冷蔵庫 比較 500l。 【2020年最新版】冷蔵庫でお悩みの方必見!冷蔵庫の選び方のコツと人気冷蔵庫を徹底比較

【2020年最新版】冷蔵庫の消費電力を比較したら買い替えない理由がなかった!

冷蔵庫 比較 500l

「冷蔵庫を買い換えたいけれど、どれを選んだらいいのかわからない。 」 冷蔵庫は生活のなかで欠かせない大事な家電のひとつ。 でも家電量販店には各メーカーの様々な冷蔵庫が並んでおり、どれを選べば間違いないのか、自分の家に合っているのか、わからなくなりますよね。 最新式の冷蔵庫は、ただ冷やす機能だけではなく、驚くような機能が備わっていたりします。 そこで、大型家電量販店4店舗を実際にまわってみて、各店の冷蔵庫に詳しい店員さんに 売れ筋の人気モデルを聞いてきました。 国内メーカー5社ごとの特徴をじっくりと聞いて比較し、3〜4人家族向けにピッタリな500Lクラスのフレンチドアタイプに絞ってランキング化しましたので、ぜひご覧ください。 キッチンの形状にあった冷蔵庫の選び方も含めて、一緒にご紹介したいと思います。 もくじ• 国内大手メーカー5社の特徴を徹底比較!冷蔵庫おすすめランキング 冷蔵庫はメーカーごとに打ち出している特長が異なります。 国内大手メーカー5社の冷蔵庫をじっくり比較検証し、2020年最新版の冷蔵庫おすすめランキングを作成しました。 第5位から見ていくことにしましょう。 第5位: 東芝 「VEGETA ベジータ 」 508L(GR-R510FZ) 東芝の冷蔵庫は見た目に光沢があって美しく、つややかなガラス面でオシャレなデザインに仕上がっています。 ドアは軽く触れて手を離すだけで、簡単に開けられるようになっています。 両手がふさがっている時でも困ることがありませんね。 冷蔵室はすみずみまで見やすく、ひろびろとした庫内です。 棚のレイアウトも自由自在に変えることができます。 チルド室は 2段収納になっており、食材を重ねず整理することができます。 上段には肉や魚、下段には乳製品や加工品を保存できます。 納豆3個パックが入るほど、たっぷり余裕ある高さです。 東芝の冷蔵庫の最大のポイントは、真ん中にある野菜室。 新鮮ツイン冷却システムの働きで、うるおい冷気が1日20回以上も循環します。 さらに新開発「ミストチャージユニット(透湿ユニット)」が冷気中の水分だけを抽出。 野菜に適した低温・高湿度環境にコントロールするため、 1週間経っても摘みたての鮮度とおいしさをキープしてくれるのです。 野菜室が真ん中にあることで、かがんで腰にかかる負担が少ないのもポイントではないでしょうか。 切替冷凍室は、野菜を下ゆでしなくても 生のままおいしく冷凍することが可能です。 ブロッコリーなどの温野菜の下処理なんてとてもめんどくさいですけど、これで調理時間をグッと節約することができますね。 製氷室は抗菌仕様で、おいしい氷が 最速約60分でできあがります。 冷凍庫って大量に入れると、グッチャグチャになりやすいですよね。 東芝の冷凍室は、 取り外し可能な仕切り板がついています。 レイアウトを変えられる仕切り板や収納ケースで、深さがある下段を見やすく整理することができる点はうれしいですね。 料理に新鮮な野菜を多く取り入れたい人におすすめなのが、東芝の冷蔵庫なのです。 リンク 第4位:シャープ 「メガフリーザー」502L(SJ-GX50E) シャープの冷蔵庫は、見た目はインテリアになじむガラス貼りで、高級感あふれるピカピカなデザインです。 東芝と同じく「電動アシストドア」になっており、両手がふさがっているときでも、軽く触れて手を離すだけでオープン!閉め忘れ防止もアシストしてくれます。 冷蔵室はステンレスパネルで、パネルにうるおいが吸着。 食品の乾燥をおさえて鮮度を守ってくれます。 チューブ類を収納するスパイスポケットが斜め配置になっており(写真左)、これが意外とラクに取り出しやすく使いやすいのが特徴です。 タマゴケースがチルド室の横についているのも、ポイント高いですね。 チルド室は高さが17cmもあります。 お刺身やヨーグルトなどもすっぽり入ってしまいますね。 そして、シャープと言えば、 プラズマクラスター! もちろん冷蔵庫にも搭載されていますよ。 きれいな空気で、食品の鮮度を守る 「プラズマクラスターうるおいチルド」の効果で、浮遊カビ菌を除菌してくれたり、浮遊ウイルスや付着カビ菌の増殖をおさえてくれます。 製氷室は大きくて透明度の高い氷を作ることが可能です(写真左)。 家飲みを楽しみたい人には、うれしい機能ですね。 野菜室は2段収納で真ん中に配置されており(写真右)、上下2段ケースで区分けできます。 上の段に小さな野菜を、下の段には大根や長ネギなどを丸ごと収納できます。 見た目はコンパクトで大容量をうたっていますが、 他社製品と比べるととても野菜室が小さいです。 新鮮な野菜を多く入れておきたい方には、やや物足りないかもしれません。 さすが、 メガフリーザー! 冷凍室がいちばん下にあり、野菜室とは正反対のビックサイズで、 174Lも入る大容量冷凍室です。 3段収納になっており、1段目は冷凍ケースを自由に4つに仕切ることができ、冷凍食品を見やすく整理することができます。 野菜は少なめでOKだけど冷凍食品はガッツリとまとめ買い派という方には、シャープがおすすめです。 リンク 第3位:パナソニック 「パーシャル冷蔵庫」 501L(NR-F505XPV) パナソニックの冷蔵庫も、シャープと同じくガラス素材でピカピカな外観をしており、見せるキッチンを意識しています。 パナソニックの室内はスタイリッシュなのですが、 最上段は低いのがデメリットです。 野菜室を広くするために、最上部奥にコンプレッサーが入っているためです。 でも、手が届きづらいところですから、考え方によってはメリットなのかもしれません。 最上段より冷凍室・野菜室を広く使いたい人には向いています。 冷蔵室全体は1週間分の食材が入るほど大容量ですから、まとめ買いに向いています。 ただ、 チルド室以外はラップが必要なので、生鮮食品を入れる時は注意が必要です。 庫内中段はとっても使いやすいように設計されており、真ん中には500mLのビールの缶を立てたまま収納できるくらい高さがあります。 最上部の低さとは反対にチルド室は他メーカーより広く作ってあり、買った日の鮮度をそのまま保てるという 「微凍結パーシャル」を売りとしています。 レトルトカレーやお刺身などを保存しておくのに最適なんだそうです。 微凍結パーシャルは、「チルド」と「冷凍」のいいとこ取りなのです! 作り置きや下ごしらえした食品を、約1週間新鮮保存できる点がポイントです。 まとめ買いでも、冷凍しないで新鮮に長持ちさせることができます。 冷凍室をチェックしていきましょう。 1段目は製氷機と急速冷凍室です。 新鮮凍結ルームによって、アツアツのごはんも急速凍結しておいしさを保ってくれます。 2段目は大容量の冷凍室。 何年も前に買った冷凍食品の化石化も防げますね(笑) スルスル〜ッと開けやすくて、とても中が見やすい! 冷凍保存前提でまとめ買い派の人には、とてもうれしい仕様です。 使い忘れや二重買いを減らすのに一役買うことでしょう。 米びつまで入るほど大きく、奥のほうの野菜も取り出しやすくなっています。 適切な湿度コントロールで乾燥と水腐れを防いで鮮度を長持ちさせ、葉野菜はシャキシャキの状態が約1週間も保つそうです。 中が3箇所に仕切られている点がポイントで、野菜室がグチャグチャになる心配がありません。 野菜も冷凍もどちらも重視したい、まとめ買い派にはパナソニックがおすすめと言えるでしょう。 リンク 第2位:日立「真空チルド」505L(R-XG51J) 日立の冷蔵庫は、傷がつきにくいガラス面で、部屋の光がピカピカ輝くほどの、うっとりするぐらい美しすぎるデザインです。 日立の冷蔵庫の特徴は、いちばん上の段に鍋が置けるほど、 たっぷりと余裕がある作りにしている点です。 入れるものに合わせて高さを調整でき、お寿司の桶が置けるほどゆとりある造りになっています。 チルド室を開ける時に、 プシュ〜!という音が。 冷蔵庫内はラップが必要ですが、 ラップなしで保存可能な「真空チルド室」は、プラチナ触媒によってニオイ成分を分解してくれます。 入れてから1週間経過したケーキやハムも、ほぼそのままの鮮度が保たれていました。 鮮度、栄養素、風味、うるおいを守って、おいしく保ってくれます。 凍らせることなく、風味を損なわずに食感もそのまま食べられるなんて、ズボラな人にはなんてうれしい作りなのでしょう。 冷凍室の上段は急速冷凍に対応しており、アツアツのごはんだって急速に冷凍することが可能です。 真ん中に冷凍室がありますので、 まとめ買い派の人向きですね。 こんなに大きくて大容量なのに、3段収納で小さいものから大きなものまですっきりと収納することができます。 アツアツのものを入れても温度センサーで温度を検知し、自動で運転を切り替えて、すばやく冷凍してくれます。 一番下が野菜室になっていて、こちらも3段収納。 「野菜はどこへいったー!」と、探して迷うことがありません。 こちらは冷蔵庫に入れてから5日目の野菜です。 シャキシャキとみずみずしさを保っておりました。 こちらはなんと 8日目の状態です。 担当の方に聞いてみたところ、 約2週間はおいしく食べられるということでしたよ! すごい技術ですね。 チンゲン菜などの根元が太い野菜は、もっと長い保存が可能だとか。 鮮度が長持ちするヒミツは、「新鮮スリープ野菜室」。 眠ったように野菜を新鮮に保つことが可能だからです。 最近の冷蔵庫の機能は、本当にすばらしいですね。 野菜をできる限り長く保存しておきたい方には、日立の冷蔵庫がおすすめでしょう。 リンク さて色んな冷蔵庫を見てきた中で、栄えあるおすすめランキング1位に輝いたメーカーは、一体どこでしょうか? それでは、発表したいと思います! 第1位: 三菱「置けるスマート大容量」517L(MR-WX52E) 見事に 冷蔵庫おすすめランキング第1位に輝いたのは、 「三菱」の冷蔵庫です。 見た目は他メーカーと同じく、インテリアになじむガラス貼りで、高級感あふれるピカピカなデザインです。 三菱の冷蔵室の特徴は、なんといっても左右のドアポケットの高さを変えられる点。 ポケットの高さを2段階に調整できますので、食品にあわせて便利に使い分けることができます。 全段ガラスシェルフで傷がつきにくく、汚れがサッと拭きとれ、お掃除簡単。 棚を外して洗うこともでき、つねに清潔さを保つことができます。 まとめ買いすると、どうしても冷凍保存に走ってしまいがちですが、 冷凍保存する手間もなく おいしさと鮮度をしっかりと保てる点がすばらしいです。 肉や魚からドリップが出ることなく、 解凍なしで使える状態に冷凍できちゃうのです。 まとめ買いすると冷凍保存は必須ですよね。 でも、パックから開けてラップで包んで冷凍保存するときに手がベトベトに汚れたりして、ストレスになりませんか? 三菱の冷蔵庫ならめんどうな小分けや解凍も不要。 しっかりと冷凍保存されているひき肉を包丁でサクッと切れてしまうのは、まとめ買い派の忙しい人にとってはうれしすぎる機能です。 通常の冷凍室は2段収納になっています。 まとめ買いした冷凍食品もたっぷり入り、開ける時も 「らく楽アシスト」でスルスル〜ッと開けることができます。 野菜室はいちばん下にあり、こちらもたっぷりの野菜が入るようになっています。 2Lのペットボトルも立てて収納することが可能です。 庫内奥にある3色LEDの光の力で、 保存しているあいだにビタミンCや糖度がアップ! 保存しておくだけでビタミンCが増えるなんて、うれしい機能ですよね。 まとめ買いした野菜や使いきれずに残った野菜、市販のカットされた野菜などは生のまま冷凍できちゃいます。 冷凍前の下ゆでが不要で、凍ったまま必要な分だけほぐして調理に使うことができます。 肉も魚も野菜も自動でおいしく冷凍できて、しかも解凍いらず! 毎日パパッと時短クッキングができるなんて、三菱の冷蔵庫ってスゴくないですか? 家電量販店の店員さんも三菱をおすすめしていましたし、 調査した4店舗中3店舗で三菱の冷蔵庫が売れ筋ランキング第1位に輝いていました。 忙しい人には、あらゆる食材をわざわざ冷凍しなくてもいい「三菱」がおすすめです。 私も最終的に「三菱」の冷蔵庫を選びました。 「冷凍したくない!」「解凍したくない!」人は、新鮮な食材をそのまま使うことができる三菱の冷蔵庫がめちゃくちゃおすすめです。 リンク 5社の省エネ度の比較-冷蔵庫の買い替えの目安表 365日24時間ずっと電力を使う冷蔵庫は、ここ10年間で省エネ化が急速に進んできました。 2009年製と2019年製を比べると、電気代は 年間1万円以上の差になるとか。 今回紹介した冷蔵庫の主要メーカー5社の省エネ度を、以下の通り比較してみました。 年間1万円も電気代が違うとなると、かなりの差です。 今使っている冷蔵庫と、最新型省エネタイプの冷蔵庫の電気代を比べて買い替えを検討しましょう。 冷蔵庫は小さいほうが電気代が安いと思いがちですが、実際に冷蔵庫の年間消費電力を見てみると、 大型の冷蔵庫のほうが年間消費電力量が小さく、電気代が安くなる場合があります。 大型は本体の値段が高いですが、電気代は小型よりも安くおさえることができる場合がありますので、これから買うなら 年間消費電力量も考えておくことがポイントです。 冷蔵庫の容量はキッチン形状に合わせる 「冷蔵庫の容量って、どれぐらいがいいのかしら?」 容量の目安となる計算式をご紹介します。 あくまでも目安ですが、設置できるのであれば大きいサイズがおすすめです。 冷蔵庫って前ばかり気にしてしまいがちですが、 節電を考えるなら後ろ側のゆとりスペースがとっても大切です。 壁にピッタリくっつけてしまうと、熱効率が悪くなり、電気代がかさむ原因となります。 ほかに、 扉の開閉方向の確認も大切です。 右開き・左開き・フレンチ(両開き)タイプがありますから、設置場所でドアが開くかどうかも確認してから購入しましょう。 10cm以下だと設置スペースに収まりきらないかもしれません! コンセントの位置や上面空き(5cm以上)、側面空き(0. 5cm以上)を確保し、必ず冷蔵庫を入れる奥行き寸法を測ってから選んでくださいね。 「入らないから、仕方なく交換!」と、買ってから慌てる方もかなりいらっしゃるそうですよ。 冷蔵庫の選び方で大切なコツは、下側を見ること! 国内メーカー5社の冷蔵庫を比べてみましたが、いくら節電になるとはいえ、最新モデルはなんと 20万円以上のものばかりです。 冷蔵庫って、高いですねぇ〜。 発売から半年ぐらいすると値段が下がってきますが、各メーカーの特色さえおさえておけば、 旧型でもほとんど性能が変わらず使えるそうですよ。 今回冷蔵庫のおすすめランキングを独断と偏見で作ってしまいましたが、ライフスタイルによってはまったく違ったランキングになるかもしれません。 ひとり暮らしか大家族かでも、かなり選び方が違ってきます。 店員さんに 「どれが1番おすすめですか?」と伺ったのですが、店員さんのご家庭では野菜重視派ということで、野菜室が真ん中にある冷蔵庫がいいとおっしゃっていました。 20代〜40代の忙しい共働き子育て世帯はまとめ買い派の人が多いでしょうから、冷凍庫が真ん中にある方がおすすめです。 しゃがむ回数が多いと、腰に負担がかかるだけでなくストレスも増えてしまうもの。 冷蔵庫の選び方は、下半分に何があるか(冷凍庫 or 野菜室)がもっとも大切なポイントです。 冷凍をメインに使ったり子供のお弁当などで買いだめをするなら、冷凍庫が真ん中にある冷蔵庫を選びましょう。 よく使う機能が真ん中にある冷蔵庫がおすすめです。 冷蔵庫を選ぶときは、自分の性格やライフスタイルなども意識してみてください。 必然的に買うべき冷蔵庫のメーカーが、グッと絞れてくるはずです。 自分に合った最適な1台を見つけましょう! 冷蔵庫の電気代を節約したいなら、電力会社のプランを見直してみよう 最新モデルの冷蔵庫は昔のものと比べて省エネですが、 電力会社のプランを最適なものに見直すだけで さらに電気代を節約することが可能です。 冷蔵庫買い替えのタイミングで、電気料金プランも見直してみましょう。 簡単な質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行ってくれる「エネチェンジ電力比較」を使えば、無料で簡単に 家庭にぴったりの電気料金プランが見つかるかもしれません。

次の

【真空チルドが人気】日立の冷蔵庫おすすめ人気ランキング20選

冷蔵庫 比較 500l

まずは冷蔵庫の選び方を詳しく 購入するにあたり、さまざまな条件がみなさんにはあるだろう。 でも、ずべて条件を満たす商品を探せるようにポイントをしっかりお伝えしていこう。 容量の基準 まず新規で購入か買い替えか、サイズに対しての家族人数などを考慮しなくてはなりません。 でも実際に家電量販店で購入するお客様はこの計算式よりも多い容量を購入するのだ。 使用していくと使用する容量に変動があるから、大きめの容量を買うのです。 また容量が大きいサイズの方が電気代が安いからというのもあるでしょうね。 子供が小さい4人家族と大人4人家族では容量が変わるのは当たり前ですよね。 10年は使用するので今目線ではなく未来目線で考えましょう。 冷蔵庫の本体の設置幅は? 設置場所の広さは各家庭で違ってくる。 また生活用品などで圧迫されて余裕がない人もいるかもしれない。 一般的には54cm、60cm、65cm、68. 5cm、75cmのモデルが多い。 最近は横幅スリムで奥行きが広いタイプが増えている。 実際に設置すると奥行きがありすぎて向かいのコンロを近すぎる、床下収納のドアが開かなくなったなど購入してからのトラブルもよく耳にする。 設置幅も大事なんですが奥行きもしっかり測ってから購入しましょう。 ネットで買って配送された後に交換は本当に面倒だ。 ドアのタイプ ドアは主に片側ドア、フレンチドア、どっちもドア(シャープ)の3種類がある。 片側ドアのタイプは左開きと右開きそれぞれが販売しているモデルと左開きだけのモデルがある。 主に幅が60cmのモデルが片側ドアのタイプになっている。 ドアの裏の収納が多くできるのと、設置幅に余裕がない人に人気のモデルだ。 フレンチドア(観音開きとも呼ばれる)は真ん中からドアが分割にされてい左右どちらからも開く1番需要があるだ。 大型モデルはほとんどがフレンチドアだ。 幅65cmからのモデルからがフレンチドアになっている。 片側ドアlのタイプと違い、右半分だけ開閉できるので冷気が逃げにくいから節電にも繋がる。 そしてシャープだけの機能になっている、どっちもドア。 見た目は片側ドアとまったく変わらない。 でも片側ドアとの大きな違いは 消費電力(年間消費電力量) 実は小さいサイズのモデルの方が電気代が高いのはご存知だろうか? 大型モデルの方が年間消費電力量が少ないので省エネになり電気代が安い。 定期的に買い替えする家電ではない。 10年前後は使用するはず。 しかも家電で唯一、1年365日ずっと稼働している家電は冷蔵庫だけ。 特に電気代がかかっているので消費電力が安い機種が欲しいはず。 最近だと安い機種で年間6000円前後の商品も存在している。 参考までに年間消費電力量という記載がスペック・仕様に記載しているのは見たことがあるかと。 省エネ性能は星5つが最もいい。 覚えておこう。 運搬費用 大型家電は家電量販店でもネット通販でも運搬費用(配送料)は無料になっていることは多い。 だが運搬はあくまで自宅玄関までなのだ。 キッチンまでの設置費用が別途発生するお店もあるのだ。 家電量販店は配送・設置料無料が大型冷蔵庫は無料が多いが、小型冷蔵庫はお店によって違う。 ネット通販の場合は、送料無料だけで設置料とリサイクル運搬費用が家電量販店よりも高額になっているところが多い。 本体価格はネット通販が安いことが多い。 でも総合計価格で判断することをおすすめする。 あとは付随サービス、長期保証や出張修理などで判断しよう。 ガラスドア 大型モデルはほとんどがガラストップドアという強化ガラスのドアを採用している。 私たちが子供の頃は母親が冷蔵庫にマグネットでメモなど貼っていたのを見たことはないだろうか? 磁石がくっつくのは鋼板という材質になっている。 ポイントは丸っこくマグネットがくっついて便利だが、ぶつかったり衝撃が加わると凹んでしまったり錆びてくることもあるので。 長く使用するはずなのに外観が傷みやすいのが問題だった。 それを改善できるようになったのがガラスドアなのだ。 ガラスドアのポイントは表面がフラットで強化ガラスなので汚れても拭くだけ、いつでも高級感がある。 最近はLDKという部屋が多くリビングから見える場所に冷蔵庫を置いていることが多いかと。 見た目も重視される時代になっているのだ。 実際に購入する機種の多くはガラスドアが売れ筋になっている。 だが価格重視の方は鋼板のモデルの方がお買い得だ。 ガラスドアは鋼板みたいにマグネットくっつかないのでご注意を。 表面だけ無理だが、側面は使用できるので、ご安心を。 家電量販店のチラシは必ず比較 選び方でも実は重要なのがチラシ。 実はチラシを見た人しかゲットできない特典が多いのだ。 例えば搬入経路を写真撮影で値引き、チラシを見た人は処分料がタダなど実はお得な情報がかなり多い。 私も最近知ったが、「Shufooシュフー」という無料アプリは聞いたことはあるだろうか? 無料で会員登録するだけで、各量販店、スーパー、ドラッグストアなどのチラシを見ることができる。 お店に行く前に必ず、比較してチェックしたほうがいいだろう。 真空チルド(チルド室) 鮮度や栄養素を守ってくれる• 新鮮スリープ野菜室(野菜室) 水々しさと栄養が長持ち• デリシャス冷凍(冷凍室) 旨味そのままで栄養素の減少を防止• スポット冷蔵(冷蔵室) 冷蔵室下段を少し温度を低く この4つが今年の主なポイントだ。 まずはこれを深く掘り起こしてどんな機能でどんなメリットがあるかお伝えしていこう。 真空チルド 日立のチルド室、真空チルドは日立だけの機能になっているので、この機能を説明するだけで日立に決める方も多い。 チルド室の空気を抜いて 真空状態にすることにより食材の酸化を防止します。 これにより生肉や刺身など鮮度が重要視される食材を凍らせることなく鮮度を保つことができる。 食材は冷凍すると 細胞の破壊に繋がる恐れがあり、日立は0度のままでも食材の鮮度が保てるのが大きな特徴。 ちなみに氷温設定もできます。 0度よりも長持ちする。 味が落ちるのは嫌ですけど、見た目の鮮度が落ちるのってもっと嫌じゃないだろうか? 食べる前から食欲が失せるかもしれません。 真空チルドは鮮度が長持ちするのでこんなメリットも。 午前中に刺身を買って夕飯に食べても鮮度がそのまま• ハムやチーズなどの乳製品が見た目も味もそのまま とにかく食材の見た目と味が買った時のままなのです。 他社のチルド室では凍らせて保存するとこを0度で保存というのがポイント。 肉を凍らせて解凍した時のドリップは誰もが1度は経験があるはず。 凍らせないならドリップの発生も最小限になる。 特選氷温ルーム 上位機種に新たに追加された機能。 真空チルドを廃止していうるおい特選氷温ルームになった。 真空チルドは密閉にするため食品の出し入れがしにくいのが問題だったが今回、特選氷温ルームで解決した。 また真空チルドと同様の機能の食品の乾燥や痛みをおさえてくれる。 新鮮スリープ野菜室 野菜を眠らせて鮮度を長持ちさせてくれるのがスリープ野菜室。 実際に野菜を入れて見ると確かに鮮度が抜群に良い。 鮮度が長時間保てるというのは大きくいうと2点。 野菜の水分量が他社の野菜室と比較して水々しさが全然違います。 野菜って時間が経つと水分が抜けてパサパサになってしまい、最後シナシナになってしまう。 他メーカーの野菜室を実際に見て私が特に野菜が長持ちすると感じたのは日立とシャープだ!野菜室の上に冷気を野菜にあたらないようにカバーがあるのだ。 カバーがあるから日立は水分量が1週間経っても維持できる。 もう1つはビタミンCの残存率になる。 どんな食品でも時間が経てば鮮度が落ち栄養素もダウンするが、日立はビタミンCの残存率が高いのだ。 買いだめした野菜でも買ったばかりの野菜同様の栄養が摂取できる。 見た目も鮮度がよく食べれば栄養はそのまま。 文句なしだ。 ちなみに野菜室は日立とシャープが優秀。 デリシャス冷凍 デリシャス冷凍の前に冷凍室は日立は便利な特徴があります。 冷凍室が3段になっている。 これ日立だけ。 パナソニックが今回から1部の機種(HPX、WPXシリーズ)で3段になりましたが、他ではない。 3段あると食品の管理がしやすくなる、賞味期限ごとの管理がしやすくなるのもポイント。 3段の中の最上段にアルミのプレートがある。 これが デリシャス冷凍だ。 例えばご飯をアルミプレートに乗せて熱を瞬時に吸収してくれる。 通常の冷凍よりも温度の下がるスピードが早くなるので氷の結晶が成長する前に凍結させる。 これにより食材の細胞の破壊を防ぐ。 温度センサーが搭載されているので、熱い食材を冷凍室に入れても庫内の温度が上がらないように冷凍室だけ強めに冷やすので他の食材に影響が出ない。 すばやく冷凍するのであの嫌なドリップの流出をおさえてくれる。 日立以外のメーカーの冷凍室でも急冷凍だとドリップが少ないので安心してほしい。 スポット冷蔵 日立の冷蔵室は全部で4段構成になっている。 1段目と2段目は約5度前後だが、3段目と4段目だけ約2度と低温になっている。 冷蔵室の食材って長持ちする食材もあればすぐに痛む食材もあります。 ということは冷蔵室も温度が別れていた方が理にかなってますということになる。 傷みやすい食材(作り置きした食材やお惣菜)を3段目と4段目に置けば長持ちする。 こちらもセンサーが搭載されているのでカレーやシチューなどの鍋を置いても他の食材に影響が出ないように冷却してくれる。 これも他メーカーにはない機能でかつ消費者に優しい機能だ。 この4つの機能が日立のおすすめポイントだ。 さらに日立は使い勝手がとにかく良いという評判だ。 我が家も日立の冷蔵庫を愛用している。 冷蔵室の棚の高さを変えることが可能になってます。 食材の収納量を自動え調整ができ大皿や大鍋の収納も簡単にできてしまう。 3段目の棚を外して高さを変えることができるのだ。 これも 日立だけの機能。 これはかなり便利。 カレーを作って鍋ごと保存、ケーキをワンホールそのまま保存ができちゃいます。 そして1段目の棚の高さが地面から155cmになっているので背の低い方でも食材の出し入れが楽なんです。 日立の冷蔵庫の詳細はこちら。 ワンダフルオープン(野菜室、冷凍室) 冷却器が最上段に設置で下が全開• 日立のチルド室より低温で保存しますが凍らない。 シャーベットくらいのイメージを持ってもらえば分かりやすいかと。 日立のチルド室よりも食材の鮮度が保てる期間が長いという見解です。 ただ、酸化はします。 空気に触れますので。 ただ比較すると日立と同じくらいの印象ですね。 どちらも良いとこはあるので一長一短だ。 微凍結だと細胞の破壊にはなりません。 細胞の周りだけが少し凍る程度なのでドリップの発生も少なくすむ パーシャルは冷凍ではなく微冷凍。 解凍がいらないのですぐに調理ができるメリットもある。 作り置きした食材もすぐに出すこともできます。 冷凍だと解凍する時間も考慮しなくてはいけないので管理が楽になるのだ。 ワンダフルオープン パナソニック以外の冷蔵庫の冷却器(コンプレッサー)は下の段の奥に配置をしていますが、パナソニックの冷蔵庫は冷蔵室の最上段の奥に配置。 何がいいかというと野菜室と冷凍室の奥にスペースができることによりドアが全部開くことができる。 奥まで開かないのが現状ですがパナソニックはこうなる。 こんな感じに全部開くので奥の食材の出し入れがとにかく楽チン。 買い物から帰って来た時、庫内の食材の整理などいつも気軽にできるメリットがある。 全部開く分、冷蔵庫の反対側にコンロやシンクがないならパナソニックはおすすめ。 開けると狭いスペースの場合は考慮すべきだ。 野菜室と冷凍室が広々使用ができますが、せまくなるのが冷蔵室。 1番開ける回数が多いのに大丈夫かなと心配な方もいるはず。 ですが、考え方次第なのだ。 冷蔵室の最上段は日立と違い高さがあり手が届かない人もいるんです。 実に分かりやすいですよね?日立や三菱とも考え方が違うので差別化ができ、売れる要素を増やしているのがパナソニックなんのだ。 だから冷蔵庫が狭くなるというわけではないので、安心してほしい。 以前のモデルと幅は同じなのだが、機械室のコンパクト化・ボディの薄壁化・ボディのスクエア化によりサイズそのままで容量アップができた。 省スペースで大容量モデルは他社でも増えてきているので今後のトレンドになるかもしれない。 集合住宅や設置場所が狭い世帯の方でもこれからは大容量の冷蔵庫の搬入が可能だ。 パナソニックの場合は HPXシリーズのみ。 ちなみに NR-F555HPXと NR-F605HPXだけは日立と同じ冷凍室が3段になっていて使いやすい。 Wシャキシャキ野菜室 どこのメーカーでも野菜室は野菜の水分量が重要視しているが、パナソニックは野菜の水分量を保つために 湿度の管理を徹底している。 基本的には葉物野菜は2段目に入れるのが通常ですが、そこに湿度のコントロールをするモイスチャーコントロールフィルターが搭載されている。 さらに野菜室専用の湿度センサーも搭載されているので常に最適な状態にしてくれる。 野菜室の開け閉めが多い方でも冷蔵庫でしっかり管理してくれるので気にせず使用ができる。 さらに冷気により低温障害で野菜が痛むのをおさえてくれるのが ナノイー。 ナノイーは本当パナソニックの生活家電ほとんどに搭載されている。 パーシャル同様に1週間の鮮度を保てるのでまとめ買いでも痛むことがなく安心。 以上がパナソニックのおすすめポイントだ。 パナソニックの冷蔵庫の詳細はこちら。 氷点下ストッカー 冷凍しないで食材を長期間保存が可能に• 切れちゃう瞬冷凍 冷凍だけど包丁で切れる、解凍が不要• 朝どれ野菜室 3色LEDの照射で収穫したばかりの野菜を維持• 置けるスマート大容量 薄型断熱構造SMART CUBEでスマート大容量 氷点下ストッカー パナソニックのチルド室のパーシャルと何が違うねんと思う方もいるのでそこもしっかりお伝えしていこう。 これによりパナソニックのパーシャルよりも細胞の破壊をせずに、パナソニックと同様の保存期間が達成できたのだ。 パナソニックと同じで1週間の食材の保存ができます。 まとめ買いが多い世帯にはピッタリ。 そして驚きな点は 氷点下ストッカーとは別にチルド室が搭載している。 ですので氷点下ストッカーに入れるほどの食材でなければチルド室に保存もできる仕様になっている。 切れちゃう瞬冷凍 小型の冷凍室、切れちゃう瞬冷凍は氷点下ストッカーよりも低い温度、冷凍室よりは高い温度で食材のをする保存。 瞬冷凍室は製氷室の隣に位置する。 冷凍した食材って解凍する時どうします? 朝から冷凍室から出して自然解凍やレンジで解凍が多いかと。 ですが三菱の瞬冷凍なら温度の高い冷凍なので細胞の破壊も冷凍室よりも少なく、すぐに調理が可能に。 冷凍に不向きな食材でも過冷却という技術で一瞬で冷凍にしてくれる。 それにより他社の冷凍とは違い生肉の冷凍でもドリップが少ない、熱いままのご飯の冷凍も問題ない。 切れちゃう瞬間冷凍はお弁当を作る主婦の方に人気。 きんぴらやひじきの煮物など冷凍するとはしで小分けしにくい食品が簡単につかめます。 また味が染み込みやすい効果も。 使う分だけ取り出してすぐに調理ができる唯一の機能になる。 朝どれ野菜室 三菱の野菜室は3色のLEDを照射することにより、野菜が日光を浴びているかのように野菜の緑化を促進する。 スゴイのが3色LEDでビタミンCが増えること。 買ってからビタミンCが増えるなんてかなりスゴイ技術だ。 日立、パナソニック同様に水々しさが1週間も持続するので安心。 まとめ買いもできる。 個人的な感想になりますが、野菜の見た目が特に綺麗に維持できているのは三菱。 葉物野菜の色が濃いまま。 サラダにする時は他社よりも綺麗に見える。 以上が三菱のおすすめポイントだ。 他社よりも機能がしっかりしている。 そして静音設計です1番静か。 冷蔵庫の音が気になる人は三菱がおすすめ。 三菱の冷蔵庫の詳細はこちら。 プラズマクラスターうるおいチルド 潤いを保ち鮮度が長持ち• 雪下シャキット野菜室 甘みのある野菜本来の味を楽しめる• メガフリーザー 他を凌駕する圧倒的な容量の冷凍室• どっちもドア 右から左からも開く唯一の冷蔵庫 やはりシャープの1番の特徴は他社になりメガフリーザーとどっちもドアの2つになる。 この2つの機能だけでシャープにする方が多いくらいだ。 プラズマクラスターうるおいチルド チルド室は開け閉めが多い場所になるので雑菌の侵入の可能性が高い。 それをシャープ独自の機能、プラズマクラスターの出番になる。 プラズマクラスターでチルド室ルーム内の雑菌をおさえて常に清潔な状態を保ってくれる。 清潔ともう1つ効果がある。 鮮度を長持ちさせてれくれます。 清潔にしながら鮮度を長持ちはシャープだけ。 そして冷凍室に入れていた食材の解凍がチルド室でやることができる。 自然解凍よりも雑菌の繁殖を防いで、食材の乾燥を抑えた解凍になるので食材の水分がしっかり残る。 雪下シャキット野菜室 冷蔵庫がまだない昔の話、野菜は寒さから身を守りためにデンプン糖が出て甘みが出るそうだ。 目の付け所がいいシャープさんはそこを利用して雪下に野菜を置いて長期間保存ができる仕組みを野菜室に設けた。 そして野菜室の形状が他社とは大きく違う。 横じゃなくて縦なんです。 なんでこの形状になっているかというのは次に紹介するメガフリーザーがあるからなのだ。 メガフリーザー 20代、30代の世帯はやはり野菜を食べる人って少ないと言われている。 そして、外食する人が減り毎日、お弁当を作っている方は夜ご飯のあまりを冷凍で保存、冷凍食品を多く購入する世帯が多い。 シャープは冷凍に特化したメーカー。 冷凍室を大容量にしたのがメガフリーザーになる 本当に大容量です。 冷凍をいっぱい使いたいとお考えの方にはぜひ検討していただきたいメーカーだ。 シャープのラインアップで474L以上のモデルはメガフリーザーが搭載されている。 冷凍室は日立も3段ですが比較にならないくらい多い収納量だ。 食材を長期保存する方はぜひチェックしてほしい。 どっちもドア どっちもドアは昔からずっと続いている人気の機能の1つ。 キッチンは各家庭で設置する場所って違いますよね? シャープの冷蔵庫はどこに設置をしても使いにくいということがありません。 右開きも左開きも対応しているの本当に便利。 手前から開くこともできるし奥からも開くことができる。 引っ越しが多い方ならどんなキッチンでも対応できる。 またリビングから冷蔵庫が見られたくない人もいるかと。 そんな時は見えにくい方から開くことも可能。 片側ドアなので、大皿や大きい食材の出し入れも簡単。 フレンチドアだと片方のドアだけじゃ大きいものは出せない時もある。 シャープの冷蔵庫は詳細はこちら。 高級感のあるデザインでドアはガラストップ。 中身は高機能で高価格。 それでも売れるのが三菱。 静音設計で1番有名。 冷凍室の便利機能、切れちゃう冷凍は最高に便利。 自然解凍せず、包丁でカットができすぐに調理ができるは女性には嬉しいポイント。 製氷皿からポンプまでの経路まで全部洗えるのも評価が高い点だ。 500Lオーバーで幅65cmなので集合住宅(アパート・マンション)の方に人気なモデル。 冷凍室と野菜室のドアの開け閉めは他メーカーと比較してダントツでスムーズで力がいらない。 ただ、子供は大きくなることを忘れないように。 今がピッタリのサイズでも数年後に足りなくて買い替えするお客様も実は多いのだ。 集合住宅の世帯なら設置幅に注意。 また設置する場所にコンロがあるなら奥行きも気にかけたほうがいいだろう。 特に結婚して子供も生まれる家庭や、引っ越しが想定される家庭にはスリム幅なのでどこでも設置が可能なモデルだ。 三菱の最大のメリットはサイズの小さいモデルでも機能が上位機種と変わらない点だ。 氷点下ストッカー、切れちゃう冷凍室、朝どれ野菜室、全段ガラス棚と高機能なのだ。 冷凍室が業界最大のメガフリーザーがとても便利。 野菜より冷凍優先の世帯におすすめのモデルになります。 チルド室にはシャープ得意のプラズマクラスター搭載で除菌効果と鮮度が長持ち。 野菜室はうるおいガードで他メーカーと比較して長期保存が可能だ。 冷蔵室のドア裏のポケットは斜めに配置しているので出し入れが簡単。 ではこの機種、何がいいか? ガラストップで価格はリーズナブル、でも庫内の機能は全段ガラス棚で氷点下ストッカーも搭載している。 冷凍室も大きく食品の保存もたくさんできるのだ。 また、お店に来てくれたお客様がよく足を止めるのがこの機種。 同サイズでもデザインがとにかく高級感とおしゃれの両立ができているのだ。 低価格で機能とデザインもしっかりした機種をお探しならこちらだ。 微冷凍で食材の長期保存の他メーカーのチルド室もありだが、日立にしかできない、常温で酸化を防いで真空にする技術は大人気の機能だ。 上位機種にも存在する、うるおい野菜室も搭載しているの小型モデルはやはりありがたい。 冷蔵庫おすすめ 200L〜300L 一人暮らし用、コンパクト 1人暮らしでこれから2人暮らしになるかも、恋人がよく泊まりにくるかも、1人暮らしで自炊が多いとう方にピッタリのサイズである。 200L〜300Lの大きな違いはドアの数。 2ドアと3ドアのどちらかがほとんど。 2ドアの場合は冷蔵室と野菜室が一緒になっているので葉物野菜が3ドアより傷みやすい傾向がある。 あとは自動製氷が搭載しているかで金額が大きく変わってきているの購入前にチェックを忘れずに。 女性目線なので機能が小型のモデルでも中身は大型モデルと変わらない。 氷点下ストッカー、自動製氷、全段ガラス棚、大容量の冷凍室、500mlの缶が立てて収納、ドアポケットのサイズの種類が様々と使い勝手は同サイズで間違いなく1番のモデルであろう。 冷蔵庫おすすめ100L〜200L 一人暮らし用 小さめ コンパクト 一人暮らし用で1番売れるサイズ。 ポイントは冷蔵庫の上に電子レンジを置くこと。 一人暮らしだとキッチンは狭い確率が高い。 そのためレンジも同じ場所に置けるのはとても重要なのだ。 女性の場合は150L前後、男性なら170Lくらいのサイズにすれば電子レンジがちょうど良い高さに感じることが多い。 通常このサイズの冷蔵庫の場合、冷蔵・冷凍の強弱が1つのスイッチで管理するのだがこの機種は冷凍と冷蔵で2つのスイッチで管理が可能。 自分で省エネ設定ができるのがポイント。 操作性も良く、ドアポケットの上段に500mlのペットボトルが縦で収納ができる数少ない機種。 一人暮らしだと500mlのペットボトルは使用頻度が高いはずだ。 MR-P15Dは静音性が高いので、音が気になって眠れないとうことも少ないはず。

次の

冷蔵庫おすすめランキング|メーカー5社を比較した最新人気10選

冷蔵庫 比較 500l

また、見る角度や照明、床や周囲の色調などにより色のイメージは掲載写真とは見え方が異なります。 お買い求めの際は店頭でお確かめください。 実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。 3%)チルド設定33. 7%、パーシャル設定17. 7%で、約16%抑制。 値が低いほど鮮度が良く、一般に20%以下ではお刺身などの生食が可能とされます。 16020095-002、カレー:成績書No. 16020018-003、カレー以外:成績書No. 16070642-001、シューマイ:成績書No. 17020041-001、ハンバーグとシューマイ以外:成績書No. エコナビは冷凍室「中」・冷蔵室「中」設定時のみ稼働します。 数値はあくまで目安であり、周囲温度、周囲の明るさ、ドア開閉回数と時間、食品の収納状態・収納場所・ 収納温度などにより効果は異なります。 当社試験条件にて算出。 日本産業規格(JIS C 9801-3:2015)に基づき算出された消費電力量とは異なります。

次の