ノア ハサウェイ。 ハサウェイ・ノア

ハサウェイノアはニュータイプではない!?強さや能力を比較してみた!

ノア ハサウェイ

人物 [ ] との長子。 時にパイロットとして戦場へ出た経験を持ち、このとき13歳ながらとしての素養や、MS操縦技術の才覚の片鱗を見せている。 0087年、母ミライに連れられ妹チェーミンとともにへと渡り、そこにで到着したと出会う。 しかしその直後、アウドムラを追ってホンコンに到着したに拉致され、アウドムラのクルーを脅迫するための人質とされてしまう。 また、チェーミンと遊んでいる時に、と出会っている。 第二次ネオ・ジオン抗争(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』) [ ] 小説、アニメ映画『逆襲のシャア』において 13歳。 宇宙世紀0093年、の地球寒冷化作戦を受けて、ミライとチェーミンと共に宇宙に上がり、父親のブライトと合流しようとしたが、政府高官のとその娘が政治特権を用いて割り込んだため、シャトルに乗れなくなってしまう。 だが直前になってアデナウアーの愛人が同行を拒否したことから、アデナウアーは空いた一席をノア一家に譲ることにした。 ミライは息子の成長を期してハサウェイをシャトルに乗せる。 宇宙に上がってブライトと再会した後は、クェスと行動を共にし好意を抱くようになる。 しかしとクェスと3人でロンデニオンをドライブしている際にシャアと遭遇し、シャアの言葉に惹かれたクェスはシャアの元に走る。 ハサウェイはクェスを追うため、に密航するが、ブライトに発覚して鉄拳による「」を受ける。 アムロに引き止められても何としてもクェスを取り戻したいハサウェイは、そのためなら自分もで戦う覚悟はあると譲らず、乗艦を許されることになる。 戦闘が激化したため、艦内でほぼ軟禁状態にあったハサウェイだが、周囲への敵意に満ち、戦場での全ての生死を感じて苦しむクェスを強く感じ取る。 ブライトの指示で遺書をしたため、ブリッジにいることを許されるが、クェスを感じていてもたってもいられないハサウェイは、を強奪して無断出撃をする。 に取りつき、クェスを説得するも失敗。 そこにハサウェイを追ってきたの乗るが現れる。 それを見てしまったハサウェイはクェスの死によって錯乱状態となり、逆上して味方であるはずのリ・ガズィを撃墜し、チェーンを殺害してしまう。 皮肉な結果だがハサウェイがリ・ガズィを撃ち墜としたことによって、チェーンの持っていたのサンプルから大きな光が発散され、それを切っ掛けとしたかのように、周辺空域の連邦軍が落下阻止のために集結し始める。 取り返しのつかない人の死を体験したハサウェイは、アクシズが巨大な光の虹の中で地球への軌道を変えていくのを、放心状態で泣きながら見送る。 小説『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』において 映画と同様ジェガンに搭乗し、戦場に飛び出すところまでは共通しているが、こちらではアムロを殺そうとしているクェスを目撃、放ったの一射が、たまたまコクピットに直撃してしまい彼女を殺害してしまう。 なお、後述の『閃光のハサウェイ』の小説版へとつながる歴史となっている。 その様子を見てハサウェイが死んだと思い込んだクェスは錯乱してしまい、同じく説得にやってきたアムロも拒絶する。 しかし、無事生存していたハサウェイは思念を通してクェスを優しく諭し、彼の生存に安堵したクェスはアムロとの戦闘をやめる。 この短編は富野由悠季自身が、映画版にのっとる必要はないというコンセプトで書き下ろした脚本であり、チェーンが登場せずクェスも死亡しない。 第二次ネオ・ジオン抗争終結後(『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』) [ ] 戦闘終結後、隊によって収容されたがクェスの死とチェーンを殺害したショックにより、ハサウェイはジェガンのコクピット内で立ち直れない状態となり、1ヶ月経った後も何があったかを吐露出来ずにいたとブライトは回想している。 収容したハサウェイの搭乗したジェガンは電装系が故障していた為フライト・レコーダーが機能していなかった事とクルーの温情で戦闘記録は残っていなかった。 よって父親であるブライトや後述の連邦軍上層部の面々はハサウェイが戦場で無断搭乗したジェガンで何を行ったかは把握出来ずにいたのである。 ブライトがシャアの反乱後に連邦軍上層部の査問会にかけられた際、MSの無断搭乗による軍規違反を犯したハサウェイと核を無断で持ち出したは共に嫌疑をかけられる事となる。 しかし、真実の隠蔽工作にブライトが同意したことにより両名の訴追は免れている。 マフティー動乱(『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』) [ ] 小説版では『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』から連なる設定であり、シャアの反乱後に鬱病を患い治療したハサウェイが主人公として登場する。 初恋の少女であったは子供のようなあどけない瞳で「」を見てその感性を飽和させ戦場で死んでいった。 同じく戦場に出撃していたハサウェイ・ノアは、シャアの反乱の終末で多くの人々が敵も味方もなく地球を守るため火に焼かれながら死んでいく魂の声を聞いていた。 これらの経験がハサウェイに個人の人と組織の人の問題を学ばせ、シャア・アズナブルの経歴を学ばせるに至った。 そしてシャアの唱えた思想がただひたすら「人類を産んだ地球を滅亡させてはならない。 保全すべきだ」という一点にあることを知り、彼に共感するようになっていく。 シャアの反乱終結後、クェスを自らの手で殺めた罪に苦しむ彼は植物監査官候補として地球に降下する事となった。 生まれ故郷である地球の環境と不法居住者で恋人であるとの巡り合わせは、鬱病の治療にいい方向に働いていた。 そんな中、植物観察官の実習のために教授が住むを訪れた際、教授の元に来訪していた(インチキ医者)と自称する人物から、の組織の存在との活動内容を教えられる。 不法地球居住者をマンハンターの手で時には虐殺しある時には宇宙に強制的に送り出し、地球を特権階級のみで独占し汚染しながらまだ一億の人間を移住させる気である連邦の実態を知った彼は、どこかきな臭いことを考えているクワックの事を怪しげに思いながらも、現実が黙視できない状況にあり、またクワックの精悍さはパイロットしての資質を刺激するには充分であったため、恋人のケリアと共にマフティーに参加。 一年が経つ頃にはハサウェイは組織中枢の戦闘員となっており、組織の表向きのリーダーへと上り詰めていく。 宇宙世紀0105年、の地球連邦閣僚会議は、地球を一部の特権階級が私物化できる法案を可決しようとしていた。 それを阻止すべく搭載型モビルスーツ「」を駆り、アデレードを襲撃する。 しかしその前に立ちふさがったのは、互いに友として認めあった率いるキルケー部隊だった。 コクピット内のビーム・バリアーは発動したものの、全身火傷と打撲を負い、病院に収監されたハサウェイの目が覚めたのは撃墜されてから四日後の事だった。 そして、ブライトに変わって責任を負ったケネスの指揮によりマフティーとして銃殺刑により死刑執行を処された。 死刑執行される際に「地球を守る、健やかな精神」を未来の人類が持つことを信じ、その可能性に希望を託した。 搭乗機 [ ]• RGM-89• RX-105 担当声優 [ ]• 花中康子 (テレビアニメ『』)• (劇場アニメ『』、『』客演ゲーム作品)• (劇場アニメ『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』監督のは、映画公開時に刊行された『』の記事において、「クェスは、死ぬ間際には、ちゃんとハサウェイを救けようとするんです」と語っている。 第18話でのクレジット。 第27話での表記は花井康子。 出典 [ ].

次の

ハサウェイノアの死刑の経緯と悲惨な最後まとめ!クズ説の真相も(閃光のハサウェイ)

ノア ハサウェイ

ハサウェイ・ノアとは、「」、「」の登場人物。 作品「」のも務める。 概要 Zガンダム と・ヤシマの間に生まれた。 当時7歳。 この時はシに移住しており、とも対面している。 逆襲のシャア 当時13歳。 やとは面識があり、共に外出することもあった。 の反乱でが恐怖に陥る最中、に上がるシャトル便でと出会い、に惹かれていくようになる。 最初はにを持っていたクェスだったが、人補のの出現でから離れていき、に惹かれて・に合流してしまう。 は、・に行ってしまったクェスを何とかして取り戻そうと決意し、プチモビでの揮するに密航。 結局見つかってしまいから制裁を見舞ったがは折れず、最終的には乗艦をされる。 アクを巡る最終の中、クェスの思念を感じ取り、のに乗じて配備のを断出撃してしまう。 そんな中、のが放ったが二人に接近。 クェスはをうように直撃を受け、撃墜されてしまう。 これに昂し、に向けてを乱射。 のの制止もしく、を殺した。 アクがとその他のの尽でを出しながらから離れていく中、放心状態でそれを見守っていた。 【および・ストリーマー のその後の展開】 の搭乗したは電装系の故障の為ト・ーが機していなかった。 そして自身は先のによるにより一ヶ間碌に会話も出来ない状態が続いた為、で何があったかは本人以外はも分からない状態であった。 に断搭乗した軍規違反に関しては、がアク・のがと・と人類の意識が起こしたではないと認め、の隠蔽の片棒を担ぐことでカン監のに匹敵する罪状とともに消滅した。 【ベル・()での展開】 クェスに会うためにで断出撃。 「は私のものだ、にも渡さない」と独占欲を吐露するクェスはMAの・の巨体で全体重をかけごとを押し潰そうとする。 そこにわせたはを助ける為、のを一射。 これがコクに直撃しクェスを殺してしまった。 とに対するララァのそれと同じようにもまた、意中のを殺してしまったが十二年後の『』でも彼を苦しめるとなる。 【ベル・ 後の展開】 が登場せず、ベルはしているのでは味方を撃墜していない。 がに断搭乗した軍規違反による罪状はクェスの・を撃墜した戦果によって帳消しにされ。 戦勝ムードも相まって軍の広報に載せられる位持て囃された。 閃光のハサウェイ 「ベル・」から連なる設定で、の反乱後、クェスを自分の手で殺してしまい心に傷を抱えたがとして登場。 成長するにつれての唱えた思想(の保全)に共感するようになっていたは、表向きは監察官の補生として生活する傍ら、裏では「マフー・ナビーユ・」を、反組織「マフー」のとして、は全人類をからに上げる政策を実施するよう要しながら、で閣僚だけをピンにする二重生活をしていた。 で殺めてしまったクェスのことは未だに根強いとなっており、夢の中での幻が彼を責め立てることになる。 のに続くを与えられた「」をに、受領したマフーは、当時ので軍部隊(後にケー部隊に名)を圧倒。 更に議会の開催されるアード強襲を予告して議会法案の成立を迫る。 決行時にはケー部隊の、レーン・の駆る高性機「」相手にも終始圧倒するが、設置された・に誘導されては中破、も全身火傷と打撲の重傷を負ってされた。 されたは裁判も行わず即刻が科せられた。 普段の業務とは打って変わり、自分達を乱す邪魔者にだけ発揮されるのこのな対応には、だけでなくケー部隊の軍人達も嫌悪感を示していた。 の揮を執ったのは、ケー部隊のであり、皮にもの友人であった、ケ・ッグであった。 さらに、ケー部隊の後任としてよりにもよっての、が着任する予定であった。 に殺しをさせない為に(可ならマフーの正体をに知られない為に)ケは予定を前倒しし、速にの処刑を実行。 火傷のが抜けきらずの介助で漸く立てるような状態のはのまま移送され、友人であるケは彼が苦しむ時間を長引かせないよう速に業務を行い、彼は処刑された。 しうしたケの努もむなしく、処刑前にケが友人を殺す重圧に耐えかね上であるウム・グッゲンムにマフーの正体を打ち明けてしまったことにより全部破算してしまう。 グッゲンムの裏により新聞社にマフーの正体はであると表された。 またそのでは処刑を揮したのはに答えたであり、処刑の寸前まで人類の健やかな精を信じが不正を続けるならこれからもマフーがを続けると宣言したに関しても、自分の間違いを認めによる裁きのを受け入れ、であるもであるチェーミンも納得しているとされたがされてしまうのであった。 その後ハサウェイ・ノアの名前は人類の生活全域でマフティー・ナビーユ・エリン 、正当なる予言者の王という意味 としてンビジー 枯れることのない のようにやになっていったようである。 その他 初登場となるF以降では機の共々使用出来る機会が増えている。 最新作であるでも解禁という形で参戦。 庭用にもという形で参戦を果たしている。 『 W om譚』では、本人が登場し、さらにはが登場(は時代のままだが、搭乗時はマフーの)。 ちなみに「」は、一の未化作品として参戦を果たした。 「」では本人の出演はかったが、「」を暗喩するようなが含まれていた事でのになった。 続編「」にて自身も参戦 するが、同作の展開からに至るが消滅したことが登場人物によりられている。 自体は「」で初めて参戦することになったが、この時は機体のみ参戦という措置が取られている。 自身も、外見自体は時代を基準として、表記はとしてに出演している。 「」より的には前の話である「」でも、学を勉強している事がチラっとられている。 また、したクェスの事がのままで、まだ療養中と思われる。 なお、版のではがと異なるで登場した。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ ハサウェイ・ノアに関するを紹介してください。 関連項目• チェーミン・• 「」以後は登場していなかったため、12年ぶり.

次の

ノア・ハザウェイ

ノア ハサウェイ

ハサウェイ・ノアが映像作品に初めて登場したのは『 機動戦士Zガンダム』ですね。 母親のミライと妹と共にホンコンに住んでいた時にアウドムラで訪れていたアムロ・レイと出会います。 しかし、アウドムラを追いかけてきたベン・ウッダーに拉致されカラバを脅迫する為の人質にされてしまいました。 次に登場したのが『 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』です。 この時のハサウェイは13歳の少年として成長した姿で登場しました。 シャア・アズナブルの地球寒冷化作戦を受けて家族と共に父親と合流しようとした際にアデナウアー・パラヤの政治特権のあおりを受けて単独で宇宙に向かいます。 その時共に宇宙に上がったアデナウアーの娘クェス・パラヤに心惹かれますが運命のいたずらによりクェスはシャアの元に去ってしまいました。 シャアからクェスを取り戻すためにラー・カイラムに密航した挙句にモビルスーツでの無断出撃まで行いますが、残念ながらクェスは悲劇的な最期を迎えてしまいます。 そしてハサウェイが最後に登場する作品が『 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』です。 第二次ネオ・ジオン抗争によって初恋の少女クェスと悲劇的な別れを経験したハサウェイはうつ病を患ってしまいますが、植物監査官候補として地球の環境に触れたことと不法居住者の少女ケリア・デースとの恋愛によってうつ病は良い方向に回復していきました。 そんな最中、クワック・サルヴァーと名乗る人物から地球連邦軍の部隊『マンハンター』による地球不法居住者への弾圧の現実とそれに反抗するマフティーの存在を聞かされます。 ハサウェイはマフティーへと参加することを決意し、その中で頭角を現してマフティーのリーダー『マフティー・ナビーユ・エリン』として台頭していきました。 マフティーのリーダーと地球連邦の植物監査官候補という二重生活を続ける中、ハサウェイは植物監査官候補として地球に降りるシャトルの中で後に大きな因縁を持つことになる ケネス・グレッグと ギギ・アンダルシアの二人と出会うことになります。 スポンサードリンク ハサウェイノアはニュータイプではない!? ハサウェイがニュータイプか否かという疑問ですが、私の答えは ニュータイプの資質はあっても本来の意味のニュータイプになることが出来なかったのだと思います。 かなり分かりにくい答えだと思いますので、ここから解説していきます。 ハサウェイにニュータイプ能力があるかないかと言えば、 あります。 多くのゲーム(スーパーロボット大戦シリーズ、G-GENERATONシリーズ)ではハサウェイにもニュータイプ能力は与えられており、『閃光のハサウェイ』でもいわゆるNT兵器である『 ファンネルミサイル』を自在に操っています。 また、劇場版『逆襲のシャア』でも戦場の中でクェスのことを感じ取る場面があるなどニュータイプとしての素質はあると思います。 しかしながら小説『閃光のハサウェイ』下巻にてハサウェイ自身が自らはニュータイプではないと否定しています。 その詳しい理由は明らかにされていませんが、宇宙世紀にて最初にニュータイプ論を唱えたジオン・ダイクンの『 宇宙に適応した新人類、誤解無くわかり合える人々』という考えからハサウェイ自身は外れていると思っていたからかもしれません。 gundam. ここまでハサウェイのプロフィールやニュータイプなのかどうかについてご紹介してきましたが、 こちらではハサウェイがモビルスーツパイロットとしてどれぐらいの強さや能力を持つのか比較してみました。 今回は『閃光のハサウェイ』時のハサウェイで強さや能力の比較を行います。 『Zガンダム』と『逆襲のシャア』時だとまだ子供かつ正規のパイロットではないからです。 まず、純粋なパイロットとしての能力ですが恐らく『閃光のハサウェイ』劇中では 最強クラスのパイロットであると思われます。 『閃光のハサウェイ』作中でハサウェイのライバル役として出てくる レーン・エイムという人物が比較対象です。 正規の訓練を受けていた強化人間で当時の連邦軍最新鋭機『 ペーネロペー』のパイロットを務めていたレーン・エイムはいわゆるエースパイロットでした。 お互いの機体性能はレーンの『ペーネロペー』がやや優勢(機体出力・推力はペーネロペーの方が少しだけ上)にも関わらず、最後の戦い以外はほぼハサウェイの方が勝っています。 ここで比較対象を歴代ニュータイプ主人公に変えると少し見方が変わりますね。 純粋なパイロット能力ならば恐らく歴代のニュータイプ主人公たちと 遜色ないと思えます。 ニュータイプ主人公たちの中でもトップクラスの技量を持つであろうアムロやカミーユなどには劣るにしても、他のエースパイロット達には勝てる程の力量だと私は考えています。 しかし、ニュータイプ能力も加味して考えた場合だとハサウェイが劣っていると言わざるを得ないでしょう。 『閃光のハサウェイ』作中でもハサウェイ自身がニュータイプであることに否定的だったため、他のニュータイプ達の様に戦えるかは疑問が残ります。 スポンサードリンク まとめ 今回の記事はいかがだったでしょうか? ハサウェイ・ノアのプロフィールは分かるだけまとめてみした。 『逆襲のシャア』までは父親や母親、妹を見ても他のニュータイプ主人公に比べて家族や家庭環境に恵まれている印象でした。 やはりハサウェイの人生が狂ったのはクェス・パラヤとの出会いが原因だったようです。 また、ハサウェイがニュータイプであるかどうかは調べた通り素質はあっても本来の意味で当てはまることが出来なかったのだと思います。 そして、ハサウェイのパイロット能力や強さも比較してみました。 しかし『閃光のハサウェイ』という作品自体がかなり狭い世界での戦いなのと、他作品の主人公との比較が難しかったので私の推測が大いに反映されていることはご承知おきください。 この記事であなたがハサウェイ・ノアについてよく詳しく知り関連作品をより楽しんでもらえると幸いです。 新作の映画の公開にも期待したいして待ちましょう^^.

次の