元 宮内庁 職員 の つぶやき。 「宮内庁御用達」は怪しい制度!? “皇室ブランド”にあやかるアウトな商売とは【日本のアウト皇室史】(2019/12/14 17:00)|サイゾーウーマン

生産者のつぶやき / 富山干柿(富山干柿出荷組合連合会)

元 宮内庁 職員 の つぶやき

Photo by from Flickr 皇室が特別な存在であることを日本中が改めて再認識する機会となった、平成から令和への改元。 「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な天皇家のエピソードを教えてもらいます! 「宮内庁御用達」は廃止された制度!? 堀江宏樹(以下、堀江) そうですね。 そういう公的な制度は、1954(昭和29)年にすでに廃止されているのです。 皇室への納入品だけが「御用達」。 役所である宮内庁への納入品は「御用」。 だから、「宮内庁御用達」と言ってしまっている時点で日本語的にもおかしいし、要するにそういうふうに宣伝すればするほど、「怪しい」のです(笑)。 皇室ブランドが商品の付加価値になると思うから、「宮内庁御用達」と名乗るのでしょうか? 堀江 そうですねぇ。 江戸時代の参勤交代中、大名が滞在している旅館に商人たちが押しかけ、われ先に献上品を押し付けようとしたという話と似ているな、と思ってしまいます。 「わざわざ自分に品物を献上しに来た庶民の好意に応える」という形で、チップという名の支払いをしなくてはいけないのですよ。 そして、チップのせいで相場以上に高めになるのです。 だから、江戸時代の大名に押しかけ献上された品物の大半は、そのまま返品されたようです。 ちなみに江戸時代の天皇家の権威は近畿地方に「ほぼ」限定されており、この手の押し売りのような献上品攻めに遭うことはなかったようです。 誰に人気が集まるかは時代によって変わりますからね。 なお、現在の御用達業者の中には、「いくらで、こういう品を皇室に納入している」と情報を明かす店もありますが、トップシークレットにしている場合も多々あります。

次の

元秋篠宮担当宮内庁職員 ハプニングバーで逮捕

元 宮内庁 職員 の つぶやき

主に戦前(昭和20 1945 年以前)に国(官庁)等に勤務した職員の職歴調査や、ある人物の特定時点における官庁在籍の事実確認等、経歴情報を調べる方法について紹介します。 【 】内は当館請求記号です。 目次 1. 戦前の官吏制度 戦前の公務員(官吏)制度は現在と異なる点が多くあります。 最初に、官吏の人物調査の前提知識として、官吏制度の概要と、官吏の種別について説明します。 大日本帝国憲法下において、国の機関に属する常勤の職員は、公法上の規定に基づいて天皇の任命によって任用され、国家の命令に従って無定量の勤務に服す義務を有する身分としての官吏と、私法上の規定に基づいて雇用される雇員と傭人(総称して雇傭人)、嘱託等に大別されていました。 地方については、府県と郡(大正10 1921 年廃止)には国の出先機関としての府県知事(北海道は道庁長官)およびその補助機関である官吏(地方官)と、自治体としての府県(北海道は道地方費)や郡に雇用される公吏(府県吏員、道庁吏員、郡吏員)の2種類の常勤職員がおり、自治体である市および町村には市長および町村長以下の公吏(市町村吏員)のみが置かれていました。 官吏には「官等」と呼ばれる等級があり、高等官と判任官に大別されます。 このうち、判任官は天皇の任命権を委任された行政機関の長によって任命される官吏で、一般事務に従事する属、技術に従事する技手、警察の中間管理職である警部・警部補などが含まれます。 判任官は全部で四等の等級がありましたが、等級と別に、俸給月額を定めるための級俸を与えられており、辞令や職員名簿では等級ではなく級俸が表示されています。 高等官は、最上位には天皇が宮中で行われる親任式により任命する親任官(大臣等)があり、その下は九等級に分かれて一等と二等が勅任官、三等から九等が奏任官と呼ばれます。 官吏 公吏(吏員) 官等 政府 道および府県 市および町村 高 等 官 等なし 親 任 官 (内閣総理大臣) (各省大臣) 一等~ 二等 勅 任 官 (各省次官) (局長) (知事) (道庁長官) 三等~ 九等 奏 任 官 (事務官) (官立学校教員) (部長) (理事官) (警視) (公立学校教員) (市長) (町村長) (助役・収入役等) 判 任 官 一等~ 四等 (属) (技手) (属) (技手) (警部) (書記) 判任官待遇 (巡査) 官吏・公吏ではない職員・労務者(雇、傭人、嘱託) 以下で紹介する、や公文書などの資料で情報を得ることができる公務員は、官吏の判任官以上、奏任官以上、勅任官以上など、一部の常勤職員に限られます。 雇傭人や嘱託などの身分や、地方の吏員については、このページに記載された調べ方のほか、「」の調べ方案内をご覧ください。 戦前の官吏を人名から調べる 人物名から戦前の官吏の人物情報を調べるツールには、次のものがあります。 2-1. 人物情報• 中央省庁の局長相当以上の人物について、人名からその人物についての記述がある文献を調べることができます。 (修史局編 日本史籍協会 1927-1928 【281. 03-N249h】) 慶応3 1867 年12月から明治14 1881 年までの間に高官になった500名の履歴書を編集した資料です。 出身地、身分、通称、官途進退等を調べることができます。 (宮内庁三の丸尚蔵館 編 宮内庁 2015. 3【GK13-L403】)• (宮内庁三の丸尚蔵館 編 宮内庁 2015. 3【GK13-L404】) 明治天皇の御下命によって制作され、近代国家建設の中枢を担った人物の肖像を収めた「人物写真帖」の収蔵品目録写真が掲載されています。 諸官省の高等官ら4531名が収録されており、明治12年当時の役職や氏名がわかります。 各巻末に人名索引があります。 このほか、明治中期以降は、(人事興信所 【95-15】ほか)、(交詢社 【86-41】ほか)等の名士名簿に記載がある場合があります。 2-2. 職務履歴情報 官吏の人事異動は、任命権者による辞令の発出によって行われていました。 人事異動の発令に関する情報を知るには次の方法があります。 (国立印刷局 1883- 【CZ-2-2】) 官報は、国が国民に周知する必要のある事項を掲載する国の機関紙です。 戦前は高等官(奏任官以上)の辞令が掲載されます。 掲載日は一般的に、辞令の発出から数日後です。 官報の調べ方についてはリサーチ・ナビをご覧ください。 公文書 高等官(奏任官以上)は天皇の任命大権に基づいて人事の発令が行われていたため、内閣において天皇の裁可を受けるための書類を作成していました。 任免裁可書は現在、国立公文書館に移管されており、でデジタル化されたものが公開されています。 ただし、検索用のキーワードのテキスト入力は目次のみ行われているため、人名をキーワードにしてすべての任免裁可書を検索することはできません。 また、同アーカイブにおいて 「官吏現員調書」(生年月掲載)、府県史料中の「官員履歴」において人物の履歴を調べることが可能です。 戦前の官吏を官職名から調べる 官職名から戦前の官吏の人物情報を調べるツールには、次のものがあります。 3-1. 職員名簿• (国立国会図書館参考書誌部編 国立国会図書館 1985 【A111-172】) 太政官制度時代から内務省解体に至るまでの期間について、当館が所蔵している官員録・職員録約2,500冊を収録する目録です。 中央・地方官庁(総合)、中央官庁(省庁別、旧外地等を含む)、地方官庁(都道府県別)の3つに分けて編成されています。 掲載されている資料はデジタル化済みで、「」で公開されています。 (印刷局 【14. 1-50】) 明治19 1886 年から年に1回(大正14 1925 年から昭和15 1940 年は年2回)刊行されている官公庁の職員名簿です。 おおむね判任官以上の位階、勲等、功等、官等・俸給(高等官は官等、判任官は俸給の級俸)、住所(高等官の一部のみ)、氏名等を掲載していますが、公吏の掲載は市町村長などごく一部に限られます。 詳細は、リサーチ・ナビをご覧ください。 第1巻-第6巻(寺岡寿一編集 寺岡書洞 1976-1981 【GB631-35】)• 第1巻(慶応四年五月~明治元年十二月)-第4巻 (明治三年六月~明治三年十一月)(朝倉治彦編 柏書房 1981-1982 【A112-312】) 職員録刊行開始以前に政府によって編纂され、『官員録』の書名により複数の出版者から刊行された官庁職員名簿を翻刻した資料です。 なお、当館が所蔵する『官員録』の原本はデジタル化し、「」で公開しています。 jacar. 『職員録』をはじめ、当館が所蔵する職員名簿は「」で公開しています。 「」に収録されている官員録・職員録は、『国立公文書館所蔵明治大正昭和官員録・職員録集成 マイクロフィルム版』(日本図書センター 1990)と同じもので、明治19 1886 年から昭和18 1943 年までの『職員録』のほか、明治初期に各省・府県から太政官・内閣に提出された職員名簿を含み、『職員録』の欠を補うことができます。 3-2. 官職の歴代就任者リスト• (秦郁彦編 東京大学出版会 2001 【AZ-331-G77】) 明治維新以降の主要官職(本省局長以上および一部の主要部課長)の任免について、氏名と日付を年代順に表示して収録しています。 また、文官の高等試験合格者名簿を収録しています。 戦前部分は同一編者・出版者の(1981 【A112-333】)とほぼ同内容です。 (井尻常吉編 朝陽会 1925 【534-156】) 明治維新から大正14 1925 年までの勅任官(本省局長級)以上の任免について、氏名、勲等、日付を年代順に表示して収録しています。 (金井之恭等共纂 成章堂 1902-1904 【R281. 036-Me25ウ】) 明治維新から明治35 1902 年までの本省次官級以上の任免について氏名、日付を年代順に表示して収録しています。 昭和42 1967 年に柏書房から(【317. 2-M448】)(:図書館送信)が出版されています。

次の

元秋篠宮担当宮内庁職員 ハプニングバーで逮捕

元 宮内庁 職員 の つぶやき

(C)JMPA 小室圭さんの代理人を務める弁護士は8月下旬、小室さんが奨学金を獲得したことを公表した。 その金額こそ明かされなかったものの、小室さんの留学は2年目を迎えることとなった。 だが、いまだに金銭トラブル解決の目処は立っていないと皇室ジャーナリストは言う。 「8月上旬に小室さんの代理人と、佳代さんの元婚約者・X氏とその代理人が初めて3人で面会をしました。 X氏はこれまでどおり、小室家に援助した約400万円の返金を求めています。 しかし今回の面会では、次回交渉の日程さえ決めなかったそうです」 金銭トラブル解決への道筋が見えない一方で、宮内庁関係者によれば、実は小室家に手を差し伸べる人物も現れたのだという。 そういった意向を漏らしている方がいらっしゃると聞いています。 漫画家の小林よしのり氏は今年1月、自身のブログで「たった400万円くらいくれてやるぜ」と発言。 また、デヴィ夫人も昨年3月のブログで、金銭トラブルを蒸し返すX氏に異議を唱え「430万円をあなたの顔にたたきつけてあげたい心情」とつづっていた。 「小室さんが10歳のときに母子家庭となった小室家は、佳代さんがパートを掛け持ちして学費を賄ったほど。 そうした経済的事情に同情する意見もあります。 また、眞子さまが意中の男性と結婚できないのはお気の毒だ、という声も聞かれます。 そう考えている人物も1人や2人ではありません」(前出・宮内庁関係者) しかし、こうした動きに疑問を呈するのは、前出の皇室ジャーナリスト。 「そもそも秋篠宮ご夫妻は、小室さんの不誠実な行動の数々に対して強い不信感を抱かれています。 金銭トラブルが第三者の援助で解決したとしても、小室さんに対する信頼は決して回復しません。 今後、小室さんが眞子さまのご結婚相手として認められるのは、かなり難しいと思われます」 一方で、正反対の見解を示すのは前出の宮内庁関係者。 結婚延期も、眞子さまが小室さんと話し合ってお決めになったことになっています。 つまり、眞子さまの意思に反して無理やり結婚を取りやめにすることは、秋篠宮ご夫妻にもできないことなのです。 小室家の金銭トラブルがあるからこそ、その解決を条件にすることで結婚を阻止できているともいえます。 それこそが、秋篠宮ご夫妻がもっとも恐れるシナリオなのです。

次の