サンダー ボルト プロジェクト。 サンダーボルト (1974年の映画)

「サンダーVライトニング」発表記念。「サンダーV」の歴史を振り返る。

サンダー ボルト プロジェクト

2018年11月24日 土 から12月2日 日 まで、銀座ソニーパークで期間限定ショップがオープンする。 「サンダーボルト プロジェクト」 「サンダーボルト プロジェクト」の詳細は、段階的に公開。 銀座ソニーパークの期間限定ショップオープンに先駆け、2018年10月20日 土 、東京・渋谷のヒカリエで「サンダーボルト プロジェクト」のアイテムが初展示された。 会場では特別映像を上映 照明が落とされた会場では、「サンダーボルト プロジェクト」のスペシャル映像が巨大スクリーンで上映された。 その映像では、シルエットだけのピカチュウが、素早く駆け回るクールでダイナミックな姿を映し出される。 Tシャツやフーディ、キャップを展開 ピカチュウが描かれた全面イエローのポップな展示会場に展示されたのは、Tシャツや、ロングスリーブのTシャツ、フーディ、キャップ、、そしてコーチジャケットなど。 カラーは、ホワイトとブラックの2色展開で、「サンダーボルト プロジェクト」のロゴが英字でプリントされたシンプルかつスタイリッシュなデザイン仕上げられている。 ショートスリーブのTシャツは、お腹に「FRGMT フラグメント 」の文字が描かれた特別なピカチュウの姿や、で表現したミュウ、そしてライチュウなどを中央にプリント。 ロングTシャツは胸にピカチュウの尻尾のマークを小さく刺繍し、袖口部分に英字ロゴをプリントした、さりげなくシティライクなデザインに仕上げた。 フーディは、バックのお尻の部分にピカチュウの尻尾を描いた遊び心あるプリントがキュートだ。 期間限定ストアが銀座にオープン Hoodie 15,000円 銀座ソニーパークで開催される、国内初となる期間限定ストアでは、「サンダーボルト プロジェクト」と、藤原ヒロシが手掛けるコンビニエンスストアをコンセプトにしたショップ「THE CONVENI」とタッグを組む。 Cap 7,000円 注目は、ピカチュウのイラストを配したフーディトップスや「FRGMT」ロゴ入りのキャップなど。 店内では、ニューヨークで行われた「ハイプフェスト」でも販売された商品に加え、初のキッズサイズのアイテム、銀座限定アイテムなども登場する予定だ。 国内外を問わず、様々なコンセプトでオリジナル商品を展開。 なお、本プロジェクトは2019年以降も継続予定だ。

次の

『サンダーVライトニング』ボーナス確率、機械割、小役確率、打ち方、設定差、リーチ目、演出。

サンダー ボルト プロジェクト

小説 [ ] 『007』シリーズ長編第8作(単行本としては『007号の冒険』に次ぐ9冊め)。 フレミング自身の手による最初で最後の。 、より出版された。 日本ではにから訳によりで発売された。 この小説はマクローリー、ウィッティンガム 及び、フレミングの友人、イヴァー・ブライスとアーネスト・クネオ と共同で創案し、ウィティンガムが執筆した映画用脚本をフレミングが無断で小説化したために共同執筆者の2人が告訴。 以後、2人の名前も著者に加えられている。 「ロシアから愛をこめて」執筆当時、映画化の引き合いの良さや、TV化の話(この時、考えたストーリーが「007号の冒険」などの短編集の元ネタとなる)に気を良くしたフレミングがボンド映画の自主制作を目指し、イヴァー・ブライスとアーネスト・クネオに話を持ち掛け、新進の映画作家だったマクローリーと合流し、共同でボンドシリーズの映画製作会社、ザナドゥ・プロダクションを設立した。 マクローリーは既刊のシリーズは映画化に適さないと進言し、水中撮影の経験があったマクローリーの腕を生かした、海洋冒険ものにすることにした。 また、従来のよりスケールの大きい架空の犯罪組織を敵にする方がいいと指摘した上でスペクターを創造する(マクローリーがスペクターとブロフェルドのオプションを主張したのはこれに起因する)。 脚本はマクローリーの友人、ジャック・ウィティンガムが担当した。 その後、マクローリーの手腕に疑問を抱いたフレミングが一方的にプロジェクトを解消。 『西経78』或いは『秘密情報員ジェームズ・ボンド』と題されたプロットを小説版『サンダーボール作戦』に関係者に無断で転用する。 出版前の情報でその内容を知ったマクローリーは出版の差し止めを請求するが、聞き入れるどころか、出版社は本書を増刷、フレミングは本作を含む、手持ちのシリーズの映画化権とそのオプションをに売却していた。 マクローリーは訴訟に打ってでる。 元来、「ロシアから愛をこめて」に続く作品として想定されていたため、ボンドの生死が不明に終わった前作を引き継ぐ形で冒頭、リハビリ施設に入所中ということになっているのはその名残である。 従来の作品は映画向きでないというマクローリーの指摘は「ドクター・ノオ」以降の作品に大きな影響を与えている。 あらすじ [ ] 2基を搭載したイギリス空軍機が、の訓練飛行中に消息を絶ち、謎の組織スペクターが1億ポンド相当の金塊を要求してきた。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドは、上司Mが空軍機の消えた先と睨んだに派遣される。 そこでは、スペクターの幹部エミリオ・ラルゴが、宝探しのふりをして海底に沈めた空軍機から原爆を回収しようとしていた。 ボンドはやアメリカ海軍原子力潜水艦メンタ号の支援を受け、ラルゴに立ち向かう。 出版 [ ]• 『007 サンダーボール作戦』訳、〈〉、1998年4月。 改訳版• Fleming, Ian 2002-8-27 英語. Thunderball. 前作『ゴールドフィンガー』から一転、再びシリアス路線に戻った。 この作品は、前作『ゴールドフィンガー』の3倍の予算である900万ドルもの予算が費やされ、世界興行収入は1億4120万ドルと、1965年の映画で『』に次ぐ第2位を記録 し、インフレ率で修正した場合、シリーズで最高の興行収入となる(第2位はゴールドフィンガー、第3位は、)。 『』を受賞した。 日本公開 [ ] 日本では、当時としては珍しい全世界一斉公開と喧伝されて1965年12月11日から、東京はまず日比谷映画劇場でスタートし、13日後の12月24日から丸の内東宝・新宿劇場・渋谷文化・池袋劇場の都内5館の東宝洋画系でロードショー公開され、配給収入が10億1857万円となった。 これで1966年最高のヒット作となり、日本映画も含めた興行収入で圧倒的な1位を記録した。 著作権問題 [ ] 原案と製作にクレジットされているケヴィン・マクローリー、および原案にクレジットされているジャック・ウィッティンガムは『サンダーボール作戦』の共同執筆者である。 フレミングの映画化権売却は不当であったとして訴訟を起こし、映画化権を手にし、で製作することを目論むが、ボンド映画のブランドを損ねることを危惧したが、(ユナイト)を通じてマクローリーと交渉。 合作として製作にクレジットすることを条件に映画化に合意した(イオン・プロは「」のプロデューサーとも合作交渉を行ったが、合意にいたらなかった)。 映画シリーズが制作される時、この作品が第1作になるはずだったが、制作費の問題や小説の著作権訴訟問題の関係でユナイト側との検討の結果、『』が第1作になった。 しかし『サンダーボール作戦』に登場する組織スペクターとその首領がその後の無関係な映画に登場したため、マクローリーは小説『サンダーボール作戦』の著作権同様、その作中に登場するスペクターとブロフェルドの権利も自分にあるとして映画製作者を訴えた。 この訴訟が原因で、『』を最後にスペクターもブロフェルドも登場しなくなった。 2020年現在、イオン・プロのシリーズでプロデューサーとしてブロッコリ一族がクレジットされていない唯一の作品。 また『』は、『サンダーボール作戦』の映画化権を持つマクローリーがサルツマンおよびブロッコリらとは別に製作した作品である。 2006年、マクローリーの死去に伴い、彼の遺族と(イオン・プロの親会社)は和解交渉を行い、現在、マクローリーの遺産はダンジャックの管理下に入っている。 これにより、約半世紀に及んだフレミング、イオン・プロ対マクローリーの訴訟合戦は完全終結し、以後のシリーズにスペクター及び、ブロフェルドの再登場の可能性がもたらされた。 2013年に、(ユナイトを買収)とダンジャックは、マクローリーの遺族からスペクターとそれに関連する登場人物を映画に出す権利を購入したと発表、2015年の『』にて、再びスペクターとブロフェルドが登場した。 ストーリー [ ] 2発を搭載したのが訓練中に消息を絶ち、その後犯罪組織「スペクター」が奪った原爆と引き換えにNATOに対して一億ポンド相当のを要求してきた。 英国情報部は00要員全員に調査指令「サンダーボール作戦」を発令。 ボンドはのへ飛び、そこで爆撃機に搭乗していたNATO空軍少佐の妹ドミノに接近する。 ドミノの後見人ラルゴは、実はスペクターの幹部として爆撃機奪取を指揮した男だった。 ボンドは命がけで核爆弾を捜索する。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 -• 製作 - ケビン・マクローリー• 製作総指揮 - (クレジットなし)、(クレジットなし)• 主題歌 -• オリジナル・シナリオ - イアン・フレミング、ケビン・マクローリー、ジャック・ウィッティンガム• オリジナル脚本 - ジャック・ウィッティンガム• 脚本 - 、ジョン・ホプキンス• 撮影監督 -• スーパーバイジング・エディター -• 編集 - アーニスト・ホスラー• プロダクション・デザイン -• 美術監督 - ピーター・マートン• 特殊効果 -• メインタイトル・デザイン -• 制作担当 - デヴィッド・ミドルマス• 提供 - 、 キャスト [ ]• ドミノ -• エミリオ・ラルゴ(SPECTRE's No. 2) -• フォオナ(SPECTRE's No. 12) -• ヴァルガス - フィリップ・ロック• - リク・ヴァン・ヌッター• ポーラ・キャプラン -• M -• Q -• マニーペニー -• スタント - ボブ・シモンズ ボンドガール [ ] ボンドガールにはフランス、パリ生まれのクローディーヌ・オージェが抜擢された。 彼女は、18歳のとき、43歳の作家監督であるピエールガスパールホイットと結婚し、『ルマスクドゥファー』(1962)や『カーリーユグ:復讐の女神』(1963)など、いくつかの映画に出演した。 1966年、彼女は第二次世界大戦のドラマ「トリプルクロス」でユルブリンナーやクリストファープラマーらと共演した。 彼女がナッソーで休暇中に、作家・プロデューサーのケビン・マクロリーは彼女を見て、彼の映画「サンダーボール」(1965)のオーディションを受けることを勧めた。 ドミノの役割は、もともとはイタリア人女性のドミネッタ・ペタッキが演じる予定だった。 プロデューサーはオージェの美しさに非常に感銘を受け、オージェのキャラクターにに合うようにフランスの女性の役柄に脚本書き直させた。 彼女は英語を完璧にするためにレッスンを受けたが、彼女の声は最終的にニッキー・ファンデルジルによって吹き替えられた。 クローディーヌのスターダムの最も直接的な副産物は、セミヌードのプレイボーイ・グラビアだった。 サンダーボールはオージェをヨーロッパの映画キャリアで成功させたが、アメリカではほとんど映画での成功はなかった。 しかし、彼女は1966年にNBCで放映された「The Road to Lebanon with Bing Crosby」には出演している。 オージェは76年に沢田研二と共演した『パリの哀愁』に出演している。 彼女は映画キャリアで、ウルスラ・アンドレスやバーバラ・バックら他のボンドガールとも共演することができた。 オージェは長い闘病の末、2019年に惜しくも78歳で死去している。 キャラクター、キャストなど [ ]• ショーン・コネリーとサメはガラスで仕切られていたが、サメが僅かな隙間から侵入し、ショーンと鉢合わせした他、もう少しでコネリーに触れる距離まで接近した(映像にも残っている)。 製作者は「ショーンは水の上を走るようにプールから飛び出した」と語った。 映画では『』で初登場した、スペクターNo. 1のが再度登場するが、前回同様顔も見せなければ名前も明らかにしない。 『』でデント博士役だったが演じ、エリック・ポールマンが声を吹き替えているのも前回と同じである。 ただし、髪の毛は見えているので、髪がなくなったのはこれより後ということになる。 小説では、ブロフェルドがスペクター2号(No. 2)、ラルゴが1号(No. 1)だが、スペクターの首領はブロフェルドである。 これは秘密保持のため定期的に番号を入れ替えるためであるが、映画では分かりやすいように一貫してブロフェルドが1号(ラルゴは2号)。 ただし、リメイク版『』では、ブロフェルドが原作通り2号になっている。 ラルゴを演じたのはイタリアの俳優だが、声はイギリスの俳優ロバート・リエッティが吹き替えている。 リエッティは、『ネバーセイ・ネバーアゲイン』にも、イタリアの大臣役で出演している。 のは、フレミングの原作では第2作『』で負傷した後、に転職していたが、本作でCIAに復帰した。 今回、映画でライターを演じるのは、アメリカの俳優リク・ヴァン・ヌッター。 彼は当時、サルツマンとブロッコリが『007』シリーズ以外に製作した唯一の映画である『腰抜けアフリカ博士』のヒロインを演じた、(『ロシアより愛をこめて』にこの映画の看板が登場する)の夫だった(後に離婚)。 ヌッターはイオン・プロと数本の作品でライター役で出演する契約を交わすが、その後、しばらく、ライターの出番はなかったため、契約が遂行されることはなく、終わった。 また、彼は3代目ボンドのが初主演したTVシリーズ『』でムーアが降板した後、その役を引き継いだ俳優である。 バハマの連絡員ポーラを演じたマルティーヌ・ベズウィックは、『ロシアより愛をこめて』では女性のゾラ役だった。 シリーズ開始当初からの懸念材料だったコネリーの頭髪が、ますます薄くなってきてしまったので本作よりを着用している。 このため前作までのからに髪型が変わり、以降ボンドの髪型の主流となった 原作はオールバック)。 とが一部作品でオールバックにしている。 主題歌 [ ]• このため本映画はサウンドトラックの編集が間に合わず、公開当初は全編のほぼ半分が12トラックのうち7トラックのみを使った暫定版を使用していた。 ぶっつけ本番に近いスタジオ録音で、ラストの長いハイノートを得意の大音声で歌いきったジョーンズは、頭に血が上ってその場に卒倒してしまった。 本人も認めている有名なエピソードである。 イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位35位、アメリカの「ビルボード」誌では、最高位25位を獲得している。 また、同サウンドトラック・アルバムは、「ビルボード」誌のアルバム・チャートで、最高位10位を獲得している。 ギャラリー [ ]• コンチ・チャウダー エピソード [ ]• ボンドはと、の1955年ものを注文する。 プレ・オープニングは、フランスのでロケされた。 ボンドとブヴァール大佐との対決が行われたのは、アネ城である。 スペクターの会議で、No. 5がイギリスの列車強盗でコンサルタント料25万ポンドを得たと報告する。 本作公開2年前の1963年8月8日、イギリスので列車強盗が起こり、260万ポンドが盗まれていた。 犯人は逮捕されたが、その一人が脱獄し、長年にわたって逃亡生活を送ったことでも知られる事件である。 スペクターのリッペ伯爵にはトングの刺青があった。 トング()は実在する中国系の秘密結社で、第1作のドクター・ノオがスペクターに加わる前に所属していた組織でもある。 スペクターから一億ポンド相当のダイヤモンドを要求され、イギリス内務大臣は部下にへ行くように命じる。 MI6本部の会議室ではヨーロッパ中の00要員が招集されている。 この会議室が登場するのは本作のみ。 会議室の大広間にはMや外務大臣が使用する大きなテーブルと00要員が座る椅子が九脚用意され、その後ろには書記官が控える。 最後に入室したボンドは入り口から七番目の椅子に着く。 当初は映画やテレビの錚々たるスパイ役が並ぶ予定だったが、資金で無理と分かり、取りやめになった。 はっきり見えないが、3番目の席にいる女性はシリーズ初にして唯一のMI6に所属する女性スパイである。 会議で配られた資料にある "O. " とは、『』の原題にもなっている、"On Her Majesty's Secret Service"、すなわち「英国秘密情報部」の略号である。 外務大臣を演じたローランド・カルヴァーは英国映画ではお馴染みの俳優。 D」「Secret Mission」など40作品以上に出演。 「」や「」で名を残し、1984年に他界。 ボンドがライターをポーラとピンダーに紹介するのは、バハマ、ナッソーのベイ・ストリート。 劇中で行われるパレードは、バハマの有名な行事であるジャンカヌー(Junkanoo)。 本来は開催時期でなかったが、撮影のため本番同様に実施された。 ボンドとドミノがダンスをするのは、パラダイス島のカフェ・マルティニーク。 現在は巨大リゾート、アトランティスの一部となっている。 ボンドはドミノにコンチ・チャウダーを勧める。 コンチ貝(コンク貝)ので、バハマ名物である。 ボンドが閉じ込められた岩窟ゴールデン・グロット一帯は、その後サンダーボール・リーフ(Thunderball reef)と呼ばれ名所となっている。 ボンドとライターがヘリコプターで原爆搭載機を捜索中に、なぜかいないはずのピンダーの声が収録されている。 この台詞はDVD化された際に消されたが、特典映像として見ることができる。 ボンドがラルゴの船に乗るシーンもあったがカットされた。 このシーンはフイルムが残っていないが、写真は存在する。 でのクライマックスのパラシュート降下シーンは現地で撮影されているが、それに続く海中での戦闘シーンはバハマで行われている。 水中撮影を監督したリコウ・ブラウニングは、1950年代のユニバーサル製モンスター映画、『』で半魚人を演じたスーツアクター。 ブラウニングはコネリー、マクローリーとともに、本作と「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のメイン・スタッフとしてその製作に貢献している。 本作は完成が遅れたため、予定されていた10月にイギリスとアメリカでは公開できず、12月にずれこんでしまった。 その一方、日本では当初から12月公開が決定していたため、劇場確保の問題などから日本における興業が世界初公開となった。 世界規模のヒットが見込まれる作品が日本で先行公開される最初の事例であり、完成プリントのない状態での字幕制作作業は困難を極めた。 公開延期の原因となった大幅なリテイク作業はコネリーのボンドシリーズへの情熱を削ぐに値するものだった。 日本では前作「ゴールドフィンガー」が同年のゴールデン・ウィーク公開だったので、この年は2本のボンド映画が公開されたことになる。 当初、4作目は「」を予定していたが、マクローリーとの交渉成立により、本作が制作された。 また次作は原作順通り、ピーター・ハント監督による「女王陛下の007」を予定していたが、ロケ予定地の天候不順と本作に至るまでの日本での大ブームにあやかって、監督による「」に変更され、ピーター・ハントの監督デビューも順延された。 監督のテレンス・ヤングは「最終作を作るときは復帰する」と言い残し、シリーズを去っていった。 2019年現在、インフレ率調整収益では007シリーズ最高のヒット作が本作である。 5 松岡武司 No. 7 セシル・チェン マダム・ラポルテ ミツコ 柾久美子 ディスコ・ヴォランテ号乗組員 ジョージ・リーチ• 延長枠放映は初回1回限りで、再放送は通常2時間枠となった(再放送での本編は最長でも約92分)。 演出 - 、翻訳 - 、調整 - 高久孝雄、日本語版制作 - 東北新社• 作画:。 2015年に小学館より復刻版刊行。 秘密兵器など [ ]• 一人用で背中に負い、低温式ヴァルターロケット推進で飛行が可能。 スペクターNo. 6のジャック・ブヴァール大佐を倒した後、脱出用に使用。 実在の装置で、撮影でも実際に飛行を行った。 として前作『』に引き続きが使用された(ただし、前作のDB5は劇中で大破したため、2台目である)。 冒頭のフランスと、保養所のシーンに登場。 以下を装備。 腕時計型。 のトップタイムに偽装してあり、原爆の捜索に使用。 普段はこれまで同様、・サブマリナーを着用している。 水中カメラ。 8枚連写が可能で、赤外線フィルムを使っているため暗所でも撮影対応。 ディスコ・ヴォランテ号の船底を撮影するのに使用。 救難信号発射用ミニチュア・ピストル。 嚥下カプセル。 人体には無害な程度の放射性物質が入っていて、カプセルを飲み込んだ人物を測定器で追跡できる。 応急呼吸器。 ポケットに入るほど小型化されたボンベで、水中で呼吸ガスを約四分間供給できる。 カメラ型ガイガー・カウンター。 ボンドがドミノに渡し、ディスコ・ヴォランテ号内で原爆のありかを探索させた。 小型録音機。 本に偽装されている。 ディスコ・ヴォランテ号。 ラルゴの所有する。 「ディスコ・ヴォランテ」とは、イタリア語で「」のこと。 船底には開閉扉と格納スペースがあり、ここに原爆を隠した。 後部を切り離すことが可能。 その後部には機関銃や機関砲が装備されている。 水中戦車。 ラルゴ側が使用した複座の潜水艇。 気密性はなく、潜水具をつけて乗る。 水中銃を複数装備。 原爆の運搬に使用した。 スペクターのフィオナが使用したバイクは、ミサイル発射管4基を備えている。 このミサイルで、リッペ伯爵を、車ごと葬り去った。 その後池に沈めて証拠隠滅。 最後にボンドとドミノがワイヤーで飛行機に引っ掛けられて回収されるのは、実在する「」。 脚注 [ ].

次の

サンダーVリボルト、予告音あり時の成立役や消灯の関係はもろ初代、スペック、設定推測、リール配列等、について | タンクロウ412のパチンコスロット、について

サンダー ボルト プロジェクト

ストーリー [ ] 銀行の金庫をで破壊するという変わった手口で名を馳せたサンダーボルト()は、奪った50万ドルの分配を巡って軍隊仲間で粗暴な性格のレッド()ら昔のギャング仲間に狙われ、小さな教会の牧師に身をやつしていた。 一方、根無し草な生活を送るコソ泥のライトフット()は、片足を失った負傷兵を装って中古車ディーラーから高級車を乗り逃げする。 サンダーボルトの居場所を突き止めたギャング仲間のダンロップは教会に乗り込み、説教中のサンダーボルトをで狙撃するが、サンダーボルトは間一髪、難を逃れる。 ダンロップの放つ銃弾を避けながら小麦畑を走り抜けると、たまたま近くを通りかかったライトフットの車がはね飛ばすことによりサンダーボルトは救われる。 外れてしまった肩の関節をベルトを使ってひとりで嵌め直すサンダーボルトを見て、ひとめ惚れしたライトフットは、少し偏屈なサンダーボルトにつきまとい、世話を焼きながら相棒にしてほしいとせがむ。 お調子者のライトフットに辟易しながらも、徐々に心を開きはじめたサンダーボルトは、自分を狙うレッドとの因縁をビールを片手に語りはじめる。 二人は50万ドルを隠した古い小学校に向かうが、そこには新築の校舎が建ち、隠した金は跡形も無かった。 二人を追っていたレッドとエディ()は、隠した金が消えてしまった事を知らされて落胆するが、そんな時にライトフットが「またやれば良いじゃないか俺達で」と意外な事を言い出した。 こうしてライトフットが新たに加わって、前回襲った銀行を再度狙う男達の計画が動き始める。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 機内上映版 サンダーボルト ライトフット レッド・リアリー エディ・グーディ メロディ カーリー その他 尾崎桂子 青木めい子 葵京子 演出 蕨南勝之 翻訳 佐藤一公 効果 芦田公雄 調整 平野富夫 プロデューサー 熊谷国雄 解説 製作 TBS 初回放送 『』 21:02-22:55 スタッフ [ ]• 製作:• 音楽:ディー・バートン• 撮影:フランク・スタンリー• 編集:フェリス・ウェブスター• 主題歌: "Where Do I Go from Here"• 製作会社:マルパソカンパニー 日本でのテレビ放送 [ ] 日本の期にはのTV放送でよく放送されていた作品のひとつであり、の深夜帯にも関東エリアで放送されていたため通常編成では昭和の最後に放送された番組となった。 脚注 [ ].

次の