二 十 四 時間 マラソン ランナー。 24時間テレビ2019マラソンランナーは誰で発表はいつ?コースも予想!

院長の出版書物

二 十 四 時間 マラソン ランナー

屋根屋、は屋根誠の竹内です。 故障の原因がわからないので、モチベーションが上がりません 故障の原因がわからない=治るまでの期間がわからない=目標となる大会を決められないということで、スイムだけの練習にはすっかり飽きています。 そんな中、各地ではマラソン大会がシーズンの終盤に向かっていて、今シーズンは仲間が次々とサブ3を達成しています。 日本の三大マラソン大会 日本にはアランナー憧れの大会が三つあります。 持ちタイムの順番だと、まず別大は3時間30分以内。 これは僕もクリアできるので、別の大会できちんと記録を残してエントリーすれば出場できます。 続いて福岡国際は一気に速くなって2時間35分以内。 やりすぎじゃないの 笑 ?っていうくらい速いです。 最後にびわ湖毎日はなんと2時間30分です。 そのペースでフルマラソンなんて、想像もできません。 この3大会に加えて、近年ではでエリートが設定されて、そのタイムがなんと2時間21分という驚異的なもの。 実質的には四大大会ということになってきそうです。 他にも持ちタイムの制限がある大会はいくつかあるのですが、大会の歴史やブランド力から鑑みて、この辺りが憧れの大会になっているようです。 僕が故障でダラダラしている間に、仲間はサブ3を達成したり、ついにびわ湖毎日に出場したりして、やっぱり悔しさというか、スタートラインにも立てないという寂しさみたいなのはあります。 ただ、焦っても仕方ないので、明後日の検査で故障の原因をはっきりさせて、しっかりと治し、また練習して、近いうちにこれらの大会に出場したいと思います。 ではでは。 yoshikixx.

次の

【現役ランナー監修】サブ4向けランニングシューズの選び方と人気おすすめ10選

二 十 四 時間 マラソン ランナー

(1)3週間前 大会3週間までは週2~4日のペースで走ります。 レース3週間前にはハーフ(21km)~30km程度の距離を1回試走(気持ち良いペースで)するといいでしょう。 筋肉痛が残るので、3日間はストレッチ、ウォーキングで十分。 身体のリカバリーに努めましょう。 筋力トレーニングやサーキットトレーニングはこれまで通り行いますが、大会10~14日前になったらストップしましょう。 (2)2週間前 2週間前までは普段通り、持続走中心のトレーニングでOKです。 2週間前には、自身が目標とするマラソンペースで10~12km走ってみましょう。 大会まで2週間をきったら徐々にトレーニング量を減らしていきます。 目安はそれまでのトレーニング時間の70~80%です。 (3)1週間前 走る頻度は週2~3日、走る時間は通常の50~70%にして疲労回復に努めましょう。 大会の前日は完全休養がベターです。 (1)筋力強化 マラソンを完走できない原因の大半は筋力不足(筋肉痛)です。 (2)90分ジョグ これまでジョグの持続時間が最大60分の人は2週間に1回、75~90分ジョグに挑戦しましょう。 余裕のある人は、90分ジョグ+15分休憩+15分ラン(ジョグより幾分速いペースでの走り)を公園や河川敷などで行いましょう。 上記のトレーニングを行ってもまだ余力があれば、先月紹介したミニLSDも週末に1回行うといいでしょう。 (3)ミニマラソン・ハーフマラソン大会に参加 トレーニングの成果を確認するため、9月後半~10月初旬に開催される10kmないしハーフマラソンの大会に参加しましょう。 その結果(タイム)でフルマラソンを走るペースの予測が可能になります。 また、大会の雰囲気に触れ、走るペースや身体へのストレスレベルを知ることはマラソン本番に必ず役立ちます。 60分ウォーキング+30分ジョグ 2. 30〜45分ジョグ+60分ウォーク、休憩30〜60分(軽食)、30分ウォーク+30分ジョグ 3. 初心者は時間を増やさない方がベター。 筋トレはミニLSDの前にストレッチ後に行う。 脂肪燃焼効果が期待できるし、トレーニング後は汗がべとついてやりにくいし、疲労感もあるので。

次の

なぜ走る? 人気急増“100kmウルトラマラソン”の知られざる世界

二 十 四 時間 マラソン ランナー

こんにちは~!タケボーヤです。 ランニングやジョギングが習慣化してくるとそんな風に思うことがあります。 だからといって、いきなりフルマラソンを目指すのはあまりにもハードルが高い。 最近10キロマラソンが人気を集めています。 特にランニングやジョギングを初めて間もない初心者ランナーさんには特にこの10キロマラソンがオススメです。 ただ10キロマラソンの目標タイムをどのくらいにすればいいか悩むとこですよね。 なので今回初心者ランナーさんが目標にすると良いであろ目標タイムの設定や走り方のコツ、平均タイムについて書いていこうと思います。 1.10キロを40分以内に完走する 2.10キロを40~50分以内に完走する 3.10キロを60分以内に完走する 4.10キロをとにかく完走する こんな感じです。 ここで初心者ランナーさんが目標にすべきは 2~4の40分~とにかく完走のタイプになると思います。 少し遅くても全然オッケーです!! ランニングやジョギングを普段から習慣にされている方なら必ず完走出来るのが10キロマラソンです。 10キロを完走出来ればかなりの自信になります。 自信がつけばその後のランニングライフにも大きな影響を与えることでしょう。 ですので、無理な目標を立てるのではなく、実現可能な目標タイムを設定しましょう。 基本的に初めて10キロマラソンに挑戦するのであれば、とりあえず1時間以内の完走あたりを目標にするのが良いのでは無いでしょうか。 次に10キロマラソンの平均タイムを見てみましょう。 10キロマラソン平均タイム 10kmレースはマラソンやハーフの大会よりも沢山開催されています。 これはフルマラソンやハーフの大会と一緒に開催されているからです。 勿論各大会によって平均タイムは異なりますが、おおよそ45分~60分と言われています。 これは1キロのタイムが4分30秒~6分ペースの間になります。 因みに10キロの世界記録は26分17秒だそうです(笑) 10キロマラソン走り方のコツ(1時間以内の完走が目標) 10キロを1時間以内で完走しようとすると、イーブンペースで1キロあたり6分のペースになります。 ですが、イーブンペースで走るというのはかなり難しいことです。 基本的には6分より早いペースで走り続け、残りの距離に応じてペースを調整していくというやり方になるかと思います。 この時速10キロというペースですが、そんなにめちゃくちゃ早いというわけではありません。 歩く速度がだいたい時速4.5キロ~5キロと言われていますので、イメージとしては軽いジョギング程度のペースになりますので安心してください。 ただし、本番の大会前にぜひ一度5~10kmを試走してください。 その時にはご自分でコースや距離を十分把握しているコースで行って、1kmあたりのペースを算出し、そこから本番の10kmのペースを割り出してみてください。 例え5キロの試走でも本番に必ず役に立ちます。 10キロマラソン完走のための練習は? 基本的には、心肺機能の向上と下肢筋力の増強になりますが、このどちらもが普段からランニングやジョギングをすることで自然と鍛錬されてきます。 勿論インターバルトレーニング等を行うことも効果的ですが、しっかりと走り込みを行っておけば大丈夫でしょう。 具体的には月間で20キロ程度走れていればほぼ完走は間違いないでしょう。 10キロマラソンまとめ 初心者ランナーさんは1時間以内の完走を目標としてみる。 10キロマラソンの平均タイムはおおよそ45分~60分。 1時間以内の完走のためには基本的には6分より少し早いペースで走る。 月間で20キロ走ることが出来れば完走は楽勝。 今回は以上になります。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の