インスタ 顔隠す ストーリー。 【インスタ】ストーリーを足跡付けないで見る5つの方法:これで色々な人のストーリーを覗き見できる

インスタに載せてはいけない5つの写真 [インターネットサービス] All About

インスタ 顔隠す ストーリー

赤枠内の四角顔マークをタップでスタンプ一覧を起動します。 スタンプの一覧が表示されるので、上下にスライドさせて好みのスタンプを選択。 ) スタンプを選んで画面に表示されたら、 1本指で長押ししながら動かす事で、自由に 位置を移動できます。 また、 1本指でタップする事でスタンプの向きを 左右に反転させる事も可能。 スタンプが気に入らない時には、画面下部の 「ゴミ箱アイコン」の位置までスタンプを移動させると 削除できます。 1本指ではなくて、2本指で長押し。 そのまま回転させると、スタンプの角度を自由に変更。 ピンチインとピンチアウトをすると、スタンプを拡大縮小する事ができます。 スタンプを固定させる方法 撮影ボタン長押しで動画で撮影したり、ハンズフリーで撮影した場合など。 「動画での撮影時のみ」スタンプの位置を固定する事ができます。 通常のスタンプは画面の動きに連動しない。 スタンプを固定すると、動画のメインの対象物に合わせて スタンプが画像と連動して動く。 つまり、 動画の動きに固定するという意味。 連動する事で「王冠スタンプをかぶった動画」「フェイフィルターではない、サングラススタンプをかけた動画」等に編集可能。 動画で 顔出ししたくない人だけスタンプをつける。 のような使い方もできる。 画面下に、「固定する」と表示されるのでタップ。 動画と連動するように、スタンプを固定する事ができます。 位置情報を登録する用のスタンプです。 位置情報付きで投稿する事で「ロケーションストーリー」で、表示されるようになります。 ロケーションストーリーは、インスタアプリ画面下の「検索アイコン」をタップすると、左上に投稿されている地名付きのアイコンの部分です。 「@マーク」付きで投稿できます。 「@ユーザー名」で投稿する事で、友達を指定してストーリーズの投稿が可能。 メンションされたユーザーは、「ストーリーズであなたについて書きました」というDMが届き、投稿された事がすぐに分かります。 ハッシュタグを登録する用のスタンプです。 ハッシュタグ付きで投稿する事で、インスタの検索ページから、「ハッシュタグスタンプ付きのストーリー投稿」として検索できるようになります。 アニメーション付きのスタンプです。 通常のスタンプと同じように、位置変更の他、2本指回転で角度変更・2本指のピンチで拡大縮小もできます。 検索窓の「GIPHYを検索」で好みのキーワードで検索すると、キーワードに合ったGIFスタンプを調べる事ができます。 今の場所の 気温を表示したスタンプを押せます。 貼り付けた後で、再度タップすると 天気に合わせた温度付きアイコンに変化。 現在の 時刻のスタンプです。 貼り付けた後で再度タップする事で、アナログ表示とデジタル表示に切り替わります。 簡単な 2択のアンケートが登録できるスタンプです。 質問部分と解答部分にそれぞれ自由にテキスト入力が可能。 回答欄の最大文字数は日本語で8文字までです。 投稿後、投票が開始されると投票結果がパーセンテージで表示。 投稿者もユーザーもどちらも自由に見れます。 投稿者は閲覧者が表示されている辺りをタップすると、投票しているユーザー名を一覧で見れます。 (逆に言うと、解答したユーザーは投稿者への足跡を残す事になります。 こちらも アンケート用のスタンプ。 質問部分をテキストで自由に入力できます。 例えば「どれぐらい良いと思う?」のような質問をして、スライダーのボリュームでアンケートがとれます。 「アンケートスタンプ」と同じように、途中経過は全員が閲覧可能。 答えたユーザーは投稿者のみ閲覧可能です。 「アンケートスタンプ」と併用ができるので、「2択の質問」「スライダーでの どれぐらい?」を聞く質問のように 同じ画面で複数アンケートがとれます。 セルフィスタンプを使えます。 タップするとインカメラが起動。 撮影で小さなアイコン風の自撮りスタンプが完成。 好きな位置にスタンプとして配置できます。 スタンプは写真の装飾用で使うのはもちろん、アンケートをとったり、ハッシュタグ付きにしたりして、検索できるようになる機能を持つスタンプもあります。 アイデア次第で色々な使い方が可能。 フォントの種類も選べる他、動画に貼り付けるようなフォントを作る事も。 「一般投稿との違いは何?」• 「ストーリーでしかできない事とは?」•

次の

おしゃれにモザイク・ぼかし加工ができるアプリ4選♡顔隠しや背景などに便利♪

インスタ 顔隠す ストーリー

赤枠内の四角顔マークをタップでスタンプ一覧を起動します。 スタンプの一覧が表示されるので、上下にスライドさせて好みのスタンプを選択。 ) スタンプを選んで画面に表示されたら、 1本指で長押ししながら動かす事で、自由に 位置を移動できます。 また、 1本指でタップする事でスタンプの向きを 左右に反転させる事も可能。 スタンプが気に入らない時には、画面下部の 「ゴミ箱アイコン」の位置までスタンプを移動させると 削除できます。 1本指ではなくて、2本指で長押し。 そのまま回転させると、スタンプの角度を自由に変更。 ピンチインとピンチアウトをすると、スタンプを拡大縮小する事ができます。 スタンプを固定させる方法 撮影ボタン長押しで動画で撮影したり、ハンズフリーで撮影した場合など。 「動画での撮影時のみ」スタンプの位置を固定する事ができます。 通常のスタンプは画面の動きに連動しない。 スタンプを固定すると、動画のメインの対象物に合わせて スタンプが画像と連動して動く。 つまり、 動画の動きに固定するという意味。 連動する事で「王冠スタンプをかぶった動画」「フェイフィルターではない、サングラススタンプをかけた動画」等に編集可能。 動画で 顔出ししたくない人だけスタンプをつける。 のような使い方もできる。 画面下に、「固定する」と表示されるのでタップ。 動画と連動するように、スタンプを固定する事ができます。 位置情報を登録する用のスタンプです。 位置情報付きで投稿する事で「ロケーションストーリー」で、表示されるようになります。 ロケーションストーリーは、インスタアプリ画面下の「検索アイコン」をタップすると、左上に投稿されている地名付きのアイコンの部分です。 「@マーク」付きで投稿できます。 「@ユーザー名」で投稿する事で、友達を指定してストーリーズの投稿が可能。 メンションされたユーザーは、「ストーリーズであなたについて書きました」というDMが届き、投稿された事がすぐに分かります。 ハッシュタグを登録する用のスタンプです。 ハッシュタグ付きで投稿する事で、インスタの検索ページから、「ハッシュタグスタンプ付きのストーリー投稿」として検索できるようになります。 アニメーション付きのスタンプです。 通常のスタンプと同じように、位置変更の他、2本指回転で角度変更・2本指のピンチで拡大縮小もできます。 検索窓の「GIPHYを検索」で好みのキーワードで検索すると、キーワードに合ったGIFスタンプを調べる事ができます。 今の場所の 気温を表示したスタンプを押せます。 貼り付けた後で、再度タップすると 天気に合わせた温度付きアイコンに変化。 現在の 時刻のスタンプです。 貼り付けた後で再度タップする事で、アナログ表示とデジタル表示に切り替わります。 簡単な 2択のアンケートが登録できるスタンプです。 質問部分と解答部分にそれぞれ自由にテキスト入力が可能。 回答欄の最大文字数は日本語で8文字までです。 投稿後、投票が開始されると投票結果がパーセンテージで表示。 投稿者もユーザーもどちらも自由に見れます。 投稿者は閲覧者が表示されている辺りをタップすると、投票しているユーザー名を一覧で見れます。 (逆に言うと、解答したユーザーは投稿者への足跡を残す事になります。 こちらも アンケート用のスタンプ。 質問部分をテキストで自由に入力できます。 例えば「どれぐらい良いと思う?」のような質問をして、スライダーのボリュームでアンケートがとれます。 「アンケートスタンプ」と同じように、途中経過は全員が閲覧可能。 答えたユーザーは投稿者のみ閲覧可能です。 「アンケートスタンプ」と併用ができるので、「2択の質問」「スライダーでの どれぐらい?」を聞く質問のように 同じ画面で複数アンケートがとれます。 セルフィスタンプを使えます。 タップするとインカメラが起動。 撮影で小さなアイコン風の自撮りスタンプが完成。 好きな位置にスタンプとして配置できます。 スタンプは写真の装飾用で使うのはもちろん、アンケートをとったり、ハッシュタグ付きにしたりして、検索できるようになる機能を持つスタンプもあります。 アイデア次第で色々な使い方が可能。 フォントの種類も選べる他、動画に貼り付けるようなフォントを作る事も。 「一般投稿との違いは何?」• 「ストーリーでしかできない事とは?」•

次の

スマホ初心者でもわかる!インスタグラムのストーリーの見方をスクショ解説

インスタ 顔隠す ストーリー

インスタのストーリーから通常投稿にアクセスする・させる方法 インスタのストーリーから通常投稿にアクセスさせる・する方法は難しくありません。 まずは、自身の再投稿したい投稿のページにアクセスしましょう。 投稿はプロフィールページの「投稿」をタップすることで、一覧として表示させることができます。 そしてタップするして「投稿を見る」をタップさせることで、元の投稿にアクセスさせることができます。 載せたい投稿の「紙ヒコーキマーク」をタップ ストーリーに再投稿させ、再度アクセスしてほしい投稿が見つかったら、紙ヒコーキマークをタップしてください。 次に「ストーリーズに投稿を追加」をタップします。 するとストーリーの投稿画面へと切り替わります。 タップするとデザインが少し変わります。 また通常のストーリーのように、文字やスタンプを入れることもできます。 そして背景色は、デフォルトで設定されるのですが、右上の2番目ペンタブから好きな色を選択し、長押しすることで背景の色も変えられます。 任意の編集を行った後に、ストーリーをシェアする相手を選べば、過去の投稿をストーリーに再度投稿することが完了します。 インスタのストーリーの投稿方法については下記記事で紹介していますので参考にしてください。 タップすると元の投稿にアクセスできる ストーリーに再投稿した投稿はタップすると「投稿を見る」という表示が出ます。 そのボタンをタップすると、実際の投稿ページにアクセスができます。 もう一度過去の投稿を見てもらいたいときに使える便利な機能といえるでしょう。 投稿の一部を隠すことで元の投稿をアピールできる ストーリーに再投稿した投稿を見てもらい時は、一部をスタンプで隠すのがおすすめです。 スタンプを使って、投稿の一部を隠すことで、相手がその投稿について興味を持ちます。 またスタンプは再度タップすることで反転やアクションが変わったりと、表示方法が変化します。 どんな投稿なのか知りたいという気持ちを高ぶらせるためにスタンプを使って一部を隠してストーリーに投稿してみましょう。 再度メンションはいかない 投稿にメンションなどをつけている場合は、メンションをつけられた相手に通知が行きます。 ただ、ストーリーに再投稿した場合は相手にメンションは行きません。 メンションをつけるのであれば、スタンプを使って相手にメンションをつけなければなりません。 メンションは右上の顔マークより行います。 メンションのスタンプをタップしてください。 あとは、メンションをしたいユーザー名を入力すれば完了です。 他の人の投稿もストーリーで投稿できる 投稿をストーリーに再投稿できるのは、自身のアカウントだけではありません。 他人のアカウントの投稿であっても、自身のストーリーに投稿することはできます。 ただ、鍵垢の投稿はシェア出来ません。 鍵垢の場合は、その本人のみしか再投稿ができません。 またインスタの設定より、シェアの設定をオフにしておくことで、鍵垢でなくても投稿をシェアできなくすることができます。 ストーリーに投稿をシェア出来ない場合 ストーリーに投稿がシェア出来ない場合は、投稿をシェアしたいユーザーが 非公開アカウントである場合です。 相手側が非公開アカウントである場合は、その人自身でしかストーリーのシェアはできません。 また、ストーリーズの設定で 相手側がシェア機能をオフにしている場合も他のユーザーがシェアはできません。 ストーリーに投稿をシェアしようとしても「ストーリーズに投稿を追加」というボタンが表示されません。 このボタンが表示されない場合は、非公開アカウントか、設定をオフにしているといえるでしょう。 自身も他の人にシェアをされたくない場合は、「」をご覧ください。 また、インスタのストーリーを保存する方法の1つにRepost リポスト ツールを使うというものがあります。 Repost リポスト ツールは、別アプリをダウンロードする必要こそありますが無料で使えます。 自身のストーリーはもちろん、他の人のストーリーも簡単に保存することができます。 ストーリーを保存することで、自身の端末から簡単にストーリーをシェアすることもできます。 詳しくは下記記事で紹介していますので、ツールが気になる方はご覧ください。 他の人にシェアされたくない時は設定を変えておこう 自身の投稿を他人にシェアされたくない時は、インスタの設定を変えておく必要があります。 プロフィールページより右上の「三」をタップしてください。 「設定」をタップします。 「プライバシー設定」をタップしてください。 「ストーリーズ」をタップします。 シェアの欄にあるボタンを全てオフにすることで、他人にストーリーズをシェアされることは無くなります。 設定をオフにした状態でも、自身のみは再投稿することは可能です。

次の