サトシ モクロー 別れ。 『ポケモン サン&ムーン』感動の最終回! サトシはポケモンマスターになるため、再びマサラタウンへ……|おたぽる

サトシがもし、いままでに一度でも手に入れたポケモン(チートです...

サトシ モクロー 別れ

序盤鳥ポケモンに関しては友情ゲットは一度も無い。 XY以外はのを必ず手持ちに加えている。 最終的に、各地方 シリーズ 毎にとのポケモンをそれぞれ、手持ちに加える結果になっている。 基本的に手持ちの余剰になったポケモンはオーキド研究所 オーキド牧場 に送られるが、イッシュ地方にいる間のみアララギ研究所に送られていた。 このアララギ研究所に送られたポケモンも、カントーに帰還する際全てオーキド研究所へと転送されている。 研究所に預けているポケモンは、サトシは勿論の事やにもよく懐いている。 AG 厳密には無印最終話 からは相棒であるだけを連れて新たな地方へ旅立っており、ジム戦・ポケモンリーグはその地方でゲットしたポケモンのみで攻略している。 例外としてバトルフロンティア・DPのポケモンリーグの時のみ、今までにゲットしたポケモンを総動員して対応した。 ピカチュウのみを連れて行く理由は以下の通り。 ホウエン編…が相棒であるカメックスのみを連れて旅立ったのに倣った。 シゲルの影響により、ここからピカチュウ以外の手持ちリセットが行われるようになった。 シンオウ編…詳しくは不明。 おそらくホウエン地方の時と同じか。 但しだけは勝手について来たが、一緒に旅をしたい気持ちを尊重して連れて行くことに。 イッシュ編…元は母子でイッシュ旅行をしに来たのであって、当初は旅の予定は無く旅行時はピカチュウしかいなかった。 他の仲間達を連れて行かなかった理由は不明だが、手持ちは6体しか連れて行けないので旅行に6体のみ連れて行くと残されたポケモンが可哀想だから、と相棒のピカチュウのみとなった可能性もある。 カロス編…詳しくは不明。 もしかするとホウエン地方の時と同じ理由の可能性もある。 アローラ編…元々家族旅行兼お遣いの為にアローラ地方に来たのであり、当初は長期滞在の予定はなかった。 他の仲間を連れて行かなかった理由は恐らくイッシュの時と同じだと思われる。 オーキド研究所に送られたポケモンは、基本的に次のシリーズ以降一緒に旅をすることは無い。 但しやのような例外もあり、これらの発展形として一度手放して預けたをエピソードNにて手持ちに戻したケースもある。 サトシのポケモンは、何かしらの理由があってサトシの元から離脱する者や野生に帰る者もいるが、自ら捨てるような身勝手な行為は絶対にしない。 当初は言う事を聞かなかったサトシのリザードンですら、自分からサトシの元を離れることはしなかった。 リザードン、ゴウカザル、ゲッコウガ、ルガルガン等、いわゆるエース枠やバトル枠の手持ちには、 元は他人のポケモンで暴走などの問題を抱えていた時期があり、身勝手な理由で捨てられ心に傷を負っていた者が多いのも特徴。 また、サトシは基本的にポケモンの特性を考慮したバトルは行わない為、劇中で特性が判明している者は少ない。 基本的にオスが多い…というより大半がオス。 性別の概念が無かった無印を除くと、はっきりメスだと判明しているのは・・・のみ。 ただ、担当声優で大体の予想は付いたりする もメスの可能性有り。 進化については完全にポケモン任せで、進化を嫌うピカチュウやフシギダネの意志を尊重している。 進化だけが強さではないと確信しているため、進化を目指した特訓や、イワンコのような分岐進化の選択、進化中キャンセル等はした事がない。 但し、弱さ払拭のため進化に飛びつこうと甘えを見せたグライガーに関しては、一度だけ進化アイテムをお預けした事もある。 下記表記には共に同行し、何らかの理由で別れた者や一時期とはいえ離脱していたメンバーも記載する。 その分バタフリー・ピジョット・リザードン・ゼニガメ・オコリザルと、別れや一時離脱を経験したポケモンの数もいちばん多い。 しかし、有事の際には呼ばれる本格的な離脱ではない者もいる。 この頃は性別の概念が無かった為、手持ち…というか登場するポケモンは大体オスがほとんどだった。 ピジョットは「すぐに帰る」とサトシが発言しているのだが、当時の放送から20年以上経った今も実行されていない上にアニメフィルムコミックだと別の台詞に修正されており、完全に野生に帰ったという扱いになっている。 そのため、アニメでサトシの元に帰ってくるのかは未だ不明。 は第15話において、バタフリーと交換しゲットしたが、結局サトシがバタフリーを恋しくなった為にその話の終盤にバタフリーを返してもらっている。 サトシのゲットしたポケモンたちが集まるイラストに載ることは稀。 バリヤードはサトシの母・ハナコに懐いた結果サトシの家に居ついた。 ポケモンだいすきクラブのサトシのポケモン チェックだぜ!! ではサトシのポケモンの扱いとなっているが新無印が放送するまでは正式に手持ちに加わる描写が無かった。 ではハナコの頼みでサトシ達の世話をするため、サクラギ研究所で過ごすことになった 初めてレギュラーポケモンになった。 ジム戦などのバトルでも活躍していたが、実際は群れに返すまでの 保護目的のゲットであり、終盤親と再会したことで離脱した。 その為純粋に捕獲したのはカビゴンのみ。 友情ゲットや特殊ゲットが多く、バトルしてゲットしたのはヨルノズクのみ。 ゴマゾウからドンファン、ヒノアラシからマグマラシになったのは金銀ではなく、それぞれBF、DPでいずれもロケット団とのトラブルに巻き込まれての進化となった。 シンオウリーグではサトシは研究所でのポケモンを使用した際第二世代のリメイク作品の『』が発売されていた関係か、選出率が一番高い。 イベントでスピアーやアズマオウをゲットしたが、前者はに譲り、後者は再登場がない。 「オーキド博士と共にイッシュ地方に行き、そのまま旅を決めた」設定である為再び総入れ替え。 今までのシリーズと違い、元々ハナコとオーキド博士と旅行目的でイッシュに来た為、手持ちがピカチュウしかいなかった。 無印の次にゲットしたポケモンが多く、冒険中は手持ちをに預け度々交換しているのが特徴。 無印以来となる御三家3体のゲット。 初めて手に入れたでもあるズルッグ、ヤグルマの森で出会いゲットしたクルミルを十分なつかせないと進化ができないハハコモリまで進化をさせるなど、過去にあったことや無かったことまで多様な経歴も特徴と言える。 ワルビアルに関しては、当初野生ののボスとして出会い、しばらくサトシ達につきまとった後ワルビルに進化、それからしばらくして再会した回でゲットとなった。 ゼニガメ以来のを愛用している手持ちポケモンでもある。 同シーズンのエースとして扱われているのもワルビアルで、御三家以外がエースになるのは初である。 ではリザードンが再びパーティ入りし、全てのポケモンがカントーのオーキド研究所に転送されている。 ちなみに唯一 何らかの理由で、離脱したポケモンがいない。 作中での技を繰り出す機会が多く、シリーズでは珍しく別のトレーナーのポケモンも含めて性別がはっきりと判明している。 金銀同様ゲット方法はほぼ友情ゲット。 また、サトシがポケモンをゲットした数が一番少ないシリーズでもある。 再び御三家は、メンバーが個別で所有するようになった。 サトシの所有御三家がくさタイプではない どころか くさタイプのポケモンがメンバー入りしなかった ・虫タイプもいない・ドラゴンタイプが2体・鳥ポケモンも2羽・炎タイプがを持たない・初の600族最終進化形態・全員が進化しきっている、など今までに無い試みが行われている。 他シリーズと比べ手持ち全員の実力が非常に高く、少数精鋭チームとして活躍した。 対戦でよく使われ、なおかつ扱いやすいポケモンばかりである為 今回のサトシはガチと言われ、実際怒涛の勢いでリーグ決勝まで昇り詰めている。 見た目もクールでかっこいいポケモンが多い。 また ゲットした5体中3体が飛行タイプ持ちで そのタイプの最速ポケモンと言うのも、カロス手持ちの特徴である。 大型のポケモンも、初代以来の多さ。 オンバットはヌメルゴン離脱後、拾ったタマゴを孵してそのまま手持ちに加わっており、タマゴから加わった3体目のポケモン。 カロスリーグの時点でも手持ちが5体しかいなかった。 研究所からポケモンを送ってもらう事も考えていた様だが、離脱したヌメルゴンを連れてきてもらい大会で一時復帰する形になった。 メガシンカ枠はいないが、ゲッコウガがサトシとシンクロして力を極限まで引き出すことにより、という特別な姿になれる。 その上、今までリーグに出るまで最終進化するポケモンは限られていたが、XYではピカチュウと進化系列のないルチャブル以外が全て進化しきっているというのも特徴。 フレア団事件解決後ヌメルゴンは再び湿地に帰り、ゲッコウガもからの頼み事を引き受け、サトシの手持ちから離脱することになった。 バリヤードのバリちゃんがアローラ地方の旅行を引いた為、本来は家族旅行で長期滞在する予定は無かったが、アローラのポケモンや島巡りに刺激され留まった。 この辺は、BWと似たような理由。 その為最初の手持ちがピカチュウのみであり、手持ちはある意味再び総入れ替え。 XY同様にゲット方法はほぼ友情ゲットであり、その数もXYに並んで歴代最少。 かわらずのいしを飲み込んでしまったモクロー以外は全員が進化しきっている。 ストーリー展開自体がこれまでのシリーズと大きく変わり、序盤鳥ポケモン及びみずタイプのポケモンがいない、爬虫類・両生類型がおらず哺乳類型が多い、 やがメンバー入りしている 設定上、どちらも殆ど一般ポケモンのような扱いだが など、XY以上にイレギュラーなメンバー構成で、個々のポケモンも特異な経緯を辿っている。 これまでと違い日常がメインであるため、ピカチュウ以外もボールから出ていることが多い。 このためか、いわゆる雑用ポジションも明確に固定されておらず、サトシのクラスメイトの手持ちも含め多くのポケモンが雑用をこなしている ひこうタイプのモクローは、気ままな性格ゆえ肝心なところで役に立たない事が多かった。 故郷の世界へ帰っていったアーゴヨン以外のメンバーも、マサラタウンへ帰るサトシに同行せずククイ博士の自宅へと預けられたため、オーキド研究所へ送られたポケモンは1体もいない。 従来の作品とはストーリー展開が大きく異なる上、もうひとりの主人公・がためか、サトシの初ゲットは第10話と遅かった。 エピソード毎に各地方を渡り歩く為か、ゲットするポケモンの世代は固定されておらず、最初に新規加入したのも初代600族のカイリューと、まったく先が読めなくなっている。 第16話でゲンガーをゲットしたことで 正式に全18タイプのゲットを達成し、27話のガラルカモネギで 初のを仲間にする事となった。 バトルに出るのはピカチュウの事が多いが、勿論カイリューやゲンガーもしっかりバトルで使われている。 ゲーム本編のネット対戦でも名を挙げるカイリュー、ゲンガーは勿論、リオルやガラルカモネギも進化すれば強力なポケモンになりうる為、パーティーのポテンシャル自体は既に高い。 また、何気にパーティ内のタイプバランスや物理・特殊バランスも良い。 その他 保護、 応援などの目的のために同行したポケモンたちは以下の通り。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

『ポケモン サン&ムーン』感動の最終回! サトシはポケモンマスターになるため、再びマサラタウンへ……|おたぽる

サトシ モクロー 別れ

概要 [ ] アニメ『』シリーズの。 である。 アニメ本編の全シリーズに登場する。 声優は全編でが担当。 『』では、幼少期の声をが担当。 「サトシ」という名前は、『ポケットモンスター』の生みの親であり、ゲームフリークのを務めるから付けられた。 日本国外名 [ ]• :Ash Ketchum(アッシュ・ケッチャム)• :Sacha(サシャ)• :ハン・ジウ(: 한지우)• ():小智(: siu2 ji3) 人物 [ ] 「ポケモンマスター」を目指す10歳の少年。 ・マサラタウン出身。 は「俺」。 母親は。 元気で明るい性格。 調子に乗りやすい、負けず嫌いといった短所もあるが 基本的には周囲に対して優しく柔軟に接している。 また正義感が強く、一つの事に向かって突き進む真っすぐで純粋な心の持ち主でもある。 初期はこれらの短所や知識不足が目立っていたが、数々の出逢いと別れを経て心技共に成長を重ね、各地方の大会で実績を残すまでになる。 人間・を問わず、仲間のことをとても大切に思っているため、いざとなれば自ら危険な場所へ飛び込んだり、身を挺して仲間を守る場面も多い。 そうした面が指示を聞かなかったポケモンや出会った人々の心を動かすきっかけになっている。 一方、恋愛に関してはかなり鈍感で、仲間たちに呆れられることもしばしばある。 を志すようになったのは、幼い頃に野生のポケモンを探しに入った森で迷子になり、突然降り出した雨をやり過ごすために野生のポケモンたちと木陰で雨宿りした時に、「ポケモントレーナーになって、ポケモンたちと一緒に冒険したい」という夢を持ったからである。 ポケモンバトルが大好きで、バトルでは「攻撃は最大の防御」をモットーとしている。 バトルフィールドを活かした、速さと勢いのある戦術が持ち味。 反面、速さが無く攻撃を受け止めて反撃するバトルは苦手とし、そうしたポケモンでの勝率は悪い。 かなりの食いしん坊であり、食べることを最優先する時もある。 好きな食べ物は。 超人的な身体能力の持ち主であり、『』2016年2月4日放送分のアニメ版ポケットモンスター20周年記念企画でもサトシの超人ぶりがピックアップされた。 では、 人生的な 道を間違えそうになるゴウに対して、ベテラン的発言とアドバイスをするようになった。 サトシのポケモン [ ] ピカチュウ [ ]• 特性:せいでんき• 登場時期:全シリーズ 1話から登場。 サトシの最初のポケモンであり最高のパートナー。 詳細は「」を参照 各シリーズ [ ] カントー・オレンジ諸島編に登場。 ジョウト編に登場。 アドバンスジェネレーションに登場。 ベストウィッシュに登場。 XYに登場。 テレビアニメ第7シリーズに登場。 そして、らに見送られながらピカチュウとともにマサラタウンを旅立つ。 初めはピカチュウとの仲はうまくいかなかったが、の大群に襲われたことがきっかけで互いに心を通わせる。 その時、頭上を伝説のポケモン・が飛んでいく。 その後、ポケモンリーグ出場に必要な8つのジムバッジを手に入れるため、各地のポケモンジム巡りをはじめるとともに、オニスズメに追われている途中で出会った、ニビジム で出会ったと3人で旅をすることになる。 ジムを巡り8つのバッジを獲得した後、ポケモンリーグ・セキエイ大会に出場する。 4回戦まで勝ち進み、続く決勝トーナメント1回戦でに敗退。 ベスト16の成績を残す。 オレンジ諸島 オーキド博士のお使いで、から不思議なであるGSボール(ジーエスボール)を受け取るために、タケシ、カスミとともにオレンジ諸島へ旅立つ。 ウチキド研究所に残るタケシと別れた後、マサラタウンに向かっていたが途中でトラブルに遭遇する。 辿り着いたボンタン島でと出会い 、カスミ、ケンジと3人で旅をすることになる。 オレンジ諸島でのリーグの存在を知った後は、出場に必要な4つのバッジを手に入れるためオレンジ諸島各地のジムを巡る。 ジムを巡り4つのバッジを獲得した後、オレンジリーグ・ウィナーズカップに出場。 に勝利し、オレンジリーグ名誉トレーナーの称号を得る。 ジョウト地方 マサラタウンに戻り、とジョウトリーグの存在を知る。 オーキド研究所に残ったケンジと別れ、再びカスミとマサラタウンに戻っていたタケシとともにジョウト地方に旅立つ。 その後、8つのジムバッジを獲得しジョウトリーグ・シロガネ大会に出場。 出場選考会や予選を勝ち抜き、決勝トーナメント1回戦のシゲルとのバトルに勝利。 そして2回戦でとのバトルに敗れ、ベスト8となる。 ホウエン地方 ジョウトリーグ終了後、カスミやタケシと別れマサラタウンに戻る。 ピカチュウ以外の手持ちポケモンをオーキド研究所に預けて、に旅立つ。 ホウエン地方ではやと出会い 、さらに追いかけてきたタケシと合流し、4人で旅をすることになる。 マグマ団やアクア団の悪事に巻き込まれながらも立ち向かい、その陰謀をチャンピオン・とともに打ち砕く。 ジム戦にも勝ち続け、ホウエンリーグ・サイユウ大会に出場。 大会を勝ち進み、決勝トーナメント2回戦でに勝利。 次の試合でに敗れ、ベスト8となる。 カントー地方・バトルフロンティア 仲間達と別れマサラタウンに帰る途中、トキワシティでと出会い、の存在を知る。 マサラタウンにやってきたハルカやマサト、タケシと新たな旅を始め、バトルフロンティア制覇を目指す。 制覇後、同時にバトルフロンティアの候補者となる。 シンオウ地方 ピカチュウとエイパム以外の手持ちのポケモンを預け、へ旅立つ。 シンオウ地方ではタケシと偶然再会し、その後と出会い 3人で旅をすることになる。 リッシ湖では半透明な姿の伝説のポケモン・に出会う。 旅の途中でギンガ団の起こす事件に巻き込まれながらも、チャンピオンのや湖の伝説のポケモンの協力もありその陰謀を阻止する。 シンオウリーグ・スズラン大会に出場。 1回戦でを、3回戦でを倒し、準々決勝ではと対決し勝利する。 準決勝ではタクトとのバトルに敗退し、ベスト4となる。 イッシュ地方 ピカチュウ以外の手持ちのポケモンを預け、オーキド博士の旅行に母ハナコと共に同行しを訪れる。 元々旅をする予定ではなかったが、イッシュリーグ出場を決意したため旅に出る。 その後、やと出会い、3人で旅をすることになる。 ジムバッジを8個をゲットして、イッシュリーグ・ヒガキ大会に出場。 大会では予備選でシューティーに、3回戦でに勝利する。 そして4回戦でに敗退し、ベスト8となる。 大会後はカノコタウンへと戻り、そこでアララギ博士から伝説のポケモン・にまつわる「白の遺跡」の話を聞いて興味を持ち、再びアイリス、デントと共に旅立つ。 旅の途中で謎の青年・と出会い、プラズマ団との抗争に巻き込まれていく。 白の遺跡でレシラムの復活を目論むプラズマ団と戦い、ポケモンコントロールマシンを破ってプラズマ団の野望を食い止める。 デコロラ諸島 白の遺跡からアララギ研究所へ戻った後は、アイリス、デントと共に船でデコロラ諸島を巡りながらカントーへの帰路に着く。 途中でカロス地方出身のポケモンルポライターのと出会い一緒にマサラタウンへ向かう。 カロス地方 ヤマブキシティで仲間達と別れた後、マサラタウンへ戻りポケモン達と再会。 オーキド研究所でパンジーからの事を聞く。 ピカチュウ以外の手持ちポケモンをオーキド博士に預け、カロス地方へと旅立ち、カロスリーグ出場を目指す。 途中、ミアレシティでと、ハクダンシティでと出会い、4人で旅をする事になる。 ヒャッコクジムで7つ目のバッジを手に入れ、エイセツシティへ向かう途中、ユリーカのポシェットにジガルデ・コア(プニちゃん)が迷い込んだことで、フレア団との争いに巻き込まれていく。 サンペイ達の忍者村で手持ちのゲコガシラがゲッコウガに進化し、そこで初めてキズナ現象からなる「サトシゲッコウガ」を発現させる。 カロスリーグでは準決勝でショータに勝利。 決勝ではアランとのバトルに敗れ、準優勝となる。 しかしその後フレア団の計画が始動し、アランら仲間やカロス地方のジムリーダーらとともにフレア団の野望を食い止める。 アローラ地方 が商店街の福引きでアローラ地方旅行を引き当て、ハナコ、ピカチュウ、バリヤードとともにアローラ地方へに行くことになる。 出発の前、オーキド博士からアローラ地方のポケモンスクールにいるに届け物をするよう頼まれる。 アローラ地方に到着しポケモンスクールを訪れた時に、、、、、と出会う。 その後、ポケモンスクールでZワザを目の当たりにしたことや島巡りの話を聞いたこと、さらにはと出会いZリングを授かったことからそれらに興味を持ち、アローラ地方に残ってポケモンスクールに通うことを決める。 スクールでの歓迎会の時に、再びカプ・コケコとバトルしたことで島巡りに挑戦することを決意。 その後、スクールの生徒たちと学校生活を送りながら4つの島でそれぞれの試練に挑み、すべての試練に合格。 島巡りを達成する。 アローラ地方にリーグが設立された後、アローラリーグ・マナーロ大会に出場する。 予選と決勝トーナメントを勝ち進み、決勝でに勝利。 初のリーグ優勝を果たす。 後に行われたククイとのエキシビションバトルにも勝利し、名実ともにアローラのチャンピオントレーナーとなる。 テレビアニメ第7シリーズ アローラ地方から帰還後のストーリー。 カントー地方のクチバシティでルギアに出会った際、同時に と初対面する。 それをきっかけににリサーチフェローとして任命され、スマホを託される。 そしてリサーチフェローとしてゴウとともに各地方へ赴き、様々なポケモンと出会うことになる。 しばらくしてポケモンワールドチャンピオンシップスとダンデの存在を知り、ダンデとポケモンバトルをしてポケモンワールドチャンピオンシップス内での再戦を誓う。 その後、正式にポケモンワールドチャンピオンシップスの選手となった。 ポケモンワールドチャンピオンシップスの順位は第25話時点で921位。 杯 準優勝 BW2第6話 - 第9話 マリンカップトーナメント 優勝 BW2DA第3話 ホタチキング決定戦 失格 BW2DA第4話 ミノリ島・ポケモン相撲大会 優勝 BW2DA第12話 ロイヤルドーム・バトルロイヤル 不明 SM第63話 バトルフロンティア・ビードロカップ 優勝 PM2第7話 コンテスト 順位 放送話数 トネリコタウンお祭りコンテスト(非公式) 優勝 AG第191話、第192話 ポケモンコンテスト・コトブキ大会 ベスト8 DP第11話、第12話 ミクリカップ ベスト8 DP第77話、第78話 その他 順位 放送話数 ポケモンレース 優勝 PM第33話 消防グランプリ 1回戦敗退 PM第149話 自然公園・虫取り大会 優勝 PM第163話 アズマオウ・フィッシング大会 不明 PM第170話 ポケモン気球大会 優勝 PM第204話 ポケモンライド大会 優勝 PM第230話 からくり屋敷大会 不明 AG第39話 ポケリンガクロスゲート大会 優勝 AG第80話 ポプリ島ポケモンオリエンテーリング大会 不明 AG第159話 ポケモンなりきり大会 最終審査 DP第33話 ヨスガコレクション 特別賞 DP第86話 ポケリンガウインドタウン大会 優勝 DP第118話 ポケモンピンポン・タツナミ大会 1回戦敗退 DP第124話 ツバキタウン・ポケスロン大会 準優勝 DP第160話 ポケモンスカイリレー大会 準優勝 XY第77話 メレメレ島ポケモンパンケーキレース 準優勝 SM第13話 デンヂムシレース・コケコカップ 優勝 SM第41話 ラナキラマウンテン・ポケゾリジャンプ大会 記録なし SM第60話 エキシビジョンバトル 勝利 SM第141話 - 144話 劇場版 順位 放送作品 アルトマーレ・水上レース 失格 水の都の護神 ラティアスとラティオス オルドラン城・バトル大会 優勝 ミュウと波導の勇者 ルカリオ フウラシティ・ポケモンゲットレース 準優勝 みんなの物語 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• 『』回想シーンに登場した幼少期のサトシは松本が声を担当している。 声優は(英語版・1998年 - 2006年)、(英語版・2006年以降)。 第2話でアローラリーグで優勝したトロフィーなどが飾ってある。 『』で優勝したのはホウエン地方のバトルフロンティア。 出典 [ ]• ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 2020年1月10日閲覧。 畠山けんじ・久保雅一 『ポケモンストーリー』 日経BP社、2000年、17頁。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 『ホウエン地方』編ではゲンジ、『バトルフロンティア』編ではジンダイにその点を厳しく指摘され、『ベストウィッシュ』編ではアロエに見抜かれて苦戦を強いられた。 コロコロオンライン. 2019年9月29日. 2019年11月18日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 コロコロオンライン. 2019年9月15日. 2019年10月30日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 外部リンク [ ]• - テレビ東京による公式サイト.

次の

サトシのポケモン (サン&ムーン)

サトシ モクロー 別れ

サン&ムーン編での手持ちポケモン ピカチュウ以外のサトシの手持ちポケモンをまとめました。 モクロー 草・飛行タイプ 原作の草御三家に当たり、サン&ムーン編では初めにゲットしたポケモンです。 性格はとにかくマイペースなのんびり屋で、大抵は食べては寝ています。 また、狭くて暗いところを好むのか移動の際はモンスターボールには入らずサトシのバックに入っています。 サトシは歴代の序盤に登場する鳥ポケモンをゲットするのがお約束でしたが、偵察や逃げたロケット団を追う役目もモクローが行っています。 野生のポケモンをバトルをして、特訓する等強くなることを好む性格です。 その後、アローラのグリーンフラッシュを浴びルガルガン(黄昏の姿)という特別な姿となりました。 進化後は、自分の怒りの感情を抑えられず暴走することが多かったですが、ウラウラ島の島キング:クチナシとの大試練を経てコントロールできるようになりました。 1度アローラペルシアンに襲われているところを助け、治療しますがその時点では手持ちになりませんでした。 その後、ムーランドとの辛い別れを経てサトシと供に行くことを選びます。 ククイは…ロイヤルマスクのガオガエンに闘志を燃やしており、戦いの際にニャヒートに進化しました。 ルガルガンと同じく、サン&ムーン編でのエースポケモンになることが期待されています。 別世界からやってきたウルトラビーストの一種で、生まれたての赤ん坊のようなポケモンです。 エーテル財団代表のルザミーネに頼まれて面倒をみることになり、テレポートでどこか行ってしまったりと手を焼きます。 その後、ルザミーネの夢をかなえる(自身の出世)のためにザオボーに利用され、 コスモウム に進化しますが、力を使い果たしたのか動かなくなってしまいます。 そして、アローラの守り神のポケモン達に力を与えられ、 ソルガレオ に進化、最後の戦いを経た後サトシと別れ元の世界へと帰っていきます。 その後、ネクロスマがやってきたことによるアローラの危機でサトシと再会し、供に戦います。 ベベノム 毒タイプ 初代でのベトベトン以来のタイプ また、性別不明のポケモンをゲットするのは初。 ソルガレオと入れ替わりにやってきたウルトラビーストで、元の世界を探るまでサトシのポケモンとなります。 性格は好奇心旺盛、イタズラ好きで自身の感情を絵で表現したりします。 実はネクロスマによって光が失われた世界から旅立ってきたポケモンで、危機を乗り越えた後はアーゴヨン、仲間たちとともに元の世界を守る決断をし、サトシと別れます。 メルタン 鋼タイプ はじめての鋼タイプのポケモンでまた、幻のポケモンゲットも初。 サトシがポニ島から帰る歳、いっしょの船に乗ってきた新種のポケモンです。 内1匹がモクローに懐き、失くしたナットを求めて大冒険をしました。 最終的にサトシにゲットされ、初の鋼タイプのポケモンとなります。 ハガネZによるZ技に期待が高まります。 また、進化系であるメルメタルとも関係がありそうな新作「ソード・シールド」の舞台:ガラル地方にも行くかもしれません。 ちなみにサトシがゲットしたのはナットの色が濃い色違いのようです。 (尻尾は通常と同じ「 赤」ですが。 ) ナットが外れ、使われた際に変色したようです。 歴代最少の手持ち• ピカチュウ• モクロー• ニャヒート• ルガルガン(黄昏の姿)• メルタン と現在手元にいるポケモンは5匹と• 歴代最少 です。 あと、地面タイプが弱点のポケモンが多すぎます。 この後、アローラ地方にもポケモンリーグができると思われますがどうなるのでしょうか? スポンサーリンク.

次の