス数を意識して立ち回ることが重要です。 人数有利な状況ではガンガン攻めて、人数不利な状況では一旦引いて味方が復帰するまで待ちましょう。 どのガチマッチでも人数差がついていたらゲームが動き、人数差がついているときに攻守が逆転しやすいためです。 敵が落ちているときは攻めて、味方が落ちしているときは素直に引きましょう。 決め撃ちで倒す 敵が攻めて来るのが分かるときってありませんか。 敵の音が聞こえたり、波しぶきが上がってきたりするのが見えたら、そこから攻めてくるってことですよね。 敵が攻めてくる場所が分かったら イカ潜伏の状態で敵が来そうな方向に構えていれば、簡単にキルすることができるので実践してみてください。 正面から敵をキルしない 正面から敵をキルしようとすると、打ち負けてしまうことが多々あります。 エイムに自信がある人は正面からよいですが、相打ちがよいところです。 相打ちであれば不利な状況にならないと思っている方もいますが、人数不利な状況で相打ちするとさらに戦況が不利になってしまいます。 エイムに自信がない人は横や後ろから倒すようにすると、打ち勝つ確率が確実に上がるので試してみてください。 自分に合った武器を選ぶ 私は最初にZAPとかわかばシューターを使っていたのですが、スプラシューターコラボに変えたら勝ちが安定するようになりました。 プレイヤーによって使いやすい武器、使いにくい武器が存在すると思うので、自分に合った武器を選ぶようにしてください。 こちらで「」を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 ジョイコンからプロコンに変える スプラトゥーン2を最初にニンテンドースイッチを購入したときに付属してきたジョイコンでプレイしているが多いのではないでしょうか。 ジョイコンも比較的操作がし易いのですが プロコンは操作感が断然良くなっているので、お金に余裕がある人はプロコンに変えることで上達が早くなります。 スプラトゥーン2仕様の可愛いプロコンもありますよ。 エリアを塗ることを意識する 動ける場所がなくて敵からキルされることはないでしょうか。 動く場所がないと、 自分だけでなく味方も動く場所がなくなり連続キルされる可能性が高いです。 エリアを塗ることは、とてもお手軽に有利状況を作る方法です。 シューター系など塗りやすい武器を使っているのであれば、エリアを塗ることを意識しましょう。 ギアを揃える 初心者の方で意外とやっていないことが、ギアを揃えることで、ギアを集めるか集めないかで実力差が出てしまうこともあります。 ギアを集めることで操作感が変わってくるので、ギアを揃えてみましょう。 こちらの記事で「」について紹介しています。 ガチマッチごとの戦い方を身につける ガチマッチにはそれぞれルールに戦い方があり、同じような戦い方をしていては勝つことができません。 私が実践しているガチマッチの攻略方法について紹介します。 ガチエリア ガチエリアは開始直後が一番重要になり、最初にキルされないようにしてください。 ガチエリアの場合は最初にエリアを取られて味方が落ちている状況だとエリア以外の場所も塗られて逆転が難しくなります。 自分がキルされないことで味方がすぐに復帰し、前線を下げないことがガチエリアでは重要です。 ガチホコ ガチホコは開始直後にホコのバリアを割りに行きます。 ホコのバリアを割ることで一面をインクで塗ることができ、戦いを有利にすすめることができます。 ガチホコショットで敵を一掃することも可能なので、積極的にホコを持ちに行きましょう。 ガチホコは一瞬で勝敗がつくので、敵が全落ちしていたりする場面があれば無理にでもホコをゴールに持っていくことが重要です。 ガチヤグラ ガチヤグラは敵が3落ち以上しない限り、ヤグラに乗らないでください。 ヤグラに乗ることで標的の的になりますし、ヤグラに乗っている人を除くと3対4の状況で戦うことになります。 まずは敵を3落ちされることに専念し、ヤグラに乗ることを心がけてください。 3落ちしている状況であればヤグラをかなり進めることができ、勝利に近づくことができます。 ガチアサリ アサリは9個まで持つことを意識して、ガチアサリを作らないようにしましょう。 敵が3落ち以上したとき、ここぞというときに一気に攻めることでカウントを稼ぐことができます。 また、リスキル 敵が復活してきたときにキルすること を狙ってアサリバリアに近づけないことがおすすめの戦い方です。 人数有利な状況を作る スプラトゥーン2にとって 人数有利な状況を作ることが勝利のカギとなります。 スプラトゥーン2になってから1人での打開が難しくなったと感じており、スプラトゥーンのときよりインクが足元を取られるようになりました。 ガチマッチで押されてときも無闇に敵へ突っ込まないようにして、2対1などの人数有利な状況を作っていきましょう。 自分のプレイを分析する 試合に勝ったとき負けたときに、自分のプレイを分析して次の試合に活かしましょう。 自分のプレイの分析にはがおすすめです。 イカリング2はキル数だけでなく、デス数や塗りポイントなどの個人成績を確認することが可能です。 武器やプレイスタイルによって、向き不向きがあるので、アプリを利用して把握しましょう。 さいごに スプラトゥーン2でウデマエを上げるコツについてまとめてみました。 味方が弱くて負けてしまうこともありますが、 自分が強くなることで必ずA帯に上がることができます。 ぜひ立ち回りを参考にしてウデマエを上げてもらえたら嬉しいです。

次の

スプラトゥーン2初心者の立ち回り!上達する練習方法・コツ2

スプラトゥーン2 上達

もくじ• B帯からA帯に上がるための立ち回り エイム力を身につける A帯に上がる人の特徴としてエイムがしっかりしている人が多いです。 エイム力は的に当てたいときに当てる能力のことです。 エイムは練習もしくは実践で身につけるしかありません。 敵が的の中心に来るようにすることを意識すれば、エイム力を上げるためのコツが分かってきます。 エイム力を上げる方法は「」で紹介しているので、ぜひ参考してくださいね。 イカ潜伏をうまく活用する 敵が来そうなところでイカ潜伏をして、復帰してきた敵をキルしましょう。 敵にバレないように潜伏できれば、リスキル(リスポーンキルとは相手が復活してからすぐに倒す)することができ、戦況が有利に立つことが可能です。 潜伏場所としては高台や壁の近くなど敵からすぐに攻撃できない場所に潜伏することがおすすめです。 ステージによってリスキルできるポイントが違うので、お気に入りのリスキルポイントを見つけましょう。 しっかりクリアリングをする さきほど「イカ潜伏がおすすめ」と紹介したように、逆に敵が潜伏している可能性があります。 敵がいそうなところはクリアリングして、いつでも敵が攻めてきても問題ないように意識しておきましょう。 クリアリングは自分がキルされない以外にも味方の無駄なデスを減らすためにも重要です。 クリアリングの方法はサブウェポンのボムを投げて敵がいないか確認することが有効です。 敵の動きを把握する スプラトゥーンは敵がどこにいるか把握しておくことが重要で、敵の場所を確認するとき高いところから見渡してみるとわかりやすいです。 敵の位置が把握できていると、 味方が人数有利な状況に持っていくことや人数不利な状況で応援にいくことができ、ゲームを有利に運ぶことができます。 ヒト状態の敵を見逃さずに見ておくことや音を注意深く聞くことで、敵を位置を把握することが可能ですよ。 ジャンプ撃ちする ジャンプ撃ちをしてエイムをずらすことで、 不利な状況でも敵を打ち勝つことができるテクニックです。 ブラスター系でジャンプ撃ちをしている人が多いですが、シューター系なのでも追い込まれたときにジャンプ撃ちが有効です。 上級のテクニックですが、上手くなるために必要なテクニックでもあるので、ぜひ練習してマスターしてくださいね。 敵と味方のデス状況を確認する ガチマッチでは画面の上に出るデス数を意識して立ち回ることが重要です。 人数有利な状況ではガンガン攻めて、人数不利な状況では一旦引いて味方が復帰するまで待ちましょう。 どのガチマッチでも人数差がついていたらゲームが動き、人数差がついているときに攻守が逆転しやすいためです。 敵が落ちているときは攻めて、味方が落ちしているときは素直に引きましょう。 決め撃ちで倒す 敵が攻めて来るのが分かるときってありませんか。 敵の音が聞こえたり、波しぶきが上がってきたりするのが見えたら、そこから攻めてくるってことですよね。 敵が攻めてくる場所が分かったら イカ潜伏の状態で敵が来そうな方向に構えていれば、簡単にキルすることができるので実践してみてください。 正面から敵をキルしない 正面から敵をキルしようとすると、打ち負けてしまうことが多々あります。 エイムに自信がある人は正面からよいですが、相打ちがよいところです。 相打ちであれば不利な状況にならないと思っている方もいますが、人数不利な状況で相打ちするとさらに戦況が不利になってしまいます。 エイムに自信がない人は横や後ろから倒すようにすると、打ち勝つ確率が確実に上がるので試してみてください。 自分に合った武器を選ぶ 私は最初にZAPとかわかばシューターを使っていたのですが、スプラシューターコラボに変えたら勝ちが安定するようになりました。 プレイヤーによって使いやすい武器、使いにくい武器が存在すると思うので、自分に合った武器を選ぶようにしてください。 こちらで「」を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。 ジョイコンからプロコンに変える スプラトゥーン2を最初にニンテンドースイッチを購入したときに付属してきたジョイコンでプレイしているが多いのではないでしょうか。 ジョイコンも比較的操作がし易いのですが プロコンは操作感が断然良くなっているので、お金に余裕がある人はプロコンに変えることで上達が早くなります。 スプラトゥーン2仕様の可愛いプロコンもありますよ。 エリアを塗ることを意識する 動ける場所がなくて敵からキルされることはないでしょうか。 動く場所がないと、 自分だけでなく味方も動く場所がなくなり連続キルされる可能性が高いです。 エリアを塗ることは、とてもお手軽に有利状況を作る方法です。 シューター系など塗りやすい武器を使っているのであれば、エリアを塗ることを意識しましょう。 ギアを揃える 初心者の方で意外とやっていないことが、ギアを揃えることで、ギアを集めるか集めないかで実力差が出てしまうこともあります。 ギアを集めることで操作感が変わってくるので、ギアを揃えてみましょう。 こちらの記事で「」について紹介しています。 ガチマッチごとの戦い方を身につける ガチマッチにはそれぞれルールに戦い方があり、同じような戦い方をしていては勝つことができません。 私が実践しているガチマッチの攻略方法について紹介します。 ガチエリア ガチエリアは開始直後が一番重要になり、最初にキルされないようにしてください。 ガチエリアの場合は最初にエリアを取られて味方が落ちている状況だとエリア以外の場所も塗られて逆転が難しくなります。 自分がキルされないことで味方がすぐに復帰し、前線を下げないことがガチエリアでは重要です。 ガチホコ ガチホコは開始直後にホコのバリアを割りに行きます。 ホコのバリアを割ることで一面をインクで塗ることができ、戦いを有利にすすめることができます。 ガチホコショットで敵を一掃することも可能なので、積極的にホコを持ちに行きましょう。 ガチホコは一瞬で勝敗がつくので、敵が全落ちしていたりする場面があれば無理にでもホコをゴールに持っていくことが重要です。 ガチヤグラ ガチヤグラは敵が3落ち以上しない限り、ヤグラに乗らないでください。 ヤグラに乗ることで標的の的になりますし、ヤグラに乗っている人を除くと3対4の状況で戦うことになります。 まずは敵を3落ちされることに専念し、ヤグラに乗ることを心がけてください。 3落ちしている状況であればヤグラをかなり進めることができ、勝利に近づくことができます。 ガチアサリ アサリは9個まで持つことを意識して、ガチアサリを作らないようにしましょう。 敵が3落ち以上したとき、ここぞというときに一気に攻めることでカウントを稼ぐことができます。 また、リスキル 敵が復活してきたときにキルすること を狙ってアサリバリアに近づけないことがおすすめの戦い方です。 人数有利な状況を作る スプラトゥーン2にとって 人数有利な状況を作ることが勝利のカギとなります。 スプラトゥーン2になってから1人での打開が難しくなったと感じており、スプラトゥーンのときよりインクが足元を取られるようになりました。 ガチマッチで押されてときも無闇に敵へ突っ込まないようにして、2対1などの人数有利な状況を作っていきましょう。 自分のプレイを分析する 試合に勝ったとき負けたときに、自分のプレイを分析して次の試合に活かしましょう。 自分のプレイの分析にはがおすすめです。 イカリング2はキル数だけでなく、デス数や塗りポイントなどの個人成績を確認することが可能です。 武器やプレイスタイルによって、向き不向きがあるので、アプリを利用して把握しましょう。 さいごに スプラトゥーン2でウデマエを上げるコツについてまとめてみました。 味方が弱くて負けてしまうこともありますが、 自分が強くなることで必ずA帯に上がることができます。 ぜひ立ち回りを参考にしてウデマエを上げてもらえたら嬉しいです。

次の

【スプラトゥーン2】初心者必見!絶対に上手くなるコツ5選!|ゲームエイト

スプラトゥーン2 上達

ではYESとNOで判断することで思考を効率化し、瞬間的な状況判 断を可能にしました。 そして読んでウデマエが上がったら 「実践してみたらウデマエ上がったよ!」って白マティに連絡ください(笑) めっちゃ喜びます! さてテンションもアゲアゲになったところで、第6回「絶対にブレないブキの特徴と対策、ブキ選びの考え方」をやっていきましょうかね(笑) 対策が必要なブキについて 現状で系統別にブキを分けるとこのような分類になります。 ・シューター系(マニューバー系含む) ・ローラー系 ・チャージャー系 ・ブラスター系 ・スピナー系 ・パラシェルター系 ・ヒッセン系 ・リールガン系 ・フデ系 この中でも知っておくと特に対策が必要なブキはこの3つです。 ローラー系の特徴と対策 ローラーは潜伏からの一撃必殺が超強力ですが、 一撃放ったあとに次の攻撃まで時間がかかること 、 そしてメインブキ単体での移動能力はそこまで高くないことが特徴です。 このローラー系のよく見かけるプレイスタイルは、潜伏からの奇襲、もしくはイカ速+イカニンジャでの速攻がほとんどですね。 自分の考えは固まっていますが、一応ネットにある対策法を調査するために「ローラー 対策」って調べてみました。 大体 「しっかり塗りのこさないようにクリアリング」と 「引き撃ち」とかHITしてきましたね。 確かに両方とも大事だと思います。 ですが、僕はあえて 違う対策をおすすめします。 それは 「縦振りの後を狙う」こと。 何故「横振り」ではなく「縦振り」なのかというと、ローラーの射程範囲内で戦った時「横振り」は避けられませんが、 「縦振り」は避けられるからです。 縦振りは横方向の攻撃範囲が狭くなるので、 よく見てから狙わないと非常に当てづらいという難しさも併せ持っているんですね。 なので、イカ移動状態で姿を見せずに我慢して待ってみると、縦振りの直撃を避けることって割と簡単です。 そして 縦振りをよけた後にしっかりと置きエイムを意識して確実に倒すと。 なので僕の場合は 一定距離を保ちつつ縦振りを引き出すような立ち回りを意識してます。 ローラーとの勝負はタイミングが命です。 スリルを感じながら駆け引きを楽しんでみましょう(笑) ブラスター系の特徴と対策 ロングブラスターやノヴァブラスターなど、一概にブラスター系といってもその種類はかなり多くあり、それによって特徴や立ち回り方は大きく異なります。 ですが、どのブラスターでも1つだけ絶対に共通する特徴があります。 それは 足元を素早く塗ることが出来ないということ。 なので相手の足元にスプラッシュボムを転がしてみてください。 サクッと倒せるときがありますよ。 ボムがなければ 出来る限り広くて高低差がないところで戦うのがおす すめ です。 ブラスター系の強みは爆発によって高低差や遮蔽物を超えた攻撃が出来ることですから、 広く平坦なところで戦うことでブラスターが持つ強みを無くしてしまいましょう。 この際に大きめに横移動をすることを心掛けると、直撃をもらいにくくなるのでより倒しやすくなります。 パラシェルター系の特徴と対策 「カサを展開して正面からの攻撃を防ぐ」 非常にシンプルですが、基本的に正面からしか攻撃できないシューター系に強いのが特徴です。 なのでブラスター系やヒッセン系など直線以外の攻撃を持つブキは特に対策が必要ではありませんが、そうでないシューター系は対策が必要です。 これの対策、シューター使いの僕としては結構悩みました。 正面から撃ち合ってもパラシェルターを壊そうとしても、壊れる前に閉じちゃうから全く意味がなかったりと。 そして色々試してみた結果、対策法は 「パラシェルター展開時に敵から見て45度以上横に移動する」に落ち着きました。 大きく横移動することで こちらの攻撃が当たる可能性も出てくるし、なによりパラシェルターを閉じた後の 相手攻撃の狙いをずらすことが出来ます。 この対策をすることで、瞬殺は出来ませんが 1対1の撃ち合いにおける勝率はかなり上がりました。 ブキ選びの考え方について その時々で強いブキは変わっていて、その強いブキの中から自分が得意なものを使うというのが一番勝ちやすいブキの選び方です。 基本的には、最初にスペシャル、その次にメインブキを選ぶのがおすすめです。 何故そうおすすめするのかはで書いてますので、ぜひ読んでみてください。 しかし対策をしたからといっても 相手武器の得意なシチュエーションで戦ってしまうと負けやすくなってしまうので、そういった状況にならないように心がけておきましょう。 さあこの第6回が終わっったことで、自分の能力を高め、ブキへの対策を知りました。 このことによって、 皆 さんが1対1などの細かい部分でより最適な立ち回りが出来る様になっていくはずです。 そして次回は「逆転を防ぎ、逆転を狙うためのマップ知識と考え方」についてです。 「あの失敗さえ無ければ勝てたのに」といった勝ち漏らしを防ぐために覚えておきたい知識を説明します。 勝負に勝って試合に負ければウデマエは下がりますので、そういったこと悲しいことが無くなるようにしたいですね。

次の