バジリスク 絆2 期待値。 【バジリスク~甲賀忍法帖~絆2】攻略情報/天井期待値・狙い目【2000万G独自集計!!】

バジリスク絆の設定2の期待値と狙い目【Q&A】【スロット・パチスロ】

バジリスク 絆2 期待値

BCスルー天井の恩恵はBT確定となります。 BCでゲーム数天井はリセットされないため、データカウンターではなくプッシュボタンで液晶に表示されるゲーム数を参考にしましょう。 BC天井に関しては有利区間移行後ゲーム数天井800回転以内に7回スルー後のBCで発動。 BCスルー回数もサブ液晶で確認可能です。 バジリスク絆2で勝つための天井・ゾーン・有利区間ランプ・リセット狙い目のゲーム数・やめどき バジリスク絆2で勝つための狙い目・やめどき ゲーム数天井狙い目 500ゲーム手前? BCスルー天井狙い目 BC5回スルー? 高モード狙い 調査中 ゾーン・周期狙い目 調査中 リセット狙い 調査中 有利区間ランプ狙い 調査中 やめどき 調査中 ゲーム数天井狙い目詳細・天井期待値 現状は500ゲーム手前から打てば期待値はあるようです。 詳細が分かり次第追記。 BCスルー天井狙い目詳細 現状5回スルー以上であれば期待値があり攻めて問題なさそう。 有利区間リセット時にBCスルー回数もリセットされますので注意しましょう。 有利区間リセット条件は• 800ゲーム天井• BT当選 になります。 高モード狙い目詳細 バジリスク絆といえば高モード狙いで結構稼げましたが、今作でも高モード狙いが有効になるかもしれません。 モードは通常A~Dの4種あり、赤満月であれば前作同様モードD確定で、次BCでBT確定になるかもしれません。 まだ情報はないものの、赤満月が出た場合はBT当選まで回してもよさそうです。 ゾーン・周期狙い目詳細 調査中 リセット狙い詳細 調査中 有利区間ランプ狙い詳細 調査中 やめどき詳細 天井BC、AT終了後即やめ。 ,LTD. 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. メーカーはユニバーサルで6号機のATタイプになります。 回転数は50枚当たり約49. 5ゲームで、純増は約2. 9枚になっております。 スポンサーリンク バジリスク絆2の設定判別 既にバジリスク絆2の高設定確定演出が判明しました! 高設定確定演出 バジリスク絆2の高設定確定演出をご紹介します。 弦之介BCの撃破人数 撃破人数 設定示唆 222人 設定2以上確定 246人 偶数設定確定 333人 設定3以上確定 444人 設定4以上確定 456人 555人 設定5以上確定 666人 設定6確定 今作のバジリスク絆2も弦之介BCに高設定確定演出が存在しました。 今作は撃破人数による示唆をしており、TOTAL666人撃破で設定6示確定なります。 今作はわかりやすくていいですね。 1となっております。 詳細はサイトをご確認ください。 一撃チャンネル 【一撃】パチンコ・パチスロ解析攻略 ティナさんによる、バジリスク絆2の試打動画になります。 打ち方やシステムを分かりやすく解説しております。 設定6が使われているホールを見つける方法 いつも行っているホールには設定6は使われていないし、毎日ホールに下見に行けないし・・・ という方はデータロボサイトセブンでホール情報をチェックしましょう。 6号機は設定に素直に反応してくれるため、右肩上がりで出玉が伸びているデータは設定6の可能性大ですので、データロボサイトセブンのデータからでも設定6が使われているホールを簡単に見つけることができます。 意外とお近くのホールで設定6が使われているかもしれませんよ。 スロットで勝ったお金は FXに回しましょう! スロットで勝つのは簡単ですが、スロプロになるのはお勧めできません。 稼いだお金は生活費や豪遊、洋服に使うのではなくFXの書籍や商材、トレードに回しましょう。 パチスロと違ってFXで勝つのは難しいため、 最初から大きな金額で取引すれば痛手をおってしまいます。 したがって、はじめは少額のトレードで勝っても負けても数百円程度に収まる金額で初めて、トレードに慣れて上達していきましょう。 海外口座のXMであればレバレッジが効くので1万円以下の少額で取引が可能です。 スロットで勝ったお金でトレードの練習をして、 FXで稼げるようになれば一生モノのスキルになります。 スロットで稼げる金額とは比べ物になりませんので、将来のためにもFXの練習をしておくことをオススメします。

次の

バジリスク絆2(設定毎のBT期待値概算)

バジリスク 絆2 期待値

有利区間移行時の抽選内容• テーブル移行抽選 テーブルに応じてモード決定• 状態移行抽選• 即前兆からBC当選 朝一リセット含む有利区間移行時に抽選されるのは、おそらくこの3つかと思います。 これに関しては、Twitterで報告が何件か上がってますね。 バジリスク絆2推定設定2の台でBT終了最終ゲームでの巻物から通常に落ちて即前兆駿府城を確認。。。 有利区間ランプ消え中ですよね。 リゼロのコンビニカップラーメンみたいな感じすかねー。 しかもBCからBTの当選率が高いらしいし、駿府城スタートもあるらしい。 さっそく実戦値で検証してみました! スポンサードリンク 設定変更後1G目のレア役検証 この記事書いた翌日に解析が出ていました。 さらにTwitterで検証して下さっている方によると、強チェリーからもエピソードBCに当選する場合があるようです。 強チェの2回とも想のエピソードだったのは、レア役によってエピソードが違うのかな? 630回の設定変更は疲れました。 — よし TakaSlot さらにさらに、コメント欄にて 本機最強の上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」に突入したという報告もあり。 レア小役引いてもスルーすることの方が多いですが、やはり実戦値結果の通り、当選時の恩恵はかなり大きそうです! まず前提として、いわゆる無抽選区間のある6号機とは違い、バジリスク絆2の通常時を数ゲーム回したところで期待値的なマイナスはほとんどありません。 また前作絆のモード推測プロでおなじみのタイゾウさんによると、 実戦上BT終了後は高確スタートの割合が多いようです。 エナでもBT後はちょっとだけ回してもいいかも? 絆2は4と5で初当たり確率同じだけど初代は4より5の方が初当たり悪くて特徴出やすかった。 今作は4or5の判別相当キツそう。 bc比率だけでやっていけるワケない 今ならエナかなり強いと思う — タイゾウ 激安note GG56513 高確確認でプラマイゼロ~微プラス。 さらに即前兆も確認できるなら回す価値はありそうですね!.

次の

バジリスク絆2(バジ絆2) スロット新台

バジリスク 絆2 期待値

前回の記事では、バジリスク絆2における導入前の事前スペックとして、既に公表済の情報を基に設定毎の特徴について考察してみました。 今回の記事では、バジリスク絆2における6号機ならではの特徴でもある、「 有利区間と狙い目」について、考察していきたいと思います。 なお、前回同様、既に公表されているスペック情報を基に、独自考察の内容も含んでいるため、あくまで参考程度に読んでもらえればと思います。 有利区間のリセットタイミングについて バジリスク絆2には3パターンの有利区間リセットタイミングがありそうです。 追記事項 有利区間が再セットされてから、700G~800Gの間に自力BCに当せんした場合、有利区間がリセットされるという情報がありました。 この場合だと、天井BCの恩恵である同色BCが得られないことになります。 恐らく、Re:ゼロのような鬼天国での有利区間継続は無いかと思われます。 狙い目について 今回のバジリスク絆2は、前作の絆のゲーム性を継承しているとのことで、前作ならではの「 BCスルー回数狙い」と、6号機ならではの「 同一有利区間内天井BC狙い」の2つが狙い目となりそうです。 BCスルー回数狙い BC7回連続スルー後のBC当せん BC8回目 でBT突入となります。 よって、BCを連続でスルー BT非当せん しているような台は狙い目となりそうです。 ここで注意したいのが、バジリスク絆2は6号機なので、当然有利区間が存在します。 このBCスルー回数天井は、あくまで、同一有利区間内でのみ有効となります。 以下にBCスルー回数狙いが「有効なパターン」と「無効なパターン」の例を挙げてみます。 有効なパターン 同一有利区間内でBT非当せんのBCを8回引けているので、BCスルー回数天井が有効となります。 無効なパターン 同一有利区間内でBT非当せんのBCを8回引けてる訳ではないので、BCスルー回数天井が無効となります。 同一有利区間内天井BC狙い 同一有利区間内天井BC狙いの優れたところは2つ挙げられます。 1つ目は、 同一有利区間内天井BC 同一有利区間内での通常G数の累計が800G到達時 は「同色BCが確定する」仕様となっています。 2つ目は、 同一有利区間内天井BCは、途中で自力BCを引いても、天井G数がクリアされずに引き継ぐ仕様となっています。 なので、データカウンタの履歴を要チェックすることで、同一有利区間内天井BCまで残りわずかな状況の台を拾えるかもしれません。 追記事項 有利区間が再セットされてから、700G~800Gの間に自力BCに当せんした場合、有利区間がリセットされるという情報がありました。 この場合だと、天井BCの恩恵である同色BCが得られないことになります。 狙い目となる台の履歴パターン例は以下です。 ヤメ時について 現状のスペック仕様を考慮すると、有利区間がリセットされるタイミングがヤメ時となり、以下の 23パターンになりそうです。

次の