水戸商業 内申点。 偏差値・合格点

水戸一高の合格基準点について!今年(平成29年3月)の入試では、茨城県立水戸...

水戸商業 内申点

高(水戸第一高等学校・水戸第一高校)の合格点・ボーダーライン・合格内申点は何点です 高(土浦第一高等学校・土浦第一高校)の合格点・ボーダーライン・合格内申点は何点です 高(日立第一高等学校・日立第一高校)の合格点・ボーダーライン・合格内申点は何点です 高(水戸第二高等学校・水戸第二高校)の合格点・ボーダーライン・合格内申点は何点です 高( 高等学校・ 高校)の合格点・ボーダーライン・合格内申点は何点です ・・・といったことが言われますが、 塾も含めて「誰かから聞いた」 というのはウワサでしかなく、 そもそも情報は信憑性こそが命で、 インターネットなどというものは 流言飛語・都市伝説・嘘・情報操作 といったもので溢れているのです。 塾が流す情報も、 事実とは限らず、 営業的な目的だったりします。 そもそも、 県立入試の制度(ルール)はどうなっているのか? を踏まえなければ、 議論の意味が無いと思います。 茨城県教育委員会のホームページを見れば分かることですが、 県立入試の制度は、 簡単に言えば、 志願者の中で 3年間の通信簿の合計が高い順と の点数が高い順と 両方で合格者を決めるのであって、 「内申はあまり関係なくて、 で合格者を決める」 というのは、 どこかの塾が受験者を煽るために言っていることでしかなく、 事実ではないのです。 「内申は2割ぐらいしか見なくて、点数で8割合格者を決めるんですよね」 などという話も聞きますが、 それはB群合格、 つまり敗者復活戦合格のことであって、 合格者全体の2割とか3割とか、 その程度の「例外」の話なのです。 合格者の8割・ほとんどは 「内申は2割ぐらいしか見なくて、点数で8割合格者を決める」 のでは「ない」が正解です。 あくまでも、 志願者の中で 3年間の通信簿の合計が高い順と テストの点数が高い順と 両方で合格者を決める のです。 茨城県の県立高校入試はそういう制度・ルールなのですから、 受験者ごとに内申点(通信簿)がバラバラである限り、 そもそも合格ボーダーライン・合格点数が ビシッと出るはずがないのです。 過去の事例として、 こういう内申点でテストで何点とって受かった人がいたよ、 とは言えますが、 問題も受験者も毎年状況は変化するのですから、 過去のデータは参考にはなっても、 今年もそうかどうかは「分かりません」が正解です。 なぜそうなるかというと、 県立高校は公務員・お役所ですから、 実際の最低点数が何点であったか、 といった情報を、 外部にべらべらしゃべるワケがないのです。 一方、 私立高校の多くが合格点などをモロに公開しない理由は、 経営的な理由、 つまり生徒数の調整の必要があるからです。 結果的に、 県立高校も私立高校も 「公表しない」という同じ結果になりますが、 その理由は、 全く違います。 こんなことをベラベラしゃべれるのも 私が第三者だからで、 今年の合格点は何点ですよ、 といった話は、 だいたいそうですね、 ほぼそんなかんじですね、 とは言えても、 ビシッとそうだ、 とは言い切れないというのが結論です。 だいたいそうだ と 確実にそうだ は、 全然違うのであって、 そもそも、 「その情報の出元がどこか?」 を吟味するべきだと思います。 県立入試に話を戻すと、 3年間の通信簿の合計と 入試のテストの点数を クロスさせて合格者を決める というルールなのですから、 問題も受験者も毎年変わる以上、 合格点・ボーダーラインが毎年微妙に変動するのは当たり前で、 どんなプロフェッショナルでも、 ざっくりとした話しか できるワケがないのです。 ま、 情報というのは誰か「流す人」がいることも多く、 振り回されないようにしたいものです。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA. ここにチェックを入れると登録されます。 新しいコメントをメールで通知 新しい投稿をメールで受け取る コメントは承認待ちです。 表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。 新しい投稿記事が読みたい方は、通知しますので、メールアドレスを登録してください。 ここにチェックを入れると登録されます。 関連記事 受験予備校常勝・塾長。 常勝流「サムライ昇龍」合格術・師範。 <塾長略歴> 水戸市の水城高校の裏のあたりで生まれ16歳まで育つ。 16歳の時の両親の離婚により土浦市に引っ越し、土浦市から水戸一高に通学。 父方の先祖は足軽、母方の先祖は郷士・近衛兵。 6親等内の親戚に10人以上の公務員がいる家系。 校長教頭などの教員、警視正までの警官、自衛官、県庁職員、市役所職員など。 衆議院議員・額賀福志郎は親戚。 水戸市立第四中学校では学年1位を何度もとった。 通信簿は体育以外はオール5。 茨城県立水戸第一高等学校は475点で合格。 水戸一高3年間、5段階評価の内申点平均4以上の成績。 国立大学はぶっちぎりトップ合格でA評価が40単位以上。 水戸第一高等学校と国立大学は成績優秀のため、両親の離婚後6年間、授業料免除と奨学金で卒業。 中学校教員1種免許・高等学校教員1種免許 取得。 受ける側と与える側の両方から、学校教育制度に疑問を持ち、ジャーナリズムを志す。 競争倍率数十倍~100倍の日本三大新聞社に現役最年少合格。 毎日新聞社東京本社・販売局に3年間勤務。 自分も栃木県の警察官を3年間やり、勤務中のひき逃げ労災事故被害が元で退職。 塾講師と家庭教師4年+塾長として17年間=21年間の学習塾・進学塾・個別指導塾・受験予備校の経験。 学校・学習塾・進学塾・個別指導塾・受験予備校・通信添削・受験本・研修などの40年以上にわたる研究により、教育サービスの長所短所に精通。 子供だましの教育産業を批判し、高校受験だけでなく一生役に立つ勉強のやり方・常勝流「サムライ昇龍」合格術 を、理論面・実践面の両面から徹底指導。 合格可能性20%の受験生を、偏差値70以上の水戸一高に合格させてきた。 教え子は指導後に学年順位1位、10位以内が毎年。 教え子は指導後に学年順位100人抜き、150人抜き、が毎年。 教え子は高校進学後も学年1位などトップをキープ、が多数。 教え子は指導後にテストで自己最高得点・自己最高順位、が多数。 受験は、人生を左右する一大事です。 でも、中学受験・高校受験・大学受験・就職試験・資格試験、それぞれに、失敗した人・挫折した人を見ました。 私には、彼らの失敗の理由と、成功の理由とが、分かったのです。 あなたには、挫折して欲しくない。 あなたには、成功してほしい。 そのために、高校受験だけの使い捨てではなく、 将来の大学受験や資格試験・就職試験などにも、一生役に立つ勉強と、試練を突破・乗り越えるための、一生役に立つ考え方やテクニック・スキルと知識とを、小学生・中学生のうちに、可能な限り、伝えたいと思っています。

次の

「何点,商業科」に関するQ&A

水戸商業 内申点

千葉県私立高校の併願推薦基準 千葉県では、公立高校を志望する受験生が滑り止めの私立高校を受ける際に「併願推薦」という入試形式が設けられています。 受験生にはとても助かるシステムといえるのではないでしょうか。 さて、本記事では併願推薦について、以下のような疑問に対して徹底解説していきます。 併願推薦とはどういうものなのか? 試験内容は? 「併願推薦と単願推薦」よく聞くけれど2つの違いは? 併願推薦についての知識を万全にした上で、千葉県の私立高校ごとの合格基準内申点も記載していますので高校選びの参考にしていただけると嬉しいです。 また、併願推薦で合格の要となる内申点の基準の詳細も、当ページの下部に記載しました。 ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 併願推薦入試は、私立高校から 推薦をもらいながら(=合格は確実)他の高校も受験することができるシステムです。 千葉県と埼玉県(東京都の一部)の私立高校において行われています。 併願推薦は、 「B推薦」「推薦B」「併願」と表記されることもあります。 一定基準以上の成績(=内申点)を取れてさえいればほぼ確実に合格を確保することができるため、基本的には公立高校の滑り止めとして受ける生徒がほとんどです。 ただし滑り止めが前提なので、私立高校側としてもすこしハードルを高くしています(合格しても、必ずしも入学するとはかぎらないため)。 ですから、下記で説明する「単願推薦」よりも取るべき内申点の基準は高くなります。 基本的には「単願推薦+1点」の内申を取らなければいけません。 また考慮されるのは、 中学3年生2学期の内申点です。 併願推薦入試の際に判断材料となる内申点の内訳としては3つのパターンがあります。 各高校によってそれぞれ考慮される教科の数が違いますので、詳しくは受験したい高校のホームページなどで確認してください。 混同しがちな「併願推薦」と「単願推薦」のちがいについて確認していきます。 併願推薦の場合は、推薦合格をもらいながら他の高校を受験することができるシステムということはもう理解できましたよね。 単願推薦の場合は少し違います。 結論からいうと、「単願推薦」は 私立高校が第一志望の場合に利用することがおすすめのシステムです。 単願推薦の場合は、志望する私立高校の 1校だけしか受験することができません。 1校しか受験できないという制約がある分、併願推薦よりも 求められる基準の内申点が低いので、必然的に合格へのハードルが下がります。 私立高校としては「どうしてもその高校に入学したい」という生徒を確実に確保できるので、学校側・受験生側共に利益のある入試制度と言えるでしょう。 ですから 私立高校が第一志望の場合は単願推薦で受験するのがオススメといえます。 また、単願推薦も併願推薦と同様に、一定の内申点をクリアしていればほぼ合格がもらえる試験となります。 単願推薦は、 「単願」「A推薦」「推薦A」と表記されることもあります。 本来(特に公立高校の)入試の範囲は、「学校で習う範囲」であるはず。 塾で終わらせている範囲だとしても、復習と思って真面目に受けるのが得策です。 意外と取りこぼしている内容があったりと、見返りもあるはずです。 ですが、最難関私立・国立高校を志望する方には、この限りではありません。 最難関私立高校は推薦入試を行なっていない学校が多いです。 というのも、難関私立(国立)高校の場合、内申点への考慮は行われずに 「本番の入試の得点」のみで合否が決定する場合が多いからです。 さらに、一般の公立高校入試(中学の学習範囲)をはるかに超えた難易度の問題が出題されます。 そのような高校を受験する優秀な生徒は果たして、授業中に自分の勉強をしているのでしょうか? わたしの経験上、そういった生徒は「学校の授業も真面目に受け、追加で塾などで膨大な量の問題演習も追加でこなしている」ことが多いですね。 わたしも受験生のころ点数が伸び悩み、学校の勉強はそっちのけで授業中に問題演習などをしようかと考えた時がありました。 でも、授業中は基本先生が講義をしていますし、「当てられるかも…」という不安もあります。 意外と勉強効率がよくないんですよね。 それで、国立最上位の高校を志望している同級生に相談してみました。 そうしたらその子はきちんと授業も聞き、自宅や塾などで応用級の問題演習を行なっていると話してくれました。 それを聞いて考えを改め、それからは 授業中は授業にしっかり集中する!ときめていましたよ。 真面目に授業を聞いていると、理解が追いついていなかった場所が見つかることもあり、そこを先生に確認したりできたので授業は聞いておいて損はないと思いました。 またわたしのクラスには朝早い時間に生徒が自由に参加できる「朝の受験対策演習」の時間があり、そこに参加しているのは総じて成績上位層の生徒たちでした。 合格するためには学習する時間を増やすことが重要なのであって、決して授業中に他の勉強をすることは必要ではないと確信しています。 いかがでしたでしょうか。 併願推薦は、千葉県の公立高校を第一志望とするみなさんにとって、とても重要な制度であることが理解できたのではないでしょうか。 なぜかというと、もし併願推薦がなければ、第一志望である公立高校の勉強に加えて、併願先の私立高校に対してもたくさん対策の勉強をする必要が出てきてしまうからです。 通常、私立高校(特に上位校)の入試試験は、公立高校のそれとは傾向や出題のクセが異なることが多いのです。 そのため私立受験用の対策をきちんとしようとすると公立高校の受験勉強の範囲外も勉強していかなければならず、多くの時間がかかってしまいます。 その労力は、できたら本命の公立高校に対する勉強に当てたいですよね。 そのためにも、併願推薦で必要となる 「中3の2学期」の内申点の対策を早いうちから意識しておくことが重要となってくるわけです。 (もちろん、併願先の入試のある程度の傾向と対策の勉強は最低限行なっていきましょうね) 内申点は、テストの点数だけで算出される数字ではありませんから、日頃の「授業態度」「提出期限をきちんと守る」などの学習態度についても、抜かりなくこなすことが重要です。 受験のラストスパートとなる中3最後の時期に併願推薦で併願先をきちんと確保し、安心して勉強に集中するために。 日頃の授業も真面目に取り組むようにしましょう。

次の

内申点とは?今すぐわかる内申点の計算方法と入試への影響

水戸商業 内申点

千葉県私立高校の併願推薦基準 千葉県では、公立高校を志望する受験生が滑り止めの私立高校を受ける際に「併願推薦」という入試形式が設けられています。 受験生にはとても助かるシステムといえるのではないでしょうか。 さて、本記事では併願推薦について、以下のような疑問に対して徹底解説していきます。 併願推薦とはどういうものなのか? 試験内容は? 「併願推薦と単願推薦」よく聞くけれど2つの違いは? 併願推薦についての知識を万全にした上で、千葉県の私立高校ごとの合格基準内申点も記載していますので高校選びの参考にしていただけると嬉しいです。 また、併願推薦で合格の要となる内申点の基準の詳細も、当ページの下部に記載しました。 ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 併願推薦入試は、私立高校から 推薦をもらいながら(=合格は確実)他の高校も受験することができるシステムです。 千葉県と埼玉県(東京都の一部)の私立高校において行われています。 併願推薦は、 「B推薦」「推薦B」「併願」と表記されることもあります。 一定基準以上の成績(=内申点)を取れてさえいればほぼ確実に合格を確保することができるため、基本的には公立高校の滑り止めとして受ける生徒がほとんどです。 ただし滑り止めが前提なので、私立高校側としてもすこしハードルを高くしています(合格しても、必ずしも入学するとはかぎらないため)。 ですから、下記で説明する「単願推薦」よりも取るべき内申点の基準は高くなります。 基本的には「単願推薦+1点」の内申を取らなければいけません。 また考慮されるのは、 中学3年生2学期の内申点です。 併願推薦入試の際に判断材料となる内申点の内訳としては3つのパターンがあります。 各高校によってそれぞれ考慮される教科の数が違いますので、詳しくは受験したい高校のホームページなどで確認してください。 混同しがちな「併願推薦」と「単願推薦」のちがいについて確認していきます。 併願推薦の場合は、推薦合格をもらいながら他の高校を受験することができるシステムということはもう理解できましたよね。 単願推薦の場合は少し違います。 結論からいうと、「単願推薦」は 私立高校が第一志望の場合に利用することがおすすめのシステムです。 単願推薦の場合は、志望する私立高校の 1校だけしか受験することができません。 1校しか受験できないという制約がある分、併願推薦よりも 求められる基準の内申点が低いので、必然的に合格へのハードルが下がります。 私立高校としては「どうしてもその高校に入学したい」という生徒を確実に確保できるので、学校側・受験生側共に利益のある入試制度と言えるでしょう。 ですから 私立高校が第一志望の場合は単願推薦で受験するのがオススメといえます。 また、単願推薦も併願推薦と同様に、一定の内申点をクリアしていればほぼ合格がもらえる試験となります。 単願推薦は、 「単願」「A推薦」「推薦A」と表記されることもあります。 本来(特に公立高校の)入試の範囲は、「学校で習う範囲」であるはず。 塾で終わらせている範囲だとしても、復習と思って真面目に受けるのが得策です。 意外と取りこぼしている内容があったりと、見返りもあるはずです。 ですが、最難関私立・国立高校を志望する方には、この限りではありません。 最難関私立高校は推薦入試を行なっていない学校が多いです。 というのも、難関私立(国立)高校の場合、内申点への考慮は行われずに 「本番の入試の得点」のみで合否が決定する場合が多いからです。 さらに、一般の公立高校入試(中学の学習範囲)をはるかに超えた難易度の問題が出題されます。 そのような高校を受験する優秀な生徒は果たして、授業中に自分の勉強をしているのでしょうか? わたしの経験上、そういった生徒は「学校の授業も真面目に受け、追加で塾などで膨大な量の問題演習も追加でこなしている」ことが多いですね。 わたしも受験生のころ点数が伸び悩み、学校の勉強はそっちのけで授業中に問題演習などをしようかと考えた時がありました。 でも、授業中は基本先生が講義をしていますし、「当てられるかも…」という不安もあります。 意外と勉強効率がよくないんですよね。 それで、国立最上位の高校を志望している同級生に相談してみました。 そうしたらその子はきちんと授業も聞き、自宅や塾などで応用級の問題演習を行なっていると話してくれました。 それを聞いて考えを改め、それからは 授業中は授業にしっかり集中する!ときめていましたよ。 真面目に授業を聞いていると、理解が追いついていなかった場所が見つかることもあり、そこを先生に確認したりできたので授業は聞いておいて損はないと思いました。 またわたしのクラスには朝早い時間に生徒が自由に参加できる「朝の受験対策演習」の時間があり、そこに参加しているのは総じて成績上位層の生徒たちでした。 合格するためには学習する時間を増やすことが重要なのであって、決して授業中に他の勉強をすることは必要ではないと確信しています。 いかがでしたでしょうか。 併願推薦は、千葉県の公立高校を第一志望とするみなさんにとって、とても重要な制度であることが理解できたのではないでしょうか。 なぜかというと、もし併願推薦がなければ、第一志望である公立高校の勉強に加えて、併願先の私立高校に対してもたくさん対策の勉強をする必要が出てきてしまうからです。 通常、私立高校(特に上位校)の入試試験は、公立高校のそれとは傾向や出題のクセが異なることが多いのです。 そのため私立受験用の対策をきちんとしようとすると公立高校の受験勉強の範囲外も勉強していかなければならず、多くの時間がかかってしまいます。 その労力は、できたら本命の公立高校に対する勉強に当てたいですよね。 そのためにも、併願推薦で必要となる 「中3の2学期」の内申点の対策を早いうちから意識しておくことが重要となってくるわけです。 (もちろん、併願先の入試のある程度の傾向と対策の勉強は最低限行なっていきましょうね) 内申点は、テストの点数だけで算出される数字ではありませんから、日頃の「授業態度」「提出期限をきちんと守る」などの学習態度についても、抜かりなくこなすことが重要です。 受験のラストスパートとなる中3最後の時期に併願推薦で併願先をきちんと確保し、安心して勉強に集中するために。 日頃の授業も真面目に取り組むようにしましょう。

次の