いかにも短文。 48文字以内!新幹線で流れるあのニュースの書き方を聞いた :: デイリーポータルZ

問1. 「あたかも」を使って短文を作りなさい

いかにも短文

攻略法としては設問文・選択肢を先に読んでおくと英文の理解度をアップすることができます。 実は、パート3はリスニングパートでありながら、「速読」がポイントです。 「速読」の重要度が7割を占めるとご理解ください。 ですから、速読力を上げることに力を注ぐべきなのです ちなみにパート4も速読重視です。 よく頂く悩みで多いのが、「パート3、4で設問を読む時間がない。 選択肢まで読むなんてとんでもない」という声です。 その通り、時間は短いです。 しかも、文に対するリスニング力を短期で上げるのは難しい。 ならばどうするか。 設問の短文の速読スピードを上げるしかありません。 速読というと難しく聞こえますが、実は、これはさほど難しくありません。 なぜならば、設問の形式はある程度決まっているからです。 頻出の質問形を後の項にまとめましたので、何度も読んで というかむしろ、見て 目になじませて欲しいと思います。 本番で設問を初めて読むのでなく、事前になじみのある文章になるので、サクサクと理解できるようになるでしょう。 これは、パート2対策にある「頻出出だし」対策音声で繰り返し聞いたあとで取り組んでください。 疑問詞、時制、主語がとらえやすくなっていることが実感できます。 疑問詞、時制、主語を捉えることはパート2、3、4を通じて、極めて重要です。 このことを意識しないで勉強していると、あるいは試験に臨むと、ぼーっと読んだり聞いたりしてしまって、ワケがわからず適当にマークしてしまうということになってしまうでしょう。 疑問詞、時制、主語を捉えながら、設問を2秒以内で読めるようになってください。 そうすればかなりのスコアアップにつながります。 設問さえ読めれば、あとは脳が勝手にその設問の話題なり目的なりを予測して、それにフォーカスして英文に集中してくれるようになるものです。 繰り返しですが、事前に設問を読む速読力をつけることが本当に重要です。 先に英文の内容が予測できるのとできないのとでは結果は倍くらい違ってきても不思議ではありません。 スポンサードリンク Next page: Pick Up! ・ TOEICスコアアップの教科書 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

48文字以内!新幹線で流れるあのニュースの書き方を聞いた :: デイリーポータルZ

いかにも短文

その時間帯は担当者が、ほかの仕事を兼務しながら席についています。 短文をつくるのは、記事がネット配信(朝日新聞デジタルに掲載)されたあとです。 重大ニュースほど記事が出てきたら即座にネット配信されるので、短文も早くつくれますし、優先的に新幹線などに配信しています。 なんと、兼務なのか! 別の仕事をしながら1時間に1本書く、ちょっとできる気がしない…。 マニュアルみたいなものはあるのでしょうか。 社内マニュアルはしっかり整備されています。 ・要素の羅列感を避けるため、2つの文章での構成を推奨 ・1文目はできるだけ伝えたい内容をシャープに伝える。 2文目に丁寧なデータを盛り込むとバランスがよくなる。 1文目と2文目の長さは4:6程度が理想 ・主語と述語の関係をわかりやすく などと書いてあります。 うわーっ、これはしびれる。 文章のマニュアルだが、48字、2つの文章、4:6でまとめる。 数字でのガイドラインがある。 これは国語のパズルだ。 しかしあまりに削ると、単語の羅列になって分かりにくい短文になってしまいます。 新幹線などでさっと流れるものなので、読み返せませんし、一目で分かるというのは重要だと思います。 ですので、 ・あまりに「てにをは」や「語尾」を削りすぎない ・漢字がずらずら並ぶ言葉は、うまく分割する。 たとえば「天皇退位特例法案」という言葉がいきなり表示されて、読み取れるか微妙だと思います。 そういうときは文字数はとりますが、「天皇退位の特例法案」「天皇退位を巡る特例法案」といった表記に変える場合もあります。 あの独特のニュース文体が、48字という制限された文章のなかでいかに理解されやすく構成されるために研ぎ澄まされたものなのだということがびしびし伝わる。 もうちょっと私はありがたさでヒザががくがくしてるんですが、みんなは大丈夫ですか。 では、こういうタイプのニュースはまとめやすい、逆にまとめにくいタイプのニュースもあるのでしょうか。 事件事故のように「どこで、何があった」という原稿は、短文にしやすいです。 長い長い経緯を経て、終わった裁判を報じた記事などは、状況が複雑化しすぎて要約しにくいときがあります。 また極めて厳格性が求められる科学・医療分野の記事なども、要約を断念することがあります。 さらにやわらかい部分のお話も聞いてみてます。 これはうまくかけたぞ! というようなこともあるんじゃないでしょうか。 申し訳ないですが「覚えていない」んです。 1日に多数の短文をつくりますし、ほかの仕事との兼務でもあります。 だから結構スピードが要求されて、職人技的な仕事なんですね。 それに過去に自分がつくった短文を、振り返る方法も無いんですよね。 (ものすごく探せばあるかもしれませんが)。 ですので結構、「その日限り」の仕事でもあります。 ではニュースごとに個性みたいなものはあったりしますか? あ、これは誰々さんの短文だな、と気づいたりするようなことは。 一定のセオリーがあるので、あまり個人差は出ません。 逆に「あ、あの人だ!」と分かるのは、不慣れな人がつくった短文ですね。 流れが不自然だったり、読みにくかったり。 それも場数を踏めば、洗練されていきます。 うおおおお! なるほど…。 ニュースはニュースであり「作品」ではないんですよね…(高まる興奮をがんばって抑えてます…!)。 ならばならば、うなぎの世界みたいに「串打ち三年、割き五年、焼き一生」みたいに、スキルとして何年やったら一人前、みたいな感覚はあるのでしょうか。 人によりますが、数カ月たずさわれば、それなりにつくれるようになると思います。 多くの担当者は、記者として記事を書いたり、編集者として紙面の見出しをつけたりといった経験があるので、慣れるのは何年もはかかりません。 作業にあたる方々はそもそもがプロなのだ。 なんというか、恐れ多い質問をしてしまった。 「そりゃそうか」のレベルが高くて黙らざるをえない…!.

次の

【いかにも】の例文や意味・使い方

いかにも短文

攻略法としては設問文・選択肢を先に読んでおくと英文の理解度をアップすることができます。 実は、パート3はリスニングパートでありながら、「速読」がポイントです。 「速読」の重要度が7割を占めるとご理解ください。 ですから、速読力を上げることに力を注ぐべきなのです ちなみにパート4も速読重視です。 よく頂く悩みで多いのが、「パート3、4で設問を読む時間がない。 選択肢まで読むなんてとんでもない」という声です。 その通り、時間は短いです。 しかも、文に対するリスニング力を短期で上げるのは難しい。 ならばどうするか。 設問の短文の速読スピードを上げるしかありません。 速読というと難しく聞こえますが、実は、これはさほど難しくありません。 なぜならば、設問の形式はある程度決まっているからです。 頻出の質問形を後の項にまとめましたので、何度も読んで というかむしろ、見て 目になじませて欲しいと思います。 本番で設問を初めて読むのでなく、事前になじみのある文章になるので、サクサクと理解できるようになるでしょう。 これは、パート2対策にある「頻出出だし」対策音声で繰り返し聞いたあとで取り組んでください。 疑問詞、時制、主語がとらえやすくなっていることが実感できます。 疑問詞、時制、主語を捉えることはパート2、3、4を通じて、極めて重要です。 このことを意識しないで勉強していると、あるいは試験に臨むと、ぼーっと読んだり聞いたりしてしまって、ワケがわからず適当にマークしてしまうということになってしまうでしょう。 疑問詞、時制、主語を捉えながら、設問を2秒以内で読めるようになってください。 そうすればかなりのスコアアップにつながります。 設問さえ読めれば、あとは脳が勝手にその設問の話題なり目的なりを予測して、それにフォーカスして英文に集中してくれるようになるものです。 繰り返しですが、事前に設問を読む速読力をつけることが本当に重要です。 先に英文の内容が予測できるのとできないのとでは結果は倍くらい違ってきても不思議ではありません。 スポンサードリンク Next page: Pick Up! ・ TOEICスコアアップの教科書 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の