血液 検査 ck 高い。 血液検査CKが高い!原因は日常生活の場合も!

筋トレし過ぎに要注意!健康診断でGOTが引っかかり精密検査でCKが100倍だった話し

血液 検査 ck 高い

【コリンエステラーゼ】血液検査の基準値と、低い・高い数値が示す疾患 不慣れだとまるで暗号のように見えることもある検査項目。 しかし血液検査の数値はいろいろなことを教えてくれます。 急性疾患の場合、検査より先に症状を自覚することが多いですが、慢性疾患の危険の察知には有効です。 特に、「沈黙の臓器」の異名をとる肝臓の疾患は自覚症状に乏しいため、血液検査でわかる肝機能値がことさら重要になることもあります。 そのひとつに、「コリンエステラーゼ」と呼ばれる項目があります。 記号ではChEで表記されるコリンエステラーゼですが、妙な星からやってきたと自称する女性タレントさんのことではありません。 肝臓と密に連携して機能し、疾患のマーカーとしても重要なデータとなります。 コリンエステラーゼ ChE とは?疾患に敏感に反応する特性がある コリンエステラーゼには、物質を代謝する働きがある酵素です。 コリンエステラーゼの出所と機能について、まずはお話しします。 コリンエステラーゼは肝臓でつくられる重要な酵素! コリンエステラーゼは、全身の血中に含まれる酵素ですが、そのすべてが肝臓で生成されます。 その意味では、肝疾患のマーカーとして特に有意なデータであるといえます。 特にコリンエステラーゼには、ほかの肝機能値と比較しても、疾患による異変に敏感に反応するという優れた特性があります。 それだけマーカーとしても有能な酵素であるといえますね。 コリンエステラーゼは大きく2種類に分けることができ、どちらも肝臓でつくられることに違いはないのですが、つくられたChEが活躍する場所によって種類分けされます。 コリンエステラーゼの分類• 真性コリンエステラーゼ・・・主に赤血球、筋肉、神経組織に含まれるChE• 血漿の一部成分を除去したもの。 なお、真性コリンエステラーゼ、偽性コリンエステラーゼをそれぞれ「アセチルコリンエステラーゼ」、「ブチリルコリンエステラーゼ」と呼ぶことも多いです。 コリンエステラーゼは加水分解酵素として全身で働く コリンエステラーゼには、コリンエステルと呼ばれる物質をコリンと有機酸 主に酢酸 とに分解する酵素としての働きがあります。 特に神経系統に大きな影響を与える物質です。 アセチルコリンが神経細胞に働きかけると、神経系の興奮が高まり、副交感神経系に対して交感神経系が優位な状況となります。 これが過剰にならないよう、コリンエステラーゼが作動します。 コリンエステラーゼがコリンエステル類を分解することにより、交感神経系の興奮はストップします。 これにより副交感神経系が活発になると、アセチルコリンは臓器に働きかけます。 このときに肝臓ではたんぱく質が合成されます。 アルブミンなど肝臓でたんぱく質を合成する酵素がいくつかありますが、コリンエステラーゼもそのひとつであると考えられます。 「抗コリン薬」などということばを聞いたことがあると思いますが、これはアセチルコリンの作用を一定時間無効にするための薬剤で、パーキンソン病などの神経系疾患ではよく用いられます。 コリンエステラーゼ値の正常範囲を知り、異常の原因を探る 肝臓で産生、分泌する酵素の血中濃度を知ることで、さまざまな疾患の種類や原因を知ることができます。 加水分解酵素のコリンエステラーゼもそのひとつです。 コリンエステラーゼの正常範囲は? 一般的に肝機能値は、上昇を見てなんらかの異常を察知しますが、コリンエステラーゼの場合、数値が低下することで異常がわかることのほうが多いです。 フェノールレッド法…0. 6~1. 検査によっては多少の性差も考慮する必要があり、この場合女性のほうが低値。 コリンエステラーゼは肝臓でしか産生されないため、肝細胞に異常が起こることによって、コリンエステラーゼ値が低下します。 とはいえ、異常により数値が上昇することもあります。 コリンエステラーゼ値の異常で疑われる疾患 コリンエステラーゼ値の低下、もしくは上昇によって疑われる疾患がいくつかありますので、以下にまとめます。 コリンエステラーゼ値の異常で疑われる疾患• 低値…肝硬変、急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎、悪性腫瘍など主に肝疾患• 高値…ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進 こうしん 症、糖尿病、脂肪肝など肝臓外疾患 肝硬変などのように、コリンエステラーゼがまったく産生されなくなるケースでは数値が大幅に低下し、肝細胞をふくむ患部の細胞破壊により血中に過剰な流れ込みが起こると、数値は上昇します。 コリンエステラーゼ値に異常が見られた場合にはどんな対処が必要? 肝機能の状況を示す数値にもいろいろありますが、コリンエステラーゼは中でもその反応が素早いことで知られます。 ですから、できるだけ早めにコリンエステラーゼ値の異常を察知することで、有効な対処が可能になります。 とはいえ、コリンエステラーゼは全身で作用する酵素なので、コリンエステラーゼ値だけから疾患を判断することはできません。 上記の「疑いがかかる疾患」の候補を参考にし、いろいろな数値を参照する必要があります。 コリンエステラーゼ値の異常の場合、特に低値の際には警戒が必要になります。 ChE値が低値異常だった場合には、その他のデータもしっかり参照しましょう。 コリンエステラーゼは有能な疾患マーカー! 肝機能だけに限ったことではありませんが、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるだけに、肝機能値に異常が見られると、なんとなく不安を感じることになると思います。 コリンエステラーゼもそのひとつではありますが、ただ、コリンエステラーゼはいち早く異常を察知する有能な疾患マーカーです。 過信はまずいですが、早期治療の手がかりとしては重要なデータといえます。 ですから、 万一コリンエステラーゼ値に異常 特に低値 が見られた際には、肝機能をはじめ、精密な検査を心がけたいものです。 異常の振れ幅にもよりますので、担当医と密に話し合ってください。

次の

AST(GOT)が血液検査で基準値よりも高いと危険!改善策は!?

血液 検査 ck 高い

- 目次 -• ckとは ck(シー・ケー)はクレアチンキナーゼの略語で、CKと大文字で表記されることや、CPK(シー・ピー・ケー。 クレアチンホスホキナーゼ)と呼ばれることもあります。 ckは酵素で筋肉(骨格筋、心筋(心臓の筋肉です)、平滑筋)や脳、腸管などにある細胞に存在しており、エネルギー代謝にとても重要な働きをしています。 これらの組織・臓器が障害されると、細胞からckが血液中に漏れ出すために、血液検査でckの数値が異常に高くなります。 ckには3種類(この種類のことを専門用語でサブタイプと言います)が存在し、MM型(CK-MM)、MB型(CK-MB)、BB型(CK-BB)に分類されています。 それぞれに多く含まれる臓器や組織があり、MM型は骨格筋、MB型は心筋、BB型は脳や子宮、腸管に多く分布しています。 このことを利用して、異常高値となっているckがどの臓器や組織から漏れ出したものかを推定することが可能です。 なお通常の血液検査で測定されているckは、これら3種類の合計(総ck)であると考えていただくとよいでしょう。 この項では特にCK-MMが増加する病気について説明します。 なおCK-MBは心筋梗塞や心筋炎で上昇します。 特に心筋梗塞の診断やその重症度の判定について必須の検査となっていますが、これらの病気はほとんどが救急で対応することが多いので、この項では割愛させていただきます。 もうひとつのCK-BBは脳疾患(脳卒中(脳血管障害)や脳外傷)、胃がん・肝臓がん・前立腺がんなどの悪性腫瘍で増加することがありますが、医療現場ではほとんど利用されていません。 CK-MMが増加する代表的な病気 CK-MMは骨格筋に含まれるために、骨格筋が障害される病気で増加します。 横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)、進行性筋ジストロフィー、多発性筋炎が代表的な病気です。 横紋筋融解症は高温環境(熱中症など)や激しい運動、圧迫(意識を失って長時間一定の姿勢で倒れていた場合など)、薬剤などによって筋肉の細胞が壊れた結果、血液中のck値が異常に高くなる病気です。 総ck値が数千~数万IU/lにまで増加すると(総ckの正常値は50~200IU/l程度です)、急性腎不全を生じて血液透析を必要とする場合もあります。 進行性筋ジストロフィーは骨格筋の変性・壊死(えし)と筋力低下が徐々に進行していく遺伝性の病気で、重症化すると歩くことができなくなるなどの症状が出現し、さらには呼吸をするための筋肉も障害されるために死亡する場合もあります。 特にDuchenne(デュジェンヌ)型と呼ばれるタイプは進行が速いことが知られており、20歳前後で死亡します。 ただし3~6歳頃男児にのみ発症し、女性は保因者といって遺伝はしていますが発症はしません。 多発性筋炎は筋肉に炎症が起こる原因不明の病気で、立ち上がりにくい、階段を上がるのがつらい、などの症状で気付かれます。 成人では1:2に女性に多い病気です。 この病気はしばしば自己免疫疾患や膠原病、感染症に合併して発症します。 また悪性腫瘍(がん)を合併する頻度が健常者の約2倍であることから、多発性筋炎の診断が付いた時点で、全身にがんがないかをチェックすることが欠かせません。 カテゴリから探す•

次の

血液検査のCK値の基準値は?高い、低いと何が問題?

血液 検査 ck 高い

- 目次 -• ckとは ck(シー・ケー)はクレアチンキナーゼの略語で、CKと大文字で表記されることや、CPK(シー・ピー・ケー。 クレアチンホスホキナーゼ)と呼ばれることもあります。 ckは酵素で筋肉(骨格筋、心筋(心臓の筋肉です)、平滑筋)や脳、腸管などにある細胞に存在しており、エネルギー代謝にとても重要な働きをしています。 これらの組織・臓器が障害されると、細胞からckが血液中に漏れ出すために、血液検査でckの数値が異常に高くなります。 ckには3種類(この種類のことを専門用語でサブタイプと言います)が存在し、MM型(CK-MM)、MB型(CK-MB)、BB型(CK-BB)に分類されています。 それぞれに多く含まれる臓器や組織があり、MM型は骨格筋、MB型は心筋、BB型は脳や子宮、腸管に多く分布しています。 このことを利用して、異常高値となっているckがどの臓器や組織から漏れ出したものかを推定することが可能です。 なお通常の血液検査で測定されているckは、これら3種類の合計(総ck)であると考えていただくとよいでしょう。 この項では特にCK-MMが増加する病気について説明します。 なおCK-MBは心筋梗塞や心筋炎で上昇します。 特に心筋梗塞の診断やその重症度の判定について必須の検査となっていますが、これらの病気はほとんどが救急で対応することが多いので、この項では割愛させていただきます。 もうひとつのCK-BBは脳疾患(脳卒中(脳血管障害)や脳外傷)、胃がん・肝臓がん・前立腺がんなどの悪性腫瘍で増加することがありますが、医療現場ではほとんど利用されていません。 CK-MMが増加する代表的な病気 CK-MMは骨格筋に含まれるために、骨格筋が障害される病気で増加します。 横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)、進行性筋ジストロフィー、多発性筋炎が代表的な病気です。 横紋筋融解症は高温環境(熱中症など)や激しい運動、圧迫(意識を失って長時間一定の姿勢で倒れていた場合など)、薬剤などによって筋肉の細胞が壊れた結果、血液中のck値が異常に高くなる病気です。 総ck値が数千~数万IU/lにまで増加すると(総ckの正常値は50~200IU/l程度です)、急性腎不全を生じて血液透析を必要とする場合もあります。 進行性筋ジストロフィーは骨格筋の変性・壊死(えし)と筋力低下が徐々に進行していく遺伝性の病気で、重症化すると歩くことができなくなるなどの症状が出現し、さらには呼吸をするための筋肉も障害されるために死亡する場合もあります。 特にDuchenne(デュジェンヌ)型と呼ばれるタイプは進行が速いことが知られており、20歳前後で死亡します。 ただし3~6歳頃男児にのみ発症し、女性は保因者といって遺伝はしていますが発症はしません。 多発性筋炎は筋肉に炎症が起こる原因不明の病気で、立ち上がりにくい、階段を上がるのがつらい、などの症状で気付かれます。 成人では1:2に女性に多い病気です。 この病気はしばしば自己免疫疾患や膠原病、感染症に合併して発症します。 また悪性腫瘍(がん)を合併する頻度が健常者の約2倍であることから、多発性筋炎の診断が付いた時点で、全身にがんがないかをチェックすることが欠かせません。 カテゴリから探す•

次の