キングダム ひょうこう 死。 【キングダム】麃公は李牧も脅かす本能型の極み、信に託した盾の意味とは?

人気急上昇中の話題の漫画!キングダムの泣ける名シーン【5選】

キングダム ひょうこう 死

キングダムの主人公であり、飛信隊の隊長を務める。 戦争で親を亡くし 城戸村 じょうとむら で 下僕 げぼく として働く。 下僕した先で 漂 ひょう という同世代の少年と出会う。 漂 ひょう が目指していたのは天下の大将軍。 信は漂に感化され、大将軍を夢見るようになる。 剣は幼少期から漂と特訓し、一般の大人では相手にならない程の腕前。 秦王 しんおう ・ 嬴政 えいせい と出会いから、小さな土地と家を手に入れ、武将としての一歩を踏み出す。 蛇甘平原 だかんへいげん の戦いで初陣を飾り百人将に昇格。 次戦である 馬陽 ばよう 防衛戦で、 王騎 おうき から特殊な任務を受け、その際に 飛信隊 ひしんたい という隊の名をもらう。 河了貂 かりょうてん 山民族 やまたみぞく ・ 梟鳴 きゅうめい 族の生き残り。 梟鳴族は山民族の死王と呼ばえる 楊端和 ようたんわ に滅ぼされ、河了貂は祖父に連れられ荒くれ者が集まる 黒卑村 こくひむら に移住する。 しかし5歳で祖父が他界し、悪党の手伝いをして生活するようになる。 そこに突然、信と 秦王 しんおう ・ 政 せい と出会い転機を迎えることになる。 王弟である 成蟜 せいきょう の反乱を信と政と共に乗り越える。 その後、小さな家をもらった信と共に暮らすが、あることを切っ掛けに軍師を目指す。 その約1年後・・・ 飛信隊 ひしんたい の連敗を救うべく、河了貂が軍師として現れることに。 飛信隊が窮地を迎えるたびに、軍略で挑み成長を遂げていく。 飛信隊の一部のメンバーからは「 娘軍師 むすめぐんし 」と呼ばれ、尾平は「テンちゃん」と慕われる。 幼少期に男性のふりをしていた名残から一人称は「オレ」 河了貂(かりょうてん)関連: 羌瘣 きょうかい 初陣で信・ 尾平 びへい ・ 尾到 びとう ・ 澤圭 たくけい と同じ 伍 ご で出会い、飛信隊結成には副長となる。 羌族 きょうぞく に生まれ、 掟 おきて により死ぬことになった幼なじみである 羌象 きょうしょう の復讐のために生きる。 幼なじみを失ったショックで感情を失くすが、 飛信隊 ひしんたい の仲間に少しずつ心を開く。 緑穂 りょくすい という愛刀を使い、 軍神 ぐんしん を降臨させ舞い踊るように戦う。 剣の腕前は信を超え、師匠とも言える存在。 その本気の戦い方を見た者は「人の業ではない」と言う。 戦術にも長けており、飛信隊の参謀役も担う天才。 窮地で作戦が思いつくと羌瘣は言う。 「策がひとつだけある」 のちに独自の部隊である羌瘣隊を持つが、行動は飛信隊と共にする。 羌瘣(きょうかい)関連: 羌瘣(きょうかい)関連: 澤圭 たくけい 府楼村 ふそんむら 出身で 信 しん の 初陣 ういじん で 伍長 ごちょう (上官)になる。 体格は小さく気が弱いため伍長として人気がなく、いつも余った者と 伍 ご を組む。 そのため周りからは「最弱の伍」と冷やかされている。 しかし 澤圭 たくけい は最弱だからこそ、伍の戦い方を知り、自分の伍では死者を出さずに、幾多の戦いを乗り越える 強者 つわもの。 頼りない風貌だが、 龐煖 ほうけん にやられた信をかばい 尾平 びへい ・ 尾到 びとう と共に龐煖の攻撃を受け止る。 味方の命を第一優先で行動する。 信は身分に関係なく人を呼び捨てにするが、澤圭を「 澤 たく さん」と敬称を付け呼ぶ数少ない人物。 信の初の上官であり尊敬と愛着を込めていると伺える。 その他に信が敬称を付けて呼ぶのは、 飛信隊 ひしんたい の副長である「 渕 えん さん」ぐらいである。 尾平 びへい 信 しん の初陣で出会い、 麃公 ひょうこう 軍・ 縛虎申 ばくこしん 隊で共に戦う。 歩兵である信が途中で騎乗したことから、信を「 騎兵殿 きへいどの 」と呼んでいた。 無謀ながら勇敢に立ち向かう信に一目を置き、自ら飛信隊に志願し入隊する。 飛信隊はガラが悪いものが多いが、比較的大人で頼れる存在。 後に飛信隊怪力三人衆のひとりとなる。 戦になると先頭に立ち、飛信隊の拡大と共に田有も出世していく。 羌瘣 きょうかい とは支援関係で戦うことが多い。 そのため羌瘣が女であること、そして影を抱え生きていることを察している。 麃公 ひょうこう 将軍から酒の一気飲みに誘われ、挑む姿に「わしに劣らぬ色男」と称される。 沛浪 はいろう 河了貂 かりょうてん は飛信隊の進化させるため新兵を募集し、入隊を希望してきた兄弟。 左側が兄であり名は 蒼仁 そうじん。 長いまつ毛と八重歯が特徴。 右側が弟であり名は 蒼淡 そうたん。 もさっとした顔とゴツイ体格。 父は今はな亡き、中華十弓と呼ばれるほどの弓の名手である 蒼源 そうげん。 体力は兄弟ともに一般以下だが、幼い頃から狩り磨いた弓術を買われて、特別に飛信隊にへの入隊を認められる。 河了貂 かりょうてん が以前から考えていた弓兵の特殊部隊として編成される。 しかし二人は戦場に出るまで「人を打ったことがない」という大きな弱点を抱える。 闘う恐怖に震えながら立ち向かう。 干斗(かんと).

次の

【キングダム】王騎と共に、信に魂の言葉を伝えた熱き将軍!!麃公(ひょうこう)将軍とは!?

キングダム ひょうこう 死

蒙武の大活躍により、 最大の危機を乗り越えたかのようにみえた秦軍。 戦況が二転三転しまくる30巻。 そして、8巻、16巻に引き続き、 わたしの"泣き巻"3冊目です。 麃公将軍!! 涙 【あらすじ】 函谷関の裏手から現れたカリン軍5000人は、 一気に背後からなだれ込み、 今にも内側から函谷関の正門をこじ開けようとしていた。 蒙驁将軍をはじめ、函谷関を護る秦軍の 誰もが陥落を覚悟した瞬間、 山間から王翦軍が一斉に現れる。 山岳地帯での燕・オルドとの心理戦を制し、 函谷関の援護に現れた王翦軍により、 秦軍は函谷関陥落の窮地を危機一髪で脱する。 これによって合従軍側の"15日目の総攻撃"作戦は失敗に終わったということになり、 合従軍の函谷関突破は極めて困難となった。 そして燕軍を除く合従軍全軍が、 開戦前の位置まで軍を退却させるのだった。 歓喜する秦陣営。 ここにきてこの先、別の決め手が出てくることは考えにくいと推測される状況に対し、 どこか安堵の雰囲気が漂う秦軍。 そんな中で、前線の麃公や信は、李牧が動いていないことに対し まだ何かの企みを感じずにはいられなかった。 そして開戦18日目。 咸陽に、小さな城が攻め落とされたという 急報が次々に入り出す。 昌平君らが急いで地図を調べると、 咸陽に至る"北道"を守る"函谷関"からではなく、 咸陽に至る"南道"を守る"武関 ぶかん "の 内側 咸陽側 の城が次々と落とされていた。 "武関"が抜かれた様子がないことから、 敵軍は険路が多く大軍移動には向かないはずの南道へ山間から割り入り、 相当の日数をかけて進んできたことになる。 敵軍の数は4万人にものぼり、 兵を率いている人物は李牧であると判明。 思いつきではなく、開戦当初から計算通りに 兵を少しずつ送りこんでいたと思われる 李牧の緻密な戦略に気づき、 秦陣営に戦慄が走る。 一方、合従軍の中ですら李牧の動きに気づく者は ほとんどいなかった中で、 麃公将軍だけは直感で動き、飛信隊を引き連れ、 後を追ってきていた。 麃公・信たちは、自国の利でまっすぐに南道を目指すことができた分、 秦軍に見つからぬよう用心深く兵を進めていた李牧軍に追いつく。 李牧の仕掛ける戦術"流動"をことごとくかわし、 ついに麃公は李牧と対峙。 "直感"だけで"流動"の流れを把握し、 中心まで攻め込んできた麃公に対し、 李牧は"理解の範疇を超える本能型武将の極み" だと称するも、 麃公を前にして李牧は冷静そのものだった。 そして李牧は、麃公に対し、 何と龐煖を向かわせる。 突然の龐煖の出現に、 龐煖を知る飛信隊のメンバー達は驚愕。 李牧の"流動"に手こずりながらも、 何とか麃公の援護に向かおうと奮戦していた。 麃公は、王騎を討った男がこの龐煖だと知り、 合点がいったと語る。 王騎の名を出した途端、 何の感情も持たぬように見えた龐煖に 苛立ちの感情が現れたことに気づいた麃公は、 それを認めようとしない龐煖に 「己の中の大いなる矛盾に気づかず 一人もだえておる ただのど阿呆」 と言い放ち、 龐煖と一騎討ちを始めた。 龐煖と打ち合う麃公だったが、 李牧の戦術"流動"の流れを見破れる者は 麃公以外におらず、 麃公と共に中央まで突破してきた数十騎の兵たちは李牧軍の兵に討たれ、 麃公は孤立。 もはや活路は見出せない状況に陥っていた。 その時、麃公の援護に向かっていた信たちが 徐々に近づいてくる。 信の声に気づいた麃公は、 信にして咸陽へと進めと叫び、 自らの盾を信へと投げつける。 そして麃公は、龐煖との激戦で 左腕を斬られ、 麃公は龐煖の左腕をへし折った。 麃公は信に、 「火を絶やすでないぞォ」 と叫び、龐煖に討たれる。 麃公の死を目の当たりにし、 信は激昂。 麃公の仇討ちに向かおうと怒り狂う信を 壁は力づくで諌め、 今は咸陽へ進み、麃公の意志を繋ぐべきだと 言い聞かせる。 信は必死に抵抗するも、壁の指揮のもと脱出。 5000人いた麃公軍は2000人ほどに激減。 残った兵たちは李牧軍の追撃を受けながらも 咸陽を目指して走った。 そして麃公討ち死にの報を受けた咸陽では、 活路を失い、手だてを考える時間すら 残されておらず、 秦陣営は絶望していた。 その時、水面下でが動き出す。 もはや咸陽陥落は時間の問題と判断したは、 "朱凶"ら暗殺集団を王宮に忍ばせ、 政の首を狙おうとしていた。 常にの動向を見張っていた肆氏は、 の不穏な動きに気付き、 昌文君に報告。 肆氏の推測では、 恐らくは政の首と引き換えに 李牧に"和睦"を交渉し、 城をあけ渡すことで何かしらの恩恵を受けようと目論んでいるはずだという。 その頃、渦中の政は、誰にも告げず姿を消していた。 政は独断で昌平君に相対し、 「国家存亡の刻、呂氏四柱としてではなく 軍総司令としての立場から意見を聞きたい」 と問う。 政は昌平君に、 咸陽の喉元にある最後の城・"サイ"に 政自らが出向き、 一般市民を率いて李牧軍と戦うと宣言。 そして昌文君らとともに、 政は"サイ"へ向け出陣するーーー。 落ちかけていた函谷関に、 突然王翦軍が現れ、 秦は最大のピンチを脱します。 これにより戦局がガラリと変わり、 合従軍は一旦退却。 喜びまくる秦軍ですが、 麃公、信、貂や この戦を亡命先の楚で見守る廉頗 久々の登場! は、 "李牧がまだ動いていないこと" に対して訝しんでいました。 そうは言っても元々超劣勢から始まったこの戦い、 まさかの形勢逆転に信たちも喜ばずにはいられません。 貂は興奮のあまり、信の腕に"ぴと"と手を置き、 喜びを伝えるほど。 原先生、このあたりややこしくしないでくださいー! しかし李牧はやっぱり動きました。 というより、すでに最初から動いていました。 開戦当初から、この時のために、 少しずつ少しずつ自軍を南道から咸陽へ向けて送りこんでいたのです。 その数すでに4万! 表向きは何十万もの合従軍を率いて ガチで戦いながらも、 万一の劣勢時に備えての手筈も怠らない、 恐ろしい軍略家! しかも、忌まわしいあの男"龐煖"を 引き連れてきていて、 今ここで出してくるとは!! 本当に憎たらしいほど準備万端な奴です。。。 そして嫌な予感は的中、 麃公将軍と対決することに。 化け物龐煖は、やはり圧倒的でした。 以前に羌瘣を狙って飛信隊を襲ってきた時のような、 読んでいて龐煖という存在に対しての怒りと憎しみが湧き上がってくるほど。 しかし麃公も龐煖の左腕をへし折る。 🔴麃公 : 信のいる方向へ振り向き 「童 わっぱ 信」!! 「火を絶やすでないぞォ」 そして麃公将軍、討ち死に。 このあたりから、壁が怒り狂う信を殴って諌めるくだりまで、 涙が止まらなかった。。。 ! 麃公さんが最後に信へ託した想い、 新しい時代へ繋げたい想い、 そんな想いをよそに無情に麃公を狩る龐煖への 怒りに、 信も相当顔がグッシャグシャでしたが わたしも相当にグッシャグシャに泣きました。 そして壁のあんちゃんの言葉にも泣けた。 第326話 181〜182ページ 🔴壁 : 「頭を冷やせ馬鹿者っ 将軍がとおっしゃったのが聞こえなかったのか!! 盾を投げられた意味が分からなかったのか!! ここで我らが脱出し その意志をつがねば 咸陽を守らねば 麃公将軍の死すら その意味を失ってしまうのだぞ」 怒り狂って収拾のつかない信に対し、 壁が思い切り信をぶん殴って諌めるシーン。 ここは、壁のあんちゃんしか信を止められなかったな、と思う。 今まで信が引っ張っていく場面が多かったけれど、 今や壁も立派な三千人将。 本当のアニキみたいだ。 壁のあんちゃんがこの時 信と共にいてくれて 本当によかったと心から思いました。 一方で咸陽では、まさかの政が立ち上がる! 派閥内の敵味方は一切関係無く、 秦国のために昌平君と正面から向き合い、 また昌平君も呂氏四柱としての立場から離れ、 政と相対して意見を交わし合う。 だけは私利私欲でまた政を暗殺しようと 企んでいるところが、 人間的に急に小物に見えてくる。 実際は、こういうヤツがある意味大物なんだろうけど、 このシーンでは激しく小物に見えるあたり、 原先生の人間の描き方は素晴らしい 向ちゃんへの別れ ひとまずの を済ませ、 ついに政が出陣!! 向ちゃんめっちゃ頑張った! この展開は予想だにしてなかったなあ。 最高潮の盛り上がりで、 31巻に続きます。 結果的に趙軍から4万の軍が消えていたが気づく者はいなかった。

次の

キングダム 30巻 「麃と飛」

キングダム ひょうこう 死

強 い敵との激しい戦いを「大炎」とよぶ。 王騎に並ぶほどの実力者でしたが、昭王からの咸陽への召還を無視して前線に留まります。 このため、実力は高いものの昭王に認められず、六大将軍となることはありませんでした。 知略を巡らさず、味方からすると無茶な突撃をしているだけのように見えますが、最終的には知略に富むものの策略も打ち破って勝利をおさめます。 李牧は「本能型の極致」と称しています。 対合従軍戦の終盤、敵の本陣に突入した麃公は、現れた龐煖と一騎打ちになります。 徐々に押されはじめ、麃公は龐煖の片腕を折ることに成功しましたが、それがやっとで龐煖に討たれました。 死の間際に、信に盾を渡し「火を絶やすでないぞ」と言い残し死亡。 蒙鷲(もうごう) キングダムで1番好きなキャラは蒙驁 もうごう です — のりとも noritomotokyo 斉の生まれで武将として戦場にでるが、くすぶっており、斉での出世を諦めて各国を転々としていました。 そのうち秦国にたどり着き、何とか芽が出て将軍となります。 愛称は「白老」昌文君が蒙驁を「極めて凡庸な将軍」と評するように、定石通りの常套戦術で堅実に勝ちを収めていました。 凡将の蒙鷲が戦功をあげていたのは二人の極めて優秀な武将・桓騎と王 翦が副将として支えていたからでもありました。 蒙鷲は人を見る目が非常に高いと言えます。 今まで一度も勝ったことがない、元趙国三大天の廉頗と、魏の山陽戦で再び対峙します。 廉頗との激しい一騎打ちで片腕を失った蒙驁。 またもや敗けを覚悟しますが、桓騎と王 翦が魏軍を追い詰めます。 魏軍立て直しは不可能と判断した廉頗は和睦を申し入れ、蒙驁は勝ち星を手に入れ山陽を落としました。 山陽戦から二年後、蒙驁危篤の知らせが信に届き、信は駆けつけました。 孫の蒙恬もいます。 蒙驁は死の床で、信と蒙恬に「蒙恬と信と王賁。 三人で一緒に高みに登れ」と言い残して息を引き取りました。 王齮(おうき) 中国の王毅外相と会談 特にその事に興味はないんですけど、「おうき」って読むらしく ニュースで流れるとキングダムの王騎を思い出して一々面白い — うにゅう skyclad2011 秦国かつての六大将軍。 「秦の怪鳥」というあだ名があります。 武勇と知略をそなえた最強の将軍。 昭王が亡くなった後は、戦からも中央の政治からも退き、領地で隠遁生活をおくっていました。 気まぐれで争いごとの渦中に現れて存在感を示しています。 秦が小国の韓を攻めていた隙をついて、趙が秦の国境を侵略したとき、政の求めに応じて趙討伐の総大将の任を受けます。 序盤、王騎軍は総大将王騎の戦略で大勝利をおさめますが、趙軍を深追いしすぎて壊滅寸前になった副将の蒙武を救いに行き、趙の新三大天・李朴の罠にかかります。 王騎は龐煖との一騎打ちで、討ち破る寸前まで追い詰めるが、趙の大軍勢に囲まれて深手を負ってしまい、部下たちに守られながらからくも死亡。 そのあと部下たちに見守られる中、愛馬の凰にまたがったまま息をひきとりました。 死の間際、蒙武に今後の成長を促すお言葉を残し、信に愛用の大鉾を渡し、副官の謄に王騎軍を託して亡くなります。 スポンサーリンク 蒼源 中華十弓に秦で唯一名を連ねた達人。 五千人隊となる飛信隊に新規加入で入った蒼仁、蒼淡兄弟の父。 蒼仁、蒼淡の弓は父譲りで相当なものです。 すでに「中華十弓」の一人に数えられていた魏の白公との弓対戦で勝利したことにより、「中華十弓」に認められています。 麃公将軍のもとで働き、特殊弓騎兵団「蒼弓隊」の隊長になります。 戦場でどのような活躍をしたかについては詳しい記述はありませんが、「蒼弓隊」は遊撃隊であるとのことなので、特殊三百人隊であった飛信隊のように戦場を独自に動いて戦っていたと思われます。 最期も詳細はわかりませんが、麃公将軍のムチャな突撃命令によって命を落としたとのことです。 乱銅(らんどう) 蒙驁軍の千人将。 坊主頭で口端から傷があります。 魏国を攻めた山陽攻略戦で、高狼城を制圧後、場内の住民たちに対し乱暴狼藉を働いていました。 その乱行を見過ごせなかった信に咎められますが、逆上して斬り掛かります。 しかし、信の返り討ちに遭い、一刀で倒されました。 重傷に陥りますが、まだ死んではおらず結局生死は不明です。 15歳で初陣を飾り、その後50年以上第一線で活躍。 蒙驁とは旧知の仲です。 合従軍編で、蒙驁軍とともに函谷関を守ります。 そこで桓騎の側で韓軍総大将の成恢軍と戦うことになります。 実直な戦いがモットーの張唐は、策略を使い残酷なことも辞さない桓騎とは馬があいません。 毒にじわじわと蝕まれていく体を奮いたたせて、函谷関を下りて桓騎とともに決戦にでます。 張唐は成恢を一刀で討ちます。 死を目前にして、ともに戦い、その才を認めた桓騎に「秦国一の武将になれ」と言い残しました。 桓騎は馬上から崩れ落ちそうな張唐の腕を掴んで支えながら死亡。 縛虎申 麃公軍の千人将。 麃公を「あの方ほど戦に強い将を他に知らぬ」と言い、忠誠心は相当なものです。 戦に勝つためには味方に大きな犠牲をだしても自ら先陣をきって突き進みます。 麃公軍が魏軍と蛇甘平原で戦ったとき、信は縛虎申隊に編入。 スポンサーリンク 序盤の激しい戦いで1000人から100人ほどに減っていた縛虎申隊ですが、縛虎申は魏副将の宮元を討つため、魏軍大歩兵団を突破し丘を駆け上がります。 残りの騎馬数騎を従えて縛虎申は先頭をきって丘頂上の宮元の首を狙います。 宮元にたどり着く前に、中華十弓の一人、黄離玄の矢で胸を貫かれてしまいますが、倒れず、騎馬のまま宮元へ突き進み、 最期は視力も失いながら死力をふりしぼって宮元の首に刀を突きたてて討ち取ります。 そのあと丘上で部下たちに見守られながら息をひきとります。 羅元(らげん) 蒙驁軍の副官を務める将軍。 顔に鼻上を走る一本の傷跡がある。 山陽戦前段階で、有能な将を夜襲にて暗殺してまわる輪虎に翻弄されていました。 警戒を高めて将軍の守りを固めていた羅元ですが、輪虎夜襲から3日目に討たれて死亡してしまいました。 栄備(えいび) 蒙驁軍所属の将軍。 魏国との山陽戦では本隊の正面軍を率いる。 飛信隊・玉鳳隊・楽華隊の単独行動を叱責しつつもその実力を評価し、開戦前に飛信隊に激を飛ばしたりもします。 何とか敵将輪虎に切り込みますが、敢え無く討ち取られてしまいます。 麻鉱(まこう) 王翦配下の将軍で亜光とともに王翦の片腕と呼ばれていました。 大柄な豪傑といった印象ながら、あくまで正攻法で戦う亜光に比べて「割と策をつかう」。 鄴攻略戦における朱海平原の戦いで蒙恬率いる楽華隊と連携し趙国の紀彗軍を追い詰めます。 しかし、趙総大将である李牧自らが刺客となり、首を刎ねられました。 鱗坊(りんぼう) 王騎軍の第三軍長で、王騎亡きあとは謄軍の第三軍長。 趙の太った将軍・渉孟と対峙したとき「やはり豚語は何を言っているか理解できぬな」と言い放つなど口が悪く皮肉屋。 渉孟の武力が危険だと他の軍長たちに伝えるなど冷静さもあります。 王騎の死の知らせには言葉を発せず、泣き崩れました。 合従軍編で、楚軍の臨武君のところまで突破し、録嗚未と共に斬りかかりますが、最年少で中華十弓の楚軍千人将・白麗に頭部を射抜かれて死亡しました。 同金(どうきん) 騎軍の第三軍長で、王騎亡きあとは謄軍の第三軍長。 王騎が総大将だった、対趙戦では目立った活躍は見られません。 王騎の死の知らせを受けて「何かの間違いだ」と涙を流していました。 合従軍編で、秦に侵攻した楚軍を迎撃戦しようと奮闘しますが、氾斗平原で臨武君に討たれ戦死します。 袁夏(えんか) 成蟜知己の将軍。 屯留救援戦において成蟜軍の副将となります。 しかし裏切り者の蒲鶮(ほかく)と通じていた、もう一人の副将・龍羽に半ば騙し討ちにされる形で死亡しました。 龍羽(りゅうう) 屯留救援戦において成蟜軍の副将となります。 しかし裏で蒲鶮と通じていて、屯留城内で袁夏を斬り殺して成蟜たちを拘束。 そして屯留の反乱では、反乱軍の指揮官として壁率いる討伐軍と交戦します。 本来の計画では、裏で内通していた趙軍と共に秦の討伐軍を殲滅して、討伐軍の総大将・壁の首を手土産に趙へ亡命する予定でした。 しかし、飛信隊の参戦によって戦況が不利となり屯留城へ撤退。 乱の終盤で、なおも壁の首を狙って奇襲をかけますが、それを察知していた壁により、伏せていた弓隊で射殺されました。 黒剛(こくごう) 丸城を守備する秦の将軍。 「星眼の黒龍」の異名を持つ、隻眼の猛将。 呉慶率いる魏軍によって惨敗を喫し、あっさりと戦死しました。 段歯(だんし) 秦国の馬央の城主。 龐煖に討ち取られました。 角雲 桓騎軍の千人将。 八の字眉に真ん中わけの髪でいかつい顔立ちで、守りの達人と言われています。 趙国との黒羊丘の戦いで、戦局が変わると判断した黒桜によって呼び出されます。 角雲は黒桜に良いところを見せようとしますが、急な崖を下り奇襲してきた紀彗に首をはねられました。 スポンサーリンク 孟龍 王翦軍の武将。 合従軍編で、燕国のオルド軍と対峙。 王翦の策略で罠にはめたオルドを生け捕りにするように命じられ、敗走するオルドとその配下を急襲しましたが、オルドの返り討ちにあいました。 郭備(かくび) 知力武力を兼備する若手千人将。 下僕出身ですが子のいない士族の養子となり千人将になりました。 同じ下僕出身の信が活躍する噂を聞き、会ったことはないもののひそかに応援していました。 魏国との山陽戦で、初めて信と対面して激励します。 信と飛信隊隊員たちは、そのさわやかで立派な姿に感銘を受けます。 初対面のすぐ後、有能な将を狙う輪虎の闇討ちで暗殺されました。 輪虎の度重なる闇討ちで千人将が不足したことから、信は三百将から臨時の千人将に抜擢されます。 補充として、元郭備隊の副将・楚水を始めとした元郭備兵が飛信隊に加わりました。 郭備が生前に信に好意を寄せていたことから、元郭備兵はすんなりと信の配下となりました。 樊琉期 政の母である太后と愛人・嫪 毐 による秦国への反乱で、 毐 国将軍になります。 同じく 毐 国将軍・樊於期の息子。 弱者を殺すのは軍を持つ者の特権と考えて、部族を襲撃しては虐殺を繰り返す残忍な性格。 父とともに咸陽を攻めて民を虐殺し、後宮に侵入して政の娘を狙いますが、駆け付けた信に右腕を切断され、さらに部下に見捨てられて捕縛されます。 反乱失敗後、咸陽で処刑されました。 ワテギ 異民族・戎籊(じゅうてき)の王。 通称・戎籊公(じゅうてきこう)。 かつて秦に制圧された小王国の末裔で、秦に深い恨みを持っています。 毐 国の反乱では将軍となり、戎籊兵1万とともに反乱軍へ参加。 しかし、秦国軍総司令・昌平君には知略も武勇も及ばず戦死しました。 まとめ キングダムは戦国時代が舞台なので、戦場で討死する武将が多いです。 蒙鷲のように子や孫に見守られながら穏やかに死を迎える将軍は珍しいので、かえって印象的です。 歴戦を重ねた将軍たちは次世代の者に影響を与えています。 王騎、麃公は信に大鉾と盾をたくし、大将軍の生き様を見せつけましたし、愚直な張唐の戦いぶりは、桓騎に少なからず影響を与えていると思います。 史実だと李、桓騎といった人気キャラクターも中華統一前に死亡することになりますが、キングダムではどのような展開になるのか、信にはどうからんでくるのでしょうか。

次の