阪神タイガース 補強 2020。 阪神タイガースの2019年ドラフト指名予想と補強ポイント、2020年の編成【野手編】

2020年の阪神タイガース

阪神タイガース 補強 2020

まずは現状の阪神タイガースの戦力をポジションごとに見てみよう 阪神タイガース戦力:投手 出典:NPB さてそれではまず投手陣から見ていきましょう。 2019のシーズンはご覧の通り防御率3. 46とセ・リーグ一位。 やはり阪神タイガース投手陣の最大の強みはリリーフピッチャー陣の安定感と層の厚さでしょう。 守護神に復帰した 藤川選手を筆頭に昨年度はフル稼働しました。 しかしながら今年度は ドリス選手、ジョンソン選手が退団し、一昨年フル稼働した桑原選手のケガによる不調、また40歳を迎えた能見選手のことを考えると今後リリーフ陣の補強は必要になってくるかと思います。 先発陣に関してはローテーションを安心して任せられるのは 西勇樹選手、 青柳選手の二人でしょうか。 ただ、 岩貞選手、秋山選手、高橋選手、小野選手、才木選手など今後のさらなる活躍を期待できる選手がたくさんいるので、個人的には先発陣は今の布陣で頑張ってほしいなと思います。 また、再三メディアでも取り上げられている 藤浪選手の復活を期待したいところであります。 矢野監督が言う通り、 藤浪選手が復活すれば『ぶっちぎりの優勝』だって狙えるはずです。 キャッチャーは慌てて補強せんでもよさそうやな。 阪神タイガース戦力:内野手 さてさて次は内野手について見ていきましょう。 昨年は 鳥谷選手の退団がありショックを受けた虎ファンも多かったのではないかと思います。 そんな阪神の内野陣ですがこれまたポジションごとに細分化していくとまずはショートとセカンドの二遊間は特に問題なし。 セカンドは右の 上本選手、左の 糸原選手で調子を見ながらスタメンを組むことになるでしょう。 また、ショートも右の 北條選手、左の 木浪選手が競う形が基本ラインとなりそうです。 次にファースト。 おそらく今年はしばらくは結果が出なくても新加入の ボーア選手が起用されていたでしょう。 ただ、やはり新外国人だけは正直フタを開けてみないとわからない。 すぐにスポーツ紙は 『バースの再来』と煽り立てるところがありますが、 『ロサリオの悲劇』だって十分考えられる・・・。 こればかりは本当にフタをあけてみないとわからない。 さてサードだが、こちらも昨年加入した マルテ選手と4番経験のある 大山選手が争うことになりそうである。 ただ、どちらも共通して言えることは長打力に乏しいということ。 『右の大砲』という看板を背負うにはまだ少し物足りなさを感じる。 ホームラン数は昨年94本と甲子園を本拠地とはいえ、ちょっと物足りない部分はあるわな。 阪神タイガース戦力:外野手 さて最後に外野手ですが、昨年大ブレイクの近本選手が当確。 大きなケガでもない限りレギュラーはほぼ確定でしょう。 さて、問題は両翼です。 まずは福留選手。 年齢も40歳を超え大ベテランの領域に入ってきました。 シーズン通してフルで戦うのは体力的にも厳しくなってくると思います。 個人的に 福留選手には『代打の神様』のポジションでゆくゆくはチームを支えてほしいです。 糸井選手はケガさえなければ、フルシーズン活躍できるだけの力がまだあるとは思いますがやはり膝に爆弾を抱えており不安定なところは正直あります。 戦力としては半シーズン活躍してくれるぐらいの心づもりでちょうどいいかと。 福留選手、 糸井選手の穴を埋めてくれる選手候補が、 高山選手、 中谷選手、新加入の サンズ選手でしょうか。 高山選手はアベレージはある程度計算できますが、ホームランはあまり期待できない。 中谷選手はホームランは期待できるがアベレージは期待できない。 チーム全体のバランスを考慮しての起用が多くなると予想されます。 ボーア選手や大山選手がホームランを量産すれば 高山選手。 そうでなければ、ファーストに 中谷選手が入るというケースも考えられますし、外野には 高山選手が入る可能性もあるでしょう。 そこにこれまた未知数の サンズ選手がどれだけアピールできるかですね。 あとは 江越選手。 どの野球関係者もみな口を揃えて身体能力は群を抜いているということを言われています。 何かをきっかけで大化けしてくれると嬉しいですね。 岩崎と能見! はい。 呼び捨てで答えましたね。 もちろん配置転換なども考えられますが現状としてはこの二人。 能見選手も40歳です。 その点を考えれば、左のセットアッパーの枚数を増やす必要があるかもしれません。 まぁ大きくまとめれば左ピッチャーですね。 育成というのは今後長い目でじっくりと球団で育ててほしいという意味です。 できれば、広島の 鈴木誠也選手や西武の 山川穂高選手のようなバッターを育ててほしいです。 大山選手や マルテ選手、 中谷選手、 陽川選手と長打が打てる右バッターはいますが先ほども述べたように『右の大砲』まではいかない。 もちろんこの選手たちが活躍してくれるにこしたことはないのですが、やはり阪神タイガースの優勝の鍵は『右の大砲』だと思っています。 左のアベレージバッターは枚数が揃っていますしね。 やっぱり甲子園が本拠地だと左は物理的に不利です。 長打が出にくい・・・。 高山選手もびっくりです わかる人にはわかる。 島根県出雲商業高校出身で、甲子園出場経験はありませんが最速は147キロのストレート183㎝と長身で落差の大きいスライダーを武器としています。 2019秋のリーグ戦では8試合に登板して防御率1. 三振が取れるピッチャーであることが大きな魅力です。 個人的にはセットアッパーのほうがむいていると思っていますので、阪神タイガースの今の戦力と対比させれば是非上位獲得してほしい選手の一人です。 また投球フォームがかつて巨人やメジャーで活躍した 岡島投手にものすごく似ていますね。 途中から登板してこられるとバッターからすればタイミングが取りにくいタイプだと思います。 ヤマハに所属する池谷蒼大 いけやそうた 選手です。 高校は静岡県立静岡高校に通っており、高校2年生の時に春のセンバツに出場しています。 キレのあるストレートを武器に、カーブ、スライダーを投げ分けます。 投げる際に左腕がバッター側から見ると体の後ろに隠れ、これまたタイミングが取りにくいピッチャーだと思います。 高校生の時と社会人になってから大きく投球フォームが変わっています。 バッターの打ちにくいフォームを研究したのではないでしょうか。 ちょっとソフトバンクの和田選手の投球フォームに似てる気がするのでもしかしたら参考にしてたのかもしれません。

次の

阪神タイガースの補強ポイント 2019年オフ~2020年開幕!

阪神タイガース 補強 2020

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました! 今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。 球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。 現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。 そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか? この記事では2020年の阪神タイガースの戦力分析してみました。 阪神は2019年は3位でクライマックスシリーズ進出を果たしましたが、惜しくもファイナルステージで巨人に敗れました。 雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう? 気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。 ぜひご覧ください。 FAで獲得した西は期待通りの活躍をしながらも、ガルシアの成績が停滞するなど先発ローテーションはなかなか固まらない1年でした。 しかし、新外国人として獲得したジョンソンやドリスを中心としたブルペン陣が盤石の体制でブルペン陣については12球団でもNo. 1と呼べる活躍でチームを牽引しました。 一方で野手陣は近本・木浪のキナチカコンビがルーキーは思えない活躍で1・2番を固めることもできましたが、2018年からの慢性的な得点力不足、糸井や福留といったベテラン便りの構図は解消されず、シーズンを通して波に乗り切れなかった最大の要因と言えます。 またチーム失策数が102と12球団最下位であったことも優勝争いに加われなかった要因の1つであったという印象です。 シーズン最終盤に42回連続無失点で滑り込みでのクライマックスシリーズ進出を果たしたようにブルペン陣の活躍がとにかく光った印象の一年間でした。 4番に入るであろうボーア選手についてはホームランか三振かというタイプで、上手くはまると大きな戦力になると思いますが、過度な期待は禁物という印象です。 阪神タイガース2020 年戦力分析 野手 外国人の選手の補強が中心であり、外国人枠の問題もあるので2019年からの大きな成績向上は難しいという印象です。 既存戦力の底上げが大きなカギを握ると思います。 注目ポイントは下記3点です。 この2名の休養日にサンズを使い、外国人枠を1つ使うようなことがあると投手陣にしわ寄せが来るので、記載した 3名が中心となってレギュラーを奪取するような活躍が必要です。 特にレギュラーが現状確定していそうな ボーア選手はファーストか守れないので、他2名についてどう配置するか、投手枠との兼ね合いも含め注目です。 その中で先発の注目ポイントは「本格派右腕の台頭」です。 記載の通り現状でローテンション入りが有力視されているのは、西・青柳・高橋・外国人の4枠であると考えられます。 現メンバーを見ると制球派・サイドスロー・左本格派とバラエティには富みますが、明らかに右の本格派が欠けています。 ここで 期待されるのが浜地・才木の4年目右腕2人です。 浜地に関しては、九州四天王の一人の太田龍が巨人に入団し、プロの先輩として違いを見せると共に先を越されている山本由伸に続くために重要なシーズンになります。 才木に関しても2019年は怪我に悩まされ、2020年は再起のシーズンになると思います。 2人のうちどちらかが8勝程度勝てると、ローテーションが盤石になると思います。 中継ぎ 阪神タイガース2020 年戦力分析 開幕スタメン予想 打順 選手名 ポジション 1 近本 中堅手 2 大山 二撃手 3 糸井 右翼手 4 ボーア 一塁手 5 福留 左翼手 6 マルテ 三翼手 7 梅野 捕手 8 木浪 遊撃手 9 西 投手 注目は2番セカンド大山です。 大山に関しては「配球の読みの甘さ」が課題としてありますが、盗塁王近本の後に入ることで速球中心の配球になる、かつ阪神打線最注意人物の糸井の前に入ることでマークが分散する、この2点で配球の選択肢はある程度限られてくると思います。 大山が攻撃的2番として活躍ができれば、打線の厚みが出ると思います。

次の

阪神タイガースの補強ポイント 2019年オフ~2020年開幕!

阪神タイガース 補強 2020

阪神タイガースの新外国人・ドラフト獲得選手・FA・トレード・契約更改、タイガース球団の最新情報! 今年の阪神は、ドラフト1位で奥川を狙い外してしまったが外れ1位で西純矢投手の獲得に成功、2位では地元の井上外野手の獲得にも成功し、さらには高校生BIG4の左腕及川や、高校生注目内野手の遠藤、そして高校生の強肩捕手藤田を獲得するなど近年では見たことがない、という甲子園で活躍した高校生達の獲得に成功し、専門家の間では大成功のドラフトと評価が高いが、新外国人の獲得も終わりいよいよ春のキャンプに突入する。 それでは、今年も阪神のドラフト、トレード、FA、外国人補強などの球団情報をまとめていきたいと思います。 最新情報が入り次第、随時更新します。 2020年 阪神タイガース新外国人 1 中田 賢一 37 投 前ソフトバンク 2 ジャスティン・ボーア 31 内 前エンゼルス 3 ジョー・ガンケル 27 投 前3A 4 スアレス 28 投 前SB 5 ジェリー・サンズ 32 外 前キウム 6 ジョン・エドワーズ 31 投 前インディアンス 2020年 阪神 外国人 推定年俸 氏名 2019 2020 1 ボーア — 2億7500万円 2 ガンケル — 5500万円 3 スアレス 5000万円 8000万円 4 サンズ — 1億2100万円 5 マルテ 1億1000万円 1億4000万円 6 ガルシア 1億7000万円 — 7 呂彦青 800万円 — 8 エドワーズ — 8800万円 2020年、阪神の戦力分析 2019-12-18 15:42 12. 15 阪神が新外国人、ジョー・ガンケル投手(27)を獲得、196cm、102キロ、右投げ右打ち、平均球速は145キロ、今季は3Aニューオーリーンズで主に先発として19試合に登板し8勝2敗、防御率3・59だった。 年俸は推定50万ドル(5500万円)。 14 阪神が、前エンゼルスのジャスティン・ボーア内野手(31)の獲得を発表した。 年俸は1年契約で、推定250万ドル(約2億7500万円) 11. 30 阪神がジョンソン投手とドリス投手との契約がまとまらず緊急事態に備えて補強策の練り直しに、日本球界で経験のある外国人投手を幅広く調査することを明かした。 阪神の調査対象候補 は、 DeNA ソリス、バリオス 広島 レグナルト、ヘルウェグ 日本ハム ハンコック、バーベイト 西武 マーティン、ヒース ロッテ ボルシンガー ソフトバンク ミランダ、スアレス、の名前が挙がっている。 20 阪神が来季の新外国人として、メジャー通算92発のジャスティン・ボア内野手(31)を、最有力候補に挙げていることが19日分かった。 19 阪神が新外国人、アデルリン・ロドリゲス内野手(28)獲得か.

次の