ハーフアップ 簡単。 小学生の卒業式髪型ミディアム編!ハーフアップで簡単アレンジ!不器用ママでも大丈夫

アップヘアの作り方

ハーフアップ 簡単

下準備が大切。 1:トップに逆毛を立ててボリュームと高さを出す。 2:結ぶ位置は耳上から指2本分上が目安。 3:毛先をカールして艶とまとまり感を出す。 この3つの下準備ポイントをおさえるだけで、ただのひとつ結びとは洗練度が歴然と違う、大人の女性の風格がただようまとめ髪にすることができます。 一見難しそうに見えるフレンチシニヨンも、上下それぞれをまとめることによって全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気に仕上がりました。 ピンでうまく押さえていくことで、ふんわりとフェミニンなシルエットにまとめることができるのです。 1:上品アップヘアの定番!「ギブソンタック」 幅広い世代から根強い支持を集める「ギブソンタック」。 ギブソンタックとは、低めの位置で髪をまとめるアップスタイルのことで、「首筋が美しく見える」「上品でエレガント」と大人世代にも好評です。 凝ったアレンジに見えますが、実はとても簡単!表参道にある美容院・Cocoonスタイリストの泰斗さんも「くるりんぱに手を少し加えるだけで、こなれ感のある仕上がりになる」と言います。 大人が挑戦する時に気をつけるポイントは?「全体的にきっちりとした印象に仕上げること。 後れ毛を出しすぎたり、トップの髪をたくさん引き出してしまうと、一気に若作りなアレンジになってしまいます。 きちんとまとめることが、大人の余裕、清潔感、上品さ、優雅さを表現する鍵です」(泰斗さん) 日常だけでなく、イベントやちょっとした集まりの時にも映えるギブソンタック。 ここでは、若作りに見えない「大人のギブソンタック」を5ステップでご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。 「後れ毛はこめかみ部分にだけ作るのがオススメ。 さりげなく上品で、色っぽい印象にも繋がります。 後れ毛がパサついたり広がっていると、疲れた印象に直結してしまうので、オイルやシアバターをなじませて、みずみずしく仕上げてください」(泰斗さん) 2:大人アップヘア「シニヨン」のやり方6ステップ いつもと雰囲気を変えたい時や、フォーマルな装いの時に便利な「お団子ヘア」。 40代の定番アレンジですが、ついつい張り切ってしまい、若づくりなお団子ヘアになっていませんか? 銀座にある美容室、GARDEN Tokyoのトップスタイリスト・本木亜美さんは、「お団子の位置が高くゆるい」「毛束をたくさん引き出している」「後れ毛が多い」、この3つに当てはまると、若づくりなお団子ヘアと断言! 「20代のような凝ったアレンジは、40代の女性のメイクや装いには似合いません。 全体のバランスも悪くなってしまうので、40代以降のお団子ヘアは〝さり気なく、シンプルに〟を意識するといいですよ」(本木さん) お団子になるよう、数回に分けて毛束をゴム付近にピン留めする。 「お団子の位置は、下過ぎず上過ぎない、耳裏あたりを意識しましょう。 後れ毛は出しすぎると〝疲れたオバさん風〟になるので、こめかみの上をひとつまみ分だけ出して。 後れ毛の広がりやパサつきが気になるときは、ワックスなどをつけましょう」(本木さん) 3:簡単くるりんぱアップヘアアレンジ ヘアアレンジにプラスするだけで、印象がガラリと変わるヘアアクセサリー。 ゴムとピンを使ったシンプルなアレンジに飽きているなら、ヘアアクセサリーでいつもと違う雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?とはいえ、アクセサリーの選び方って難しいですよね。 Ramie GINZA副店長の寺尾拓巳さんに40代にオススメのアクセサリーを聞くと、セットした髪に差し込むだけでアレンジ上級者になれる「コーム」がオススメと言います。 「コームを選ぶ時はシンプルで上品なものを選ぶのがポイントです。 ゴテゴテとモチーフがついていたり、派手な色のものは40代にふさわしくありません。 選ぶものによっては、若作りに見えたり、老け見えを強調してしまう危険もあるので気をつけて」(寺尾さん) 今回、寺尾さんが教えてくれるのは、きっちりとまとめたシニヨンにコームをさすだけの簡単アレンジ。 定番のアレンジから上級者風の装いになるお手本スタイルがこちらです。

次の

肌らぶ

ハーフアップ 簡単

くるりんぱを使ったハーフアップアレンジ。 オフィスにも女子会にも使える程よい華やかさが特徴のアレンジです。 顔周りの毛を適度に残し、ハチうえの部分の髪の毛をひとつにまとめます。 このとき結ぶ髪の毛の量は多すぎないようにするのがポイント。 結んだ髪の毛を半分に分けて軽く引っ張る。 結んだゴムのうえに穴を作り、その穴に上から髪の毛を入れ込む。 バランスを見ながらくるりんぱ全体の髪の毛を引き出せば、完成! くるりんぱをハーフアップに取り入れることで、ワンランクアップしたヘアアレンジに見せることができます。 三つ編みを使ったハーフアップアレンジ。 ガーリーな雰囲気にしたい時や、イベントなど凝ったヘアスタイルに見せたい時におすすめのアレンジです。 顔周りの毛を適度に残し、こめかみのうえの部分の髪の毛をとり3つにわける。 後頭部に向かうように三つ編みをしていく。 毛先まで三つ編みをしたらゴムで結んでおいて、反対側も同じように三つ編みをする。 後頭部の真ん中で2つの三つ編みを合わせて結ぶ。 最初に三つ編みを留めていたゴムを外したら完成! 三つ編みの毛束を軽く引き出して、ゆるく仕上げると今っぽい雰囲気になります。 リボンやアクセサリーを使って、自分なりにヘアアレンジをアップデートしてみてもいいかもしれません。 編み込みのハーフアップアレンジ。 三つ編みに比べ、編んだ部分の面積が広くなるのでより華やかな雰囲気に。 難しそうに見えますが、やり方や手順さえ覚えれば、簡単にアレンジができます。 顔周りの毛を適度に残し、こめかみのうえの部分の髪の毛をとり3つにわける。 後頭部に向かうように サイドの髪の毛を足していきながら編み込んでいく。 毛先まで編み込みをしたらゴムで結んでおいて、反対側も同じように編み込みをする。 後頭部の真ん中で2つの編み込みを合わせて結ぶ。 最初に編み込みを留めていたゴムを外したら完成! 編み込みのハーフアップは ロングだけでなくボブやミディアムなど、長さを選ばずにできるヘアアレンジなのでぜひ挑戦してみてくださいね。

次の

小学生の卒業式髪型ミディアム編!ハーフアップで簡単アレンジ!不器用ママでも大丈夫

ハーフアップ 簡単

下準備が大切。 1:トップに逆毛を立ててボリュームと高さを出す。 2:結ぶ位置は耳上から指2本分上が目安。 3:毛先をカールして艶とまとまり感を出す。 この3つの下準備ポイントをおさえるだけで、ただのひとつ結びとは洗練度が歴然と違う、大人の女性の風格がただようまとめ髪にすることができます。 一見難しそうに見えるフレンチシニヨンも、上下それぞれをまとめることによって全体をキュッとひっつめた感じがなくなり、ラフな雰囲気に仕上がりました。 ピンでうまく押さえていくことで、ふんわりとフェミニンなシルエットにまとめることができるのです。 1:上品アップヘアの定番!「ギブソンタック」 幅広い世代から根強い支持を集める「ギブソンタック」。 ギブソンタックとは、低めの位置で髪をまとめるアップスタイルのことで、「首筋が美しく見える」「上品でエレガント」と大人世代にも好評です。 凝ったアレンジに見えますが、実はとても簡単!表参道にある美容院・Cocoonスタイリストの泰斗さんも「くるりんぱに手を少し加えるだけで、こなれ感のある仕上がりになる」と言います。 大人が挑戦する時に気をつけるポイントは?「全体的にきっちりとした印象に仕上げること。 後れ毛を出しすぎたり、トップの髪をたくさん引き出してしまうと、一気に若作りなアレンジになってしまいます。 きちんとまとめることが、大人の余裕、清潔感、上品さ、優雅さを表現する鍵です」(泰斗さん) 日常だけでなく、イベントやちょっとした集まりの時にも映えるギブソンタック。 ここでは、若作りに見えない「大人のギブソンタック」を5ステップでご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 こめかみの髪をひとつまみして引き出せば完成。 「後れ毛はこめかみ部分にだけ作るのがオススメ。 さりげなく上品で、色っぽい印象にも繋がります。 後れ毛がパサついたり広がっていると、疲れた印象に直結してしまうので、オイルやシアバターをなじませて、みずみずしく仕上げてください」(泰斗さん) 2:大人アップヘア「シニヨン」のやり方6ステップ いつもと雰囲気を変えたい時や、フォーマルな装いの時に便利な「お団子ヘア」。 40代の定番アレンジですが、ついつい張り切ってしまい、若づくりなお団子ヘアになっていませんか? 銀座にある美容室、GARDEN Tokyoのトップスタイリスト・本木亜美さんは、「お団子の位置が高くゆるい」「毛束をたくさん引き出している」「後れ毛が多い」、この3つに当てはまると、若づくりなお団子ヘアと断言! 「20代のような凝ったアレンジは、40代の女性のメイクや装いには似合いません。 全体のバランスも悪くなってしまうので、40代以降のお団子ヘアは〝さり気なく、シンプルに〟を意識するといいですよ」(本木さん) お団子になるよう、数回に分けて毛束をゴム付近にピン留めする。 「お団子の位置は、下過ぎず上過ぎない、耳裏あたりを意識しましょう。 後れ毛は出しすぎると〝疲れたオバさん風〟になるので、こめかみの上をひとつまみ分だけ出して。 後れ毛の広がりやパサつきが気になるときは、ワックスなどをつけましょう」(本木さん) 3:簡単くるりんぱアップヘアアレンジ ヘアアレンジにプラスするだけで、印象がガラリと変わるヘアアクセサリー。 ゴムとピンを使ったシンプルなアレンジに飽きているなら、ヘアアクセサリーでいつもと違う雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?とはいえ、アクセサリーの選び方って難しいですよね。 Ramie GINZA副店長の寺尾拓巳さんに40代にオススメのアクセサリーを聞くと、セットした髪に差し込むだけでアレンジ上級者になれる「コーム」がオススメと言います。 「コームを選ぶ時はシンプルで上品なものを選ぶのがポイントです。 ゴテゴテとモチーフがついていたり、派手な色のものは40代にふさわしくありません。 選ぶものによっては、若作りに見えたり、老け見えを強調してしまう危険もあるので気をつけて」(寺尾さん) 今回、寺尾さんが教えてくれるのは、きっちりとまとめたシニヨンにコームをさすだけの簡単アレンジ。 定番のアレンジから上級者風の装いになるお手本スタイルがこちらです。

次の