ホンジャマカ ホッケー。 ホンジャマカのハイパーホッケーの勝率wwwwwwwww

ホンジャマカ

ホンジャマカ ホッケー

恵俊彰 知ったかぶり性格?伊集院光、太田光と共演NG?! 恵俊彰 昼の顔になった恵俊彰は知ったかぶりな性格?! お笑いコンビ、ホンジャマカの恵俊彰。 もはや、ホンジャマカというコンビ名を知っている世代は限られているのかもしれません。 「ひるおび」の司会者を務める恵俊彰は、お昼の顔としてすっかり定着しており、「司会者」恵俊彰という印象が強い人も多いかもしれませんね。 恵俊彰は突っ込み担当ですから、司会業でも軽妙な突っ込みが光ります。 しかし、その行為が、視聴者からはあまり評判が良くないようです。 ニュースや事件について解説を求めているのに、途中で話を遮ったり、大声で文句を言ったりする、という視聴者からのクレームも。 ワイドショー的なテーマのときならよいでしょうが、政治・経済についてのコメントは特に知識、勉強不足を感じさせます。 恵俊彰の知ったかぶりな性格がそう感じさせるのか、突っ込みを駆使するスタンスが不評なのか……。 共演からも、知ったかぶりな性格で得意満々な顔をして話している、という声が聞こえてきます。 もちろん、こういう意見が全てではないのも事実です。 いずれにせよ、お昼の顔としての恵俊彰が注目されているのはたしかでしょう。 恵俊彰 W光(伊集院光、太田光)と共演NGの話は本当? 伊集院光が、恵俊彰のことを嫌っているようです。 さも分かったかのように語る恵俊彰の態度が鼻につくのだそう。 雑学王と呼び名も高い伊集院光に対し、上から目線で話をしていたことがあったそうです。 そしてもう一人、恵俊彰が本当に嫌いだとズバっと切り捨てている人物がいます。 それは、爆笑問題の太田光。 実はホンジャマカと爆笑問題は同期で、先に売れたのがホンジャマカ。 ホンジャマカの下積み時代から恵俊彰を良く知っているからこそ、気になるのかもしれません。 「つまらないの代名詞」「腹黒い」と太田光の恵俊彰評はさんざんです。 さま~ずの大竹一樹の結婚披露宴の挨拶でも「大竹、恵と席を離してくれてありがとう」と話したいう太田光。 こんな恵俊彰と太田光が共演したらどうなるのか?!危険な香りがしますが見てみたいですね。 恵俊彰 時計から見える年収!子供が三男一女の子だくさん! 恵俊彰 時計が凄い! 時計から見える年収は? 番組で恵俊彰がしている腕時計が凄いと話題になっています。 高級腕時計をいくつも持っている恵俊彰の年収はいくらなのでしょうか?「ひるおび」の出演料は、一回の放送で110万円だそうです。 月~金まで毎日放送している「ひるおび」一回が110万円だとすると、1年で約2億6000万円になります。 「ひるおび」での恵俊彰に対する厳しい評判は少なくありませんが、実は、同じ時間帯での視聴率トップなのが「ひるおび」。 高視聴率番組なのです。 恵俊彰は、その番組の司会者ですから、一概に悪いとは言い切れません。 売れっ子となり、天狗になっているなどと言われることもあるようですが、視聴率が良いのは事実でし。 毎日同じ時間に見ることで昼の顔になっている恵俊彰は、働きに見合った年収を受け取っているといえるのではないでしょうか。 恵俊彰 子だくさん家族!三男一女 ホンジャマカはもともと11人で構成されていたそうです。 1人ずつ辞めていき、最後に残ったのが、恵俊彰と石塚英彦の二人。 そのホンジャマカにいた松本美貴が、恵俊彰の奥様です。 奥様は現在、芸能活動はしていないようです。 子供は、長男俊太くん19歳、次男楓徒くん12歳、長女愛結ちゃん8歳、3男暖真くん4歳の三男一女。 そんな子だくさん家族の主、恵俊彰ですが、実は家族からも嫌われているという話が…恵俊彰は大のキス魔で、子供に毎日たくさん、しかも口にキスするそうです。 長男は19歳ですから、父親から口にキスをされるのはさぞかし…しかし奥様にはキスをしていないということなので、このことに関しても不評なんだとか。 恵俊彰 ホンジャマカは解散したの?! ホンジャマカが売れるキッカケになった番組は「東京フレンドパーク」です。 相方の石塚英彦と一緒に、エアホッケーゲームで活躍していました。 ゲストがアスリートであっても、なかなか負けないホンジャマカに、いったい本職は何なのか!?と思わされていた視聴者も多かったはず。 しかしその後は、恵俊彰、石塚英彦それぞれピンの活動が多くなっていきました。 現在、恵俊彰は「ひるおび!」のほか、「MUSIC FAIR」でも司会を務めています。 では、ホンジャマカは解散したのか?というと、そうではありません。 別々のフィールドでキャラクターを生かしているほうが、一緒に仕事をするときにも刺激があるということなのでしょうか。 たしかに芸人という世界は、仲良しなだけではやっていけない世界です。 ホンジャマカは、お互いが切磋琢磨して、より高い芸を磨いている最中なのかもしれません。 いまやすっかりお昼の顔になった恵俊彰、グルメリポーターと言えば石塚英彦。 ホンジャマカは、お互いに違うジャンルで見事に成功し、それぞれの道で頑張っています。 そんな恵俊彰と石塚英彦のお笑いのステージ、今だからこそ見てみたいものですね。

次の

石塚英彦

ホンジャマカ ホッケー

2019年7月1日、『関口宏の東京フレンドパーク2019』(TBS系列)が放送された。 今では冬と夏の番組編成シーズンに、TBSでこれから放送される新ドラマの出演者たちが登場し、名物の「ウォールクラッシュ」や「フラッシュザウルス」などのゲームにチャレンジする人気番組である。 関連記事 また、番組ではお笑いコンビのホンジャマカ(石塚英彦・)とゲストが対戦する「ハイパーホッケー」も引き続き行われていて、今回もホンジャマカが「最強のボス」としてゲストたちの前に立ちふさがった。 さて、かつては「エアーホッケー最強」との誉れも高かったホンジャマカだが、今回はなんとゲスト3組とホッケー対決して全敗。 すべてのメダルを取られるハメになってしまった。 この惨状に多くの視聴者が衝撃を受けたらしく、「あのホンジャマカが全敗!?」「ホンジャマカの全敗なんて見たくなかった」といった声がSNS上に相次いだという。 なお、ホンジャマカの「ハイパーホッケー」には以下のような伝説が残っている。 6割以上の勝率を誇っていて、勝利した相手の中にはスポーツ万能である現役のアスリートなども含まれていたのである。 さらに途中からホンジャマカがあまりに強くなりすぎてしまい、ハンデとして「5キロ以上の着ぐるみを着る」「女性オンリーの場合1対2」「ゴールポストがゲストより広い」といったルールが設けられていた。 しかも、現在のホンジャマカ・石塚は57歳、恵俊彰が54歳と、それぞれオーバー50となったうえに、上記の着ぐるみハンデはレギュラー番組時代から引き続き課せられていた。 先日の放送でもほぼ中年後期の二人は重い着ぐるみを着ながらのホッケー対決を行っていたのだ。 以上のことを考慮すれば、「ホンジャマカ全敗」はある程度は仕方がないことだろう。 このことからも、次回の開催からは着ぐるみなど、ホンジャマカに課せられていた一部ハンデが無くなるのではないかと今から噂されている。 (文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部) 画像『 』.

次の

フジテレビ「人気のホンジャマカのエアホッケー4年ぶりにやるよ〜」

ホンジャマカ ホッケー

左から石塚英彦、渡辺正行、関口宏、恵俊彰 『関口宏の東京フレンドパーク』は、1994年から休止やタイトル変更などを経て約18年間続いた長寿番組。 このたび、2011年3月の終了以来、約6年ぶりに復活する。 今回は、2017年1月期に同局で放送されるドラマ『A LIFE~愛しき人~』から木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、『カルテット』から松 たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、『下剋上受験から』阿部サダヲ、深田恭子、要潤、小芝風花が出演し、番組定番の5つのアトラクションに挑戦。 "支配人"の関口は「 各チームの チームワークがよかった。 いいキャスティングだったんじゃないかな」と太鼓判を押した。 収録を終えて関口は「思い出し、思い出しやっていました」と久々の収録を振り返り、番組の復活を聞かされたときは「本当にできるのか!? 」と聞き返したほど、番組の復活には驚いたという。 "副支配人"の渡辺は「難関だったのが支配人のホイッスル。 今、こういうタイプのものがないんですって。 それが 当時使っていたものが プロデューサーの机に1個だけ残っていたんですって」と、小道具に関するエピソードも披露。 関口は「歯形がついてた 笑 」と、当時のものを使用していることも明かした。 収録では久しぶりの再会を懐かしんだようで、「6年経ったからみんな年は取ったけど、空気、チームワークは変わっていない」 関口 、「スタッフも含めて同窓会的な雰囲気。 みんな『久しぶり』なんて挨拶しながら番組が進行していました」 渡辺 とコメント。 "従業員"のホンジャマカも、「ホンジャマカ的にもホッケーができてうれしかった。 当時のカメラさんとかスタッフもそのまま、楽屋の配置まで当時のままでした 笑 」 石塚 、「 ホンジャマカが 初めて獲得したレギュラー番組。 それで覚えていただいてる方も多い。 率直にうれしかったです」 恵 と喜んだ。 最後に関口は「久しぶりに懐かしがってください。 なかなか面白い展開になりました」とアピール。 6年ぶりとなるも、変わらないチームワークで当時の面白さが十二分に再現できた様子で、出演者たちは今後、春・秋の特番での復活も望んでいる。 予めご了承ください。 関連記事•

次の