グリーンスプリングス 建築。 「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」立川北口駅前2019年6月の建設状況はこんな感じ!

立川「GREEN SPRINGS」に文化複合施設〈PLAY!〉がオープン、内装設計は手塚建築研究所が担当 |CULTURE|TECTURE MAG(テクチャーマガジン)

グリーンスプリングス 建築

スポンサーリンク 「GREEN SPRINGS」の建設概要はこちら 2020年4月開業予定の「GREEN SPRINGS」は、JR中央線・立川駅より徒歩約8分、多摩都市モノレール・立川北駅より約4分の地に、全長約400mという広大な地にホール、ホテル、オフィスとショッピングエリアが建てられる予定です。 こちらが全体図です。 立川駅側にたましん本店、IKEA側に多摩地区最大の2,500席規模の次世代型ホール「立川ステージガーデン」、サンサンロード側にショップやレストラン・オフィス、昭和記念公園側に新たに掘削した天然温泉を使ったインフィニティスパが特徴のホテル「ソラノホテル」が完成予定になっています。 中央部分には、約10,000㎡の広大な広場が出現する予定です。 心にもからだにも健康的なライフスタイルをテーマとしており、都心と自然が交差する立川で、未来型の文化都市空間が作られようとしています。 敷地概要• 事業名称:(仮称)立飛みどり地区プロジェクト• 事業主:株式会社立飛ホールディングス• 所在地:東京都立川市緑町3-1外2筆• 敷地面積:38,900. 20m 2• 用途地域:商業地域• 建ぺい率:80%• 容積率:500%• 駐車場:約400台• 交通アクセス:JR中央線・立川駅より徒歩約8分、多摩都市モノレール・立川北駅より約4分 建物概要• 建築面積:29,981. 07m 2• 延べ面積:76,449. 23m 2(容積対象床面積:61,669. 01m 2)• 容積率:158. 構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造• 階数:地上11階・地下1階• ホール:地上4階• A棟(オフィス棟):地上9階• B棟(オフィス・商業):地上7階・地下1階• C棟(ホテル):地上11階・地下1階• C2棟(商業):地上2階• D棟(オフィス・商業):地上3階• E棟(オフィス・商業):地上3階• F棟(商業):地上3階• G棟(商業):地上3階• H棟(ホール):地上3階• 着工:2018年2月17日 土• 開業:2020年4月(予定)• A-3地区 株式会社山下設計• すでに9階まで完成しており、ついに全面ガラス張りの建物が出現しました。 昭和記念公園側から見た「たましん本店」ですが、横の低層階部分も完成間近といった状況です。 建物の下の方では、ピンク色に近い壁が取り付けられはじめました。 明るいイメージの建物になるのでしょうか? 完成がとても楽しみです。 サンサンロード側の建物(B・D・F棟)です。 すでにブルーシートがはずされており、建物全体が見えてきました。 地上7階・地下1階のB棟(オフィス・商業)は、ほぼ外観ができており、オシャレで近代的な窓が並んでいます。 横から見るとこんな感じです。 全面ガラス張りで、中までくっきり見えています。 各会社に、専用で使用できるテラスが完備される予定です。 こちらは昭和記念公園側のC棟「ソラノホテル」、E・G棟「ショップ・レストラン・オフィス」です。 サンサンロード側と比較すると、こちらはまだシートで覆われている状況です。 地上11階・地下1階の「ソラノホテル」が他の建物よりも高くそびえ立っているのが特徴です。 最上階に全長約60mのインフィニティスパ、全客室50㎡以上のバルコニーつきのホテルが完成する予定です。 これからどんどんシートがはがれて、建物が次々に出現してくることでしょう。 次回は多摩地区最大の次世代ホール、IKEA前のH棟「立川ステージガーデン」側に焦点を当ててみたく思います。 立川の街に、新しい建物が次々に出現してくるのは楽しみですね! また随時、建設状況をレポしたく思います。

次の

GREEN SPRINGS — 設計:スタジオタクシミズ(マスターデザインアーキテクト) ランドスケープ・プラス(マスターデザインランドスケープアーキテクト) 山下設計・大林組設計共同企業体(A2地区 :W・E棟) 清水建設(A2地区:S棟 多摩信用金庫本店本部) 山下設計(A3地区:N棟 立川ステージガーデン) 施工:大林組(A2地区:W・E棟 A3地区:N棟 立川ステージガーデン) 清水建設・中島建設・中村建設共同企業体(A2地区:S棟 多摩信用金庫本店本部)

グリーンスプリングス 建築

こんにちは、牧野直子です。 先日、立川にできた新しい商業施設、グリーンスプリングスに行ってきました。 メインは2階レベルになっているのですが、ここが都市公園のよう。 それをはさむように、お店が並んでいる、そんな施設です。 【ここから2階へあがります。 】 コンセプトはX。 立川の歴史と未来が交差する場所という意味らしいです。。 いいコンセプト!クロスというコンセプトがわかりやすい。 シンプルでいて、効果絶大だと思います。 シークエンスの演出とコンセプトがマッチ だんだん狭くなってきた小路から、どーんと芝生広場が開ける。 この劇的な変化がドラマチック! 今とこれからがクロスする、というコンセプトがうまく空間的にもデザインされてる。 自然界でも、このように連なった段々の滝をそういうそうです。 じゃぶじゃぶ池のように、小さい子供達が、靴をぬいで入っていました。 気持ちよさそう! 芝生広場の突き当りは、ホール ここが2階レベルとは思わない。 緑がたくさんあって、大きな芝生広場に、噴水など。 都会の公園ですね。 気持ちいい。 突き当りが芝生広場、正面がホール 芝生広場とホールは開け放して、一体で使えるそう。 その使い方を見てみたいです! あちこちにアート アートがところどころにたくさん設置してありました。 招待したアーティストもありましたが、若いアーティストを育てるために公募したのだとか。 素敵ですね! 通りがかった時には、階段の上の方に電話ボックスがあって、遊び心あるなあって思っていたのですが、これもアートのよう。 実際に、使えるのかな。 ベンチがたくさん 座る場所がたくさんあるのがいいなって思いました。 ベンチがたくさん。 ちょっとお弁当もってきて、ゆったりした時間をすごすのもいいですよね。 東屋もところどころにあって、これらは早いもの勝ちのようです。 2階レベルで庭園あり、芝生あり、ほんとに 入ってすぐの噴水広場 水の出方をプログラムで、高くしたり横になびいたり、演出していて、しばらく眺めていても楽しい。 それに、水のせせらぎ音が環境音楽のようで憩います エマニュエル・ムホーさんのアート カラフルな色彩をデザインする建築家さんで、好きな人です。 よく見ると、2020以降の数字たちの集積。 つまり未来ってこと。 シンプルだけど、キレイで意味も伝わっていい。 この細い文字が自立しているところが、建築的でもある! ビオトープがある ここが2階とは思えないほど、情緒豊か。 心地よい公園に行こう!室内遊び場もあるし、あそこならご飯屋さんもたくさんあるから、お弁当作らなくていいし! 働き方改革 たくさんある建物の一つはオフィス棟のようです。 このオフィスがすべてにテラスがあるのが売りとのこと。 この一階はオープンオフィスのようで、たくさんの人が大きなデスクにパソコンをつないで仕事をしていました。 ここは無料で使えるんだろうか。。 会員制なのかな?ノマドワーカーには、嬉しい場所ですよね。 ちなみに、この反対側がホテル。 中に入ってみたかったけど、ずっとホテルマンの男性と女性が立っていて、たぶん歓迎してくださるんだろうけれども、用もなく入るのは勇気がいったのでやめました笑。 街の縁側 とにかく縁側が多い。 こういう半屋外という場所は気持ちのよいものです。 ただし、夏の暑い時期、冬の寒い時期は別ですが笑。 地元の多摩杉を使っているようです。 建物の配置と緑の配置 庭園が建物と建物の真ん中にあるのですが、その中にもオープンカフェが、ちょこんとありました。 こういう店舗配置も人の心理をついていると思いました。 お花のソフト 最後に、お花屋さんとスイーツショップがミックスされたお店でソフトクリームを。 このちょっとのったお花がかわいい! 以上、立川スプリングスをレポートしましたが、緑がたくさんあって、緩急ついたランドスケープで居心地のよい場所でした。 コロナの影響もあって、まだオープンしていないお店もちらほらあったので、また時間をおいて行ってみたいです。 駅前の賑わいと昭和記念公園の緑豊かな自然を調和した場所でした。 大きな公園があって、IKEAも隣にあって、立川は住みやすそうですね!.

次の

〈PLAY!〉立川〈GREEN SPRINGS〉に“ありそうでなかった”複合文化施設がオープン!|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

グリーンスプリングス 建築

注意:「SORANO HOTEL」のオープン日が5月12日(火)から6月8日(月)に変更されました。 立川駅北側に現在開発中の大規模複合開発「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」は、現在2020年4月開業に向けて着々と準備中です。 この新街区の中核となる『SORANO HOTEL(ソラノホテル)』。 温泉水を利用した最上階インフィニティプールからは昭和記念公園と富士山を一望できます。 ヤギさんが除草作業をしていた時代からずっと見てきていますが、ついに、ついに、 カバーが外れて、全貌が明らかになりました! 2019年6月からどのように変わってきたのか、半年間の記録をまとめてお伝えしたいと思います。 スポンサーリンク 『SORANO HOTEL』2019年6月〜11月下旬までの建設記録 グリーンスプリングスが建設される前の何もない状態がこちら。 ヤギさん達はひと仕事を終えて故郷に帰り、2020年4月開業に向けて建設が始まりました。 2019年6月8日(土)の建設風景。 骨組みが完成したのがこの頃です。 2019年7月28日(日)の建設風景。 全体がすっかりシートに覆われてしまいました。 2019年8月30日(金)の建設風景。 うだるように暑い中でも、シートの中では粛々と建設が続けられていました。 2019年9月20日(金)の建設風景。 そろそろカバーが外れる頃ですが、8月同様に外からでは何もわからない状態です。 2019年10月13日(日)の建設風景。 ついにカバーが外れてスケルトン状態のホテルがお目見えしました。 2019年11月9日(土)の建設風景。 屋上のインフィニティプールや側面の外壁が完成しました。 そして、ついに、 2019年11月21日(木)の建設風景。 下の階がまだ建設中のようですが、 カバーが全部外れ、全体像がわかるようになりました。 外壁はブラウン、間仕切りはホワイト、アクセントにダークブラウンのデザイン。 バルコニーがとても広く取られており、パークビューを楽しむための贅沢な空間使いとなっています。 外観ができると、イメージがグッと湧いてワクワクしてきますよね。 『SORANO HOTEL』の開業日は2020年5月12日(火)、現在予約を受付中。 お得な開業記念プランもあります。 ホテルの従業員も募集しています。 心機一転、新しいエリアと建物で働きたい方は、ぜひ応募してみましょう。 今後は外構や内装がどんな風にできるのか楽しみですね。 新しい街の中核になるホテルを心待ちにしましょう。

次の