いつもあそぶ本体 登録できない。 Nintendo Switchの「データの引っ越し」のやり方

【Nintendo Switch】「いつもあそぶ本体」とは、設定・確認・解除・登録する本体を変更する方法

いつもあそぶ本体 登録できない

Nintendo Switchのダウンロード版の中古の取り扱いについてご説明しますね。 まずNintendo Switch自体アカウントが必要になります。 そしてダウンロード版というのはインターネット上で同一のアカウントを使用してNintendoのサイト内で購入し、Switch場でそのアカウントを使用してダウンロードするという形になっています。 そのため、Switchの使用アカウントしかダウンロードコンテンツで遊ぶことはできません。 もしダウンロード版を含めて売却する場合には、売却相手にアカウントを教えなければいけません。 しかしアカウントには住所や電話番号、最悪はクレジットカード情報なども記載している場合があります。 かなり重要な個人情報を載せているものですので、気軽にアカウントごと売却するのは得策ではありません。 もし、ダウンロード版を含めて売却する場合には、アカウント情報の住所や年齢や名前などをあらかじめ売却相手の物にしたうえで行う方が良いでしょう。 ただし、この方法が使えるのはブックオフなどの仲介業者が入ってしまうと成り立ちませんので、お店に売却するのであればアカウントは消すか消されるかすると思います。 またご自身のアカウントをお持ちであれば、他のSwitchで遊ぶときに再度ダウンロードが出来ますので、そういったところがダウンロード版の魅力ですね。 また、通常は本体に保存されるセーブデータがインターネット上に保存できるサービスも昨年から始まったようなので、インターネット回線とSwitchさえあればいつでも遊ぶこともできるようですね。 一方パッケージ版はソフトも売却できるので、お金に換えられるメリットがありますので、売却を考えているのであれば、パッケージ版を購入することをおすすめします。 以上参考になさってください。 Nintendo Switchのダウンロード版ソフトは、Nintendo Switchではなく、あなたの個人アカウントにひも付けされています。 なので本体を売ってしまっても、またあたらしく本体を購入すれば、そちらに同じアカウントで登録することで、ダウンロードしなおして遊ぶことができます。 しかしセーブデータの方は、そのまま消えてしまいます。 いちおうNintendo Switchオンラインに加入していればセーブデータがオンライン上に自動でバックアップされているので、大丈夫なのですが。 ちなみに個人アカウントにひも付いているんだったら、Nintendo Switchを何個も買ってそれぞれにダウンロード版ソフトを買ったものと同じアカウントを登録すればどれでも遊べるのかと言うと、ちょっと話が複雑になります。 どのNintendo Switchにもダウンロードすること自体は可能なのですが、本Nintendo Switch本体に個人アカウントを「いつもあそぶ本体」として登録しておかないと、オフライン上ではそのソフトを遊ぶことができません。 そして個人アカウントはひとつのNintendo Switchにしか「いつも遊ぶ本体」登録することができません。 登録していないNintendo Switchでダウンロード版ソフトを遊ぶには、オンラインに繋いでいないといけません。 そしてふたつのNintendo Switchで同時にゲームを遊ぶことはできません。 ゲームをプレイする優先権は常に「いつも遊ぶ本体」の方にあり、そちらでゲームが開始されると、もうひとつのほうはプレイできなくなってしまいます。 これがNintendo Switchのアカウントのひも付けの仕組みと言うわけです。 基本的にゲーム機本体を売却する時は、一度本体のデータを全て削除して初期化しない限り売ることは出来ないと思います。 ですがゲーム自体はニンテンドーアカウントに紐付けられているので、また新しいSwitchに買い替えた場合はまたそのゲームをダウンロードして遊ぶことが出来ます。 ニンテンドーSwitchを初期化する際は、ホームにある設定から初期化を選んで、本体の初期化を選ぶことで全てのデータの削除が可能です。 ただし、あくまでこれはSwitch本体のデータだけであって、その本体とリンクされていたニンテンドーアカウントが消えることはありません。 パスワードとID、もしくは登録メールアドレスさえあれば新しいSwitchに買い替えても簡単な手続きをすることで、また同じゲームを遊ぶことが出来ます。 セーブデータについては、月額サービスのニンテンドーSwitchオンラインに加入している場合としていない場合で移行方法が異なります。 オンラインに加入している場合は、「セーブデータお預かり」という機能があるので、ネットに繋がっていれば自動でセーブデータがクラウドに保存されています。 後は新しい本体を購入した時に、同じニンテンドーアカウントでユーザー登録を行い、セーブデータのダウンロードを行うだけです。 セーブデータがバックアップされているかの確認や、新しい本体でのダウンロードは、全て「設定」の「データ管理」から行うことが出来ます。 加入していない場合は二台のSwitchを同時にネットに繋がなければいけません。 この場合は両方の本体から「ユーザーとセーブデータの引っ越し」という項目を操作することでセーブデータの移行が出来ます。 注意点として、二台目はこの場合、ニンテンドーアカウント側の「いつも遊ぶ本体」に登録されていないため、二台目でダウンロードゲームを遊ぶことが出来るのはそのままではネットに接続したときだけとなります。 移行後に一台目の初期化を行って、改めて二台目をいつも遊ぶ本体に登録しなければなりません。 総じて、かなり煩雑で制限と手間の多い移行方法のため、素直にオンラインに加入してセーブデータお預かりサービスを使うのが一番だと思います。 月額も税込み300円とかなり安いです。 まあ、スプラトゥーンやスマブラなどを所持していた場合大半はすでにオンラインに加入しておられるとは思いますが…… ただし、どちらの場合でも写真や動画はmicroSDカードに保存しなければなりません。 これは単に登録した新しい本体にmicroSDカードを差し替えるだけなので手間はかかりません。 実は以前は一度同じ本体で購入したダウンロードソフトは、本体を買い替えた場合は移行不可能でしたが、アップデートにより移行が可能になりました。 セーブデータお預かりサービスと合わせて、売却やダウンロードゲームの削除などがより容易になったということですね。 もちろん、ニンテンドーアカウントとニンテンドースイッチオンラインは別のサービスなので、新しい本体を買い替えた時に改めてオンラインに加入する、という形式も可能です。

次の

【Switch】パソコンやスマートフォンから「いつもあそぶ本体」を解除する方法は?

いつもあそぶ本体 登録できない

携帯ゲーム専用ながら、オリジナルの「Nintendo Switch」(スイッチ)よりも10,000円ほど安い「Nintendo Switch Lite」(スイッチライト)。 すでにスイッチを持っているものの、自分の携帯用、もしくは自分以外の家族用に2台目として購入する、という人も多いでしょう。 しかし、自分や家族など複数のアカウントでスイッチライトを2台目として使う場合、「いつもあそぶ本体」という設定が必要になります。 この設定次第では、マイニンテンドーストアからダウンロード購入したゲームの使用に制限がかかってしまうことがあります。 スイッチライトを2台目として使う場合は「いつもあそぶ本体」の設定に注意が必要 ゲームをパッケージでしか買わないという人は「いつもあそぶ本体」の設定については特に気にしなくても問題ありません。 しかし、ダウンロード専売ソフトも増えており、最近では発売日当時にいち早く遊ぶためダウンロード購入しかしないという人も多いでしょう。 そういった人たちのために、本記事はスイッチライトを自分用や家族用の2台目として利用する際の注意点を解説します。 自分用の2台目としてスイッチライトを使用する場合 もともと持っているスイッチを自宅用に、スイッチライトを外出時の携帯用にし、ひとりで2台を運用する人もいるでしょう。 その場合は、ひとつのニンテンドーアカウントをスイッチとスイッチライトの両方に登録することになります。 この際に、スイッチを「いつもあそぶ本体」に設定すると、スイッチでは購入したダウンロードソフトをいつでも遊ぶことができますが、スイッチライトではインターネットに接続しているときしか購入したダウンロードソフトを遊べません。 つまり、スイッチライトを外に持ち出してダウンロードソフトを遊ぶ場合は、インターネット環境が必要になるわけです。 インターネットに接続されていない「いつもあそぶ本体」でダウンロードソフトを遊ぼうとすると、ゲームは起動しません そのため、この運用を考えている人は、携帯用のスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定することで、インターネット環境がある自宅ではスイッチで、外出先では「いつも遊ぶ本体」のスイッチライトでダウンロードソフトを制限なく遊ぶことができるようになります。 ただし、インターネットに接続していようとも、スイッチとスイッチライトで同時に、同じダウンロードソフトを起動することはできません。 「いつも遊ぶ本体」の設定を間違えると、スイッチライトではダウンロードソフトをインターネット環境のない場所で遊べなくなるので、注意してください。 スイッチライトを家族や子ども用の2台目として使用する場合 次は、自分がスイッチを、奥さんや子どもなど家族がスイッチライトを使う場合の注意点を解説します。 こういった人の場合は、おそらく家族全員が、もともと持っているスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定しているはずです。 少しややこしいので、お父さんと子どもを例にして説明します。 この場合、「いつもあそぶ設定」は以下の4パターンになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 3. お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 1および2の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 お父さんと子どもの両方がスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 この場合、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で、お父さんが購入したダウンロードソフトを遊べません。 もし、お父さんがすべてのダウンロードソフトを購入していると、子どもは「いつもあそぶ本体」に設定していない本体で遊べるソフトがひとつもない、なんてことも起こりえます。 おそらく、お父さんが子どものソフトも購入するケースが1番多いのではないでしょうか。 そのため、お父さんと子どもの両方が、子どもがメインで遊ぶ本体を「いつもあそぶ本体」に設定するのがベターです。 この設定であれば、子どもは誰のアカウントで購入したか関係なくダウンロードソフトを遊べます。 スイッチライトを子ども用にするならば、スイッチライトをお父さんと子どもの「いつもあそぶ本体」に設定しましょう。 3および4の場合は、それぞれの本体で遊べるダウンロードソフトは以下のようになります。 こちらは、さらに複雑になっています。 お父さんがスイッチを「いつもあそぶ本体」、子どもがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定 4. お父さんがスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に、子どもがスイッチを「いつもあそぶ本体」に設定 ここでも、1番多いと思われる、お父さんが子どものソフトもすべて購入するパターンで考えてみます。 3の場合だと、子どもは「いつもあそぶ本体」のスイッチライトでお父さんが購入したソフトを遊べません。 なので、3は回避するべきです。 4の場合だと、子どもはスイッチライトでお父さんが購入したダウンロードソフトは遊べます。 とはいえ、子どもが今後自分のアカウントでダウンロードソフトを購入しても、スイッチライトで購入したダウンロードソフトを遊ぶにはネット接続が必須となります。 つまり、外で使うことが多いスイッチライトなのに、外出先ではソフトを遊べないこともあるというわけです。 そもそも、子どもがスイッチライトを利用するのに、「いつもあそぶ本体」はスイッチに設定するというのは、何か気持ち悪い気がしてしまいます。 この4パターンから考えると、お父さんがスイッチを、子どもがスイッチライトをメインに使う場合、「2. お父さんと子どもの両方がスイッチライトを「いつもあそぶ本体」に設定」が最も制限が少なく遊べるでしょう。 「いつもあそぶ本体」によるアカウント管理はかなり複雑です。 正直なところ、筆者も解説記事を書きながら混乱してしまいました。 せめて、家族間だけでも「いつもあそぶ本体」設定によるダウンロードソフトの使用制限をゆるくできないものかとも思います。

次の

Switch LiteとSwitchを2台持ちする場合に気をつけた方がいいこと|てっけん|note

いつもあそぶ本体 登録できない

Nintendo Switchなどゲーム機は消耗品です。 新しいモデルがでたら買い換えます。 今回は、 古いNintendo Switchから、新しいNintendo Switchに乗りかえる時、データを移動させる時の注意点 をまとめてみました。 詳しくは、任天堂公式のページを参考にしてください。 読んでいただくと分かるとおり、よくできた解説記事になっていますが、ピンと来ないので… 以下、実際に ニンテンドー スイッチのデータ移動やコピーをして使う方法を自分用に まとめてみました。 新しく買ったNintendo Switchに、データを全部移動(引っ越し)する方法 新しくNintendo Switchを買って、古いNintendo Switchを• 中古屋に売る• 家族に使わせる• コレクションとして保存する する人は、古い方のスイッチを使わないので、重要なセーブデータや設定情報などを新しいNintendo Switchに移します。 任天堂は、データの移動を「引っ越し」と呼びます。 データの移動時間は、数分• 移動できないデータは後から移動する• ニンテンドーアカウントと連携して• みまもりSwitchの解除をして• 新しいスイッチへ古いスイッチのセーブデータを移す• ソフトのセーブデータが移動できているかを確かめる• 移動できない録画やスクリーンショットのデータを移す 引っ越しできるデータについて 引っ越しできるデータは、• ユーザーの基本データ全部• ユーザー• ユーザー設定• フレンド• プレイ記録• 一緒に遊んだ人の記録• ソフトのセーブデータ• 「いつもあそぶ本体」の設定 引っ越しできないデータは、• ユーザごとに保存されない、「ユーザの選択がでない」ソフトのセーブデータ• ダウンロードソフト• 追加コンテンツ• 更新データ• 画面写真、動画(スクリーンショット、30秒リプレイ動画)• Nintendo みまもり Switchとの連携 です。 Nintendo Switchのデータを引っ越し(移動)する あらかじめ準備、知っておくこと• 引っ越したいユーザーのニンテンドーアカウントで、それぞれのNintendo Switch本体にログインした状態になる• バッテリー切れにならないように充電• 引っ越し(移動)するユーザーのニンテンドーアカウント(メールアドレスとパスワード)• みまもりSwitch のアプリが入ったスマホ• 引き継ぎ:「ひっこし」か「どちらも使う」 本体の更新をする Nintendo Switchのシステム(ファームウエア)は、常に最新のものでなければなりません。 あらかじめ本体の更新をしておきます。 特に、古いNintendo Switchはバッテリーが弱っているので、必ずUSB-Cケーブルをつないで充電しながらやりましょう。 いままで、1台のNintendo Switchを親子でユーザーをきりかえて使っていた家庭も多いでしょう。 新しいNintendo Switchを買って、ユーザーを新しいスイッチに引っ越しします。 引っ越しでは、• セーブデータは移動できる• ダウンロードして使っていたゲームは、再ダウンロードする• スクリーンショットや30秒動画は、移動できないので、microSDカードなら、パソコンで移動 となります。 みまもり Switchの解除 「いつも使う本体」ってことで、ダウンロード版のソフトを、ユーザ本人や他の家族ユーザが、いつでも遊べる本体のこと 「いつもあそぶ本体」は、ニンテンドーeショップにNintendo Switchでログインした時に自動で設定されます。 Nintendo Switchを1台だけ使う人にとって、「いつもあそぶ本体」は意識しなくてよいものです。 二台のNintendo Switchを使う人に限って、この「いつもあそぶ本体」を意識しておかなければなりません。 いままで遊んでいたNintendo Switchは、「いつもあそぶ本体」になっていた• 新しいNintendo Switchに引っ越し(移動)すると、引っ越し先のNintendo Switchが「いつもあそぶ本体」になる 「いつもあそぶ本体」の確認方法は、 ソフトを遊べるかチェックしています インターネットにつないで、「いつもあそぶ本体」側で、遊びたいソフトが起動していないか?を確認されます。 家族みんなで使うNintendo Switchを「いつもあそぶ本体」にしておいて、として使うということになります。 いつもあそぶ本体のNintendo Switchで、ダウンロード版のスプラトゥーン2を家族のユーザーが遊んでいて、• Nintendo Switch Liteでは、ダウンロード版のゼルダの伝説 夢をみる島を遊ぶ というのは、ソフトが違うのでできます。 同時に同じソフトを遊ぶことはできません。 Nintendo Switch LiteとNintendo Switchのどっちも使う場合 「その本体で、これからもあそびますか?」と聞かれるので、「両方の本体であそぶ」を選ぶと、どっちも使えるようになります。 Nintendo Switch 引っ越し 両方の本体であそぶ Nintendo Switch と、携帯専用のNintendo Switch Liteの両方を使う人は、ユーザーデータの移動はありません。 ニンテンドーアカウントで連携するだけです。 Nintendo Switch Liteで、• 本体の更新• ユーザ(Playerとか)を仮に作って起動し、• ユーザーの追加で、ニンテンドーアカウントのユーザーを連携して登録する• 仮に作ったユーザがいらなければ、削除する 両方であそぶ場合も、それぞれのNintendo Switchは、ニンテンドーアカウントで連携しているだけです。 ダウンロードソフトやDLCソフトは、ニンテンドーeショップから、一つ一つ検索してダウンロードしていきます。 ゲームカセットをいれると、更新データがダウンロードされます。 セーブデータは、別々にもできるし、Onlineに保存しているセーブデータをダウンロードして使う事もできます。 ダウンロード版のソフトは、どのNintendo Switch Liteにもダウンロードして使えますが、どちらか一方でしか遊べません。 同時に遊ぶ事はできません。 本体内のメモリーにある「画面撮影と動画」をSDカードに移しておきます。 ニンテンドーアカウントとの連係情報もなくなります。 箱、付属品一式がそろっていて、Joy-Conに異常がなく、画面にパッと見た目でわかるくらいの傷がなければ、2019年10月現在 初期型のNintendo Switchは1万円程度で売れるようです。 まとめ Nintendo Switchのデータの移動とコピーのやり方についてまとめておきました。 Nintendo Switchを二台で遊ぶ時• 「いつもあそぶ本体」とそうでない本体でのダウンロード版ソフトのあつかい• セーブデータのあつかい• 画面撮影や動画撮影のデータについて Nintendo Switchが一家に2台以上ある家庭が増えたので、こういった知識も必要になります。 自分のための記録メモを、ブログ用にリライトして掲載しています。

次の