ユチ ょ ん ブログ。 ユチょん ブログにこんな事実が!!

ユチょん ブログの速報なら!!

ユチ ょ ん ブログ

おはこんにちばんは、レギオンです。 僕がユミンコさんについて書きまくってるから、それがきっかけで見て下さった方もいると思う。 このFXブログは、僕の人生を大きく変えてくれた存在であり、「バイブル・神様」のように尊敬する女性トレーダーです。 ユミンコさんブログは、僕が本格的にFXの勉強を再開しようと決心し、為になる多くの書籍やブログを読み漁っていた時期に、偶然見つけたブログでした。 読めば読むほど、明らかに他のブログとは一線を画しているし、トレードの考え方・手法など、全てがオープンかつ万人に分かりやすく解説がされており、 それを見た時は、「かつてない衝撃を受けた」のを覚えています。 僕は師匠こそいませんが、ユミンコさんを「間接的な師匠」として、彼女のブログを隅から隅まで読みました。 他のブログには目もくれず、ただひたすらに学んだ。 ユミンコブログを片手に泥水をすすり、セミの幼虫みたいに長い潜伏期間があったから今があり、その時の努力が現在トレーダーとしての大きな礎となりました。 今回の記事では、FXブログの中でも最高峰な、ユミンコさんのブログをご紹介。 トレーダーとしての人生を大きく変える力をこのブログは持ってるので、是非とも皆様のお気に入りに加えていただければ幸いです。 ・2009年当時の年齢が28~32歳ぐらい ・身長が高く、大学時代に準ミスに選べれる ・会社の元同僚曰く、伊東美咲似らしいw 現在、年齢的には40歳前後になられたと推定されます。 また関東在中との情報があるため、どこかでハーレーに乗って飛ばしているかもしれませんね。 そっから何と、数社の消費者金融から借金までしてトレードへ打ち込み、それも全てを失ったようです(キラキラ光る消費者金融カードを沢山持ってたらしい)。 ~ユミンコさんの記事から引用~ 300万円が半分近くになった時、私は意味不明な言葉を叫んでいました。 300万円以上の数字を表示していた口座は、80万円の数字に変わり、80万円あった口座は20万円を切っていました。 そこには「絶望」しか残っていませんでした。 その画面を見て、何度も発狂したのは言うまでもありません。 この口座に入れているお金は、私の全財産です。 余裕資金で投資していたとか、そんな事ではなく、正真正銘の全財産です。 奨学金やその他ローンもその当時は抱えていましたし、普通に生活していくお金も必要です。 クレジットのキャッシングにまず手をつけ、その次にはよく駅前でティッシュを配っていた、消費者金融に手を出すんです。 でもそのお金で、なんと私はまた投資をするんです。 その後は返済の為、夜にコールセンターのバイトを掛け持ちで行い、更にトレードの勉強を継続して行う地獄の日々を送っそうです。 でも、そこから得た「大衆心理」や逆転の発想といった、今までの知識・経験を活かし、徐々に勝ち出すようになった。 プロフィールに書かれている内容と、僕が読んで得た情報をまとめると、以上になります。 ただ、現在は2015年を持ってブログを休止されているため(母親の病気により、ブログを書くことが難しくなった?)、 ブログ内 に全て書いてあるので、ユミンコさんのイメージが少しづつ膨らんでくるハズです。 FXブログでおすすめがユミンコさんである4つの理由 彼女のFXブログは、当時他のトレーダーが書いていた表面的内容ではなく、 損切り・利食い等においても、その最深部にまで達する「濃い」ものでした。 あれほど時間をかけて細かく書けるのは、しっかりとしたトレードスキルがあるからだし、普通のトレーダーに書ける内容ではありません。 以降では、彼女のFXブログが他のブログと比べて何が凄いのか、「4つ」の観点からご紹介します。 FXブログの文字数が半端なく多い【前半・後半で構成】 これは読んでもらえると嫌でも気がつく内容ですが、 とにかく、ブログの文章量が他のFXブログよりも「桁違い」に多いんです! 平均して6000~8000文字は当たり前。 だからといって、内容が薄っぺらという訳でもないところが、非常に優れた点。 また、彼女のブログ構成は前半が日常的な話、後半がFXに関する話となっています。 それが、上記のようなボリュームで更新がされていくのが、当時の僕には圧巻でした! コメント数が「3ケタ」の異常な人気【芸能人レベル】 当時は読者の多くが、助言や相談等を交えコメントをしていました。 今のFXブログで、そこまでコメントしてもらえる方はいないと思ういし、おそらく今後も現れる事はないでしょう。 ユミンコブログ全盛期の時についたコメント数 更新を長期ストップする際についた最後の記事コメント数 上のコメント数を見ていただければ、 ユミンコさんのFXブログが、 当時どれだけ隆盛を誇っていたか「ひと目」で分かると思う。 もちろん、毎回コメントが3ケタではありません。 普段のコメント数は見ていても、50~100の間を推移していましたから。 しかし、この数値が表す凄い点は 芸能人紗栄子のアメーバ公式ブログで、普段につくコメント数と、ビックリするぐらい大差がないんです。 つまり2010年代前半において、彼女のFXブログは紗栄子クラスの認知度があり、かつ多くのトレーダーに愛されてたと言っても過言じゃない。 FXブログ記事でマイナス収支は強く書く ユミンコさんのブログにおける特徴の1つとして、 読み手を意識した「起承転結」が、巧みに構成されている点です。 結論からバッサリ言って、そこから各論に展開する様子は見事としか言えないし、また変に気取らず、個性的な表現や発言などで「独自ブログ」の地位を確立していました。 そして、書かれている内容にリアリティを感じずにはいられず、故に彼女の放つ一言一言が「心に残るメッセージ」として配信されているんです。 だから、彼女のブログを信じて一心不乱にFXを学ぶ事ができたし、直接的な師匠ではないけど、ユミンコさんを恩師のように慕うことができたんだと思う。 特に、トレード結果のマイナス収支を赤く見せる反面、プラス収支の時は小さく書かれている点が謙虚。 ユミンコさんのトレード結果より引用 このように書くユミンコ方式は、僕がFXブログを始める上で非常に勉強となりました。 また、読者へ自分の書きたい内容を「どのように伝えればいいか」を考える上でも、彼女の書き方は参考となる。 FXブログを盛り上げるユニークな登場人物 ユミンコさんブログが支持されていた背景には、 彼女のブログに登場する個性派の先輩や多くのトレーダーたちが、記事内で面白おかしくトレードに取り組んでたからです。 その中でも、代表格といえる3人をご紹介。 1.まいど先輩 ユミンコさんがいた証券会社の上司にあたる人。 誰に対しても、返事が共通して「まいど!まいど!」だったらしく、席が隣に移った時は、まいど先輩の半端ない貧乏ゆすりによってユミンコさんがブチ切れ。 それがきっかけで仲良くなったという、常人とは程遠い人。 トレーダーとしては極めて優秀で、数量は1000万通貨が基準。 政策金利発表の円安バズーカ時に、1日4000万超を稼いだらしいスーパートレーダー。 女性として姉御肌的な頼れる部分が多く、何かとユミンコさんの力になる場面が多い。 ちなみに年収はユミンコさんが「!??」となるぐらいの額だとか。 3.ポテトちゃん(ポテチン) ブログの中盤から登場する、女性の専業トレーダー。 あるきっかけで、ユミンコさんとファミレスで会う事になり、その際に出て来たポテトフライをパクパク食べまくってたので、上記ネーミングになったらしい。 ユミンコさんへ師事した段階では、レンジブレイクアウトを繰り返す負け組だったが、逆転の発想を教えてもらってからは成績も反転。 OLも卒業し、見事に専業トレーダーの仲間入りを果たした姿が書かれています。 途中から多くのFXトレーダーが出てくることで、「読み物」として楽しく拝見することも。 FXブログで「おすすめ」のユミンコさんを、今すぐ熟読しよう 以上が、ユミンコさんのFXブログがおすすめである理由となります。 ユミンコさんをガンガンに押して書きましたが、もし自分で「この人のブログがいい!」と思ったのであれば、 それをあたかも「バイブル」のように熟読し、自分が誰よりも見ている!と断言できる位に読みましょう。 更にチャートを見るのと組み合わせて行えば、 その時のトレードスキルは、数ヶ月の自分と比較しても「明らか」に段違いとなってるはずです。 噛み砕いて読み、自分のトレードに大きな恩恵を与えよう ユミンコさんという専業FXトレーダーのブログは、僕の人生を大きく変えるきっかけとなりました。 現在は更新をストップされていますが、もしブログごと保存できるソフトをお持ちなら、全部保存しておいて下さい(いつ何時にブログが消えるか分からない)。 初めこそ、ブログの聞きなれない言葉・ボリュームの大きさに圧倒され、見るのが嫌になるかもしれない。 でも、彼女のブログをしっかり噛み砕いて読むことを繰り返せば、 必ず、トレードに関する「 大きなヒント」を得る事ができる。 闇雲にチャートだけを見るより、それにブログという「スパイス」を添えることで、自分の勉強をより刺激的かつ効率的に行っていただければと思います。 彼女のFXブログを、スルメのように何度も噛んでは味をだし、熟読していただければ幸いです。

次の

チヒョヌとユインナのその後は復縁したの?破局理由と歴代彼女も!|韓国ドラマネタバレサイト

ユチ ょ ん ブログ

「」でチ・チャンウクは、ハン・ソナとド・サンウの友情を知りながらも安心できなかった。 26日に放送されたSBS金土ドラマ「コンビニのセッピョル」第3話ではチェ・デヒョン(チ・チャンウク)、チョン・セッピョル(キム・ユジョン)のイケメン店長と4次元アルバイトが、コンビニを舞台に24時間予測不可能コミックロマンスを繰り広げた。 この日、チェ・デヒョンは宅配一つを楽しみに待った。 彼は宅配を受け取るや否や、彼女のユ・ヨンジュ(ハン・ソナ)にすぐに電話をかけた。 宅配はユ・ヨンジュの父親のために買った誕生日プレゼントだった。 しかし、ユ・ヨンジュは「お父さんのコンディションが良くない」「家族同士で最大限簡素に過ごそうとする」と遠回しに言った。 チェ・デヒョンはユ・ヨンジュの家族たちに会うことに浮かれていたが失望した。 しかし、努めて隠して「お父さんのコンディションをよく治してあげなさい」と言って、がっかりした様子を消した。 チェ・デヒョンは彼女ユ・ヨンジュの家族たちとの出会いが取り消されると、見送っていた同窓会に参加することにした。 あいにくにも同窓会の場所はピョンチャン洞のある高級中華料理店で、ユ・ヨンジュが家族らと父親の誕生日記念の食事をする為に予約した場所だった。 さらに、チェ・デヒョンは店でトイレに行くために動いたところ、彼女ユ・ヨンジュが家族はもちろん、チョ・スンジュン(ド・サンウ)まで一緒にいる姿を見て衝撃を受けた。 彼はユ・ヨンジュが自分に嘘までついて、チョ・スンジュンと一緒にいたということに失望した。 しかし、彼女ユ・ヨンジュがすぐにチェ・デヒョンに事実を告白した。 チョ・スンジュンと家族ぐるみで幼い頃から知っていた友人で、父親の誕生日一緒にいたということ。 ユ・ヨンジュは「私たちは本当に友達」「私は堂々とする」と力強く語った。 チェ・デヒョンはチョ・スンジュンと友達というユ・ヨンジュの言葉に手まで打って安心した。 しかし、彼の本音はただ安心しただけではなかった。 彼は自分のために嫌いなブデチゲ料理店まで来たが、ラーメンを入れないで欲しいというユ・ヨンジュの言葉に「僕がラーメンのようだった。 ヨンジュさんと家族たち、チョ理事(チョ・スンジュン)はハムだけど僕はラーメンみたいに含まれなかったようだ」と考え、自責した。 結局、チェ・デヒョンとユ・ヨンジュの仲はギリギリで取り繕って繋がっている状況だった。 チョン・セッピョルがチェ・デヒョンを向けた心を諦めておらず、チョ・スンジュンもまたユ・ヨンジュを意識している中で、4人の男女の関係の成り行きが注目される。

次の

ユチょん ブログにこんな事実が!!

ユチ ょ ん ブログ

2人は2012年にドラマ 「イニョン王妃の男」で共演。 ユインナを心から愛している」と突然告白したんです!!キャー! その突然の公開告白に慌てたユインナは「この後本人と話をしないとわからない」と答えていましたが・・それから10日後チヒョヌとユインナは2012年6月18日に公園でのデート現場をキャッチされ交際が発覚したのです! そしてユインナは自身のラジオ番組の冒頭で 「イニョン王妃の男は終わった。 これからはユインナの男になって欲しい」と語りました。 手つなぎデートなども報道され、世間も認めるラブラブな2人だったのですが・・・2年後のチヒョヌの除隊式の時に破局をにおわすような予告があり、 2014年5月14日に双方の事務所が破局を認め2人の公開恋愛に終わりを告げました。 破局理由に関しては、 兵役も理由の一つではないかと言われていますが、「お互い多忙のため別れた」と発表されています。 破局の発表には残念がるファンも多数いました。 こう言うしかないような気もしますが、よく耳にする破局後の報告ですね(笑) チ・ヒョヌとユ・インナのその後は復縁? 世間やファンは復縁を望んていたようですが、チヒョヌとユインナの 復縁の話は全くありませんでした。 チヒョヌはなんと復縁どころか、「30代になり自分の恋愛細胞が死んでしまった」とまで話しているのです。 そこまで??って感じですね! 「30歳を過ぎて仕事に対する欲が出て、恋愛は面倒くさいと思うようになった。 」とも語っています。 ファンにとってはとっても嬉しい発言ですが、よっぽどユインナとの破局が尾を引いているのかな?などとも勘ぐってしまいます。 また「いま仕事に失敗したらもう後がないと思う。 演技が下手なのに見てくださいというのもダメだと思う」とも! 30代になり、仕事に対する意識が変わったようですね。 20代の頃は言いたいことはなんでも言い、やりたいようにやってきたと自ら話すチヒョヌ。 結婚に関しても今は全く考えていないようですよ! インタビューでも結婚は40歳を超えてからでいいと話し、恋愛することが今は面倒だと思っているところがあるとも語っています。 そして、「演技者として揺れないのが重要だ。 30代になって自分の来た道を振り返ったら、20代の時はストレスもなく仕事に関する悩みもなかったが、今は仕事に対しての考えが大きい」 とも話し、仕事に真摯に向き合う姿が見られます。 彼はコメディーの王から社会派のドラマまで演技の幅が広がり、演技に対する評価も高くなってきたのも30代になってから。 これからまた違うチヒョヌの魅力が見えてくるかもしれませんね。

次の