アドビ アクロバット プロ。 PDF閲覧をより便利に! Adobe Acrobat Proの意外に知られてない活用法|TIME&SPACE by KDDI

墨消しツールの使用方法(Acrobat Pro DC)

アドビ アクロバット プロ

Adobe Acrobatとは、米(Adobe)社が開発・販売している、の文書ファイルの作成や編集を行うためのソフトウェア。 Windows版と(Mac OS X)版があり、PDFファイルの閲覧のみに機能を限定した「」は無償で配布されている。 PDF(Portable Document Format)は同社が開発した文書ファイルの形式の一つで、閲覧側のソフトウェア環境の違いに影響されずどこでも同じように表示・印刷できるのが大きな特徴。 コンピュータで作成した文書の配布形式として広く普及している。 Adobe Acrobatは同社によるPDF作成などのためのソフトで、のようにOSに組み込まれ他のアプリケーションソフトの印刷機能を利用してPDFファイルを出力することができる。 PDFファイルの編集機能もあり、文章などを表示されたのまま編集したり、文書本体の上に注釈を書き入れたりすることもできる。 2015年からはAdobe Document Cloud(Adobe DC)製品群の一環として「Adobe Acrobat DC」が正式名称となっているが、現在でも慣用的にAdobe AcrobatあるいはAcrobatと呼ばれることが多い。 他の辞典による解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• 〜 『 Insider's Computer Dictionary』 による解説• 〜 『 吉田印刷所 DTP・印刷用語集』 による解説• 〜 『 IT用語辞典バイナリ』 による解説• 〜 『 PC Magazine』 英語 による解説• 〜 『 Techopedia』 英語 による解説• 〜 『 Computer Hope』 英語 による解説• 〜 『 WhatIs. com』 英語 による解説 関連リンク (外部サイト)• - Adobe社による製品紹介 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

Adobe Acrobat Pro 7.0で画像を回転させて保存する方法

アドビ アクロバット プロ

PDFは、Acrobatを使ってファイルサイズを小さくすることができます。 何回か取り上げているのですが、改めて。 Acrobat 9 Pro PDFの最適化 簡易的なダウンサイズ方法です。 選べるのはPDFのバージョンのみで細かい設定は選べません。 [文書]メニューの[ファイルサイズを縮小]をクリック• [ファイルサイズを縮小]ダイアログボックスが開くので、[互換性を確保]からPDFのバージョンを選択して[OK]をクリックする PDFの最適化 ちょっと上級向けの機能です。 というか、Pro版でないと、 [アドバンスト]メニューがありませんので。 [アドバンスト]メニューの[PDFの最適化]をクリック• [PDFの最適化]ダイアログボックスが開くので、画像のダウンサンプルを変更して、[OK]ボタンをクリックする デフォルトでは、「150」ppiになっています。 でも、プリントアウトするときには、ちょっと劣化がわかってしまいます。 Acrobat X [ファイル]メニューの[別名で保存]内にまとめられました。 下記をご参照ください。 Acrobat XI Acrobat XI(11)では、[別名で保存]でなく、[その他の形式で保存]のサブメニューから[サイズが縮小されたPDF]と[最適化されたPDF]を選択します。 補足 単純に別名保存するだけでも、少しだけ軽くなることがあります。 こちらのエントリーもご参照ください。 InDesignからの書き出しの場合には、透明を分割しないといいことがあります。 追記:スキャンされたPDFを最適化 紙をスキャンして生成したPDFには、[スキャンされたPDFを最適化]が有効なようです。 追記(2015年4月7日): gori. me(ゴリミー)にて、プレビュー. appを使う方法が紹介されていました。

次の

unab.a-dedo.cl:PDF書類に付箋や手書き、音声でコメントを入れてみる

アドビ アクロバット プロ

よくある質問と答え FAQ Q. PDFとは? A. PDF(Portable Document Format)とは、アドビが世界で最初に開発したデジタルドキュメントフォーマット。 AcrobatおよびAcrobat Readerは、高い品質のドキュメントソリューション。 これらを組み合わせれば、信頼性の高いPDFを作成し、どんなデバイスやOSでも正確な表示が可能に。 全世界で普及しているAcrobat Readerでの閲覧が保証されているのは、Acrobatをはじめとするアドビ製品で作成したPDFのみ。 他社のPDFソフトと何が違う? A. アドビによって開発され、長年に渡って進化してきたPDFは、今や世界中の様々な企業や行政機関において電子文書交換の標準フォーマットとして普及し、国際標準化機構 ISO によって管理される正式なオープンスタンダードに。 Acrobatでは、国際標準化規格であるISO 32000-1のフル仕様に準拠したPDFを作成・活用することができ、さらにAcrobat Readerでの閲覧を保証しているのはアドビのアプリケーションで作成したPDFのみ。 過去のAcrobat製品と違うポイントは? A. 永続ライセンス制からはサブスクリプション 定額制 年額版 に。 定額制になることで、コスト面はそのまま、常に最新の機能やセキュリティアップデートを適用して安全な環境を維持が可能に。 また、Acrobat DCはソフトウェアのアップデートごとに買い換えやインストールが不要に。 さらにAcrobat DCは、クラウドに連携した機能が充実しているため、外出先や複数人での共同作業(レビュー含む)にもおすすめ。 年額版にはどんな製品ラインナップがある? A. 大きく2つあり、1つがAcroat Pro DCでもう1つがAcrobat Standard DC。 ProにはiPadやAndroidタブレットでのPDF編集機能や、2つのバージョンのPDFを比較しすべての差分を確認したり、ISOとアクセシビリティ標準に準拠しているか検証して修正するなど、よりプロフェッショナル向けの機能を搭載。 Standardには基本機能を搭載。 また支払い方法に応じてパッケージ版 多様な支払いに対応・手元でのカード保管が可能 とオンライン版 クレジットカードに対応・すぐに利用開始可能 、さらに利用期間に応じて12ヶ月版 初めての方におすすめ と36ヶ月版 年額でお買い得 をご用意。 何故永続版から年額版になった? A. OSや基幹ソフトのアップデートサイクル、クラウド化、モバイルシフトなど、目まぐるしく変化するビジネス環境。 年額版化により、数年に一度のアップデートではなくタイムリーに最新の機能を提供することができるように。 機能面でこれまでの製品との違いは? A. 今までの機能はすべて利用することが可能。 その上で、Document Cloud 100GB付 にデータを保管することにより、時間や場所、デバイスを問わず参照することが可能に。 また同僚や取引先、友人などと柔軟に書類を共有したり、レビューを行うことができるように。 さらに、Acrobat DCとOffice 365の連携でシームレスな操作も実現。 購入から利用開始までの流れを知りたい A. 大きく4ステップです。 adobe. 詳細は各商品ページをご確認ください。

次の