お変わりはありませんか 英語。 この日本語、英語で何という?(7)|英語・英会話の情報ランド

「お変わりありませんか」の意味とビジネスでの使い方、類語、返し方、英語表現を解説!

お変わりはありませんか 英語

プライベート、 仕事問わず様々なシーンで 私たちは 「状況」を 確認する場面に遭遇します。 直接対面や手紙、 メールなどで 「最近の状況はいかがですか?」 など相手の 「状況」を尋ねる場面も 日常のワンシーンです。 例えば、仕事で言うと 「進捗の状況」の確認など、 「状況」を確認するフレーズは 日常会話やビジネスでの ネイティブがよく使う 英語表現の1つです。 日本でも 「状況はいかがですか?」や 「どんな状況ですか?」など、 「状況」を使った フレーズを頻繁に使います。 ただ、いざ英語になると どのような表現があるのか 分かりませんよね。 そんな「状況」に関する フレーズをあなたは 英語で表現できますか? 「状況」の説明は 日本語でも難しい表現ですし、 英語となればすぐに フレーズが出てこないのでは ないでしょうか? そこで 今回は 「状況」 と言う言葉を用いて、 すぐに活用できる フレーズを17選紹介します。 会話に活かすためにも、 ぜひ、今回紹介する フレーズを覚えましょう! 目次• 友達との会話で使える「状況」を確認するフレーズ 1. How are you doing after that? その後いかがですか? 「after that」で 「その後」を意味しますので、 「How are you doing」の 「調子はどうですか?」 に繋げると 「その後はいかがですか?」 と言う「状況」を確認する フレーズになります。 Any updates? 何か新しいことあった? 3. Any news? 何か新しいことあった? ここで使われている 「update」や 「news」は 「新しい情報」を意味しますので、 「何か新しいことあった?」 と最新の「状況」を知りたいときに 使えるカジュアルフレーズです。 ビジネスシーンで使える「状況」を確認するフレーズ 職場や仕事で現在の 「状況」を確認するときは、 質問調で様子を 伺うようにしましょう。 How have things been after that? その後状況はどうですか? 5. How are things turning out? その後状況は分かりましたか? このフレーズの 「How have things. 」と 「How are things. 」で 「状況はどうですか?」と言う 「状況」を確認する 意味合いになります。 そして 「after that」で 「その後」と言う意味になるので、 何か原因があって事が 起きたあとの「状況」を 確認するときに使いましょう。 How is it coming along? 2つのフレーズで 共通して使われている 「come along」は いろんな意味がありますが、 ここでは「進捗状況」 として意味を持ち、 「進捗状況はいかがですか?」 と言う内容の質問になります。 How is it going? 状況はいかがですか? こちらで使われている 「going」は「進展している」と言う 意味合いを持ちます。 「どう言う感じで進んでいますか?」 と言う「状況」を確認したいときに 使えるフレーズです。 プロジェクトの進捗「状況」を確認するフレーズ 12. Could you tell us about the current status? 進捗状況について 教えていただけますか? 13. Could you inform us of the current status? 進捗状況について 教えていただけますか? 14. Could you report to us about the current status? ここで使われている 「current status」は 現在の「状況」についてを 表す表現ですので、 今現在の進捗「状況」を 伺うときに活用しましょう。 また 「current situation」 というフレーズに変えても 同じ進捗「状況」の 確認になりますので、 どちらを使われても大丈夫です。 Are we on schedule? 予定通り進んでいますか? こちらはダイレクトに 「予定通りできてる?」 と聞くフレーズになります。 ですので答えも 「Yes」か 「No」の ダイレクトな返信を求めるときに 活用しましょう。 「be on schedule? 」で 「予定通りに」と言う 意味を持ちます。 ここに「We」を使うことで 「私たちで行なっている計画」 と言う内容のフレーズになります。 Any update on this? この件で何か進捗はありましたか? 17. Do you have any updates on this project? このプロジェクトで 何か進捗はありましたか? こちらは進捗「状況」を 確認するときに何か 「変化はありましたか?」を 再度確認するときに使いましょう。 「update」は 「更新情報」や 「最新情報」 を表します。 英語では人とのやりとりに 対してもよく使われています。 英語での「状況」確認はこれで完璧!使えるフレーズ17選まとめ いかがでしたでしょうか? 日本語で 「その後はいかがでしょうか?」 と尋ねるような、 「状況」を確認するフレーズは 本当に色々なシーンで使われます。 英語にすると、 まずカジュアルシーンと ビジネスシーンでは 言い方が変わります。 何より、 確認したい 「状況」に 合わせて選べるくらい、 「状況」を確認する表現の 種類が多いことが 分かったのではないでしょうか? その時々で どのようなフレーズを使えばいいのか、 慣れないうちは少し戸惑ってしまうでしょう。 英語で 「状況」を確認する時は、 まず 「状況」を確認する意図を 考えてから言葉に出してみてください。 特にビジネスシーンでは 仕事の依頼した仕事の 「状況」や プロジェクトの進捗 「状況」の確認など、 「状況」を尋ねたり 報告するシーンがたくさんあります。 いきなり 「状況」を 確認するシーンになっても 戸惑わないように、 ぜひ今回紹介した フレーズをマスターして、 会話に活かしてくださいね!.

次の

「お変わりありませんか」の使い方・敬語での言い方・返事の方法

お変わりはありませんか 英語

そんな時、「お変わりありませんか」というフレーズはとても便利です。 「お元気ですか?」という問いかけでは、健康や気分などに限定して答えを求められているように感じますが、「お変わりありませんか」であれば例え持病があって快方に向かっていなくても、「はい」と答えやすいですし、特に困ったり不快に感じるような問いかけにはならないからです。 聞かれている話題の範囲が広いので、「はい、お陰様でなんとかやっています」と相手の答えも無難で前向きになりやすいですし、「実は最近犬を飼い始めて」など明るい話題を引き出しやすくなります。 また、「皆さま」と頭につけて、その方の家族や社員、仲の良い友人など皆を気にかけていることを感じさせることもできます。 「お変わりありませんか」という言葉は、使い方を工夫すれば相手に良い印象を与えることもできる、オールマイティなフレーズです。 「お変わりありませんか」というフレーズは便利ですが、少し気を付けなければならない点もあります。 例えば、「お変わりありませんか」と聞いた時、相手が「実は事故にあって」などネガティブな返しをすることがあります。 そんな時、あまりその場で根掘り葉掘り聞いたり、広げすぎないようにすることが大切です。 そもそも、「お変わりありませんか」というフレーズを使うのは、フランクな間柄の方ではなく、少し気遣いが必要で、丁寧に会話をした方が良い相手です。 「それは大変でしたね」など受け止めつつ、ネガティブな話題が広がりすぎないよう切り上げ、次の明るい話題にスムーズに入れるようにするのがマナーです。 商談や打ち合わせなどに入る前のつかみの挨拶として使う場合はなおさら、本題は別のところにある、ということを忘れないようにしましょう。 「お変わりありませんか」という表現は手紙でもよく使われます。 手紙を書くときは「書き言葉」を使いますので、口語では少しかしこまったように感じる方もいるでしょうが、手紙では適切な表現となります。 手紙は、一般的には「拝啓」「前略」などの頭語の後に、挨拶文、本文、結びの言葉、「敬具」「草々」などの結語で構成されています。 この、挨拶文の部分に「お変わりありませんか」を使うことができます。 季節を感じさせるキーワードを入れて挨拶する場合もありますが、「お変わりありませんか」というフレーズであれば、オールシーズン使うことができるので便利です。 間柄によって変化させ、下記を参考に自分に合った言い方を見つけましょう。 例) ・皆様お変わりございませんでしょうか ・お変わりなくいらっしゃいますでしょうか ・その後お変わりありませんでしょうか 親しい間柄の方とのメールであれば、「お変わりありませんか」というフレーズを使用しても大丈夫です。 これも手紙と同様、相手との間柄を踏まえて、言い方を変化させて使用しましょう。 プライベートなメールでフランクに話したい時は、「お変わりありませんか」と無理して言わなくても、「お元気ですか」「お久しぶりです」「なかなか連絡できず申し訳ありません」など他の言い方に変えても良いです。 「お変わりありませんか」というフレーズを目上の方に使いたい場合、親しい間柄であれば「お変わりございませんでしょうか」「お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか」など、丁寧な言い方に変えることで失礼にあたることなく、使うことができます。 ただし、あなたのことを「フランクな人柄だ」と感じさせてはいけない相手や、親しいとは言い難い厳格な上司や重要な取引先の方に対しては、「お変わりありませんか」という表現自体、たとえ丁寧な言葉に直したとしても、使用しない方が良いでしょう。 どうしても使いたい場合は、自分が久しく連絡していなかったことを詫びる形でお伝えする方が良いでしょう。 例えば「大変ご無沙汰致しております」「久しくご挨拶もせず、恐縮でございます」「長らくご連絡を怠り、誠に申し訳ございません」などの言い回しであれば、厳格な雰囲気の方にもお伝えしやすいはずです。 親しい間柄の方であれば、「お変わりありませんか」とそのまま使用しても大丈夫ですが、ビジネスシーンでは少し気をつけた方が良いでしょう。 例えば、何度もお会いしたことのある親しい取引先の方や、納品した商品の調子を尋ねる場合や、医師など心身の体調をケアする職業に従事する方が「お変わりありませんか」「お変わりございませんでしょうか」など適切な使い方と言えます。 しかし、自分よりかなり目上の方や、厳格な雰囲気の会社の方に対して使うと、踏み込まれたくないプライベートな変化や安否を尋ねられるように感じて、違和感を覚える方もいらっしゃいます。 相手と自分がどのような距離感にいるのかを考え、迷う時は使用しない方が良いでしょう。

次の

英語で担当が変わりました、担当が違うと伝える|英文メール例文とサンプル

お変わりはありませんか 英語

「お変わりありませんか」の使い方と例文 メール・手紙 暫く連絡をとっていなかった相手に久しぶりに メールや手紙で連絡をとるという場合にも「お変わりありませんか」と使用することができます。 相手が健康で元気に過ごしていることが確実であるならば、「お元気ですか」とストレートに聞いても問題ありませんが、そうではない場合は「お変わりありませんか」と相手の様子を聞いてみるほうが良いと言えるでしょう。 例えば、 「 ご無沙汰しております。 昨年は披露宴に足をお運びいただきありがとうございました。 その後お変わりありませんか」 「 ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか」 というように使用します。 その他にも、「 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか」というような言い回しをすることも可能です。 年賀状 普段、 遠くに住んでいてなかなか会えない人や、滅多に連絡をとらない相手に一年に一度、年賀状を送るという場面は非常に多くありますよね。 「お変わりありませんか」は、こういった場合の「 年賀状での挨拶」にも使用できる言葉です。 例えば、 「 新年あけましておめでとうございます。 日頃はご無沙汰ばかりで申し訳ございません。 ご家族の皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか」 「 新年あけましておめでとうございます。 お元気でお過ごしのことと存じますが、お変わりありませんか」 「 よき新春をお迎えのことと存じます。 皆様お変わりないですか」 というように使用します。 「お変わりありませんか」に続ける文章 自分の状況を伝える 「お変わりありませんか」は、相手の状況を伺うフレーズです。 相手の状況を伺った後には、、 こちらの状況を伝えるような文章を添えると、相手にも自分たちが元気に過ごしていることを伝えることができます。 例えば、 「 私は最近趣味でジョギングを始め、日々体力づくりに勤しんでおります」 「 息子も早もので5歳となり、七五三を無事に終えることができました」 というように、元気で過ごしている様子を具体的に書いて伝えてもいいでしょう。 あまり親しくないというような間柄である場合は、「私共は家族皆、元気に過ごしております」というようにサラッとした報告で十分です。 「おかげさまで、元気にすごしております」というような言い回しを使用すると丁寧です。 ご無沙汰していることをお詫びする 「お変わりありませんか」と相手の状況を伺ったあとは、 ご無沙汰してしまったことをお詫びする一文を入れるといいでしょう。 「 心ならずもご無沙汰をしてしまい大変申し訳ございません」 「 長らくご無沙汰いたしまして大変申し訳ございません」 というように一言添えるとしばらく連絡をとれなかった事に対する申し訳ない気持ちを相手に伝えることができます。 厳密に決まっているわけではありませんが、連絡をとってない期間がだいたい2〜3月続いている場合にはお詫びの言葉を述べたほうが印象がいいと言えます。 逆に、 1ヶ月以内に会ったり連絡をしている場合には不自然ですので注意しましょう。 また、「元気でやっております」という一言とともに、 自分の近況を楽しく述べることで、自分の元気であるという事情を伝えることができるだけでなく、会話を広げることもできます。 「お変わりありませんか」の続ける文章で説明した内容と重複してしまいますが、最近始めた趣味の話や、家族の話などを伝えると良いでしょう。 ビジネスなら「お陰様で元気に過ごしております」「お心遣いありがとうございます」 ビジネスシーンで「お変わりありませんか」と言われた場合は、業務的な連絡である場合も多いので、 つらつらと自分の近況を述べてしまうと相手を困らせてしまう可能性が高いです。 ビジネスシーンでは、「 お陰様で元気に過ごしております」など簡単にさらりと自分の近況を伝え、さらに「 お心遣いありがとうございます」といったように、気にかけてくれたことに対するお礼を述べると印象がいいでしょう。 とくにビジネスメールでは、相手に時間を取らせないためにも、すぐに内容を理解してもらえるような書き方をすることが重要であるため、 無駄な話を省きあっさりとしているほうが好ましいといえます。

次の