精密採点ai 攻略。 LIVE DAM Aiの精密採点Aiでの表現力の取り方!精密採点DX

LIVE DAM Aiの採点ってなんで不人気なんでしょうね。この前ようやく使...

精密採点ai 攻略

カラオケは何点から上が上手くて、何点から下が下手なのか、また70点台、80点台、90点台はそれぞれどういった立ち位置なのかについても解説していきます。 そもそもカラオケ採点の種類について カラオケ採点にはジョイサウンドとDAMがあります。 正直なところジョイサウンドの採点というのは色んな要素で曖昧な部分が多く、とりあえずガイドメロディ(バー)にピッチが当たってさえいれば80点以上は出る感じです。 ジョイサウンドは採点基準がかなり曖昧なので、今回はDAMの精密採点だけに絞って解説していきます。 DAMの精密採点ですが、採点基準については製作者がWEBサイトで全て公開をしています。 以下がURLとなります。 DAMの精密採点はズバリ、「音程正確率」と「抑揚のありなし」が大部分の採点基準となっています。 製作者が予め用意したガイドメロディ(ピアノロール)に対してどれだけ正確にピッチを合わせられたか、その正確率がそのまま点数に反映されるといっても過言ではありません。 たとえば音程正確率が75%だった場合、点数はだいたい73点〜78点くらいになりますし、音程正確率が85%だった場合、83点〜88点くらいになります。 これに加えて抑揚ですが、これはマイクでどれだけ音量(dB)が出ているのか、そしてそれが演奏区間内でどれだけ差があるのかが大事です。 演奏区間内で大きな声と小さな声を入れればよいということです。 テクニックとしては区間内でマイクを近づける個所とマイクを遠ざける個所を作っていけば、それで抑揚のプラス点が付くことになります。 殆ど大部分はこの2つの要素で成り立っているのです。 ですから、カラオケ採点だと思わず、精密度のチューナー機能や音量測定機能だと思った方が、認識としては正しいと思います。 カラオケって何点から上が上手いの?【70点台、80点台、90点台】 上記の解説を踏まえた上で、カラオケって何点から上が上手なのかという疑問に対してですが、そもそもちゃんと自分のキーで歌っていること、そして伴奏を聞いて伴奏に合わせてメロディを歌っていることが前提となります。 自分のキーで歌わないと、AメロBメロの低音が出ないこともあれば、サビの最高音が出ないこともあります。 音域がカバーできていないということです。 次に伴奏に対してちゃんとメロディを合わしているかどうかです。 稀に伴奏を聞かずに熱唱している方がいます。 そういったケースではメロディは綺麗に作れていても、それが適切な場所(ちゃんと伴奏に対して協和している場所)にないケースがあります。 たとえばずっと半音下を歌っていたり、サビになると3度下を歌いだしたり。 こういったケースでは当然ですが、バーにピッチが全くかからないので点数は追加されません。 協和関係としては3度下を歌っても伴奏に対して綺麗に響いてくれるのですが、精密採点では点数化されるのは用意されたピアノロールの個所だけですから、そこを理解する必要があります。 この大前提をクリアした上で採点結果を見る必要があります。 補足として、カラオケの点数よりは音程正確率を見て判断するのが良いとおもいます。 個人的な感想になりますが、以下の印象を持ちます。 70点以下の方は伴奏に対してメロディが大きくズレている可能性があります。 まずは伴奏をしっかり聞いて協和感覚を養い、伴奏とメロディを合わせるということが必要になります。 70点台の方は音程正確率は66%〜75%くらいだと思います。 バーに対してピッチがかかったり外れたりしている状態で、一応協和部分はあるので音痴だとは感じさせませんが、ちょっと歌が不安定だなという印象を与えます。 80点台の方は音程正確率が76%から80%台のはずなので、大部分ピッチは合っている状態です。 特に違和感なく聴ける歌という印象です。 90点台の方は音程正確率が86%以上だと思うので、伴奏と歌とが完全にシンクロしていて、いわゆる「歌がうまい」と感じさせます。 じゃあどうすればカラオケの点数は上がるの? 前述した通り、音程正確率がウェートを占めます。 そしてピッチコントロールというのは歌の才能が最も出る部分です。 そういった意味では、精密採点というのは歌の上手さを測るよいうより歌のピッチコントロールの才能を測るツールかもしれません。 音程正確率は一応どんな方でも練習すれば78%〜80%くらいまでは取れるようになります。 だいたいそこまでいけば大部分は協和状態にあるので違和感は感じません。 本当にドンピシャでピッチを合わせるには才能が必要です。 点数の上げ方ですがひたすらピッチ練習をする必要があります。 ピッチ練習したことない方ですと、トレーニングを積むことで2ヵ月〜3ヵ月くらいで10%〜15%くらい音程正確率を上げることができます。 そもそも70点以下の方は伴奏を聞いていない、もしくは伴奏と歌との関係が理解できていない段階なので、そこをクリアします。 そのあとで、ピッチの練習を積んでいけば、どんな方でも点数は上がっていきます。 ただ注意点として、点数に固執すればするほど機械歌い(機械に向けた歌い方)になって悪い癖がついていきます。 究極的には、バーにピッチがかかる面積を大きくしようと思えば以下の歌い方をすればよいです。 ・原曲のピッチ(しゃくりなど繊細なニュアンスを含める)を参考にするのではなく、ガイドメロディのバーの棒を参考にして歌う ・とにかく小さくまとまって喉声で歌う ・声帯を締めて歌う ・ピアノロールを見ながらピッチを合わせていく ようはバーにピッチを合わせるという、それだけに特化した歌い方となってしまうのです。 喉は緩めるよりも締めて歌った方がピッチは安定します(ただ声帯を締めすぎると喉を壊しますが)。 腹式呼吸よりも喉声の方がバーにかかるピッチの比率はあがります。 ピッチを合わせようとしていくとどんどん小さくまとまった歌になります。 原曲はしゃくりやフォールやあとはその人のピッチの取り方の癖がそのまま歌声となっています。 それ通り歌うのではなく、ガイドメロディを覚えて、そのガイドメロディが基準ですから、それ通り歌うと点数は上がります。 究極的にはこういった歌い方をすればよいのですが、人が聴いた時に心地よいと感じる歌とはかけ離れていくことがわかります。 正しい音程で歌おうとすればするほど声量は出なくなります。 人が聴いて心地よい歌い方とは腹式呼吸で息をたっぷり使い、言葉を繋げて歌う、リズム感やピッチ感を伴奏とのハーモニーで歌うことです。 まとめると、DAMの精密採点はチューナー機能として優れており、自分がバーに対してどれくらいピッチが合っているのか参考になります。 音程正確率はピッチ練習で伸ばしていくことも可能です。 ただしあまりに点数に固執して、機械に向けた歌い方をすると人が聞いて心地よい歌声とは乖離していくので、その点は注意が必要です。 精密採点は採点ゲームとして1つの参考程度にとどめておくのがよいと思います。 抑揚についても、デシベルで単純な音の大きさで抑揚をつけるのではなく、上手な人は音の響かせ方と声の圧を変えて、ようは声質を変えることで抑揚をつけているのです。 人が聞いて心地よい歌声については以下のレポートですべてまとめているので参考にしてみてください。

次の

攻略の流れ

精密採点ai 攻略

Children 98 90 28 16 0 表現力はいずれも90後半の非常に高い値です。 これに影響を与えているのは抑揚としゃくりのみで、こぶしとフォールはあまり影響を与えていないのがよくわかります。 そのため 精密採点DX-Gでは「抑揚で高い評価を取り、しゃくりを15回程度入れれば表現力が取れる」なんて言われていました。 ですが精密採点Aiでは表現力の評価は大きく変わることになります。 しかし精密採点Aiではどの曲でも表現力が80程度までしか伸びていません。 明らかに 精密採点DX-Gの時とは採点方法が異なっていることが分かります。 ならばどうすれば精密採点Aiにおいて点数が上がるのか、このヒントは「こぶし」と「フォール」にあります。 以下は同じ曲においてこぶしを入れない場合、入れた場合の表現力の結果です。 抑揚が高く 90点台 、しゃくりの回数がかなり多く 100回近く? 、こぶし、フォールが20回程度入れば表現力は高い評価がもらえるでしょう。 採点の範囲に「こぶし」と「フォール」が追加されたということですね。 精密採点Aiの表現力で高得点を取るには「こぶし」「フォール」についても出来るようになる必要があるようです。 むしろ逆に勝手にこぶしやフォールが入ってしまう人の場合は高得点が取りやすいということになります。 こぶしやフォールも採点対象になったのは良いところですが、しゃくりを100回程度入れる必要があるのはどうなのでしょう?と思ってしまいますね。 抑揚の判定方法も変わっているので注意! 従来の抑揚を上げる手法は使えない! 表現力に関して気をつけておかないといけないのは、抑揚の判定方法が変わっている点です。 以前の精密採点DX-Gでは抑揚は声の大小で判断していました。 なので意図的に声の大きさを変えたり、マイクの距離を調節するなどして抑揚で高い点を取ることが可能でした。 音程バーの1画面を目測で半分に切って、前半をマイクを近づけて、後半をマイクを遠ざけて歌うといった方法も考案されていました。 ですがこの方法は 精密採点Aiでは通用しません。 採点結果のコメントにて「意図的にマイクを動かさないようにしましょう」と注意されているので、感知されているのは間違いないです。 声の意図的な大きさの操作や、マイクの距離の操作をすると抑揚は下がってしまうようです。 実際にやってみた場合でも60点、70点ほどにしかなりませんでした。 間違いなく精密採点DX-Gの抑揚の判断方法とは異なっているようですね。 マイクコントロールや声の大きさを変えることはしないようにしましょう。 普通に歌うことで抑揚UP!ただしマイクと口の距離には注意 声の大きさを意図的に変えることが通用しないならどうすればいいんだ、と思われるかもしれませんが、答えは 普通に歌えば良い、ということです。 マイクを口に近づけすぎないようにして普通に歌えば抑揚は高得点が出ます。 アーティストの歌い方を真似して普通に歌うだけでもマイクコントロールをした場合よりも高い抑揚の点数が出ました。 ただし口にマイクを近づけすぎると抑揚の点数が下がるので、そこは要注意ですね。 オクターブ下で歌唱している人は注意! もう1つお伝えしないといけないのは、 オクターブ下で歌唱する場合は抑揚の値が低くなりやすい、という点です。 私は採点で高得点を狙う場合には落ち着いて歌うためにオクターブ下で歌唱するのですが、どう歌っても抑揚で高い点数を取ることができませんでした。 おそらくですが抑揚の判断に声域や音程などが使われていて、音程がずれた際などにオクターブ下でずれていると判断するために抑揚が低いのかな、と思い始めました。 これに対する解決策は意外と簡単で、 オクターブ下で歌うのではなく、曲のキーを極端に下げることで対 応が可能です。 女性アーティストの曲の場合はオクターブ下でちょうどよく歌うことができます。 ですがオクターブ下では抑揚で高い点数が取れません。 そこでカラオケでの曲のキーを極端に下げて歌うことで、オクターブ下を使わずに歌う、という手法が取れます。 これをすることでオクターブ下を使用せずに、抑揚で減点されることなく高い値を取ることができるようになりました。 このように対策をすることで、抑揚で高い点数を取ることができます。 精密採点Aiでの表現力の取り方 ~おわりに~ 以上、精密採点Aiにおける表現力の仕組みと攻略法でした。 前作の精密採点DX-Gと比べると採点方法が変わっていて、新たに「こぶし」や「フォール」が必要になるのがやっかいなところです。 マイクコントロールだけで点数を取るよりはちゃんとした採点なのかもしれませんが、しゃくりを50回以上入れないと90点台に届かないのはかなり厄介ですね。 とはいえ実は「Ai感性」という項目のおかげでそこまで高い表現力を取らなくても90点や95点は取りやすくなっています。 「さすがにここまでして表現力で高い点数取りたくないよ!」という方は、こんな攻略法は考えなくてもいいのかもしれません。 あくまでも90点台後半や100点を目指すための知識ですからね。 精密採点Aiについては他にもさまざまな項目があり、それについても当サイトで解説しています。 こちらも参考にしてください!.

次の

「LIVE DAM Ai」登場レポ。

精密採点ai 攻略

どうも。 しかし実は5値で1番100が難しい項目だと個人的には思っています。 このバグはもう無くなりました。 今でもたまに部屋によってはあるっぽいですがそういう時は一度再起動してみましょう。 アップデートされれば治ると思います。 それでもだめならその部屋がダメなのでしばらくは入らない方がいいかも😂 リズムに対して初心者からプロまで色んな意見を聞いてみましたが・・・ 高得点を出してる猛者達は走り判定になりやすく、初心者とか点数に拘ってない方達は リズムは大丈夫だった。 これはどうしてこうなるのか少し思い当たる節を1つ試してみました。 初心者とプロの違いはたぶんこの黄色の縦線をみて一音一音キッチリ合わせてるか否かじゃないでしょうか? この縦線を見てリズムキッチリに合わせて歌うのは前作では常識でした。 ただこの歌い方(機械音のような歌い方)をAiですると少しズレるだけで走りになり易い気がしました。 リズムは意識の問題なんで個々頑張るしかないですね😊 走り過ぎて困っているって人も聞いたことないので特別書くこともないでしょう。 因みに皆さんご存知だとはおもいますが タメはあまり点数に影響しませんがタメがあまりにも酷いと音程が下がりますし、走りは少しの走り判定で大きく減点されるので気をつけたいところですね。 この項目に関しては特におかしなところもないと思うのでこの辺で。 meltan5.

次の