岩出 市 コロナ。 わかやま新報 » Blog Archive » コロナ対策など27議案提出 岩出市議会開会

お家で食べれる店の味!岩出市テイクアウト

岩出 市 コロナ

日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るっています。 岩出市の方で不安を感じている方も多いでしょう。 実際のところ何人が感染しているのか?っていうのも分からず、何を信じていいのかも分からずという感じで先が見通せない状況ですね・・・。 この新型コロナウイルスは人体に影響を及ぼすだけでなく、岩出市の企業の売り上げにも影響を及ぼしています。 特に観光業はひどくて、その他、製造業や卸売業、飲食業などいろいろな分野の企業が売上減を余儀なくされているのです。 岩出市の方の自己予防策として、人のいるところには出かけないようにしていますので、消費しなくなっていますのでどうしても売り上げは下がってきますよね。 起業としては売り上げは下がるけど、経費は変わらず毎月支払っていかないといけませんので、この新型コロナウイルスの影響が続けば続くほど厳しくなってきます。 現に倒産してしまったか企業も出ていますからね。 もし、経営が資金的に厳しいという場合には、融資制度を検討するといいでしょう。 新型コロナウイルス日本政策金融公庫や都道府県などで、低金利で融資を受けることが出来る可能性があります。 日本政策金融公庫 日本政策金融公庫は昔「国金」とかと呼ばれていた国の融資制度ですね。 今は日本政策金融公庫という名前になっています。 すでに、日本政策金融公庫からお金を借りたことがあるという岩出市の企業の方も多いでしょうね。 日本政策金融公庫は、新型コロナウイルスにより業績悪化して次の状況に該当する旅館業、飲食店業及び喫茶店営業を営む方が貸付制度を利用できる可能性があります。 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して10%以上減少しており、かつ、今後も売上高の減少が見込まれること• 中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれること 色々と状況によって変わってくると思いますので、まずは各地域にある日本政策金融公庫で相談してみるといいでしょう。 都道府県 都道府県でも新型コロナウイルスに影響を受けた企業に対して相談や融資制度やしています。 ただ、すべての都道府県ではなく一部になりますので、とりあえず今のところ相談・融資制度のある都道府県を以下に記載しておきますね。 増えている可能性もあるので、自分の住んでいる地域の役場などでも確認しておいてください! 以下、都道府県をクリックするとコロナウイルスによる事業悪化の融資・相談についての詳細ページが開きます。 北海道地方 【】 東北地方 【】【岩手県】【】【】【】【】 関東地方 【茨城県】【】【】【】【】【】【】 中部地方 【】【】【】【】【】【長野県】【】【】【】 近畿地方 【】【】【】【】【】【】【】 中国地方 【鳥取県】【島根県】【】【】【】 四国地方 【】【香川県】【】【】 九州・沖縄地方 【】【】【】【】【】【】【】【】 ビジネスローン 以上のようなコロナウイルスによる売り上げ低下による融資制度があり、金利も低いですのでまずはこれらの融資制度を検討してください。 ただ、こちらの融資制度も必ず受けられるという訳ではないのと、実際の融資までに時間がかかるという事もデメリットの一つになります。 低金利での融資ですので、その分審査もしっかり行われますからね。 ですので、とりあえず急いで事業資金が必要という場合は、国の日本政策金融公庫や都道府県のの融資制度で融資を受けられるまでのつなぎ資金として、以下のビジネスローンを利用するのもありです。 日本政策金融公庫や都道府県の融資審査に通らない時も、以下のような岩出市の方も利用できるビジネスローンを利用するようになりますね。

次の

新型コロナウイルスについて

岩出 市 コロナ

県は23日、県内で42日ぶり64人目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。 岩出保健所管内在住の20代会社員男性で、大阪府が先に発表した感染者と今月12日、大阪市内の飲食店で会食していた。 県はこの男性の家族ら濃厚接触者の検査を進めるとともに、県民に対して引き続き県外への往来や会食に伴う感染リスクを啓発している。 男性は12日、大阪市内の飲食店で友人7人と食事、16日には39・7度の発熱とのどの痛みがあり、翌17日に熱は下がったが、大阪府が20日、友人7人のうちの1人の新型コロナウイルスに感染を確認したと発表。 大阪市保健所から連絡を受けた県が22日、濃厚接触者として男性のPCR検査を行ったところ、23日、陽性が判明した。 この男性は大阪府内の会社に勤めており、15日と発熱・解熱後の18日に自家用車で出勤。 県は男性の家族3人と、県内在住の同僚1人を濃厚接触者として検査し、うち家族2人の陰性を23日までに確認している。 県内では今年2月13日、湯浅町の済生会有田病院勤務の50代男性医師に陽性が判明。 県内第1号のコロナウイルス患者となり、以後、病院の医師や入院患者、家族らに感染が拡大。 県内初のクラスターとなった。 その後、4月中旬には紀の川市の打田中学校、下旬には橋本市のデイサービスセンターさくら苑で相次いでクラスターが発生したが、5月12日、大阪に遊びに行った男性の陽性が確認されて以降、新たな感染者は出ていなかった。 野㞍孝子福祉保健部技監は「県外に行くなとは言えないが、同じところで食べたりお酒を飲んだりする場合は、感染の危険性があるということを認識しておいてほしい」とし、「引き続き手洗い、消毒、人と接するような場でのマスク着用など、感染予防対策をしていただきたい。 県外に行って数日のうちに症状が出た場合は保健所に相談を」と呼びかけている。

次の

お家で食べれる店の味!岩出市テイクアウト

岩出 市 コロナ

和歌山県は23日、記者会見を開き、県内で42日ぶりに新型コロナウイルスの新規感染が確認された岩出保健所管内在住の20代会社員男性の感染経路について、大阪市内での会食で感染した可能性が高いとの見方を示した。 男性は県内の医療機関に入院しているが、症状は安定しているという。 県によると、男性は12日に友人7人と大阪市の飲食店で会食。 出席していた同市在住の男性が14日に発症し、大阪府が新規感染者として20日に発表した。 22日に大阪市保健所から連絡を受けた県が検査し、23日に陽性が分かった。 男性は16日に、39・7度の発熱と咽頭痛を発症。 勤務している大阪府の会社を休んだが、17日に解熱したため、18日は出勤。 19日には大阪府内在住の友人1人と、大阪市内に車で遊びに出掛けたという。 県保健福祉部の野尻孝子技監は「感染源はほぼ明らかということは安堵(あんど)しているが、県外からの流入は今後も注意しないといけない」と話した。 クラスターが発生した大阪市のバーとの関連は、今のところ確認されていないという。 県は、同僚1人(県内在住)と同居家族3人を濃厚接触者として検査している。

次の