ぬか 名前 の 由来。 【名探偵コナン】キャラクターたちの名前の由来・元ネタまとめ

文房具、名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

ぬか 名前 の 由来

概要 [ ] のはと呼ばれる形態で、を一体化したとで硬く覆われている。 これを除去する過程が精白で、この際得られる穎果の表層部分が糠である。 日本では、歴史的にから出るものが身近であったため、単に糠といえば「米糠」を指す場合が多い。 米の栄養素の95%は米糠中に存在する。 他に、の糠は「麦糠」、の糠は「ふすま(麬)」という。 の糠は、オートブランという。 多くの穀物では穎果の外層がよりももろいため、精白に際して杵や棒で搗くなどして表面に衝撃を与える(搗精)ことで糠だけが砕けて胚乳から剥がれる。 これをふるいわけて分離する。 小麦の場合は胚乳のほうが穎果の外層よりももろいため、穎果全体を丸ごと砕いて製粉するときに細かく砕けず粗大片として残るふすまをふるいわけて分離する。 同じイネ科のは、大きな胚乳の回りの果皮が厚く、収穫から日数が経過したものは乾燥・硬化して除去がさらに困難となるため、そのまま挽いて糠ごと粉にして食用とする(など)。 を含まず粘性がないので、中南米ではと呼ばれるアルカリ処理を行ってのような粘性と吸収性をもたせ、これを挽いて糠ごと粉にしたを作って食用(などが知られる)とする。 利用 [ ] 食品としての利用 単品では使用されることが少なく、油分が多いことから油()を絞る、あるいはが高いことからの一種であるの「ぬか床(ぬかみそ)」として使用される。 精白せずにやといったかたちで、糠ごとを食べることもある。 また、の調理をする際に行う抜きと鮮度保持のための下茹での際に使用する。 ビタミンB群を多く含むため、米糠は明治期にに効果あるとされた。 この報告は正しかったが、当時の識者からは嘲笑で迎えられた。 の・地区やなど旧に属する地域では、やなどの青魚をぬか床(糠味噌)その他の調味料で煮る(北九州では「じんだ煮」と称する。 現代では「ぬかみそ」と言えばぬか床のことであるが、古来はや、などと合わせてされた「ぬかみそ」が現代ののように直接食用とされていた。 「ぬか炊き」はその名残である。 現在、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が含まれている点 が見直され、特に小麦ふすまを「 ブラン」と呼んで健康食品等に利用する例も増えてきている。 洗剤としての利用 日本ではが普及するまで、米糠はとしても広く用いられていた。 米糠に含まれるというがの役割を果たしているとされている。 布袋に包んで、やを磨き上げるなどのにも利用された。 飼料・培養基としての利用 脱脂した米糠はやのに配合されることがあるほか 、鋸屑と米糠を混ぜたものは栽培の培養基として活用されている。 工業製品としての利用 近年では脱脂した米ぬかを原料するRB Rice Bran:米ぬか セラミックなども開発されている。 軽量ながら高い強度と硬度を持ち、優れた耐摩耗性、低摩擦特性があるため無潤滑のすべりなどに利用され、の赤外線分析装置の可動部にも採用されている。 その他にもゴムに混ぜる事でウェット面でも耐滑性が得られる事からRBセラミックをゴム底に配合した靴やトレッドゴムに配合した自転車用タイヤなどが製品化されている。 糠と動物 [ ]• 米糠の臭気は、糠を好物とするを呼び寄せる可能性を高める。 日本では、しばしば米糠を貯蔵する倉庫がクマの襲撃を受ける事例が発生する。 主な成分 [ ] 米ぬか 100 gあたりの栄養価 1,723 kJ 412 kcal• 抗作用・抗作用、やの予防、形成抑制の効果などがあるとされる。 や、異常に起因する、、に有効とされる結果もある。 米糠に特有である。 吸収、防止機能があり、やに用いられる。 米糠に特有である。 の吸収を抑える作用、などのに効用があるとしてとして用いられる。 また、防止のためにに用いられる。 脚注 [ ]• 門田, めぐみ 2005 日本語 , , 公益社団法人 日本ビタミン学会, : , 2020年3月18日閲覧。 Vegeday. 2020年3月18日閲覧。 www. ja-gp-fukuoka. 2020年3月18日閲覧。 2020年1月30日閲覧。 生活向上委員会 『これで解決!おばあちゃんに聞く生活の知恵』 SMART GATE Inc. 、2015年6月。 佐藤裕子,飯野 幸弘,沼澤穂奈美,小松正尚「飼料用籾米と脱脂米糠の給与が「やまがた地鶏」の生産性に及ぼす影響」『山形県農業研究報告(Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture)』第10巻、山形県農業総合研究センター、2018年3月、 69-76頁。 下郡洋一郎, 浦野松幸「人工飼料原料の可消化粗蛋白質含有率と代謝エネルギー」『日本蚕糸学雑誌』第57巻第5号、社団法人日本蚕糸学会、1988年、 393-397頁、 :。 Ito, Hitoshi; Sato, Tomotaro 1975. NIPPON SHOKUHIN KOGYO GAKKAISHI 22 8 : 401—407. www. glocaldream. mech. tohoku. 2020年3月18日閲覧。 秋田魁新報 2019年6月20日. 2019年6月18日閲覧。 ibcニュース 2019年6月6日. 2019年6月18日閲覧。 、「」 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

額突く【ぬかずく】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

ぬか 名前 の 由来

読み方と鳥の種類についての資料はあったが、名字の由来についてはわからなかった。 「鴑」という漢字について 『大漢和辞典 巻12』p. 13406によると、「ヌ」「ド」と読む。 意味は「鳥の名前」とあり、種類についての記載なし。 「尾鴑」の由来について、『全国名字大辞典』など名字辞典類にも記載がなく、ジャパンナレッジの百科系などにも記載がないため、読み方のみお伝えした。 上記以外の資料を調べると、「鴑」が表す鳥の種類が数種類あった。 また、「尾鴑」の由来はわからないが、上記以外の資料も調べたので追記する。 『大漢語林』p. 1581に「鴑」の古訓(平安時代に行われた漢字の訓)が「キサク・ツクミ・ヒエトリ・アトリ」であると記載があったので、古語辞典を調べる。 「アトリ」(花鶏)は、『古語大鑑』第1巻p. 66に項あり。 アトリ科の鳥。 雀よりやや大きい。 10月頃に群をなして渡来する。 中世末には「あっとり」の形も生じた。 「鴑<アツトリ>[伊京集八九11]」 「ツクミ」は、『角川古語大辞典』第4巻p. 425に、「ツグミ(鶫)」の項あり。 スズメ目ツグミ科に属し、全長13cmほど、小鳥のうちでは大形である。 上面は黒褐色と赤褐色との斑、喉のあたりは黄白色に黒褐色斑があり、胸は黒色、腹は白色を呈する。 シベリア方面で繁殖し、秋季大群をなして日本に飛来する。 「ヒエトリ」は、『角川古語大辞典』第5巻p. 7に「ヒエドリ(鵯)」の項あり。 小鳥の中では大形の種類で全長27cm余。 尾が長い。 背面暗灰色で耳羽が栗色を呈する。 全国に分布し、夏季に山地の樹林で繁殖して昆虫を捕食し、秋冬に村里へ現れ、南天など赤い木の実を好んで食う。 小さい群をなし、「ひーよひーよ」と高い声で鳴く。 「ひよどり」ともいう。 「キサク」については古語辞典類を調べるが記載がなかった。 インターネットのサイト「汉典」によると、异体字(異体字)が「鴽」と書かれていた。 「鴽」については『大漢和辞典 巻12』p. 829に記載あり。 読み方は「ジョ、ニョ」で、意味は「フナシウヅラ」である。 「フナシウヅラ」とは、『図説 日本鳥名由来辞典』p. 384によると、「ミフウズラ」の誤称である。 「ミフウズラ」についてはp. 422に記載あり。 ミフウズラ科のスズメ大の鳥。 ウズラに似た形と羽色であるが、やや小さく、趾は3本で後肢がない。 、共に斑がある。 「尾鴑」について 『難読姓氏・地名大事典 続』『姓氏4000歴史伝説事典』『姓氏家系大辞典』第1巻下、第2巻下、第3巻上『地名苗字読み解き事典』『苗字8万よみかた辞典』『人名よみかた辞典 姓の部』『姓名よみかた辞典 姓の部』には、「尾鴑」について記載なし。 「鴑」を「ぬ」「ど」の読み方で調べたが、こちらも記載なし。 『日本歴史地名大系 49』で地名に「尾鴑」があるか調べるが、こちらも記載なし。 回答プロセス Answering process 『大漢和辞典』で読み方を調べる。 ジャパンナレッジの百科系等にも無し。 読みのみの回答となる。 名字関係の事典で「尾鴑」の他、「鴑」を「ぬ」「ど」の読み方で調べたが、こちらにも記載なし。 地名が名字と関係しているかもしれないと思い、地名辞典を調べるが、こちらにも記載なし。 『大漢和辞典』以外の漢和辞典を調べると、『大漢字林』に「鴑」の古訓が載っていたので、古語辞典で調べる。 Googleで「鴑」を検索すると、「汉典」というサイトに异体字が「鴽」であると記載があったため、『大漢和辞典』で「鴽」について調べる。 「フナシウヅラ」については、『図説 日本鳥名由来辞典』の総画引名彙索引で「鴽」を調べた。 事前調査事項 Preliminary research.

次の

「ぬか喜び」とは?意味と使い方

ぬか 名前 の 由来

今日12月13日はビタミンの日。 明治43年に科学者の鈴木梅太郎が世界で初めてビタミンB1を発見したことから制定されたそうです。 鈴木博士は米ぬかから脚気予防の有効成分を発見し、オリザニンと命名。 その2年後ポーランドの科学者がオリザニンと同じ栄養素を発見し、ビタミンとして先に発表したそうです。 とはいえ鈴木博士の功績は計り知れないそうです。 現在健康のために玄米を食べる人が多いのは鈴木博士のおかげだそうです。 そこで今日のことば検定はぬかに関する問題です。 問題 「ぬか」、名前の由来は? 青 ぬかるみ 赤 脱げた皮 緑 ことば検定に答える 今日の緑、ぬかではなく日課だそうです。 林先生的には「ケニアにいる牛みたいなやつ」でぬかではなく「ヌー」だそうです。 ぬかという時の右側部分。 古代文字だとなにやら米の上に千という字が合体し、左右に桑のようなものがあるように見えます。 杵を両手で持ち上げて脱穀する様子を表すそうです。 桑に見えたものは手だったんですね。 それに米編が付いて糠。 穀物の中身を取り去った外皮などのくずという意味があるそうです。 語源は「脱皮」だそうです。 ここでは@「ぬけかは」と読むそうです。 「ぬけかは」を略して「ぬか」ということで・・・ 正解は赤でした。 脚気は今ではほとんど聞かないですが、長年原因不明の病気だったそうです。 森鴎外ですら病原菌が原因と思い込んでいたそうです。 本日のお天気検定は東京23区でも氷点下の朝を迎えているということで、東京の冬日(最低気温氷点下)に関する問題です。 問題 昨シーズン東京都心の「冬日」は? 青 4日 赤 8日 緑 12日 正解は赤でした。 1月に6日、2月に2日あったそうです。 今シーズンの東京はまだ冬日は無いそうですが、向こう数日可能性は十分あるそうです。

次の