ジャスティン ビーバー 元 カノ。 セレーナ・ゴメスの元彼氏が、ジャスティン・ビーバーの元彼女とデート!?(Movie Walker)

ジャスティン・ビーバー、「性的暴行」を告発した女性2人に22億円の損害賠償請求

ジャスティン ビーバー 元 カノ

Steve Granitz Getty Images ドキュメンタリー番組で『ジャスティン・ビーバー:シーズンズ』で薬物依存について語ったジャスティン。 初めて薬物を使ったのは13歳のときだったと言う。 13歳というとジャスティンがYouTubeに動画をアップして人気を集め始めた頃。 最初はマリファナ、その次にリーンと呼ばれるコデイン入りの咳止めシロップとソーダを混ぜた飲み物、モーリーや処方箋薬、マジックマッシュルームなどに依存するように。 ジャスティンは薬物に走った理由について「逃避するためだった。 僕は若かったんだ」。 「みんなと同じように僕はまだ成長過程だった。 でもすべてをカメラの前で経験していた。 信じられないレベルで人目に晒されていたんだ。 それに金もものもたくさん持っていた」。 やがてジャスティンはDUI(薬物やアルコールの影響下での運転)で逮捕されるなど、お騒がせな行動で注目を集めるようになる。 当時を振り返り「この業界の間違っている部分に価値を見出すようになっていた」「これをやれば幸せになる、これを手に入れれば幸せになると思っていた。 安定した家庭で育った人は子ども時代に習うことがある。 でも僕はそういう家で育たなかった。 一貫した行動も信頼も責任もなかった」。 Michael Loccisano Getty Images やがて「自分が死にかけていることに気がついて」薬物を辞める決意をしたというジャスティン。 「世間の人が思うよりも深刻な状態だった」。 夜、ジャスティンが眠っているとボディガードが部屋に入ってきて、彼が死んでいないか脈をチェックするような日々だったという。 「朝起きて最初に処方箋薬を口に放り込み、マリファナを吸う。 本当に恐ろしい状態だった」「薬物をやめても、根本的な問題は解決していない。 だから多くの依存症の人がそうであるようにまた元に戻ってしまうんだ」。 メンタルヘルスの治療を経て、今は薬物に手を出すようなことはなくなったとも語っているジャスティン。 「ベストな自分になることはベストな夫、ベストな父、ベストな友達になるための助けになると思う」「それに健康でなくては曲も作れない。 僕は長い間、健康ではなかった」。 間もなくアルバム『チェンジズ』もリリースされ、春からはツアーも始まる。 完全復活したジャスティンがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみにしたい。

次の

セレーナ・ゴメスの元彼氏が、ジャスティン・ビーバーの元彼女とデート!?(Movie Walker)

ジャスティン ビーバー 元 カノ

ジャスティン・ビーバーはまだセレーナ・ゴメスを心から愛しているそうだ。 4年間に渡る交際の末、昨年10月にセレーナと破局したジャスティンは、その辛さを乗り越えたかどうかについては分からないそうで、今後も愛することはやめないと発言している。 ジャスティンは「別れはすごく辛かったよ。 忘れたかなんてまだ分からないね。 俺は別の状況にいるし、俺たちが別々の道を歩んでいることは間違いないね。 彼女のことは愛しているし、彼女には素敵でいてほしいけど、時々彼女のことを思い出させられることはあるよ」と話す。 またジャスティンはいまだにセレーナと頻繁に連絡を取り合っているそうで、ニューアルバム「パーパス」にはセレーナのことを歌った曲が数多く収められていることを明かしている。 ジャスティンは「アクセス・ハリウッド」に「セレーナは俺が心から愛する人だよ。 これからも彼女を愛することを止めることはないね。 それに様子を見ることもやめないさ。 交際を止めたからといって、そういうことを止める必要はないと思うんだ。 それがすごく悪影響でお互いに身体的もしくは精神的に傷つけ合うようなものでなければね。 俺たちは常にお互いを尊敬し合っているし、それはこれからも変わらないよ」と語った。 また、ジャスティンは2人の破局がタイミングの悪さが原因だったと考えているそうで、「アルバムには結局収録されなかったんだけど『イフ・アイ・ウド・ハブ・メット・ユー・イン・5イヤーズ(5年後に君に会っていたら)』っていう曲を書いたんだ。 すごく本当の話だろ? どれだけの人がすごくぴったりな相手に出会いながらもただタイミングが悪かったっていう経験をしていると思う? だから多くの人がその気持ちを理解できると思うんだ」と続けた。 そんな発言をするジャスティンは、今後またセレーナと復縁する可能性を尋ねられた際、「今後何が起こるかなんて分からないさ。 将来起こることなんて予測がつかないからね。 でも俺たちはお互いのことを考える前に、まず自分の魂探しをして自分自身を見出す必要があると思うんだ」と答えた。

次の

ジャスティン・ビーバーが、元恋人セレーナとの交際中は「向こう見ず」だったと語る|ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

ジャスティン ビーバー 元 カノ

南仏カンヌで現地8日に開幕となった『第71回カンヌ国際映画祭』から新しいホットな写真が次々と入ってくる。 女優たちのゴージャスなドレス姿に大量のフラッシュを浴びせるカメラマンたち。 こうしたビッグなイベントこそ腕のみせどころであり、何とか自分の方を向いてもらおうと皆さん必死である。 そんなカメラマンたちがひと際熱い視線を送っていたのが、露出度が極めて高いドレスを選んだジャスティン・ビーバーの元カノ。 醜聞が多いことでも知られるあの女優であった。 『第71回カンヌ国際映画祭』のオープニング・ガラで殿方たちの大きな注目を集めていたのは、2016年のコメディ映画『ザ・パーフェクト・マッチ』と同『A Weekend with the Family(原題)』にチョイ役で出演していたシャンテル・ジェフリーズ。 米カリフォルニア州出身の24歳の女優兼モデルで、あまり知られてはいないが「CeeJay The Dj」の名でDJとして活動することもあるという。 実はこのシャンテル嬢、ある大きなニュースで話題を集めていた。 2014年、警察のお世話になる言動が続いていた頃の車に同乗していてスクープされたのだ。 いずれも後に大げさで誤った報道であると否定されたが、彼女についても「麻薬絡みで捕まっていた」「女性をナイフで刺した」彼女に対する世間の印象はあまり良いものではない。 しかしジャスティンとシャンテルが一時期交際していたことは間違いなく、.

次の