オーディオ コメンタリー と は。 【アシガール】オーディオコメンタリーに白太がコメンタリー

オーディオコメンタリーについての質問です

オーディオ コメンタリー と は

Q こんばんは。 いつも御世話になっております。 タイトルの通りなのですが,モータウンというのは,どのような音楽なのでしょうか? 私の記憶では 1 60年代の公民権運動のプロテストソングの役割をしていた。 2 デトロイト=motor town=モータウン デトロイト発祥の音楽らしい(? かなりあやふやなのですが 1 はジョーン・バエズが"We shall overcome"というフォークソングを黒人と一緒に歌っているのを高校の英語の授業で習った気がするのです。 先生曰くそのwe shall~ がモータウンだと言っていたような気がします。 2 は何かで見かけました。 でもデトロイトだとアフロアメリカンの音楽はあり得ないかな?(もっと南部 と勝手に思っています。 違ったらごめんなさい ? 長くなってしまいましたが宜しく御願い致します。 こんばんは。 いつも御世話になっております。 タイトルの通りなのですが,モータウンというのは,どのような音楽なのでしょうか? 私の記憶では 1 60年代の公民権運動のプロテストソングの役割をしていた。 2 デトロイト=motor town=モータウン デトロイト発祥の音楽らしい(? かなりあやふやなのですが 1 はジョーン・バエズが"We shall overcome"というフォークソングを黒人と一緒に歌っているのを高校の英語の授業で習った気がするのです。 先生曰くそのwe shall~ がモータウンだと言って... A ベストアンサー 政治的意味合いはあまりなく、むしろ黒人の商業的音楽の発祥かと思います。 むしろファンクのほうが政治的、プロテストソング的な意味合いが強いのではないでしょうか。 魂の叫びみたいなシンプルでシブイ、いってみれば生活臭く暗い音楽ばっかりやってた黒人達が「俺達も世界的に受けるようなポップな音楽やろうぜっ」て始めた音楽がモータウンです。 いまでは当たり前の音楽ビジネススタイル-作曲家チームがいて編曲し、スタジオマンが録音し、出来上がったものを歌手が「スター」として歌う、という図式の黒人としての出発です。 そういった意味では当時の黒人社会の白人世界進出の野望とかそういうものが深く関係していますが音楽の内容には繁栄されていないように思います。 歌詞の内容もポップなものが多いように思いますし。 黒人のソウルととブラック独特和声感覚ポップ性とが上手くバランスがとれいているという点で今のR&Bの基盤になっているかも知れませんね。 代表的なのは、 ダッダッダーッ、ダッダッダダー というリズムです。 分かるでしょうか(笑 シュープリームのYou Can't Hurry Loveが有名ですね。 そして、その後黒人音楽は更にポップになり泥臭ささは消え、ストリングスや、ブラスが入ってよりゴージャスになりより洗練され、フィラデルフィア・ソウルやスイート・ソウルなどと呼ばれる大衆音楽になっていくわけです。 音楽は常に時代から生まれるもので、こういった時代の流れ政治的な意味と音楽の変遷の関係を考えて音楽を聞くとまた深く楽しめるもので理解が深まります。 音楽は深く考えずただ楽しめば良い、というだけの物とは思いません。 政治的意味合いはあまりなく、むしろ黒人の商業的音楽の発祥かと思います。 むしろファンクのほうが政治的、プロテストソング的な意味合いが強いのではないでしょうか。 魂の叫びみたいなシンプルでシブイ、いってみれば生活臭く暗い音楽ばっかりやってた黒人達が「俺達も世界的に受けるようなポップな音楽やろうぜっ」て始めた音楽がモータウンです。 いまでは当たり前の音楽ビジネススタイル-作曲家チームがいて編曲し、スタジオマンが録音し、出来上がったものを歌手が「スター」として歌う、という図式... A ベストアンサー 一般的なことは,皆様が書かれている通りです 自分は一発合格でしたが 私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります 参考まで 交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが 検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断 トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました ところが,トラックは信号待ちではなく 交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった 検定者は誰も気付かず教官に指摘された ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで 抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず 全員が100点原点で不合格になった 実話ですよ) ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため 一般的なことは皆様書かれているようなことで おそらく,質問者様もある程度予測できていることも あると思います 上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき 如何に判断して抜け出せるかだと思います 運とか,こういう場面に出くわす確立とか ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!! 一般的なことは,皆様が書かれている通りです 自分は一発合格でしたが 私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります 参考まで 交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが 検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断 トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました ところが,トラックは信号待ちではなく 交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった 検定者は誰も気付かず教官に指摘された ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

オーディオコメンタリーとは

オーディオ コメンタリー と は

最近はキャラクターコメンタリーが流行っているようで、「化物語」、「偽物語」、「WORKING!! 」等はキャラクターコメンタリーのようですが、個人的には声優さん同士でわいわいコメントしつつ脱線していったりする方が楽しいですね。 キャラのコメンタリーも可愛くていいんですが、脚本ありきなので、コメンタリーでまで演技しなくてもなぁという感じですかね。 個人的にはどちらかといえば収録の時の裏話とかが聞けるのが楽しいです。 裏話がなくても、脱線して声優さん通しで話しているのは聞いてて楽しいですね。 監督とかスタッフの人とキャストが絡むのもいいのですが、真面目な解説みたいなのをされるとお気楽に見れないので(そういう解説は説明書きみたいなのを読めば済む話なので…あと一般の方の声が一部混じってると、声優さんと比べて凄く聞き取りづらいのがちょっとイヤ)嫌いではないですが、あまり好きではないかもしれないです。 監督・スタッフさんでも面白い方とかもいますけどね。 個人的には声優さんだけの雑談のようなコメンタリーが好きですが、「よんでますよ、アザゼルさん。 」というアニメのオーディオコメンタリーはアニメの水島監督と、原作の久保先生の2人でやってるコメンタリーだったんですが、以外にもかなり面白かったです。 声優さんだけのコメンタリーですが段々脱線していくのが結構面白かった記憶があります。

次の

メディアプレーヤー 主音声・副音声・吹き替え・オーディオコメンタリーの切り替え方法

オーディオ コメンタリー と は

最近はキャラクターコメンタリーが流行っているようで、「化物語」、「偽物語」、「WORKING!! 」等はキャラクターコメンタリーのようですが、個人的には声優さん同士でわいわいコメントしつつ脱線していったりする方が楽しいですね。 キャラのコメンタリーも可愛くていいんですが、脚本ありきなので、コメンタリーでまで演技しなくてもなぁという感じですかね。 個人的にはどちらかといえば収録の時の裏話とかが聞けるのが楽しいです。 裏話がなくても、脱線して声優さん通しで話しているのは聞いてて楽しいですね。 監督とかスタッフの人とキャストが絡むのもいいのですが、真面目な解説みたいなのをされるとお気楽に見れないので(そういう解説は説明書きみたいなのを読めば済む話なので…あと一般の方の声が一部混じってると、声優さんと比べて凄く聞き取りづらいのがちょっとイヤ)嫌いではないですが、あまり好きではないかもしれないです。 監督・スタッフさんでも面白い方とかもいますけどね。 個人的には声優さんだけの雑談のようなコメンタリーが好きですが、「よんでますよ、アザゼルさん。 」というアニメのオーディオコメンタリーはアニメの水島監督と、原作の久保先生の2人でやってるコメンタリーだったんですが、以外にもかなり面白かったです。 声優さんだけのコメンタリーですが段々脱線していくのが結構面白かった記憶があります。

次の