ドラクエ ライバルズ デッキ。 【DQR】リセマラ終了のおすすめ当たりカードは?作成したいデッキで決めよう!~ドラクエライバルズ攻略ブログ1~

【ドラクエライバルズ】デッキのじゅもんについて解説

ドラクエ ライバルズ デッキ

デッキのじゅもんとは デッキを共有することができる デッキのじゅもんは、自分が構築したデッキをユーザー間で共有するためのシステムです。 じゅもんを発行することで、Twitterや掲示板などでデッキを拡散したり、強豪プレイヤーが構築したデッキを簡単にコピーすることができます。 有効期限は24時間 デッキのじゅもんの有効期限は1日 24時間 です。 24時間過ぎるとそのじゅもんは使えなくなるので、再度カードライブラリからじゅもんを発行する必要があります。 デッキのじゅもんの発行方法 カードライブラリ 公式 にログイン カードライブラリとは、ゲーム内に登場するカードを確認したり、デッキを作成してじゅもんを確認できる公式サイトです。 カードライブラリでデッキを管理するには、TwitterかGoogleアカウントのどちらかでログインする必要があります。 デッキが完成したら、名前を付けて保存しましょう。 デッキのじゅもんを発行 デッキを保存すると、いつでもじゅもんを発行できます。 発行を押すと、8文字のひらがなの呪文が発行されます。 この画面が出れば、発行完了です。 じゅもんからデッキを作成する手順 新しいデッキ作成 デッキ作成画面へ行き、新しいデッキ作成を選択しましょう。 デッキのじゅもんを選択 デッキのじゅもんを押し、ひらがな8文字を打ち込みましょう。 未所持だと使えない デッキの中に未所持カードが含まれる場合、デッキは作成できてもすぐにバトルで使用することができません。 錬金やパックを引いてカードを揃える必要があります。 ドラクエライバルズ関連記事.

次の

【ドラクエライバルズ】マスターズ最強デッキランキング

ドラクエ ライバルズ デッキ

武器カードの種類が豊富• リーダーの攻撃の手助けとなるカードがある• それぞれのカードの特徴や強みを覚えることができるので、初心者の方にもおすすめ。 戦い方が明確なのも評価できます。 テリーのデッキ デッキ一覧 点 デッキ名 特徴 95• 盤面制圧で有利をキープ• 除去手段が豊富 93• 武器を活かして場をコントロール• ユニットからの反撃には注意 90• 武器のおかげで息切れしにくい• デッキの方向性が明確で扱いやすい 85• アグロテリーの廉価版• 序盤から敵リーダーを攻め立てるようなデッキ ウィニー系 には少々重いですが、 リーダーの攻撃回数を参照してダメージが増えるギミックは、武器を装備して戦うテリーにピッタリです。 使うタイミングが腕の見せ所 序盤から攻撃回数を増やすことで、 大型ユニットにも対処可能なポテンシャルを持ちます。 一方で相手が積極的にユニットを召喚するなら、 早いターンに使ってしまう判断も必要ですね。 このように、 相手の動きに合わせて使うタイミングを調節できるのがジゴスパークの強み。 貫通を得ることができるので、状況次第では 武器による攻撃で相手ユニットを2体も倒すことも可能です。 ときにはゲームエンドを演出 攻撃力が上がる点に着目して、 トドメの一撃に利用するのも手です。 覚えておくと、あと一歩足りないという試合を勝ちにできる可能性がありますよ。

次の

【DQR】【驚愕】シドミネ、運ゲーデッキでワロタwwwwwww

ドラクエ ライバルズ デッキ

武器カードの種類が豊富• リーダーの攻撃の手助けとなるカードがある• それぞれのカードの特徴や強みを覚えることができるので、初心者の方にもおすすめ。 戦い方が明確なのも評価できます。 テリーのデッキ デッキ一覧 点 デッキ名 特徴 95• 盤面制圧で有利をキープ• 除去手段が豊富 93• 武器を活かして場をコントロール• ユニットからの反撃には注意 90• 武器のおかげで息切れしにくい• デッキの方向性が明確で扱いやすい 85• アグロテリーの廉価版• 序盤から敵リーダーを攻め立てるようなデッキ ウィニー系 には少々重いですが、 リーダーの攻撃回数を参照してダメージが増えるギミックは、武器を装備して戦うテリーにピッタリです。 使うタイミングが腕の見せ所 序盤から攻撃回数を増やすことで、 大型ユニットにも対処可能なポテンシャルを持ちます。 一方で相手が積極的にユニットを召喚するなら、 早いターンに使ってしまう判断も必要ですね。 このように、 相手の動きに合わせて使うタイミングを調節できるのがジゴスパークの強み。 貫通を得ることができるので、状況次第では 武器による攻撃で相手ユニットを2体も倒すことも可能です。 ときにはゲームエンドを演出 攻撃力が上がる点に着目して、 トドメの一撃に利用するのも手です。 覚えておくと、あと一歩足りないという試合を勝ちにできる可能性がありますよ。

次の